gardening2

 我が家の花木と昆虫たちです。

 「コメントをもっと見る▼」の時は
  ▼を押して下さい。

ボタンクサギとイチジク♪

2017-10-31 10:32:26 | Weblog

花ぐるま様に戴いたボタンクサギです。何回か咲いて、もう今年は終わりと思っていたのですが、この花が最後に咲いてくれました。少し小さめですが、いつものように綺麗です。上は10/30に、下は10/28に撮りました。触ると独特の臭さがありますが、それ以外はほんとに良い花です。この系統の色は心が浮き立ちます。

似ていますが別株です。ピンクっぽい蕾が咲いたら白くなります。二重から三重咲きでしょうか。

上の2枚よりも花弁が長めの白です。ヒマワリでも最後の指を広げて咲くのを見ていますが、同じキク科、2弁がこれから開きます。

今は放任状態です。挿し芽すればもう少し良い花になることでしょう。菊の自生もあります。まばらに咲くよりも、先端で密になる直上の咲き方が良いですね。現実は私はこちら貴方は向こう、なのですが。

細かい斑入りの椿です。細い蕾の白椿、ミニジャングルの一員、自生です。もっと開いたのが下に落ちていました。無事に通過と言えども台風です。蕾のうちに風で擦れて傷ついたのか、咲いてからその痕跡が花弁縁に残って茶色いです。シベの色はほんとに綺麗です。存分に花粉を吹いています。別の花です。10/30に撮りました。

イチジクです。台風21号直前の雨の日に屋根の上に熟したイチジクが見えていましたが、脚立を運ぶのが厄介だったので見送りました。台風後に見たら、痕跡だけを残して消えていました。今夏も沢山のイチジクが実りました。夏の実りが終わって強剪定するときに、屋根の上になった枝に小さな実が見えたので、ダメ元で残した枝です。11月中旬までに熟さなければ、その枝も切ろうと思います。
上のイチジクは屋根より低めで横に伸びた枝で熟していたのです。小さな実が数個、うち1-2個でも熟してほしいです。甘くて美味しかったです。10/30に撮って食べました。

10:30の室温は13度、湿度は66%です。外気温・体感温度は14度、湿度は44%です。「北西の風 後 東の風 晴れ 最高18度」予報です。

 

 

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ナカガワノギクと山茶花♪

2017-10-30 11:41:03 | Weblog


1枚目は今10/30に撮りました。ナカガワノギクが咲き出しています。2枚目の蕾は10/28に撮りました。花弁に微かな赤みです。菊とヨモギを掛け合わせたような雰囲気の葉です。1輪は小菊よりも大きいのですよ。四国(徳島県の那賀川中流の岩壁上) に自生する野菊です。もちろん園芸店で買いました。参考サイトです。
http://www.ne.jp/asahi/photo/takeno/yasou/na/nakagawanogiku.html←クリックです。

ホトトギス・青龍が沢山咲いて、種を付け始めています。我が家では2種のホトトギスです。青龍は早めに咲いて後まで咲きます。

上が青龍の拡大、下が賑やかに咲く一番普通のホトトギスです。1輪だけ写しました。まだ咲いていますが、もう生け花には無理、花が終わりかけです。こちらのホトトギスの種は見たことがありません。

先日から咲いている、一番普通の山茶花です。蕾から一旦は整って咲いて、最後は乱れ咲き、そしてハラハラと花弁を散らせます。椿と山茶花に学問上の区別はないそうですが、一般に花弁がハラハラと散るのを山茶花と呼んでいます。椿は、いわゆるポトリです。チリツバキなどの例外もです。検索した五色八重チリ椿、
http://timatasn.exblog.jp/22909048/←クリックです。こんなに綺麗な花なのですね。

小菊たち、1株ずつ雰囲気が違います。手入れなしの野生状態で、交雑自生もします。どうやら上下が同じ花らしいです。上は今10/30に、下は10/28に撮っています。表裏の花弁が違う小菊です。

ハマオモトヨトウ(蛾)の幼虫です。網戸用の網の上に乗せて、先ほど写しました。賑やかな配色で目立ちます。タマスダレを食害していました。花が咲くころから時々見つけては捕殺していました。今日は15匹ほどもです。ハマオモトヨトウ、親の蛾は、まだ撮っていません。幼虫は去年以前にも見ていますから、蛾も飛んでるはずですが、暗い色のは目立たないのです。なのに、幼虫はこの白黒ですよ。http://www.jpmoth.org/Noctuidae/Glottulinae/Brithys_crini_crini.html←クリックです。

