gardening2

 我が家の花木と昆虫たちです。

 「コメントをもっと見る▼」の時は
  ▼を押して下さい。

ヤブカンゾウとブルーベリー♪

2015-06-30 07:10:30 | Weblog

昨日昼過ぎ、ヤブカンゾウが咲いてるのに気が付きました。で、花を3個と蕾2個を採ってきました。茹でてシーチキンと少しのマヨネーズです。美味しかったですよ。何度食べられるかな?。

たった3粒のブルーベリーです。今まで実った内では一番大きな仲間です。甘かったです。で下は、その1つずつを撮りました。花は沢山咲いてたけれど、だんだんと落ちてしまったのです。青い実も熟してくれますように。何十本も買ったけれど、実が着いてるのはこの株だけで、ほとんど枯れました。

曇りのち雨、18時から50%降水確率ですが、仕事中は降らないでほしいです。今日は庭師が来てくれる約束です。7:10の室温は25度です。
最高も25度予報、雲って気温が低めで有難いですが、雨の心配もです。

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

50度の威力♪

2015-06-29 06:46:26 | Weblog

50度のお湯につけて、ホオズキを活けてから撮るまでに既に2日余りです。水あげ失敗が多いのです。

6/29今、撮ってきました。同じギボウシの2度使いですよ。下は通路にはみ出していたコエビソウです。昨日、ギボウシと一緒に50度の湯にしばらく浸けておきました。見事成功です。私は見なかったのですが、テレビでも、この方法が映っていたとか。
庭師が昨朝寄ってくれて、明日来ると、それで昨日、庭を片付けていたのです。何しろ私が通る幅しか、でしたので。

今朝の新聞には、茎や枝を斜めに水切りして、①給水面積を増やすこと、②夏は毎日水替えをして、花入れも茎も洗うこと、と載っていました。水を腐りにくくさせるのは、台所用漂白剤(次亜塩素酸系)を容器に応じて数滴です。うんと昔のためしてガッテンで見ました。

こちらは赤のコエビソウです。子株が2つありました。嬉しいです。

ペニーロイヤルミントの花です。小さな花です。良い香りなのですよ。オーデコロンミントとスペアミントはまだです。

こちらは、レモンバームの花です。6月も末になってますものね。小さな花、何とか写りました。

ナス科の害虫、ニジュウヤホシテントウです。我が家では主にホオズキを食害します。甘長唐辛子にもです。ホオズキには他にホオズキカメムシの幼虫が食害(吸汁かも)、成虫は吸汁しています。姿が酷似のツマキヘリカメムシは、ギボウシやブラックベリーなどに居ます。カメムシの害は吸汁です。もちろん見つけたら即ですが、全部とはいかないので、毎日のように見まわっています。

今ピンポン、6:40庭師がこんなに早くと思ったら、今日は用事が出来たと、で、明日以降になります。明日夜は雨予報ですが、昼間降らなければと願っています。
6:45の室温は23.5度です。最高29度で晴れ時々曇り予報です。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

キキョウが咲きました♪

2015-06-28 08:01:24 | Weblog

上は紫のキキョウです。黒い埃状の虫、どうやらアザミウマのようです。パソコンに取り込んでから見えました。白の方は白桔梗の蕾です。この状態も好きです。

モントブレチア(ヒメヒオウギズイセン)です。柿朱の色が賑やかです。粗雑にしていても毎年花を咲かせます。多すぎる分は処分です。

上がガクアジサイで、下がアジサイの装飾花、真花がそれぞれ可愛かったので写しました。

ガーデンヒペリカムです。小さな実が出来ています。先に咲いたのは、もう少し大きめですが、その枝は3個の実ですので。

アオドウガネです。草食だから私には害虫です。アオ=緑、綺麗な色です。

南側廊下で放したら飛びました、硬い羽の下に薄い羽です。仕舞い込もうとしたところを掴んで、腹側を写しました。ドウガネ=銅金?。
上:銅色の鮮やかな光沢です。
下:側面はたっぷりと毛が生えていて、思った以上に太い脚です。植木鉢の中に入り込んで根を食べる白い虫、この親だと思われます。参考サイトです。
http://mushinavi.com/navi-insect/data-kogane_aodougane.htm

