gardening2

なるべくワイドでご覧ください。

マルバハギが咲きました♪

2016-05-31 07:22:01 | Weblog

マルバハギです。子供の頃の萩は大昔に枯れて、数年前に買った2本の萩、そして去年買ったマルバハギと3本です。1本は、少しややこしいです。冬は地上部が消えて地下茎で春までです。地植えの場所が見つからずに、鉢植えのマルバハギ、3本の長い茎を出しています。去年の今頃、咲いてない株を買って、9月に咲いてびっくりしました。萩は買ってから咲くのが早いです。6-7月と9-10月、2期咲品種です。名前もですが、図案にもされる丸い葉の萩が欲しかったのです。花色は濃い目です。

斑入り葉のミズヒキです。昔は緑葉のさえ消えたのに、沢山の自生子苗です。冬は地上部がありません。多年草で種でも増えます。3色のも数本出ています。殆どは赤い部分のない2色です。

コエビソウの赤です。もう1鉢か2鉢あるはずです。小さな穂先ですが2個並んで咲いています。花はメインでなくても、咲いてる方が気持ち良いです。

ムラサキツユクサです。同じ場所に生えてるのに、赤っぽいのと藤色っぽいのとです。狭いので、株の半分を根元から切ったりしています。横の植物に被害でしょう。それでも好きなので退治は出来ません。(苦笑)

春菊の遅れ花に小さなカマキリを見つけました。ハラビロカマキリ、この小ささで腹を反らせて威嚇です。可笑しいでしょう。花粉を食べてるのはヒメマルカツオブシムシです。撮った直後にパソコンに画像を取り込めなくて、夕方、退治しようと見に行ったら既に居なくなっていました。

7:20の室温は22度、湿度は66%です。晴で、朝晩は曇り、最高30度予報です。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

ネコノヒゲが咲きました♪

2016-05-30 06:01:06 | Weblog

ネコノヒゲです。何度か買いましたが、今までは失敗ばかりでした。南側廊下で初めて冬越ししました。生きてるとは思わずに、何の花かなと思っていたのです。咲きだして嬉しいビックリです。
インド~マレー半島が原産とネットです。寒さには弱いそうです。白花しか出会ってませんが、淡いピンクや藤紫も画像検索で見つかります。

庭植えのサツキツツジです。今年は例年よりも花が多めです。フリルがあって単色と斑入りと1株で咲きます。斑の出方も色々です。

山アジサイ・伊予の花火の真花が咲いてきました。装飾花弁の切れ込みが好きです。

山アジサイ・シチダンカです。1茎に装飾花が3-4個というのもありますが、沢山ある方が好みの日と、少ない方が好みの日とあります。(笑い)
装飾花の多い方を2か所撮りました。

キベリクビボソハムシ5.5-6mmです。小さいので撮り難く、捕まえ難いです。成虫、幼虫ともに、ヤマノイモの葉を食べるとネットです。ヤマノイモのツルは、今年は一部だけ残して処分しています。同じサイズでヤマイモを食害する、2014.5.16に撮ったヤマイモクビボソハムシ5-6mm←(クリック)です。こちらは個体数も多くて、見つけたら捕殺の確率は高いでが、共に厄介です。

今、雨は止んでいます。深夜3時過ぎにチエ♀のけたたましい鳴き声で起こされました。勝手口のドアは、内側から開いて用足し後、外側からは開けられなくて、ドアの前で戻れなくなっていました。いつもはドアを開いて止まりを置いてるのですが。
その時間、本降りの雨でチエ♀はずぶ濡れ、これは私を呼ばないと困ったと思ったのでしょう。ほんとに困ったら鳴くのです。まだチエ♀の声を聞いたのは3度目か?です。人にも犬猫にも無反応な普段のチエ♀の必至の鳴き声でした。
6:00の室温は21.5度、湿度は64%です。曇りで最高23度予報です。

