きゅー日記

日常ちょっとしたの出来事を掲載

東京散歩_その3

2017-05-11 22:20:09 | Weblog

今回は東京メトロ江戸川橋駅から、徒歩で合計約4Kmを歩きます。

鳩山会館の建物とバラ園から関口フランスパンでランチ、神田川沿いを歩き、

肥後細川庭園の見学と早稲田大学のカフェ、そして東京メトロ東西線線の早稲田駅。

ルート;マピオン 江戸川橋から早稲田

 

集合場所2. 東京メトロ有楽町線江戸川橋駅西口 ②出口 みずほ銀行前。

 

通称 音羽御殿、リンク先→鳩山会館
鳩山一族4代の屋敷 大正13年洋館完成、平成8年鳩山会館として一般開放

有楽町線 江戸川橋駅下車(出口2) 音羽通りを護国寺方面に徒歩7分

入館料 大人@600 @500(65才~) 販売機にて。

ドラマ;花より男子の三条桜子邸、花子とアンの青山邸として撮影に使われた。

バラは40種類 350株と少ないが、洋館とマッチして絵になる

経路は下記。江戸川橋駅より北へ7分。

次は、関口フランスパンで、

教会のパン部として大正3年日本で最初にフランスパンを作った店です。

                     

イートインがあり、パンを買いスープ@389を買ってランチが出来ます。

リンク先→関口フランスパン


これから、江戸川公園沿いを15分歩き、肥後細川庭園を目指します。

リンク先→肥後細川庭園       細川家の美術&文化財の展示→永青文庫

ここから約10分、早稲田大学のUni・cafe125を目指します。

 リンク先→uni.Cafe125

早稲田ブレンド@240 。

ここから約10分、東京メトロ東西線の早稲田駅を目指します。

 

 東西線早稲田駅から高田馬場駅から1駅、2番出口へ向かいJR高田馬場駅から山手線で新宿。

Uni.Cafe125から戻って、

都電荒川線 早稲田駅から大塚駅前(12分)または、庚申塚駅(17分)から巣鴨へ行けます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チューリップ散歩

2017-04-04 22:06:36 | Weblog

ここは国営昭和記念公園の渓流広場です。 リンク先:国営昭和記念公園 

渓流広場 <写真は2014.04.19撮影>

 

集合場所;JR立川駅 i総合案内板前

 

集合場所 JR立川駅

注)立川駅には5ヵ所改札があります、小さい改札口

 (改札機が3個以下)からは出ないで下さい、

 下記の黒い矢印に従って、大勢の人々の流れに沿って、

 西改札口か東改札口を出て下さい。


改札を出て、南北通路のi立川駅総合案内の前 赤い四角印です。

 

立川駅で、

改札を出ても看板が見当たらない方は、東改札を出て左手へ!

 下記↓の写真

 

左手に曲り、約5~7m行くと左手にKIOSKがあり、

側が i 立川総合案内の前です。

下記の写真

南武線の先頭車両から降りられた方は、

西改札を出て目の前です。

 

車で立川口駐車場に来られる場合の地図は下記です。

 

 

 

徒歩;コース1 立川駅から昭和記念公園立川口の入口まで。1.6Km

徒歩;コース2 立川口入口から渓流広場へ。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Xperiaでの画像のリサイズとメール添付方法

2017-01-18 23:30:53 | Weblog

1.Xperiaのホーム画面

2.カメラのアイコンをクリックして、写真を撮る。

2.ホーム画面に戻り、アルバムをクリックする。

 

3.下記の写真で、青いカメラ(Photo Editor)をクリックする。 

4.下記のような表示になる。

画面下部の「色」「カーブ」「レベル」の表示を指で左側になぞり、

「リサイズ」を表示させる。

5.「リサイズ」をクリックする。

スマホへメール添付の場合は「800」を選ぶ、

携帯はメール添付の場合は一度「640」を選び、画面上の「レ」印を選び、再度「320」を選ぶ。

6.画面上部右側「レ」印をクリックすると、「↓」が表示するので、これをクリックする。

下記の画面が表示するので、上書き保存をクリックする。

尚、別名で保存の場合は下記の画面がでる。

 下記の場合は頭にsを付け加えてあります。

どちらの場合をOKボタンをクリックして保存する。

画面の家の印をクリックして、ホーム画面にもどる。

 