雨は降ってませんが曇っています。今朝は風も収まって静かです。8:00の室温は24度です。昼過ぎから時々晴れ、最高26度予報です。

 

コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒメワレモコウとワイヤープランツ

2015-06-27 10:47:04 | Weblog

ヒメワレモコウが先日から咲いています。上は茎を曲げて葉も写るようにしました。小さくて赤茶色に見えてますが、赤紫です。上の花の長さは12mm、葉の長さは25mmで、小さな花では7mmです。小さな鉢に植えています。花が終わったら、今年こそ植え替えなくてはです。
夏過ぎの高原に咲くワレモコウ、良い風情で好きです。我が家にはそんな場所もないです。

何気なく目が行ったら花です。ワイヤープランツの花、初めて実物を見ました。花の傍の葉で長さ6mmです。買ってから数年は経ちます。最初こそ子苗でしたが、鉢植えですが茂っています。気付いて良かったです。

タイマツバナです。モナルダも最初の方で覚えました。この状態が一番綺麗かな、だんだんと周りに咲いていって、上が咲き終わって剥げてきます。

ハマギクです。シャスターデージーの交配親だそうです。東北の海岸地帯に群生してるとか、我が家では地鉢植えです。咲き掛けの花も葉も蕾も可愛いでしょう。

ブラックベリーです。最初は1粒、その次はこの2/3ほど、これは今朝撮りました摘みました。

今朝は強めの風です。晴れるのかなと期待しましたが曇っています。10:45の室温は26度です。西の風、くもり、 夜は晴、 所により明け方に雨、最高27度予報です。昨日、怖いほどの雨にはなら無くて幸いでした。しっかり振ってくれました。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

シソの花です♪

2015-06-26 10:03:07 | Weblog

僅かな紫蘇を今年は重宝に使っています。花の鉢に種が落ちて自生した青紫蘇に花が咲いています。走りと思いますが小さくて白いので可愛いです。

梅サワーです。左が赤シソを加えた方、右が梅だけです。赤い色は美味しく見える?気がするのです。どちらも一部だけです。まだバケツと瓶に残りがあります。

マリーゴールドです。今朝も雨ですが、先日6/23の雨上がりに撮りました。

大きな方のクチナシも順調に咲いています。黒い埃に見えるのは害虫・アザミウマです。老眼鏡をかけてじっと見ればわかる程度ですが、厄介な虫です。クチナシで多く見かけますが、白いから目立つだけのようです。ナス科やウリ科に被害だそうです。体長1-2mmです。
アザミウマ→http://yasaitosyokubutsubyoukitaisaku.com/gaityuunosyurui/azamiuma.html←(クリック)

サンジャクバーベナ・宿根です。この株は咲始めです。咲始めは咲き終わたった部分が少ないから良いですね。固まりは小さめでも。

デュランタ・レペンス・バリエガータ(レモン・リップス)です。葉が綺麗でしょう。葉を楽しむ種類と思っています。デュランタは、何度か買いましたが、宝塚も売ってるほどには賑やかには咲きません。ヘタです。この株・レペンスの花は見ていません。

ベトナム椿と日本の椿の交雑種・凛(リン)の葉です。葉の姿は勿論ですが、新芽もこんなに雰囲気が違うのですよ。凛(リン)の花です。
http://k.kazuyoo.jp/img/150403tu2.jpg←(クリック)

コダカラソウの赤ちゃんがびっしりついています。これだけ増えたらと心配なほどですが、案外増えないです。後の管理を忘れないようにです。気が付いたら居たはずのが居なくなっています。

10:00の室温は26度です。終日雨で、所により夕方から雷雨、更に豪雨になるかも、心配です。

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

ギボウシが咲きました♪

2015-06-25 09:35:37 | Weblog

ギボウシが咲き始めました。上は山菜ウルイとして、若い葉が揃い始めたころに1-2回食べているギボウシです。下は斑入り葉の蕾です。

ダンギクが貧相な姿ながら2茎咲いています。それも先日からです。やっと撮りました。

ストケシアが1株だけ残っています。上が6/20咲始め、下は6/23に撮りました。

ミズヒキの花茎が出てきています。小さな蕾が赤くて、開花も近そうです。赤白緑、この株は3色の葉を持っています。

上がクワイの葉で、下が湿地性カラーです。小池の1/3がカラーで、残りがクワイの葉で覆われて、和金もいます。アメンボも住んでるはず、ヤゴもです。玄関前でクワイ?ですが、採りきれなかった分でこれだけの葉になったのですよ。一応、春まで種分は保存しておいたのですが。