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

クジャクサボテンの白と黄色♪

2016-05-29 07:01:04 | Weblog

白のクジャクサボテンです。昨日5/28に撮りました。今朝は2輪咲いています。この花は1昨日夕方に咲いて今朝も咲いていて、昼ごろに咲き終わります。右下の蕾ではなくて別の花が、離れた場所で1輪咲いて、昨夕開いたのです。2昼夜弱咲くので、咲き始める夕方に気付かなくても、朝は2度見られますから、見逃すことはありません。今年のクジャクサボテン白の蕾は数個です。一度に咲く時もありますが、徐々に咲く方が楽しめます。

クジャクサボテンの黄色です。昨日5/28に咲いていました。上は花の中を、下は長い花軸も写しました。薄い葉のどこに、花を咲かせる力があるの?と、いつも感心します。まだ3-4個の蕾が残っています。既に2個は終わりました。

フラミンゴフラワー=サンゴバナです。色からの名前付けですね。冬も暖かくすれば咲くはずです。咲き終わったら花茎が落ちて、すぐに新しい蕾を作って、寒くなるまで何度も咲きます。

花ぐるま様に種を戴いたミムラスです。先日は黄色を載せました。柿朱茶色です。次の花は?ですので、傷んでいますが載せます。本来はもっと鮮やかな色と思います。

マウントパセリの蕾です。一部咲きだしています。この形、綺麗で好きです。パセリは2年草、翌年花が咲きますね。

ホソハリカメムシ9-11mm(ヘリカメムシ科ヘリカメムシ亜科)です、両肩の先端が針状で触ると痛いです。老眼鏡をかけても、白っぽいだけの腹でしたが、パソコンに取り込むと、腹にも足にも茶斑があります。
背中を撮りなおしたいと、もう1匹捕まえたのですが、逃げられました。参考サイトです。
http://www.insects.jp/kon-kamehosohari.htm←(クリック)

7:00の室温は21度、湿度は64%です。晴れのち曇り、夕方から雨、最高26度予報です。

 

コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

ナツメの花です♪

2016-05-28 09:46:12 | Weblog

鉢植えのナツメを去年の夏に買いました。何かあると見たら、まさかの花です。数枝に咲いています。葉の長さは5cmほどです。咲き掛けが4mmで、咲いたら5mmです。秋に葉が落ちて、新芽が出るか心配したほどだったのに、嬉しいビックリです。さて味見できるかなです。ネットによると4-5年で実が着くと出ています。4年になったのかもしれません。

イチゴ・バブルベリーです。ワイルドストロベリーよりは大きいですが、小さな実です。ベーカーズベリー社のイチゴセット、3種のうち2種を買ったようです。上のバブルベリーは美味しいですが、2つしか味見出来ません。ランナーは出てるような。スーパーパインベリーは気が付いたときは実が熟しすぎて味が分かりません。残念。
http://www.engei.net/Browse.asp?ID=113031←(クリック)

ベゴニア・センパーフローレンスです。この茎は一斉に開きました。葉の艶が良いですし、自生更新で楽、他の鉢に寄生したのが簡易フレームで冬越しします。

白のゼラニューム八重です。朱赤のシベが見えると撮りたくなります。

ヒエンソウ=チドリソウ、ラークスパーとも呼ばれます。玉虫のように、角度で色変わり光るのです。やっと2本目も咲いてきました。紫系はそれなりにです。

やっと息を繋いでいます。母がフキアゲと呼んでいました。シャスターデージーではと思っています。

小輪クレマチス、また撮りたくなりました。先日初めて咲いたのを見つけて、載せるのは2度目です。

墨田の花火、子株の方です。この場所ではブルーが出て綺麗です。真花も八重なのですね。改めて見ています。狭いところに場所取りしています。

店で種が見つかって買ったカワラナデシコです。ごく標準的な色と咲き方です。大昔のカワラナデシコ、1坪ほどの場所を占領した時もありました。今はその場所がありません。

マツバギクが咲き始めています。場所をやらずに鉢植え、それも、他の植物と一緒です。上は朝に、下は昼前に撮りました。

白南天の花です。歩留まりは~?ですが、今年は立派な花穂です。

曇っています。9:45の室温は22度、湿度は57%です。曇りで夜は晴れ、所により夕方まで雨、最高25度予報です。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