7.アルバムの画像確認。「アルバム」クリックして開く。

下記の場面は開き、一番上側の左側にリサイズした写真が表示されています。

8.ホーム画面に戻る、INBOX(又はGmail)を開く。☆他のメールソフトでも同様。

☆INBOXの場合は赤い+印をクリックすると、下記の表示画面になる。

9.下記の画面で、相手先のメールアドレスを入れ、文章を書き。

 右上のクリップの印をクリックして、画像を選ぶ。

 〉の印をクリックして、送信する。

 

 

10画面右下の▭をクリックして、表示しているアプリ画像を「全アプリ終了」をクリックして、

画面中央の家印をクリック、ホーム画面に戻る。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野草の世界 Wildflowers of Japan

2016-11-09 10:34:53 | Weblog

野の花の世界です。

2014年にα55(デジイチ)で、山野を駆け巡り、約100日で約6000枚の写真撮影。100枚を選び、スライドショーにしました、こんな野の花の世界を、宜しければご覧下さい。

2015年に「花の百名山」を知ったのですが、一部分を歩いていた事になりました。
(高尾山・大岳山・御岳山・高水山・今回の動画に含まれず:高峰山・大山・三頭山・御前山)。
5分00 ♪アイネ・クライネ・ナハトムジーク(モーツアルト)

 

 

野草の世界 Wildflowers of Japan

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

What is Showa Kinen Park? (花々の記憶)

2016-10-30 20:26:58 | Weblog

年間パスポートで通っている、国営昭和記念公園の1月~12月の様子です、
過去のブログから、3分57秒の動画にしてみました。

What is Showa Kinen Park? (花々の記憶)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コスモス散歩!

2016-09-30 23:00:51 | Weblog

約400万本が咲くコスモスの丘です。 リンク先:国営昭和記念公園 

この参考写真は昭和記念公園_花の丘(2003.10.5)です。

☆スマホで閲覧の場合は、ページ最下部「PC版で見る」で拡大。

集合場所 JR立川駅

注)立川駅には5ヵ所改札があります、小さい改札口

 (改札機が3個以下)からは出ないで下さい、

 下記の黒い矢印に従って、大勢の人々の流れに沿って、

 西改札口か東改札口を出て下さい。


改札を出て、南北通路のi立川駅総合案内の前 赤い四角印です。

集合後、北口側に歩いて行きます!

下記↓の写真 

南武線の先頭車両から降りられた方は、

西改札を出て目の前です。

立川駅で、

改札を出ても看板が見当たらない方は、東改札を出て左手へ!

 下記↓の写真

左手に曲り、約5~7m行くと左手にKIOSKがあり、

側が i 立川総合案内の前です。

下記の写真


西立川駅から昭和記念公園・花の丘へ行く地図。

JR立川駅の改札を出ず,①②⑥の青梅線へ乗換,西立川駅へ、

北側へ歩き150mで公園・西立川口に到着します,

後は北へ2Kmで花の丘に到着します


マピオン地図リンク先URL 詳細閲覧:キョリ測「アプリで開く」

 


車 公園周辺地図URL 

信号:「昭和記念公園立川口前」から,

北へ300m左折し駐車場料金所へ。

 

 

 =======end=========

<script type="text/javascript">// </script>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京散歩_その2

2016-05-15 17:07:38 | Weblog

今回はJR駒込駅から、徒歩で約3Kmを歩きます。

旧古河庭園のバラ園と渋沢史料館、そして都電荒川線の飛鳥山駅。

そして、庚申塚駅から巣鴨地蔵通り商店街です。

JR駒込駅から徒歩で約1km(15分)旧古河庭園を目指します。

地図URL http://www.mapion.co.jp/m/route/35.74002184286924_139.74670545959307_8/aid=412ceb/

ここ旧古河庭園は、足尾銅山の開発で財をなした、古河虎之助男爵の迎賓館で、

大正初期の建築で、館内見学は10日前迄に事前申込が必要です、

又、土足厳禁なので当日行っても喫茶を利用しないと内部に入れない。

喫茶:靴を脱いで喫茶は、珈琲@850 紅茶@650、売店:バラアイス@250。

従って、バラ園のみの見学になります、品種は約100種200株で、

皇室の名前のバラ等と色の豊富さと香りが堪能出来ます。(バラ園のみ見学約20分)

(入場料@150(~64歳)、@70(65歳~) ライトアップ:13~22日(~21時)

 

次は、渋沢史料館へ向かいます。 約1.2Km約15分 飛鳥山公園内にあります。

途中、滝乃川消防署の手前に平塚亭つるをか と言う和菓子屋があります、

ここは内田康夫の小説 浅見光彦シリーズで、

光彦のお母さんが好きな、団子で屋有名な店です。(近くに平塚神社があります。)