お友達の皆様のお宅には被害はありませんでしたか。台風22号も無事に通り過ぎてくれて、有り難いことです。
11:40の室温は15.5度、湿度65は%です。外気温・体感温度は15度、湿度は39%です。「北西の風 やや強く くもり 夕方 から 晴れ最高16度」予報です。

 

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

雑草園にも紅葉の走り♪

2017-10-29 06:50:06 | Weblog

ブラックベリーの葉が雨に濡れて赤くなっています。この部分が特に赤いです。今年は沢山採れたので数人に生の実を上げて、ジュースやジャムも作って、こちらも数人に上げました。結構忙しくて大変でしたので、シュートの整理と思いますが、雨続きと怠け癖とで出来ていません。

ドウダンツツジです。強剪定をして9月に移植したのが根付いたようです。少しずつ紅葉を始めてきました。奈良の歩道際のドウダンツツジは11月末から12月、鮮紅色になります。北国の方はもっと早いですね。

次郎柿の葉です。先日の台風でもほぼ被害が無くて、ごく一部だけ色が出始めています。そのうち、裸木になります。新芽に花が咲きますので、もう少し小さく剪定しても良いかなと思います。何もかも、狭い雑草園に押し込めましたので。

庭内の山アジサイ・伊予の花火の葉が赤くなっています。綺麗に染め分けたでしょう。雨に濡れたからの綺麗さです。全部の葉を落として、来春を待ちます。

上が10/28に撮ったヒオウギの実です。黒が光って綺麗ですよ。
下は8/3に咲いた花です。剪定枝を運ぶ時に、2個着いていた若い実の1つが落ちてしまって残念です。今は来年咲く予定の株は残っていますが、この種を蒔いておきましょう。昨朝、雨が止んだ時間に撮りました。

赤実百両です。夏の間に何度も水枯れさせて慌てました。そのせいで葉が傷んでいます。枯れずに有難うです。百両の本名?はカラタチバナです。縁起物で、万両・千両・百両・十両・一両の1つです。白実を2度買いましたが枯らしました。

シュウメイギクです。咲き終わった花芯部分が増えてきました。この姿が混じった状態も好きです。12月には弾けて綿状の種になります。シュウメイギクの白花ですが、花弁裏にピンクが出ているのです。咲き終わり近しの印?のような。

小菊よりは大きめ、中菊の入り口の菊です。中心が盛り上がって咲く花と、普通に花粉を出す花と両方咲く株です。放任状態だから、盛り上がった良い花ばかりは咲かないのだとは思います。菊は毎年挿し芽更新しなければが、出来ていません。

パンダ菫です。細々と咲いています。小さなこの花が好きです。名前も!。

6:50の室温は17度、湿度は72%です。外気温・体感温度は16度、湿度は91%です。「北東の風 後 北の風 やや強く 雨 朝晩 くもり 所により 昼過ぎ から 夕方 雷を伴い 激しく 降る 最高17度」予報です。奈良県では、土砂災害や強風、竜巻などの激しい突風、落雷に注意してください。」と奈良地方気象台発表ですから、半分開けた雨戸をこれから閉めます。
まだ風を感じていません。雨音が聞こえていましたが、今は止んでいます。奈良は今日の15-21時が台風に近い時間のようです。暴風圏内でも強弱があったはず、先日の台風21号で暴風圏が続いたのに無事、今回もお静かに通り抜けてほしいと願っています。

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

シロシメジとキタキチョウ♪

2017-10-28 11:15:11 | Weblog

シロシメジです。ご存じと思いますが、私は初めて買いました。蕪と厚揚げとシロシメジの味噌汁にしました。歯ごたえがあって美味しかったです。ブナシメジの白版のようです。傘の中央に微かに黄土色が見えます。一昨日、内科診察の帰りにスーパーによりました。そのスーパーの2階に園芸店があります。カサブランカを1本と、昨日載せたダイモンジソウと昔ながらの小さなパンジーを買ってきました。

カサブランカです。税込み430円です。今の時期なら安いでしょう。添えの赤い菊は我が家のです。仏間に活けました。

ミニ椿・炉開きです。お茶とユキツバキの自然交雑だそうです。撮ろうとして触ったら落ちたので、枝先に乗せてズルしました。微かに白斑が入って、ピンクの可愛い花です。お茶の花をかすかに大きくしたほどです。お茶は傷んでかろうじて生きているだけ、花は咲きません。