原種アルストロメリアとブドウの花♪

2016-05-27 10:01:51 | Weblog

原種アルストロメリア・プルケラです。近所の方に戴きました。去年も1本、今年も1本の花茎ですが、花に強さを感じます。1枚目は花の中を2枚目は上からで昨日5/26に撮りました。3枚目は5/25、咲く寸前です。

ブドウの花、巨峰の花です。さて、ぱらぱらでも実ってくれるのかなです。去年、ぱらぱらの実りでも味見しました。枯れそうになっていましたが、今年は元気な花です。60リットルの鉢植え、もちろん鉢底から地面に根を挿しているはずです。

花菖蒲、今年最初の花です。何種類も枯らしました。叔母宅に行って戻ってきた花です。

柏葉アジサイの良い香りが部屋中にです。真花が咲いたら香りますが、花弁か雄蕊が落ちるのかテーブルに白い小さなゴミです。50度のお湯に浸けて水あげ処理、大成功です。

追加で入ったスズメバチ2匹です。大きさはほぼ同じ、鼻位置の部分、触角、前足、目の上の部分も同じに見えるでしょう。口の上の形(頭楯突起)から判断すれば、オオスズメバチです。背中が違うのです。
スズメバチの見分け方→http://www.rui-one.com/discrimination.html←(クリック)

背中の茶紋(小楯坂)が違うのです。茶紋、左は2個、右はゼロです。
問題は左のスズメバチです。オオスズメバチは茶紋部分が4個?かな。茶紋があるとオオスズメバチと思っていましたが??です。
オオスズメバチ→http://www.insects.jp/kon-hatioosuzu.htm

5月に捕ったスズメバチです。朝からネット以外のトラブル発生ですので、もう少しスズメバチを書きたいのですがストップです。

10:00の室温は24度、湿度は65%です。晴で最高27度予報です。

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

ペラルゴニュームとクレマチス♪

2016-05-26 07:21:01 | Weblog

ペラルゴニュームです。中輪の花です。近所の方に戴いたのを挿し芽したのが咲きました。

クレマチスです。買った株ですが名札が不明です。花径は10.5cm、中輪に見えます。薄い色のが好きなので、地味ですが、これも良しです。

庭植えのサツキツツジです。数株あります。毎年強剪定です。

オリズルランのランナーの先端部分、花と子苗です。簡易フレームの中で冬越ししました。

三つ葉の花に挑戦です。不鮮明ですが、やっとです。上手になりたいです。

名前不詳の山アジサイです。装飾花に色が見え始めました。

山アジサイ・伊予の花火です。全体に色が出て賑やかになってきました。朝晩に水やりです。昨日雨の予報が数粒程度で終わったようです。

湿地性カラーです。順調に咲き続けて、10本以上今も咲いています。

ヒエンソウ=チドリソウです。上の薄色が咲いてきました。玉虫のように光るのも見つけましたが、見たほどには写りません。次回にチャレンジしようかな?です。

7:20の室温は23度、湿度は57%です。今は陽射しがあります。曇りで昼過ぎから雨、最高26度予報です。

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

アマリリスと墨田の花火♪

2016-05-25 09:00:38 | Weblog

 

アマリリスです。上は3個目もちゃんと咲いて喜んでいます。下は地味な色です。2個目の花を撮りました。右奥は1個目で、残り2個咲く予定です。

ガクアジサイ・墨田の花火です。装飾花が形を成してきました。親株です。ほぼ同じ大きさの子株もあります。

クジャクサボテンです。2つの蕾の時は元気でしたが、下の花、私が補助して開かせました。

マーガレット・ソレミオインブルーです。中心が咲くと可愛いでしょう。

たった2輪ですが、命を繋いでいるアルストロメリア・ホワイトスターです。2枚の弁の位置が、他のアルストロメリアと違う印象です。3小花弁が均等幅になった次の花も咲きました。2013.8.18に撮ったアルストロメリア・ピンク←(クリック)です。