渋沢史料館は、実業家の栄一は王子製紙の初代代表取締役(33歳)と言う関係で、

ここに住まいが在りました。(ここ飛鳥山公園も浅見光彦で有名な場所です。)

入館し自販機で一人¥300で入場券を買います。

この史料館では、人数が多い場合はガイドツアー(ビデオ5分含)を1約時間

文庫と洋風茶室も含みます。(91歳で亡くなるまでここで過ごしました。)

☆紙幣の肖像候補に数回、1926年ノーベル平和賞の最終候補になっていたそうです。

 

ここから、次に都電荒川線の飛鳥山駅まで、約5分です。

昼間は6~7分毎に発車しています、乗車の際タッチし、4つ先の庚申塚駅に下車します

 

申塚駅で下車して、踏切を渡り反対側のホームに、いっぷく亭があります。

ここは、テレビでも紹介された甘味処、ぼた餅とやきそばが有名です。

平日の午後なら約10名強の席は確保出来そうです。席数(8+4x4)

ここから、少し歩くと庚申堂があります。

ここは、日本橋から約7.7Km旧中山道です、あと少しで二里塚がありますので、

旅人が休んだ立場(団子茶屋)がありました。<江戸名所図会 >

 

庚申堂から上を見上げると、アーケードが見え、ここから約800mが、

巣鴨地蔵通商店街です。

 

地図URL http://www.mapion.co.jp/m/route/35.73654297398207_139.73311684136755_10/aid=0a82f0/

 

巣鴨 高岩寺 とげぬき地蔵、洗い地蔵は左側にあります(トイレは本堂の左手です)。

大通りに出て約5分歩くと、JR巣鴨駅です。 ー以上ー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京駅駅舎!

2014-12-30 18:11:57 | Weblog

JPビルKITTE屋上より東京駅駅舎。

復原工事自体は、3階以上の空中権を売って500億円確保し、

2007年(平成19年)5月30日に起工され、2012年(平成24年)10月1日に完成した。

施工 東京駅丸の内駅舎保存・復原工事共同企業体 (鹿島・清水・鉄建 建設共同企業体)。

 駅舎は全長約335メートル、幅約20メートル、尖塔部を含む高さは約45メートル。明治建築界の第一人者、辰野金吾が設計、大正3(1914)年に開業した。

褐色の化粧れんがに白い花崗(かこう)岩を帯状に配したデザインとビクトリア調のドームが特徴だ。屋根の一部は、東日本大震災で津波被害を受けた宮城県石巻市の雄勝産「天然スレート」を使用。

円形駅舎ドーム内。

 

 

丸の内中央口改札手前。  上の写真の左側 待ち合わせ場所

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新春歩きing;日本橋七福神と築地・本願寺!

2014-12-22 17:28:10 | Weblog

 

mapionウォーキング人形町七福神

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mapionウォーキング築地・本願寺

 

 築地場外市場と築地本願寺

 

 

間新六供養等

間新六は四十七氏の一人で、本懐を遂げて本所松坂町の吉良邸から高輪泉岳寺へ引き揚げる途中、携えた手槍に金子50両を結びつけ、自身の供養料として本願寺の塀外から内へ投じたと伝えられています。こののち長府毛利甲斐守の邸に預けられ、元禄16年(1703年)2月4日、自刃。24歳の若さでこの世を去りました

 