スズメガの仲間、キイロスズメです。捕虫網で捕って南側廊下に放して写しました。

北西に入道雲のような雲です。晴れています。曇り時々晴、最高30度予報です。9:35の室温は27度もあります。

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

パソコンに取り込んだら♪

2015-06-24 10:22:51 | Weblog

キダチベゴニアです。咲きだしてたので写しました。で、パソコンに取り込んでからキベリクビボソハムシ(害虫)が居るのに気が付いて、確認に行きました。

移動していましたが、傍に居たので、捕まえてパチリです。

で、もう1枚、キダチベゴニアを撮りました。

花菖蒲・月の浜辺・肥後系です。今年はもう咲かないと思います。大きめで優雅な花です。

ヒトヨタケの仲間かなと思っていましたが、数日生きています。買った土にキノコ菌が居るのでしょう。時々キノコも生えます。似たキノコが多くて、見つける気力もありません。キノコの本は持っていてもです。

オオベンケイソウです。年に何度か蜘蛛の糸のようなのを伴って小さな細い幼虫が食害します。で、もっと大きな塊で咲くはずが、この小ささです。この小さいのも、それなりに可愛いのですが。
検索したら、メイガの幼虫が食害すると載っています。数種のメイガ幼虫なのでしょうけれど、我が家ではノシメマダラメイガの幼虫(10mmほど)かもしれません。
http://www.jpmoth.org/Pyralidae/Phycitinae/Plodia_interpunctella.html←(クリック)

梅干しではありません。先日、梅サワーと梅ジュースを作ろうとして、1つはバケツに酢と砂糖と青梅を入れました。で、少し空いてきたので、瓶の砂糖漬けの方をバケツに入れたのですが、入りきらないので、また瓶に戻しました。僅かな赤シソですが、捨てるのもですので塩もみしてアク出し後に上に乗せておいたら、赤い色が出て来ました。シソと梅の味がする梅サワーが出来てるはずです。今年は何年振りかで梅がそれなりに採れました。ヘタだから梅干しは作りません。

小さな蜘蛛です。チュウガタシロガネグモと思います。頭部が鼈甲のように透明に見えます。アシナガグモ科、長い脚の黄緑色も綺麗です。
手を巣の後ろに置いたら、焦点が合ったのです。僅かに蜘蛛が揺らすのかな?。指との比較で大きさも分かっていただけますし。
参考サイトです。
http://miekumo.web.fc2.com/kumozukan/chuugatashirokanegumo/chuugatashirokanegumo.html←(クリック)

雲は多いですが晴れています。降水確率は30%ですが、ところにより午後雷雨、最高30度予報です。10:20の室温は26度あります。

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

ブラックベリーです♪

2015-06-23 07:11:16 | Weblog

今年最初に熟したブラックベリーです。撮った後に口に入れたらまだすっぱかったです。少し柔らかく感じるほどになると甘いです。キイチゴ類は大好きですが、このブラックベリー以外は全部消えました。長いシュートが次の年に実を付けて、先のシュートは枯れてしまうのですね。ジャングルになる素質十分です。

アジサイです。これでも、我が家では濁らない方の色なのです。咲き始めの淡い色も好きですが、そろそろ残り花になってきました。昨日は山アジサイやガクアジサイほか剪定しました。月桂樹2本は従来通り、脚立に登って3種の鋏で剪定しました。
そうそう、ヘッジトリマを通販で買ったので試運転も兼ねて、1か所のキンモクセイと3本のサツキツツジ、2本のツゲを刈りました。場所移動に時間が掛かります。自重が2kg、電気で動きます。コードが邪魔ですが鋏よりも楽です。庭師を頼んでるのに連絡がありません。

花ぐるま様に戴いた牡丹クサギ、赤いのは蕾でしょう。撮るときには分からなかったけれど、黒いのは蟻?、それとも害虫?、見てこなくては。
(追記)蟻が無数に居ました。ここには居て欲しくないので殺虫スプレーを使いました。