カサブランカと入れた赤い菊です。台風で傷まなかったのが不思議なほどです。

ピンクの菊ですが、別の場所の菊です。

宿根アスター・八重の孔雀草です。この色が好きです。沢山咲いて何度でも撮りたくなります。

シュウカイドウのムカゴです。ムカゴは主に葉の付け根に出来て次の種代わりになるものを言うと思います。普段ムカゴと呼んでいるのは山の芋のムカゴなのですが。鬼百合にもムカゴが出来ますね。
ほかに何がある?と検索したら、オカワカメのムカゴ、ムカゴトラノオ(コモチトラノオ)、ミズ(ウワバミソウ)のムカゴ、ノビルのムカゴ、ヤグラネギのムカゴ、ムカゴユキノシタなどが見つかりました。ノビルのムカゴは過去に見ています。画像検索しました。暇でしょう。

先日から飛んでいます。キタキチョウと思います。たまたまモンシロチョウが傍を飛んで、キタキチョウの方が一回り小さいと分かりました。別個体です。ほかの花にも行きますが、このクフェアの蜜が好きなのか長い時間いました。

11:15の室温は18度、湿度は70%です。外気温・体感温度は18度、湿度は77%です。「北東の風 雨 最高19度」予報です。朝は弱い雨でしたが今は止んでいます。
台風22号は太平洋岸を進むようですね。那覇市の東南東約50kmで975hPa、今度は弱りながら進むでしょうか。時速20km、のろのろです。偏西風に乗ると言っていましたが。もう雨は十分貰いました。

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

ダイモンジソウを買いました♪

2017-10-27 07:00:21 | Weblog

同じ名札の紅花大文字草を2個買いました。上の色が濃いです。もっと花の大きなのも買ったことがありますが、葉が小さくて花も小さい種類です。これでも八重咲きの部類なのでしょう。一重の大文字草の特徴の長い下花弁2本がなく、大の字になっていません。咲き終わった花も混じる株ですが、売ってる時期に出掛けなかったのでしょう。とりあえず、ダイモンジソウを入手しました。濁ったような白は1株残っていましたが、パスしました。

赤実千両です。10/23に撮っています。前に載せてから急に赤くなったので撮りました。

アメジストセージ=メキシカンブッシュセージです。モコモコを撮りたくて、拡大画像は10/23に、下は10/26に撮りました。病院の近くのアメジストセージは花の色が藤色、ガクが同じ紫、濃淡がはっきりで綺麗です。花が紫の濃い色のにも出会っています。ピンクのも夏過ぎに売っていました。

ホシホウジャク(蛾)です。大型のスズメガのうちでは小型の部類です。幼虫はヘクソカズラの葉を食べるそうです。見つけたら抜いていますが、ヘクソカズラの地下茎を退治出来ていません。
たまたま止まったので撮れましたが、飛ぶ音はスズメバチにも似た強い音です。閉じると地味色ですが、ホバリングもしますし、飛んでるときは体横にミカン色が見えます。ホシホウジャクの幼虫は確認していません。
http://www.insects.jp/kon-gahosihou.htm←クリックです。 

同じスズメガの仲間のオオスカシバの幼虫です。クチナシを食害します。好きで飼育する人もいるのですよ。
上下とも上が口です。上は尻尾のような突起、下は口が多少見やすく写ったので両方載せます。秋に咲く花は終わっています。初秋にオオスカシバが何匹か飛んでいたのです。1か月ほど前に数匹見つけて捕殺して、もう大丈夫かと思っていたのにです。この枝先の新芽が無くなっています。オオスカシバとホシホウジャクは毎年飛んで、素早い動きで、滅多に捕らせてくれません。

7:00の室温は16度、湿度は70%です。外気温・体感温度は14度、湿度は87%です。「東の風 日中 北東の風 晴れ 所により 昼前 まで 霧 最高23度」予報です。
また、台風22号です。992hPa、発達せずに消えてほしいです。早めに東へ進路を変えて、陸地から離れてほしいと願います。どの地方も雨は十分すぎるほどでしょうから。雨戸を半分開けてストップ、完全に来ないと分かるまでそのままです。

