gardening2

 我が家の花木と昆虫たちです。

 「コメントをもっと見る▼」の時は
  ▼を押して下さい。

チェリーセージとハンショウズル♪

2015-04-30 07:21:21 | Weblog

チェリーセージ・パープルローズです。こちらがホットリップスより数日早く咲きだしました。

チェリーセージ・ホットリップスです。例年咲き始めは赤一色です。小さな花でも、香りの良いハーブは良いですね。

ハンショウズルです。日本産クレマチスの仲間です。4/18に蕾に色が見え始めました。

10日経って4/28に最初の花です。葉の姿も好きです。もちろん戸外です。花の中を写したくて指を添えたり細工したりしましたが、普通に上や横から眺めても可愛いですよ。

小さめ一重もマーガレットです。2年目の株と思います。軒下フレームで冬越ししました。

今年最初のクンシラン、花が咲いてきました。

ベニモンアオリンガ(シンクイムシ) ・コブガ科ワタリンガ亜科です。松ぼっくりになる松の先端に何か止まってるのが目に入りました。で、横に倒してパチリ、捕まえて腹も撮ろうと思ったら逃げてしまいました。体長は1cmほど、小さな蛾です。幼虫はツツジやシャクナゲを食害とネットです。小さな青虫がツツジの葉を食べてるのを退治したことは何度もですが、この蛾は初めて目にします。黄緑色一色ののベニモンアオリンガもネットに載っていますが、両方気付いてなかったです。参考サイトです。
http://www.geocities.jp/tutuji_shakunage/6/4shakunagetutuzinogaityuutati.html

平戸ツツジの葉が凹凸、一部白くなっています。健康でない葉を摘んでいたら、黄緑一色のベニモンアオリンガが瞬間目に入ったのに捕り逃がしました。まずは見て回ることからです。卵や幼虫の発生が早目に分かればですから。葉の異常、同じのを見つけたいのに、探しきれません。

7:20の室温は20度です。晴、午後曇り、最高26度予報です。

 

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

コンボルブルス・クネオルムほか

2015-04-29 08:22:52 | Weblog

コンボルブルス(ヒルガオ科セイヨウヒルガオ属)が先日から咲いています。この花は、コンボルブルス・クネオルム(Convolevules cneorum)とネットです。コンボルブルスには1年草と多年草があります。冬越しして咲きましたから我が家のは多年草でした。
ちょっと面白い情報を見つけました。ある方が同じ白系だったのが数年経ったら薄いブルー花も咲いてきたと書かれてたのです。あわよくばです。

1日花のようです。長い方は前日咲いて閉じた花、手前の小さなのが蕾です。銀葉でもない不思議な金属色です。

平戸ツツジがほぼ満開です。生け花にした花も賑やかに咲きました。

シラー・カンパニュラーラのピンクです。僅かに残って咲いています。白は咲き終わりました。青は持っていません。

柿の蕾です。こんなに小さなのが葉の付け根に現れます。これが実になる第一歩ですもの。

アシブトハナアブです。クマバチほどではなくても羽音は高い方です。

上よりは少し小さめのヒラタアブです。ホソヒラタアブも沢山飛んでいます。

触角が長いでしょう。ハチの仲間の印です。オオツマグロハバチです。細い体です。

今朝は曇っています。8:20の室温は22度です。最高24度、曇りと晴れマーク、降水確率は20%ですが雨予報もです。

 

コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

Red Maple いつの事でも♪

2015-04-28 09:25:57 | Weblog

名札にアメリカハナノキと書いていたのを1年前に買いました。秋の紅葉が真っ赤!と期待した?ほどではかったです。我が家でモミジが育たないのを知りながら買いました。ゴマダラカミキリがその辺りに居るはず、巣食われる危険も大です。1年経って新芽が出てきたのでパチリしてから、検索開始です。アメリカハナノキって何、カエデの仲間とはわかるけれど--、下のRed Maple (Acer rubrum)に見えますよ。
http://mohsho.image.coocan.jp/redmaple.html

ここから、捕らぬ狸にまで夢が膨らみます。メープルシロップ大好きです。 Maple の文字です。ウィキペディアに<樹種としてはサトウカエデ (sugar maple) が最もよく知られており、これから作られたメープルシロップの量・品質が高い。その他、クロカエデ (black maple)、アメリカハナノキ (red maple)、ギンカエデ (silver maple)、シロスジカエデ (striped maple)、アメリカヤマモミジ (mountain maple)、ノルウェーカエデ (Norway maple) など、日本ではあまりなじみのないカエデ類からも生産されている。>とありました。高木を育てる場所などないのに、幹に傷をつけて染み出た樹液を集めて--、あわよくばメープルシロップ!、想像だけでも楽しいでしょう。(にこにこ)