セントーレア・ギムノカルバ(ピンクダスティーミラー)の2番咲きです。野アザミをうんと小型にした感じの花です。銀葉で棘はありません。宿根ヤグルマギクとも呼ばれています。セントーレアの画像検索では、葉の姿も色も多種です。

ヒメヤナギの葉に居ました。ヤナギルリハムシ♂♀です。ヒメヤナギ、アブラムシもいたので小さく剪定しました。

暗くなってから雨音が聞こえました。今朝降った跡があって、通路を通ったら雨露で濡れます。通路の脇にも鉢を置いたり、枝葉が両側から攻めて来ますから。
7:10の室温は24.5度です。曇りで昼前から所により雷雨、最高29度予報です。今は陽射しがあります。

コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

オオセンナリが咲きました♪

2015-06-22 07:15:21 | Weblog

オオセンナリです。自生しました。<南米原産で、日本には江戸時代に渡来>とネットです。先日小さな葉を見つけて、オオセンナリだと思っていました。まだ小さな株の最初の1輪です。葉に特徴があるから分かりますが、藤色の花と変わった実が身上でしょうね。オオセンナリの実はこちら←(クリック)です。ドライも玄関に置いています。その中に種が残ってるかもしれません。種があれば、もう1株あっても良いかです。

コエビソウの白です。小さな苞ですが茂って、今とても賑やかです。

モナルダ(タイマツバナ)ベルガモット、3つの名前を持っています。矢車ハッカの名前もネットで見つけました。良い香りがするハーブです。アメリカインディアンがお茶にしていたそうです。昨日咲きだしてるのを見つけました。上部の葉も赤くなるのも面白いです。

パンダスミレです。周年、休みと言えるほどの期間を置かずに咲き続けています。小さいですが、そこに咲いてるとほっとします。

アイビーゼラニューム・セビリア・バイカラーです。いつもながら賑やかに咲いています。白がもっと少ないのも咲き始めています。

フラミンゴプランツ(サンゴバナ)です。数鉢あるうちの1つ、家の西側に、家に着けて鉢植えを置いてます。で、数年戸外で冬越しです。植え替えようと思います。小さな花穂ながら数個着けていたので、こんなのもあると記憶のためにパチリです。戴き物です。挿し芽株でお嫁入りもしましたが、私はまだ園芸店では出会ってません。売っていてもと思うのが無い場合も多いですが、行くたびに新しい花に出会ったりします。

今朝も曇っています。7:15の室温は24度です。曇り時々晴れ、所により夜のはじめに雷雨、最高29度予報です。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

百両の花です♪

2015-06-21 08:22:47 | Weblog

百両(カラタチバナ)の花です。2-3年で白実を2株、赤実を1株買いました。先の白が枯れたのは承知していますが、残ったのが赤実か白実か分かりません。今年はいつになく沢山の蕾です。去年は実を付けませんでした。百両は縁起物の名前、カラタチバナが和名ですが、百両で売られていました。

十両(ヤブコウジ)です。こちらは、ヤブコウジの方が馴染みの名前です。低い草丈で撮るのが至難なので、こんな撮り方です。花弁に茶色の斑が入ります。

千両の花です。もっと小さかったのがそれなりに写るまでに大きくなりましたよ。

ガクアジサイです。買った時は油絵の具のような青でしたが、我が家の土ではこの色です。真花も満開です。装飾花の真花はまだですね。まじまじと見るのは、パソコンに取り込んでからです。

先日から咲いている白一重の夾竹桃です。自動でフラッシュが光って花芯の奥も写りました。

シオカラトンボの成熟した♀です。♂の塩辛色に対して、♀の色からムギワラトンボの呼び名があります。腹部付け根に、♂のような突起はありません。大きな目と、頑丈そうな口です。しっかり蚊などを食べてね。

先ほどから、2-3分が数回、猛烈な雨がありました。あれが続くと、道が川になります。大事な水も、押し寄せたら怖いです。昼前から曇り、所により雷雨、最高28度予報です。先ほど遠雷が聞こえていました。8:20の室温は24.5度です。今は雨音は聞こえません。