昨日の失敗です。内科へ行った帰りにスーパーへ。ビニール小袋2個にミカンを10個入れて家に持ち帰ったのは5個です。今はデイパックを使っています。ゴボウや冬瓜など数種類を買いました。重いものは背負って帰るつもりでバッグに入れて、両側からのファスナ―です。ゴボウがファスナーの上に出ています。
成長しない私、これが2度目の失敗です。前にもファスナーが開いて大根を落として傷つけたのを思い出しました。突き出した荷物のせいです。3度目は絶対に無いようにします。
昨日は、帰り道で財布とほかのが同時に落ちたので気付きました。既にミカン半分は落ちた後でした。家まで15mの距離です。ミカンが?でしたが、まずは荷物を置いてからと思いました。不幸中の幸い、財布が落ちるのに気付かなかったら、もっと大変です。財布に括り付けている家の鍵、お金や免許証、マイナンバーカード他カード類もです。荷物を置いてから、無駄と思いましたがバイクで一応は通った道を見に行きましたよ。もちろん先客がゲットでした。
一番近くのガソリンスタンドが閉鎖になって、2番目の距離の店があるのも確かめてきました。客が増えたのか、改装されて綺麗になっていました。早めに確認したいと思いながら延び延びになっていました。バイクですから10リットル缶に詰めて、家で給油しています。

コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

シュウメイギクとメタリック昆虫♪

2017-10-26 08:36:23 | Weblog

赤八重のシュウメイギクです。10/23台風通過後に撮りました。その後の雨で少し寝ていましたが、また戻ってくれそうです。

同じく10/23台風通過後に撮りました。白一重のシュウメイギク、少し茎が乱れていますが、目立った被害はありません。

僅かに残ったピンク一重のシュウメイギクです。1茎に花が3個だけでも咲いてくれました。

ペンタスです。赤色は今、僅かしか咲いていません。1年草扱いですが、暖かい場所があれば多年草だそうです。

弱々しいイヌタデです。もっと小さなのも含めて、この株で3個目、どこからか種が飛んできて生えます。10年以上生えてなかったのですよ。もちろん我が家では育てる場所はありません。奥の木肌はビックリグミです。押し当てて撮りました。

関西ヨメナです。1輪はノコンギクより大きな花ですが、まばらに咲くので、2-3輪入れるのは難しいです。

ヤブミョウガの実です。黒紫色になって綺麗です。ツユクサの仲間だなんて思えない草です。

ハエが光っていたので背の方を写しました。写してから、あまりに動かないので、ひっくり返して写しました。キンバエですが、全身メタリックです。白い綿は蜘蛛の巣のような、まず動かないようにしてからなのでしょう。

南天の葉に止まっていたミズアブです。背中の光沢は見事でしょう。翅も日に照らされるとそれなりにです。数種は見ていますが、
こんなに沢山とはです。http://moth2001.blog.fc2.com/blog-category-139.html←クリックです。
2つ目のミズアブのサイトです。http://syunnkasyuutousyasinnkann.web.fc2.com/abu.html←クリックです。

8:35の室温は14.5度、湿度は71%です。外気温・体感温度は13度、湿度は82%です。「北の風 後 東の風 晴れ 所により 昼前 まで 霧 最高22度」予報です。久しぶりに20度を超えます。

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

炉開きの蕾と湿地性カラー♪

2017-10-25 09:05:15 | Weblog

お茶とユキツバキの自然交雑種・炉開きの蕾に色が見えてきました。椿の葉を離れてお茶の葉の方に近い気がします。

20年ほど前にはたわわに実っていた南天も最近はパラパラしか実を付けません。赤実ナンテンが色付き始めです。

こちらは、白実ナンテンです。例年の3-4倍実がついていますが、茶色く変色は病気か虫です。それでも雰囲気としては黄緑を離れて、僅かに黄色っぽくなってきたかな?なのです。
今年の花の時期は、例年よりも雨が少なめでした。昔、よそのお宅の白南天、フサフサと実がついてたのを覚えています。我が家のもそんな時が訪れたらと夢を見ています。赤実ナンテンも昔のような生け花にしたら倒れてしまうほどの実を。(笑い)

白実万両の今の姿です。白色が出るのは来年1月下旬になるころです。実はもう少し大きめになります。

先日、クワイを掘り上げた小池に白が見えるのです。で、反対側に回ったら湿地性カラーが咲いていました。もちろん旬外れです。我が家では4月下旬から6月末までが花の時期です。