3匹同じ蜂りボトルに入りました。昨日5/23夕方にボトルから出して水に浸けておいて5/24朝に日光で乾かして写しました。小さいのが1日先に、大2匹はほぼ同時だったようです。背中が全部黒ですのでコガタスズメバチたちです。大きい2匹は4cm越えの女王蜂です。疑問は真ん中の小さな蜂、働き蜂サイズです。上画像で顔も同じ、腹の模様も同じ、下画像で、背も下の縞も同じです。まだ巣を作り始める時期ですのに??。
(追記)ミミの父様に教えてもらいました。<スズメバチネジレバネに寄生された働きバチは,冬になっても死亡せず>と次のサイトほか数サイトで見つけました。ネジレバネは蛾で、その幼虫がスズメバチに寄生します。やっぱり、小さな方は冬越えした働き蜂だったのです。女王蜂も働き蜂も一部がネジレバネに寄生され、本来の働きをせずに死ぬのだそうです。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~vespa/analis/va_6.htm←(クリック)
2011.6.3に撮ったコガタスズメバチの巣←(クリック)です。6/3では巣の作り始めです。
2009.7.2に撮ったコガタスズメバチの巣←(クリック)です。7/2でも巣の1段目です。小さな巣がヒラドツツジで見つかりました。切り落とした後に、4-5匹の働き蜂が巣に戻ってきました。素人では、このサイズが限界、大きな巣になったら専門業者に頼むしかないです。勿論ハチアブマグナムジェットなど強力殺虫剤は必需品です。

ナミアゲハです。昨日5/24午後に捕りました。害虫と分かっていても殺せません。モデルの跡は逃がしました。卵や幼虫はほぼ即ですが。私の目をかいくぐって羽化したのでしょう。夕方、玄関内で撮りました。

9:00の室温は23度、湿度は50%です。まだ降っていませんが曇っています。雨で昼過ぎから曇り、最高24度予報です。

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

50度の効果♪

2016-05-24 07:15:39 | Weblog

50度の湯ポットに柏葉アジサイと山アジサイ・シチダンカを挿しています。シチダンカは小さいですが上から撮っていて近いから大きく写っています。浸けてから3時間は経っています。この2種、水上りが悪い部類です。柏葉アジサイの大きな葉を上の2枚だけにしてはいますが。水あげに成功したら墓参りの花にするつもりで切ったのです。温度計で計ったら浸ける前は52度でした。少ないお湯の量ですから、熱湯を少し足しました。成功したので墓参りに持って行きました。

ジューンベリーです。ネットを張っても効果なしです。メジロが行くたび(2回)にネットの中で食べていました。(笑い)
下の口を完全に閉め切れません。まあ良いかです。採りながら食べてこれだけ集めました。まだ残りがあります。ユスラウメ、ビックリグミ、そしてジューンベリーも収穫予定です。下り坂だそうですし、今日中にです。

夾竹桃です。黄色のアブラムシ大量に発生です。殺虫剤を掛けましたが--。アブラムシがぺたりと枝や蕾についてはでしょう。結局、居た場所は摘んだのです。咲いていた花は傷んだので、5/23に咲いた花を撮りました。樹液が有毒でも、ものともしないアブラムシが居るのですよ。それにカイガラムシも10個以下でしたが見つけました。カイガラムシは色も多種で、いろんな木に着きます。

ムシトリナデシコです。花の塊が大きくなってきたのと鮮やかさが増したので、写したくなりました。

メドーセージ(サルビア・ガラティニカ、シソ科サルビア属)です。シベが蛇の舌に見えたのでしょうね。女神メデューサからの命名ですから。

サルビア・コクシネア・レディインレッド(ベニバナサルビア)が咲いてきました。原種系サルビアで自生更新です。上下ともサルビアです。

月桂樹=ローリエの新芽です。こちらは親木(50年前に購入)、庭に入れたので強剪定に耐えています。2本の挿し芽株の方(45年以上)が大きくて、また強剪定が待っています。なので大木になった子株の花を見たのは2回か3回です。切らずに2年そのままにしておいたら、花のチャンスもですが、たぶん無理です。たまに料理に葉を使います。