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

原種アルストロメリア・プルケラです♪

2015-06-20 09:45:31 | Weblog

原種アルストロメリア・プルケラです。先日近所の方に株を戴きました。代わりに我が家に有るピンク系のアルストロメリアを渡しました。

ヨウシュヤマゴボウです。アメリカヤマゴボウの別名もあります。先日から咲きだして、長い花穂の先端まで咲いてきました。有毒ですが、濃い赤紫の実はいつとはなしにヒヨドリ?に食べられてしまいます。狭いので1株だけ残して、しかも茎の先端も脇芽もカットなのです。

スカビオサ=西洋松虫草の種です。昔、手芸で毛立てに使ったチーゼルを思い出します。検索したら、<ヨーロッパが原産のマツムシソウ科の2年草>なんですって。似てるはずです。大阪長居植物園のサイトです。
http://nagaibg.blog89.fc2.com/blog-entry-764.html←(クリック)

モンシロチョウです。アブラナ科の植物、今はそんなに無いはずなのに、複数で飛ぶのですよ。もっと白い個体が多かった気がするのです。

9:45の室温は23度です。曇りで所により雨と雷、最高27度予報です。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

6年ぶりのキアゲハ♪

2015-06-19 08:23:26 | Weblog

キアゲハです。大きな個体で、夏型のナミアゲハよりも大きな気がします。2009.7.27に写してから6年ぶりに撮りました。先日捕虫網に入ったのがこの個体だったら、傷んでない羽だったのに、油断して逃げられました。今回も無理かと思ったけれど捕れて良かったです。
トップはガラス戸に押し当てるようにして手を添えて撮りました。それまでに暴れてましたよ。かなり傷んでいますが、特徴はばっちり写っています。特徴は上翅の付け根から左右に黒い部分があることです。先日逃がしたのは、もっと黄色く見えましたが。
3枚目を持ち替えようとして逃げられましたが、近くに止まったので最後のを写せました。因みに、ナミアゲハは黒い部分に細かい模様です。ナミアゲハのカップル表裏羽←(クリック)が見えます。

大きな方のクチナシの花も咲いてきました。ヒメクチナシと違って花数は少ないですが、大きくて綺麗な花です。香りも抜群です。

ハギ・江戸絞りです。小さな花ですが、沢山咲いてる枝もあります。秋の方が多めですが、2期咲きと思っています。

原種系のサルビアです。サルビア・コクシネア・レディインレッド(ベニバナサルビア)です。最初は苗で買いましたが、公園花壇に多食されるサルビア・スプレンデンスと違って、以来自生更新です。赤の色の綺麗さは格別です。

ヘリカメムシたちですが~。下の左、大きい方はホウズキに居たので、ホオズキカメムシ(ヘリカメムシ亜科)に間違いありません。体長は12mmです。
上は、ギボウシの茎にカップルが何組も居ました。下の右の小さい方もギボウシで捕りました。ほとんどの場合、見つけた時に即捕殺です。
黒くて写りにくいです。加工してやっとこの程度です。
ヘリカメムシは草の汁を吸うとネットですが、ギボウシに居る情報が無いのです。ヘリの白筋、ホオズキカメムシの方が太いですね。個体差を加味してもです。同じと思われるのがクサイチゴにも居たような。今まで、両方ともホオズキカメムシとして扱っていた気がします。
ギボウシのヘリカメムシは、どうやら、(6/20訂正)オオツマキヘリカメムシ9.5mm(ヘリカメムシ亜科)のようです。オオツマヘリカメムシとも酷似で難しいです。

ホオズキカメムシ10-13mm:http://mushinavi.com/navi-insect/data-kame_hoozuki.htm←(クリック)

ツマキヘリカメムシ:http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/seibutsu/doubutsu/05kamemushi/kame/type12/index.html←(クリック)

オオツマキヘリカメムシ8-10mm:http://mushinavi.com/navi-insect/data-kame_heri_tumaki_oo.htm←(クリック)

弱い雨が降っています。今朝の天気予報で東京と大阪のその時間の降水量は0.5mmと言っていました。昼過ぎまで時々雨、最高23度予報です。寒いというほどでもないですが、梅雨冷えです。8:20の室温は23度です。

コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

ガザニアほか♪

2015-06-18 06:30:28 | Weblog

少し休んでいた白のガザニアが6/12に咲きました。

6/17には、上で蕾だったのも咲いて賑やかです。

赤のガザニアです。白1輪と同じ日にはもっと咲いてたのに撮り忘れて、6/17に撮りました。どちらも元気な株です。

山アジサイです。シチダンカ→伊予の花火→この花の順に咲きました。真花も咲き終わりです。

先に咲いた装飾花が裏返っています。シチダンカもです。

柏葉アジサイも装飾花が裏向きになってきました。遠目では赤っぽくて綺麗なのです。

ミミの父様に今回も教えてもらいました。ミナミヒメヒラタアブで確認できました。いつも有難うございます。エリゲロン(源平小菊)の上にいました。参考サイトです。
http://www.hegurinosato.sakura.ne.jp/2bangura/vi_abu_hae/kitahimehirataabu.htm←(クリック)

小さなアブ、ホソヒラタアブです。トウワタの葉の上に居ました。上のミナミヒメヒラタアブより少し大きめですが、2匹とも小さなアブです。6/19 7:00にミナミヒメヒラタアブとホソヒラタアブの説明を訂正しました。

マガリケムシヒキです。昆虫を狩るムシヒキアブです。害虫退治してると期待しています。複数見る日もあります。

今朝は弱い雨です。雨時々曇り、降水確率70-80%、最高23度予報です。8:30の室温は24.5度です。

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

クレージーデージーです♪

2015-06-17 10:11:20 | Weblog

シャスターデージー・クレージーデージーです。うんと昔にも買ったことがありますが、夏越し出来ませんでした。たった1本なのに黄色の部分が虫に食われています。見つけて退治はしましたが、傷跡はどうしようもありません。
シャスターデージーは、日本のハマギクとフランスギクの交配だそうです。その1品種が上のクレージーデージーです。フランスギクと呼ばれるのにも何種かあるような?。
上は6/14、下は6/16に撮りました。

ブッドレアとだけの表示です。前のブッドレア・ブルーダイヤモンドが枯れたので買いました。ブルーダイヤモンドは花穂が短くて、全体にコンパクトだった気がします。色もわずかに違うような。そのブッドレア・ブルーダイヤモンドはこちら←(クリック)です。
今頃、育て方の確認です。耐寒性は強い方で乾燥気味が良くて、強剪定で風通し良くのようです。冬も外で良いそうな。

マユミの実が賑やかです。今は黄緑です。11月になればピンクに変わります。

カノコガです。カノコガが飛ぶようになるとウメエダシャクもそろそろ終わりのはずなのですが、今朝も数匹捕殺です。飛んでいたら黒くしか見えませんが、飛び方でカノコガと分かるようになりました。(苦笑)
捕虫網の出番、まだしばらく続きます。

ユリクビナガハムシです。ハムシの名前と、その種類の多さを知ったのは、さほど古くは無いのです。全部、甲虫で片付けてましたから。
ゼリー状の気持ち悪い黒い塊が百合の先端部で見つかります。それが幼虫、蕾や若い葉を食害します。何本ものユリが咲きません。

曇りで所により夕方雨、最高28度予報です。10:10の室温は25度です。夕方歯医者メンテの予約なのに。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

3つ子ちゃんです♪

2015-06-16 09:30:23 | Weblog

スカビオサ=西洋松虫草です。上は6/14に撮りました。奥の花は球形になって白のオシベで覆われていました。
下は5/16、今撮ってきました。3個の花です。この下に咲きかけのもあります。奥の茎はちゃんとした種になればと願っています。

ムラサキツユクサ、淡い色で3つ子です。

クレマチス・HFヤングの2番咲です。もう1個下の方に蕾が見えています。

初めて確認しました。ナミヒカゲです。素早く飛んでいて、やっと捕虫網に入りました。昨日捕りました。ジャノメチョウの仲間で、今まで来たのはヒメジャノメだけでした。去年は出会わなかったような。ジャノメチョウの仲間は似たのが多いです。クロヒカゲかなと迷ったのですが、次の参考サイトの中段に確認方法が載っていました。
http://initial-m.jp/wp/2011/06/22/925←(クリック)

7時前に弱い雨が降って、先ほどから止んでいます。とはいえ、すぐに降りそうなほど暗いです。9:30の室温は26度です。曇りで降水確率は40-30%、最高26度予報です。

群馬県で突風被害ですね。どんなに怖かったでしょう。お見舞い申します。

 

コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加