1枚目、小さなバラでも、咲き頃にはそれなりに可愛いです。
2枚目はピンクのバラの実です。ローズヒップ=バラの実ですが、ハーブティーやジャムにするローズヒップは、ドッグローズ=ヨーロッパ原産の野バラ、の実だそうです。ビタミンやミネラルが豊富だそうで、美顔、若返り効果もとネットです。作る場所はありません。小さな赤い実がリースになってるのも素敵ですよ。ここまで検索して、ハマナスも同じ使い方をするような、と思いました。昔、ハマナスの花や実に出会っただけで、使ったことはありません。
ローズヒップです。http://www-herb.hpmap.net/rosehip/←クリックです。
ドッグローズの花です。http://www.asterisk-web.com/ritz/garden/hervest/herbtree/dogrose.html←クリックです。 

ノコンギクかコンギクか分かりません。園芸種なのは確かです。小さな花が行儀よく密に咲いています。

 10/21、台風前に撮ったのですが、有り難いことに我が家の花たちは、殆ど傷んでいません。もっと離れた場所でも大荒れですのに。屋根の上は見えないのですが、大丈夫のつもりです。台風通過した朝一に表の道を見ましたが、トタンや瓦は落ちていませんでした。我が家のか、よそ様のかは別として。

大きめの蜘で我が家で見るのはジョロウグモだけになりました。コガネグモやナガコガネグモはどこへ行ったのやら。台風前の10/21に腹部を撮りました。

上がジョロウグモの幼体で、下がジョロウグモの成体です。蜘蛛は幼体と成体で体の模様が変わります。成体の方は蜘蛛の巣を引き寄せたら網が破れて、傍の葉の上に移動してくれました。偶然ながらシャッターチャンスでした。

9:05の室温は15度、湿度は74%です。外気温・体感温度は14度、湿度は82%です。「北の風 雨 昼前 から くもり 後 晴れ 最高19度」予報です。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

花柚と椿たち♪

2017-10-24 06:46:55 | Weblog

今年は不作かなと感じていた花柚ですが、僅かに黄色が見え始めて、実も少し大きくなってきて存在感が出てきました。本柚ではありませんが、例年並みに実ってると感じて嬉しいです。半月あまりすれば、柚仕事が待っています。柚味噌とユズマーマレードとユズのしぼり汁など、今年も頑張って作る予定です。

ツワブキの花です。上が緑葉で、下が金紋ツワブキです。金紋ツワブキの種が落ちて、緑葉に先祖帰りしたようです。どちらも満開になっています。金紋ツワブキがトップ、次が緑葉です。遅れて咲くのが浮雲錦、斑入り葉のツワブキです。

ピンク地に濃いピンクの斑入り、藪椿よりは大きな花、自生のはずです。母の晩年にこの場所に植えて、今春に主幹の上を止めました。大きくなり過ぎては、私の力不足になくなります。今までで一番早い開花で、びっくりしました。左隣の蕾も微かに色が見えてるような。

細い蕾の白一重椿です。椿のシベも好きです。今5-6輪咲き出して、本格的に咲きそうです。軽いフリルが出ます。

上3枚同じ株です。母が挿し芽した細い蕾の白椿、2本のうちの1本で親株です。もう1本は家の北側にあって、咲き終わった花が下に落ちていて、咲いていたのに気付きました。

サンシュユの実です。完熟の赤色、綺麗な赤です。今年はいつになく多めに実を付けました。2個の実の間の茶色いのは、蕾です。落葉して新春を迎えます。ハナミズキの蕾の形もそっくりです。

ヒガンバナの新葉が伸びています。咲いた後の栄養補給です。今年も沢山咲きました。

弱いダリアながら、2輪目が咲きました。栄養たっぷりで咲けば、大きな花のダリアです。花は10/23、蕾は10/18に撮りました。茎が寝ていたので台風被害はありません。

ヒペリカムです。5-6月に花が咲いて実は出来ても残りません。8-9月にも咲いて、その実が極小の桃のような色です。ヒペリカムの品種は多いです。小品名は書かれてなかった株で、買って数年経ちます。

シジュウカラです。昨日10/23に撮りました。独特の鳴き方です。♂で立派なネクタイをしています。台風で少し残っていた葉が全部飛ばされました。証拠写真ですが、シジュウカラと判断できるので載せます。