カンパニュラ・アルペンピンクです。藤色ですが。小さな花が沢山咲いて可愛いです。

コガネムシ・クリイロコガネです。植替え時に鉢中に居る白い幼虫はコガネムシですね。根を食べるから厄介です。我が家だけでないかも??。

晴で夜は曇り、最高30度予報です。7:15の室温は22度、湿度は52%です。
昨日5/23はお寺の手伝いでした。冷房の効いた本堂に居たのですが、最高30.7度で真夏日でした。

 

 

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

ビチセラ系クレマチスとキイロスズメバチ♪

2016-05-23 08:06:08 | Weblog

沢山咲いてるのに、昨日まで気が付きませんでした。ビチセラ系クレマチス・紫の尖った弁で花径4.5-6cmです。名札が見つかりません。候補はポーリッシュ・スピリットです。もしかしたら去年も咲いていたかもしれません。

クレマチス・マダムヴァンフォーテの咲き始めです。沢山咲いていましたのに、良い花が見つからずにです。捨てるのも惜しいので載せます。

上が先日の大きすぎるコガタスズメバチの女王です。ボトルから引き揚げて1日経った時に動き出す場面に出会ってびっくりして殺虫剤を掛けました。今回、蜂捕りボトルに入っていたのは下のキイロスズメバチです。女王蜂で25~28mm、働き蜂は17~24mmとネット、計ったら29mm、やっぱり女王蜂です。計りなおしたコガタスズメバチは43mmだったのです。でも、この太さの差!、手前は大きく写るでしょう。肉眼では、1:4に感じます。
蜂の活動期、またスズメバチが1匹蜂ボトルです。さて今度は何蜂かな?。スズメバチが飛び出して30年も経たないと思います。今朝出そうと思いましたが生き返っては困るので、夕方にします。

キイロスズメバチの特徴は背中の上と下に黄茶色紋があります。胸の背部分全部が黒はコガタスズメバチ、下に黄茶色紋はオオスズメバチです。キイロスズメバチは攻撃性が強いのですって、直に蜂捕りボトルに入ってくれて良かったです。参考サイトです。
http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/seibutsu/doubutsu/08hachi/suzumebachika/kiiro2/index.html←(クリック)
ネットによると、ケブカスズメバチの亜種がキイロスズメバチで、本州以南に生息とのことです。

先日エゴマを買いました。1枚葉を食べました。ハーブの味、何味と言ったら良いのかなです。焼肉を包んで食べる葉の1つだそうですね。我が家の紫蘇はチリメンですが、その皺を伸ばした雰囲気の葉です。

柏葉アジサイが咲きだしています。スノークイーンです。細かい真花が咲くころは、良い香りがするのですよ。

オオキンケイギク・八重咲きです。今は販売禁止ですね。特定外来植物指定です。種で買ったのが、細々と自生更新です。我が家から逃げ出す心配はほぼありませんが、少し離れたところ2か所で咲いてるのに出会いました。群生できる場所はありませんが、小さな塊でした。

ワットソニアです。沢山咲いた年もありますのに、今年はやっと1本です。撮り忘れるところでした。

ニゲラです。苗床に近い場所で痩せた株で咲きました。
ももリン様に種を戴いたのかな?。大昔に作ったことはあるのですが、こんなに痩せていませんでした。(苦笑)

一重のドクダミも所々に咲いています。残しても良い場所は決めています。

8:05の室温は21.5度、湿度は56%です。晴で最高30度予報です。

コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

サラサヤンマです♪

2016-05-22 08:11:24 | Weblog

サラサヤンマです。下のを撮った後に、蛍光灯スタンドの下で、イチジクの葉の上に乗せて写しました。しばらくそのままだったのに、1時間後に見に行ったら姿が見えません。出入り口は開けていますので外へ行ったと思います。今朝も姿は見ていません。