付録;名所旧跡

日本橋白木屋

昭和21年の白木屋で、手前が日本橋。<北側から南側を撮った写真>

☆現在のコレド日本橋の位置です。

第1話 焼け跡からの出発

右側のビルが白木屋

1945年9月、東京での新会社創設のため、井深 大(当時37歳) は樋口 晃、太刀川正三郎などの仲間とともに疎開先の長野県須坂から上京した。日本橋の白木屋の3階、電話交換台があった狭い部屋が新しい仕事場だ。焼け残ったとはいえ、建物の周りのコンクリートはヒビ割れ、窓ガラスさえない吹きさらしの粗末な一室である。それでも、だんだんと事務所らしい様相を呈してきた。井深たちは念願の「東京通信研究所」の看板を掲げた。自分たちの持てる技術を世の中に役立てていきたいという目的はあったものの、正直言って どの仕事から手を付けてよいか分からない。最初の給料こそ井深が貯金をはたいて皆に渡したものの、会社を存続させるためには、ラジオの修理と改造である。研究所で短波放送の聴けるコンバーター(周波数変換器)敵の放送を聴くことができないようにと短波を切られたラジオが世間にはたくさんあった。これをスーパーやオールウエーブタイプのものに改良するのである。戦後の世界情況やニュースに飢えていた日本人にとって、ラジオの修理と簡単に取り付けられるコンバーターは喉から手が出るほど欲しい。そのため需要は結構あった。こうした井深たちの仕事が朝日新聞のコラム"青鉛筆"で紹介されると、されると、ますますお客が増えていった。しかも、これには余得があった。お互い気にかけながらも終戦のゴタゴタで消息の分からなくなっていた盛田昭夫(もりたあきお・当時24歳)から連絡があった、軍需監督官として井深と親交のあった盛田は終戦と共に愛知県知多郡小鈴谷にある実家に戻っていたが、ある日配られてきた『朝日新聞』に目を通しているうちに、井深の記事に気づき、すぐさま井深に手紙を出した。折り返し来た上京を促す井深の手紙を見るや、盛田は既に決まっていた東京工業大学の講師の件もあって、すぐに東京に出て、研究所に顔を出すようになった。これで、再び、井深と盛田の交際が始まった。

第2話 東京通信工業株式会社

1946年5月、左から盛田(当時常務26歳)と井深(当時専務39歳)

1946年5月7日の昼、総勢二十数名の小さな会社「東京通信工業」(現ソニーの前身、以下東通工)の設立式が始まった。社長には戦後すぐの内閣で文部大臣を務め、文化人でもあった井深の義父の前田多門(まえだ たもん)になってもらい、専務に井深、取締役に盛田が就いた。
 ところで、井深は新会社を発足させるにあたり、設立の目的を明らかにした"設立趣意書"を、自ら筆を執り、取締役の太刀川に預けていた。それを設立準備のゴタゴタにまぎれて、すっかり忘れていた。後に、太刀川が井深に、「こんなことを書かれたんですよ」と見せたところ、「なかなか良いことを書いたんだなあ……」と自ら感心する始末。
 しかし、設立式当日の井深の挨拶は、その"設立趣意書"に書いたことと寸分も違っていなかった。いわく、「大きな会社と同じことをやったのでは、我々はかなわない。しかし、技術の隙間はいくらでもある。我々は大会社ではできないことをやり、技術の力でもって祖国復興に役立てよう」
 資本金は19万円。機械設備とてない。お金や機械はなくても、自分たちには頭脳と技術がある。これを使えば何でもできる。それには、人の真似や他社のやっていることに追従したのでは道は開けない。何とかして、人のやらないことをやろう。この時から、既に東京通信工業の進むべき道は決まっていたのだった。

 日本橋

現在の日本橋は東京市により、石造2連アーチの道路橋として明治44年(1911)に完成しました。橋銘は第15代将軍徳川慶喜の筆によるもので、青銅の照明灯装飾品の麒麟(キリン)は東京市の繁栄を、獅子(シシ)は守護を表しています。平成10年(1998)に照明灯装飾品の修復が行われ、同11年(1999)5月には国の重要文化財に指定されました。

日本橋・日本国道路元標

 日本橋は、慶長8年(1603年)に初めて架けられ、その翌年、いわゆる五街道の制が確立されてからは日本の中心、江戸繁栄の象徴となりました。明治に入ってからは、この橋の中央が国内諸街道の起点と定められ、今も橋の中央に日本国道路元標が埋め込まれています。しかし、今では橋の上を高速道路が走り、日本を代表する橋としては残念な風景となっています。現在の橋は、明治44年に開通したアーチ型石橋です。 また、江戸時代、御禁制や公示の掲示をした高札場が南詰にあって、この種の場としては最も有名でした。高札場跡は、高札をかたどった記念碑が建っています。

橋の中央にある日本国道路元標は、昭和42年(1967)に都電の廃止に伴い道路整備が行われたのを契機に、同47年(1972)に柱からプレートに変更されました。プレートの文字は当時の総理大臣の佐藤栄作の筆によるものです。

 

郵便発祥の地

 日本の近代的な郵便制度は、明治4年(1871年)前島密の創意により、まず、東京-大阪間で始まりました。ここは新制度発足当時、駅逓司(今の郵政省)と東京の郵便役所(今の中央郵便局)が置かれたところで、昭和37年、前島密の胸像と記念碑が建てられました。

 

 