6:45の室温は15度、湿度は69%です。外気温・体感温度は13度、湿度は75%です。「北の風 くもり 夜 雨 最高16度」予報です。今朝の最低予報は10度でした。重ね着しても寒さを感じています。脚温器を使ってひざ掛けもです。
気持ち良い秋の気温帯、なんと短かったことか、です。本格的冬になる前に小春日和が続いてほしい、そう期待しています。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

木瓜ジャムとカリン酒♪

2017-10-23 07:40:28 | Weblog

先日採ったボケの実を薄く小さく切って、砂糖とほんの少し塩を入れて煮ました。我が家の木瓜は何年も実を付けない年もある品種です。今年は2個だけでした。強い酸味がジャムになると独特の美味しさです。買い置きのビスケットに乗せて食べました。絶品ですよ。木瓜の実は売ってないだけに貴重です。草木瓜の実は前に出会いましたが、手の指の第一関節ほどでした。
下が、先日採ったカリンと木瓜、手前の小さなのが木瓜の実です。ピンポン玉ほどでしょうか。もう少し大きな実になった年もですが、カリンに比べたら小さいです。切るのも柔らかで煮た果肉は舌に当たりません。まだカリンジャムは未体験ですが、ネットによると煮てから砂糖を加える前に、漉す手間が入っています。

カリン酒も仕込みましたよ。分量はいつも適当流です。今年の花梨は虫がついていたので、切りながら洗って、乾かしてから使いました。カリンは固いです。
畑大好き爺さん様のブログに、カリンは熱湯にくぐらせてから切ると柔らかと書かれていました。来年覚えていたら試そうと思います。

松ぼっくりがかなり大きくなっています。初冬に茶色くなって傘が弾けると思います。

セージ・ラベンダーセージSalvia 'Indigo Spires'です。台風の前には沢山の花茎でした。この株の上のスモモの葉は強風で残らず落ちていました。この花は傷んでるはずですが、強いから株は残ると思います。

宿根サルビア・サルビアウィッシュSalvia 'Ember's Wish'です。台風の前に撮っていますが、あのあたりは風が直接当たらない場所のはずです。未確認ですが、大丈夫のつもりです。

インパチェンスです。低い位置で咲きますし、こちらも大丈夫なはずです。台風前、花数を増やしていました。

7:40の室温は16.5度、湿度は74%です。外気温・体感温度は14度、湿度は82%です。「北西の風 やや強く 雨 昼前 から くもり 最高17度」予報です。
台風21号は水戸市を通過して太平洋へ。多くの方が怖い思いをなさったと思います。被害に遭われた方にお見舞い申します。暴風圏が大きいですから、もうしばらくご用心願います。

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

台風が怖いです♪

2017-10-22 04:40:24 | Weblog

パイナップルセージです。賑やかに咲いています。今、猛烈な台風が来たら、草花も木も家も大被害になりそうです。今の予報では暴風圏を免れそうにはありません。

宿根アスターです。八重の孔雀草です。花数を増やして蕾もこれから咲いて、もっと賑やかになりそうですが~~。

フェンスの外にも茎をのばしている菊です。10/18、一瞬止んでいた時に撮りました。昨日も止んでいる時間があったのですが、両側の植物が通路を狭めて雨粒で濡れますし。この菊、そろそろ開いてきそうな。今は本降りの雨です。

ベゴニア・センパ―フローレンスです。多くも残ってはいませんが、20年近く自生更新しています。

この賑やかなホトトギス、沢山切っても、どこを切ったの?というほど残っています。一時は息も絶え絶えの時もあったのですよ。

オキザリス・ボーウィです。一瞬でも陽射しがあった10/18に撮りました。昨日は雨降りで閉じていました。今はまだ暗いです。

超大型で非常に強い台風第21号・925hPaのままです。暴風圏が大きすぎですし、弱っていません。急激に弱ってほしいと願います。台風の目が予報円の左端に奈良が位置しています。怖いです。
早めに投票に行きましょう。今から雨戸を閉めましょう。今は風を感じていませんが。南大東島の東約220kmに居るそうです。

4:40の室温は17.5度、湿度は78%です。外気温・体感温度は18度、湿度は95%です。「北の風 やや強く 後 非常に強く 雨 所により 夜 雷を伴い 非常に 激しく 降る 最高17度」予報です。