紫陽花の葉だったかにじっと止まっていました。夕暮れ前、老眼鏡のピントが合って良かったです。羽化してからさほど経ってない気配で、手で捕まえました。サラサヤンマの特徴は細長い腹部と背側の黄色の更紗模様です。ヤンマ類にしては小さめの体です。腹部の副性器から雄のようです。2012年と2014年に出会っています。どちらも1匹ずつ、2年に1回の出会いでも良いからまた来てほしいです。夕日に照らして、上の3枚を撮りました。

白実ユスラウメです。赤実に遅れること1週間です。花も1週間遅いです。パラパラ、味見程度しか実っていません。かすかに白実の方が大きいかなです。赤実白実で、味の違いは感じません。

バラです。上は挿し芽した記憶があります。下は、去年まではその場所で咲いてなかったバラです。挿し芽した記憶も?ながら、咲いてくれて有難うです。痩せていても咲いたら嬉しいです。

最初に咲いた上のアマリリス、肉眼ではまだ鑑賞に堪えますが、画像の花弁がちょっと微妙です。3個目の蕾が膨らんできました。2球目のアマリリス、病気かなですが、4個の蕾です。全滅かなと思っていたのに2球に咲いて良かったです。

ゼラニュームです。日に照らされて輝いています。色があって賑やかなのも良いです。

ホオズキの花、2度目の登場です。そこの黄緑の模様と花弁縁の綿毛が好きです。パソコンに取り込んで見える世界です。(苦笑)

8:10の室温は20.5度、湿度は55%です。晴で最高30度予報です。昨日の最高は29.4度だったそうです。

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

ビックリグミとユスラウメ♪

2016-05-21 09:21:43 | Weblog

ビックリグミです。昨夕、脚立に登って採りました。数個食べて残り51個あります。こんなに1度に収穫したのは初めてです。未熟なのは、残り半分弱かと思いますが、赤くならないと確認できません。甘いです。

ユスラウメです。これで100個ほどでしょうか。一昨日夕方に採って、先に食べましたので。少しだけ、木に未熟が残っています。

花ぐるま様に戴いた八重のドクダミが咲いてきました。もう少し塔になって咲きますよ。花弁と葉の融合?、これ可愛いと思います。一重のも咲いてきました。今年も不要部分は引いています。

 

山アジサイ・シチダンカです。上3枚は親木、4枚目は挿し芽株です。1枚目と4枚目の色が好きです。いろいろ変化するのもアジサイだからですが。

コガネグモです。小学生サイズです。成蜘蛛の1/2以下です。模様がはっきりしています。コガネグモが消えたのかと思っていました。数年、見なかったのです。

ルリチュウレンジです。ハバチの仲間です。バラの葉など食べる幼虫の親です。
参考サイトはhttp://futarinoyakata.my.coocan.jp/gardening-rurichuurenji.html←(クリック)です。

9:20の室温は21度、湿度は55%です。晴で最高29度予報です。 

 

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

コガタスズメバチです

2016-05-20 11:25:16 | Weblog

コガタスズメバチです。スズメバチのうちでも攻撃性は弱めです。今朝5/20、蜂捕りボトルに入っていました。数日前に木にボトルを吊るして、2日前に点検した時は居ませんでした。数日前から大きな蜂が、主に朝夕に飛んでいたので蜂捕りボトルを作りました。今は2本吊るしています。飛んでいるときに大きかったのでオオスズメバチ?と思って用心していました。2日前の朝、ジェットスプレーしたけれど逃げられてしまいました。同じ個体だと助かりますが、1匹で終わるとも思えませんが。今の時期は女王蜂です。蜂捕りボトルのおかげです。コガタスズメバチの見分けは背中全部が黒です。働き蜂のサイズは3cmと参考サイトです。女王蜂は45mm有りそうな、体を直にして計ったらです。
http://white.ap.teacup.com/camponotus/181.html←(クリック)