小網神社

530年の古社。建物は中央区文化財。強運厄除のご神徳。

 ご鎮座530年あまりの都内有数の古社。社殿・神楽殿他は中央区区民文化財に登録。例年、正月初詣は多くの参拝者で賑わい、はとバスも運行される。また毎年11月28日のどぶろく祭は関東3大どぶろく祭の1つとされ、参拝者で賑わう。本祭は5年に1回行われ、都内有数の宮神輿が渡御、大変な賑わいである。 日本橋七福神詣の1つ、当社は弁財天、福禄寿が奉育されている。東京下町八社祭り(中央-台東区8社)では強運厄除のご神徳。

http://www.koamijinja.or.jp/index.html

水天宮

藩主が江戸詰めの間、代々、江戸城にも近いこの上屋敷に滞在していました。
この屋敷の名物にはいくつかありますが、その第一が、文政1(1818)年、第九代頼徳(よりのり)公により久留米から分霊した水天宮であります。

江戸っ子たちの間で篤い信仰を集め、塀越しにお賽銭を投げ入れる人が後を絶たず、ついに毎月五の日には参拝を願う江戸庶民のため門戸を開放しました。
それが「どうでありまの水天宮」とうたわれ、安産の願いを叶えてくれるという評判で、有馬家と「情け深い」ことを掛けて「情けありまの水天宮」との洒落た言い習わしが広まり、「恐れ入谷の鬼子母神」と共に江戸の二大流行語となりました。

http://www.suitengu.or.jp/aboutus/index.html

 日本橋七福神

日本橋七福神巡りは、中央区日本橋にある神社8社から構成される七福神めぐりです。日本橋七福神巡りは、近年策定された七福神巡りで、出発点は定められていないといいます。江戸下町の伝統を持つ繁華街の中にある神社8社から構成されており、比較的短時間に巡拝可能です。

http://www.tesshow.jp/chuo/nihonbashi7_index.html

 人形町

人形町の歴史は、江戸幕府公認の人形芝居の結城座が、
寛永12年(1635)に旗揚げをした事に始まります。
江戸五座のひとつとして盛況を博し、
平成2年(1990)まで江戸糸あやつり人形劇を公演を続け、
国の無形民俗文化財、都の無形文化財に指定。
江戸時代に多くの人形遣いが居住していた事から、
人形町と呼ばれていたと云われます。
人形町が、正式な町名となったのは、昭和8年(1933)。

毎秋10月には人形市と人形供養が大観音寺で行われ、

約50社の人形業者が参加する。

甘酒横丁

明治の初め頃にこの横丁の入り口の南側に尾張屋という甘酒屋があったことから昔は『甘酒屋横丁』と呼ばれていた。
  当時の横丁は今より南に位置しており、道幅もせまい小路であった。
 明治の頃この界隈には水天宮様をはじめ久松町には明治座が櫓をあげており、近くには「末廣亭」「喜扇亭」「鈴本亭」の寄席が客を集めていた。

また穀物取引所の米屋町、日本橋の川岸一帯の魚河岸、兜町の証券取引所が隣接していることからもこの界隈が賑わっていた
 関東大震災後の区画整理で現在のような道幅になり、呼び名も『甘酒横丁』と親しまれ人々に呼びつがれている。

蛎殻銀座跡

今日の銀座二丁目に銀貨鋳造所である「銀座」が開かれてから約200年後、幕府は銀座の組織改革を行い、座人の御役取放を命じ、享和元年(1801年)日本橋蛎殻町に銀座を移しました。この地は、蛎殻銀座と呼ばれ、明治2年に造幣局が新設されるまで、68年間、銀貨鋳造が行われました。

東京メトロ日比谷線、都営浅草線 人形町駅

鉄造菩薩頭:大観音寺

総高170センチ、面幅54センチ。鋳鉄製です。元は鎌倉の新清水寺にありましたが、鎌倉時代に火災に遭い、頭部のみが掘り出されました。その後、鶴岡八幡宮にありましたが神仏分離令により、鎌倉を離れ、明治9年現在地に安置されました。 昭和47年東京都文化財指定。

東京メトロ日比谷線、都営浅草線 人形町駅

谷崎潤一郎生誕の地

谷崎潤一郎(1886年~1965年)は、明治19年、現在の人形町で生まれました。谷崎は、大正の中期までは、「刺青」や「少年」など、耽美と背徳の空想的な世界を華麗に描きましたが、大正の後期から日本的な伝統美に傾倒して、王朝文学の息吹を現代に生かした新しい境地を開きました。「蓼喰ふ虫」「春琴抄」「細雪」「少将滋幹の母」などの代表作があります。

日本橋人形町1丁目7-10

 

 end

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新撰組歴史散歩!

2014-06-20 14:07:48 | Weblog

新撰組歩きING地図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加