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

落花生ご飯です♪

2017-10-21 06:45:45 | Weblog

落花生ご飯、72歳で初めて作りました。しかも日本の落花生です。止まらない美味しさです。
落花生は<南アメリカ・アンデス山脈の東麓が原産>とネットですが、古い時代から日本で作られてきた品種です。市販のピーナツと違って<木の実> の味がします。近い味はシイの実です。うっすらと色が付いたのは薄皮の色です。薄皮に栄養があるそうで、市販のピーナツでも薄皮ごと食べた方が良いそうです。

左が戴いた落花生で、右は市販の炒った皮つきピーナツです。
この落花生は細身で、ごく薄い皮の中には実がはちきれるほど詰まっています。上の2つの中には4粒、下で3粒入ってるはずです。日持ちがしないからと、洗わずに送ってくださったので、細かい砂が付いています。
皮付きピーナツはせいぜい2個ずつしか入っていません。私が買う袋では、たまには1粒だけ、3粒は滅多にありません。

トウワタです。トウワタにもアサギマダラが来たことがあります。連日雨です。今朝6時前には降っていませんが、殆どの時間帯が雨です。ですので外に出る回数は減ります。アサギマダラは雨には強い蝶とネットで読みましたが、たとえ来たとしても、出会えるチャンスは殆どありません。

シュウメイギクです。賑やかに咲いています。巨大台風が来たら、家も雑草園も被害大です。

細い蕾の白椿です。少しずつ咲いています。母が挿し芽した親株で、株の周りは自生株が何本も生えて、ミニジャングルです。植え広げる場所はありません。

6:45の室温は17.5度、湿度は78%です。外気温は16度、湿度は97%です。「北の風 雨 最高18度」予報です。
超大型で非常に強い台風21号、最大級の台風が怖いです。ここ3日で猛烈になりましたね。925hPaだなんて、今までに見ない気圧です。弱らないで来そうな予報ですし、鉢物を片付ける場所もない我が家、どうしようもないだけに虚しさもです。

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

山茶花が咲きました♪

2017-10-20 06:16:10 | Weblog

そろそろかなと見に行ったら山茶花が咲いていました。1輪は既に咲き終わって花弁が地面に落ちていました。

不明の木です。園芸店で買って数年経ちます。まだ花は咲いたことがなく、名前は?状態です。柿の葉も一部紅葉をしていますが、こちらの赤は本格的です。

モロヘイヤの種です。種には毒があるそうです。といっても種を食べる人は居ないですね。

遅くに自生した三尺バーベナです。花の塊が小さくて、咲き終わりがありません。咲き終わりばかりが目立つのもでしょう。

こちらのアブチロン、弱弱しい株なのに花数が増えています。

ルリマツリです。学名:Plumbagoです。涼しくなったのに、また賑やかになっています。

コバノランタナです。場所をやりたくても殆どやれませんが、けなげに咲いています。

ナミアゲハの幼虫です。結構綺麗な配色ですね。水色が綺麗と眺めています。実物と違って画像ですから。

6:15の室温は16度、湿度は76%です。外気温は15度、湿度は99%です。「北の風 雨 昼過ぎ から くもり 最高18度」予報です。大型で強い台風が気になります。招かざる客、昨日一昨日よりも奈良が狙われてる気がします。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ノコンギクと初見のカメムシ2種♪

2017-10-19 06:55:33 | Weblog

ノコンギクが花数を増やしています。小さな花ですが、固まって咲くので行儀の良い花です。それで栽培種になったのでしょう。

ナワシログミです。小さな実で食べるところは殆どない実ですが、実れば味見だけでもです。今年5月には実りませんでした。狭いので強剪定です。今、残った細い枝に花が咲き始めています。黒い埃に見えるのは、多分アザミウマです。クチナシの花に来る種類より大きめに感じます。ネット検索ではアザミウマは6種類、もっと多種かもしれません。

オウバイモドキ=雲南オウバイです。強剪定の後に、刺激を受けたから咲く、そんな気がします。今咲いてるのは3輪、そして蕾を1個見つけました。日本のオウバイより花が大きくてまばらに咲きます。シュートがブワ~ッと出るのです。もちろん剪定対象です。

サンゴバナ=フラミンゴプランツです。暖かいうちは何度も咲きます。花後は自身で花殻を落として新しい花芽を作ります。

 