極小イチゴ、ワイルドストロベリーの花が咲いていました。1-3粒の時も10粒採れた時も過去にはありました。細々と生きています。

イチハツが今盛りです。花弁中央のトサカが特徴です。子供のころからあります。

先に咲いていた黄色のフリージアは咲き終わっています。去年は、この鉢に八重が咲いてたはずですが、消えてしまったのか一重に返ったのか、この花です。
ピンクは終わって、通販セットでは赤が残り花のフリージアです。品種によって咲く時期と香りが多少変化です。

黄色のシンピジューム、短い方の花茎が開いてきました。長い方は切って仏壇に活けています。黄色は賑やかで綺麗です。

南側廊下から軒下に場所移動したアブチロンです。機嫌よく咲いています。時々咲くのでお助け花です。

ナミアゲハです。1週間から10日前から飛んでるのは見ています。昨日はランデブーのまで見ましたよ。毎日複数匹、出会っていますが、自然状態では写させてくれません。これは単独だったのを捕虫網で捕りました。北側廊下に放して、手にも乗せたのをパチリです。春型でサイズが小さめですが、中にはもう少し大きめなのも飛んでいます。夏型はさらに大きい蝶になります。

今日は、なぜこんなに体が痛いのかと考えたら、従弟宅の法事の日に叔母を少しだけオンブしたのを思い出しました。
昨日の奈良は27.7度もあったそうです。まだ4月ですよ~。晴で昼過ぎから曇り、最高26度予報です。9:25の室温は21.5度です。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

白が沢山♪

2015-04-27 08:18:29 | Weblog

オオデマリです。花の径は大きくて掌(たなごころ)に収まるほどですが、この花の白はほんとに綺麗です。小さな突起が出来て黄緑の球になって、満開になると白くなります。ブログで大木のオオデマリを拝見しました。もちろん花数もびっくりする量でした。

オステオスペルマム・ダブルホワイトです。紫の印象になってしまいますが、名前の中にホワイトです。この部分に固まって咲いています。満開時の画像、こんな風に咲くのを待っています。
http://k.kazuyoo.jp/img/140426ost.jpg←(クリック)


マーガレット・ソレミオインブルーです。昨年の株が生き残って咲いてくれました。中央がもっと盛り上がって咲きます。この咲き方が大好きです。

コデマリが咲いてきました。オオデマリに対するコデマリと思いますが、雰囲気はまったく違います。葉が違うからと思いますが。
我が家のは遅咲きで花の塊も小さいです。それに強剪定で、穂状になった部分が例年殆ど無いのです。

ゼラニュームの白です。我が家のは二重のようです。白は撮りにくい、何度も失敗です。

昨日は従弟の妻の一周忌に行ってきました。疲れました。出るのが遅れた上に乗り越してタクシーで逆戻りしました。散々な日です。帰りは無事に帰れましたよ。(笑い)
お寺さんが督促電話で来られたそうです。その家の駐車場でお寺さんを見てもう終わったのかと思いましたが、それから始まりでした。

8:15の室温は19.5度です。今日も晴、なんと最高27度、夕方雷雨予報です。昨日も暑かったです。七分袖のワンピースで行きました。勤務中はほぼスカートでした。退職してからは犬がまとわりつくのでズボンに変えて生活していたので、ワンピースの感覚、久しぶりでした。

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

モッコウバラの香り♪

2015-04-26 07:33:55 | Weblog

白のモッコウバラが咲いてきました。素晴らしい香りを楽しんでいます。が、撮りにくいです~。

黄色のモッコウバラも見ごろを迎えています。

極小椿のカメリア・エリナです。かすかな下垂性があります。小さな花も沢山咲いてきましたよ。

アリウム・コワニーです。満開になりました。ひっそりと咲いてます。2年目も咲くとは思わなかったので嬉しいです。

子持ちトクサの土筆、胞子体です。地下茎で増えてると思っていますが。小さな苗を見ていません。胞子体が付く時期、夏でも出ていた記憶です。

可愛い大好きなドウダンツツジです。我が家のは紅花更紗ドウダンです。買った時の1/10以下です。枯れてしまわないのが不思議なほど、今年もわずかに花が見られました。

ペラルゴニュームです。ゼラニュームと同じ仲間ですが、花が大きくて葉に独特の香りはありません。小さい品種も昔作りました。挿し芽苗で戴いたのは去年秋だったかな?。綺麗に咲いてくれました。