山アジサイ・伊予の花火の咲き始めです。咲き終りは装飾花が赤っぽいピンクに染まります。切れ込みがあって可愛い山アジサイです。鉢植えですが、地面に根を張ってると思います。大株になっています。

時計草・セルレアです。毎日複数で咲いています。花は上品な良い香りなのですよ。冬に地上部が枯れる時計草・インセンスのツルが伸びてきました。

西洋シャクナゲたちです。白はマダムマッソン、赤は越の赤富士です。賑やかに咲いてきました。先に咲いたパープルスプレンダーは、咲き終わったので花を摘み取りました。

小さなガーデンヒペリカム・エンビーフレアの花です。メシベの下の丸い部分が膨らんで赤い実になります。

アルストロメリアです。傷んだ株が多くてヘタです。このピンクは元気です。

ヒエンソウも密に咲くようになって、花穂が伸びています。涼しげな花です。

今日も他のことをしていて遅くなりました。11:25の室温は21.5度、湿度は55%です。晴で最高28度予報です。

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

アルブカ・スピラリス'フリズルシズル'です♪

2016-05-19 12:10:26 | Weblog

 

アルブカ・スピラリス'フリズルシズル'です。昨日5/18に撮りました。球根植物です。去年、蕾で買って、2度目の開花です。花径は4cmです。参考サイトには花茎が30cmとなっていますが、45cmあります。オーニソガラムの近縁だそうです。下に花茎が上がってきた画像を載せます。
参考サイト→http://nao-k.jp/engei/kobetu/arubuka/arubuka.html←(クリック)
参考サイトにはアルブカス・ピラリス・フリズルシズルとなっていますが、学名:Albuca spiralis cv. 'Frizzle sizzlですので誤植と思います。

アルブカ・スピラリス'フリズルシズル'、長い花茎を出して、先端に蕾です。蕾と葉と、2枚に分けました。5/10に撮りました。安定が悪いので上の長い鉢に植え替えました。下の方に先端がくるくるとなった葉が出ています。

フランネルソウ=スイセンノウです。絶える年に種を採って蒔いたのが育って咲きました。古い品種は園芸店に並ばなくて、大昔に職場の方に苗を貰いました。地植えと鉢植え、両方で管理しようと思っています。こんな花でも咲けば可愛いですから。センノウの仲間です。白い産毛を纏った柔らかな葉も良いですよ。

ジューンベリーが熟してきました。上2枚は昨日5/19に、下は5/16に撮りました。小さな実ですが甘いです。1枚目の背景は白いネット、脚立に上がって被せました。

昨年は殆ど実らなかった赤実ユスラウメです。もっと密に実ってる画像を拝見しています。我が家で実るなら、この程度で十分です。甘いです。サクランボの入り口を通過ほどの味でしょうか。葉の出る前に、石灰硫黄合剤を撒いたのが袋実病に効きました。来年2月にも忘れず実行しようと思います。今、アブラムシで縮れた葉が所々です。害虫でゆっくりさせてもらえません。

マガリケムシヒキ♂(15-20mm:ムシヒキアブ科)です。♂♀で腹部先端が違います。園芸用支柱(金属)に止まっています。
下は♀、2016.5.12(5/11写す)に載せたマガリケムシヒキです。

 12:10の室温は21度、湿度は59%です。6時前に起きて少しのつもりで雑草園へ行きました。虫退治を始めたら止められなくなって、ブログアップが遅れました。 (ペコリ)
晴で最高29度予報です。連日、夏日です。

 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

ホオズキとアルペンピンク♪

2016-05-18 10:01:47 | Weblog

ホウズキの花です。あちこちに咲きだしてきました。小さな花ですが、それなりに可愛いと思います。既に葉に穴が開いてるのもです。ニジュウヤホシテントウとの格闘です。

カンパニュラ・アルペンピンクです。アルペンブルーが有名ですね。2色買ったのですが、残ったのが薄色のアルペンピンクです。これは数年生きています。小さな花ですが季節に正直です。