オオキンカメムシです。体長は25mmです。何か分からないながら昨日、雨が降る前に捕まえて作業中は下のと一緒に葉にくるんでいました。帰ってから殺虫剤を掛けておきました。これがカメムシの仲間だなんて、珍しい質感と色です。艶があって全身硬いです。参考サイトです。
http://www.geocities.jp/kamosuzu/ookinkamemusi.html←クリックです。

2012.5.23に撮ったヤナギハムシ8mmです。上のオオキンカメムシから思い出したのが上のヤナギハムシです。このとき1度だけの出会いでした。柳に数匹居た記憶です。黄色と黒、黄色と赤から黄土色、強烈な配色ですよね。

 

ツヤアオカメムシと思います。緑に光った虫、これは一見してカメムシと分かりました。名前はネットで調べました。近似の2種のURLを入れました。
ツヤアオカメムシの参考サイトです。 http://mushinavi.com/navi-insect/data-kame_tuyaao.htm←クリックです。
近似のアオクサカメムシの参考サイトです。 http://www.insects.jp/kon-kameaokusa.htm←クリックです。
近似のミナミアオカメムシの参考サイトです。 http://bird-muromi.sakura.ne.jp/mushi/kamemush/kamemushi/minamiaokamemushi/minamiaokamemushi.html←クリックです。

6:55の室温は15.5度、湿度は74%です。外気温は13度、湿度は95%です。「北東の風 雨 夕方 から 時々 くもり 最高15度」予報です。昨日ほんの短時間、日が照っていましたが、午後には弱い雨が降り出しました。奈良は稲刈りの時期ですのに、連続の雨ではと思います。米作を止めて20年以上経っても気になります。
台風21号、暖かい海で昨日より発達しています。予報円が大きすぎます。日本を目指してるのは確かなよう、困ったことです。今も雨音が聞こえています。

 

 

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

千両と宿根アスター♪

2017-10-18 07:55:11 | Weblog

赤実千両です。僅かに色が出始めてきました。

宿根アスターです。この色が好きです。場所をやらないので、命をつないでるだけの状態ですが、下のよりもこちらの方が毎年元気です。

色違いの宿根アスターです。かろうじて生きています。

先日買ったシクラメンです。ガーデンシクラメンも下手で、去年一昨年もたぶん買わなかったような。大サイズではなくて昔からある大きさ、中サイズです。何色も並んでいても、好きな色をです。去年もこの色だったかなと思いながらです。
たまたま写り込みました。左上の小さなに自生株は、アリアケスミレのはずです。咲いた株は残らない気がします。
下がミミの父様に戴いて、自生更新して今年4/7に撮ったアリアケスミレです。

久しぶりに窓の外が明るいです。7:55の室温は16度、湿度は74%です。外気温は10度、湿度は100%です。「北の風 晴れ 後 くもり 夜遅く 雨 最高21度」予報です。

コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

中心も咲く菊です♪

2017-10-17 04:20:49 | Weblog

中輪菊です。中輪の入口の大きさです。中心が盛り上がって咲く菊です。ほかの品種でも同じ咲き方をするのに出会えば、買ってしまいます。

白一重のムクゲです。数日、かなり涼しいですね。10/13に撮っていますが、この時は元気でした。それからずっと雨、雨が止んだ時間でも、通り道に両側から押し寄せた植物の雫で濡れるので見に行っていません。

アメジストセージ=メキシコブッシュセージです。花数が増えてきました。

インパチェンスです。好きな方の赤が枯れて、ピンクが残っています。パソコンに取り込んだら、小さな種が見えていますが、実るのかな?。種まき下手ですから、来年も苗を買うことになるとは思いますが。

ネコノヒゲです。機嫌よく、何茎も咲いています。

ホトトギス・青龍です。ヤマホトトギスやヤマジノホトトギスは名前から原種らしいと分かってもです。似た色と形が多いホトトギス、ネットでの特定には確信を持てません。

最近はヤマトシジミが多く来ます。上は10/13に、下は10/10に撮りました。雌雄の確認は出来ていません。

今朝は検査予約日、8:50までにいつもの病院へ行きます。近くです。

4:20の室温は17度、湿度は73%です。外気温は14度、湿度は94%です。雨音が続いています。「北の風 雨 昼過ぎ から くもり 最高19度」予報です。台風が近づいていますね。昨夜の天気予報では、偏西風に乗って上陸する可能性もと話されていました。途中で消えてほしいと願いながらです。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加