庭植えのサツキツツジも咲く季節になりました。一番普通の品種です。

ヒエンソウです。チドリソウとも呼ばれます。最初の花は間延びしてますが、そのうち花穂の上下が密なのも咲きます。

日に照らされてあまりに綺麗だったので写しました。葉に赤い斑が入ったゼラニュームです。

ベゴニア・センパーフローレンスです。ほかの鉢に寄生したのに蕾が出来ていました。この葉の色、木々の若葉色にも負けないほど輝いています。

ブラックベリーの花です。順調に咲いています。

マリーゴールド、黄色の方です。2色買いましたが、大株になるまでに消えそうです。

ハコネウツギです。強剪定で花数は少ないですが、3株あります。赤くなってくる花が可愛いです。

ウメエダシャクの幼虫です。ここ数年、幼虫と成虫の蛾と大格闘だったので、多少は少ない気がしますが、今年も発生です。スモモ、ユスラウメ、梅にも発生します。幼虫のうちに見つけて退治できるのが一番ですが、見逃しが出て来ます。その時は成虫の蛾を捕虫網で確保です。情けないことに、近所や少し離れた場所でもウメエダシャクが飛んでるのを何度も見るのです。
http://www.jpmoth.org/Geometridae/Ennominae/Cystidia_couaggaria_couaggaria.html←(クリック)

キマダラカメムシです。クサギカメムシより大きくて、臭さはほんの少しましですが、やはり臭いです。温暖化で北上、数年前から見つけ始めました。今年最初に見つけたのはセンダンの幹、それから、アケビでもジューンベリーでも、もちろん捕殺です。

10:00の室温は17度、湿度は55%です。晴で最高28度予報です。

コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

アヤメとアマリリス♪

2016-05-17 09:11:34 | Weblog

今年はたった1本のアヤメです。白は5-6本咲きました。植え替える場所がままならなくてそのままです。子供のころからありますから絶やしたくはありません。もう待ったなし、今年こそは植替えです。我が家の紫は広い巾の花弁で、白は細い巾の花弁です。

アマリリスが1本だけ咲きました。蕾は3個です。もう2球冬越ししましたが、咲く力が無いようです。今秋に新しい球根を買わなくてはです。

マロウティーです。カップなみなみとになりましたが、コモンマロウを15個と柚酢でこの発色です。砂糖を入れなくても美味しかったです。飾り用に1輪です。

ワイルドストロベリーです。7個食べたのかな、もちろん写してからですが。絶えないように株数を管理しなくてはです。意識から消えると、殆どが行方不明になりますので。(苦笑)
小粒でも素晴らしい香りと甘みです。

西洋シャクヤク、貧相な花になってきました。3か所で1本ずつ残っていて、1本の蕾は黒くなってダメでした。この株は古いのですが、いよいよダメになりそうな予感です。上の花は5/15、下の蕾は5/13に撮りました。

先に咲いた西洋シャクヤク、5/15朝に撮りました。夕方、咲き終わったので花を取り去りました。白や淡いピンクも買いましたが早々と姿を消しています。

セントーレア・ギムノカルバ(ピンクダスティーミラー)です。手を添えて撮っています。花2輪と蕾が数輪、小さな花でしょう。野アザミの半分でしょうか。

ヒメマルカツオブシムシ2.5mmです。フランスギクに来ています。エリゲロンや他でも見たような。

クロウリハムシ6-7mmです。写ったら上等のべっこう色ですよ。我が家ではウリハムシとこの虫がキュウリの葉を食害するのではと思っています。似たのにヤマイモハムシが居ます。ヤマノイモのツルの先端に来て食害です。サイズがそっくり、腹も黒いです。今、格闘中です。
ウリハムシ→http://www.insects.jp/kon-hamusiuri.htm←(クリック)
2011.6.21に撮ったヤマイモハムシ←(クリック)です。

9:10の室温は19度、湿度は58%です。曇りで昼前から晴れ、最高24度予報です。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加