こちらはヒメライラックです。細かい花がぶわ~っと咲いています。といっても、鉢植えで南側アルミ縁の上ですが。良い香りは高木になるライラックと同じと思っています。素晴らしい香りです。

7:30の室温は17度、最高25度予報です。今日で4日目、今の時期では高温が続いて晴れ間もです。一変しました。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

黄色のジャーマンアイリスほか♪

2015-04-25 09:51:10 | Weblog

 

黄色のジャーマンアイリスです。上が4/23、下が4/24に撮りました。ジャーマンアイリスの見分けは葉でも出来ますが、花弁元部のブラシ状の毛が分かりやすいです。我が家のは痩せていますが、本来は豪華な花です。

小池の縁に自生していた小さな株のクリサンセマム・ノースポールです。2輪咲いていて見つけました。滅多に自生しないけれどゼロでもないのです。買った株は中株から大株になりかけています。

ミヤコワスレです。ひっそりとした花ですが人気がありますね。

エリゲロン・カルビンスキアヌスです。源平小菊の日本名もです。今は白が多いですが、ピンクも咲きます。急にぶわ~っと咲いてきました。小さな花でも賑やかです。

デュランタ・レペンス・バリエガータ(レモン・リップス)です。花は期待できませんが、葉が綺麗なデュランタです。軒下簡易フレームで冬越ししました。

1cmほどのハバチです。アブや蠅はもっと触角が短いです。検索での候補はニホンカブラハバチです。小さな黒い幼虫はアブラナ科の葉を食害とネットです。今はアブラナ科はほとんどありません。昔にこの幼虫が居たのを思い出しました。最近はセリ科のセリ、クレソンに着きます。黒い幼虫があっという間に丸坊主にしてしまいます。その犯虫だったのです。両手でパチン、仮死状態で写っています。
カブラハバチ:http://www.geocities.jp/sanarukomusimusi/photo/220_hatimoku_1/habatika/kaburahabati/kaburahabati_2.html←(クリック)

9:50の室温は19度です。晴で最高25度予報です。昨日26度、一昨日25度予報でしたが、夏日の25度情報は聞いていません。

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

何日で花が咲くかな♪

2015-04-24 08:53:15 | Weblog

樹高20mにもなるセンダン?かもしれません。4/21に撮りました。もちろん狭い雑草園ですから、強剪定で、枝も3-4本にしています。
センダンの細かい藤色の花は昔に出会いました。元気な新芽の向こうに青空です。センダンの実かなと思うのが、奈良公園の一角にあります。下は参考サイト、小画像にオンマウスされると大きな画像です。
http://ha7q.net/k/?q=100724

NHK大河ドラマで、野山獄内に花の香りが届いて、それがオウチ(=センダン)だと。センダンと聞いて、耳をそばだてました。素晴らしい香りの木!、そんな表現でしたね。良い香りが若い葉にも?、手折ってみましたがダメでした。ネットに<栴檀は双葉より芳し>は、白檀(ビャクダン)の事だとありました。紛らわしい植物名が今もです。この栴檀らしい株は自生して数年です。もしかして花が見られるかと、根元から切りたい欲求を抑えて待っていたのです。
紹介サイトと同じ花が咲いてくれるかな!?。脚立に登って香りを確かめに行ったおかげで蕾が見えて、嬉しいビックリです。近くの園芸店で見ない樹木たちの名前は難しいです。木肌や葉を見て分かるのは、さほどありません。
(追記)小さな花が沢山咲いてきたので脚立に登って香りを確かめました。素晴らしく良い香りです。

オキザリス・ダブルイエロー・心愛(ここな)です。2013年に咲いてるのを買いました。昨年は咲かなかったような。ムラサキカタバミがトラウマです。小さなムラサキカタバミの球根と格闘していても、石の下や樹木の根に纏わりついてるのはそのままです。で、基本的にはオキザリスは~でしたが、ダブルは少ないと、傍のの客が話してたのを聞いて買いました。一重の黄色の方が賑やかで綺麗ですね。近所でも見ています。下画像、葉の中心が僅かに赤紫です。

スズランです。たった1本の花芽です。何年も同じ鉢、植替えサボりっぱなしです。もう花芽が出て来そうにないかな?。

白八重椿です。完璧に無傷なのはなかなか咲きません。暖かくなって中心まで咲きます。

ポリガラ・ミルティフォリアです。ヒメハギ科で萩より大きな花ですが、先端にしか花が咲きません。可愛いのに園芸店でも出会ったのは、買った後に1回あった程度です。

松ぼっくりの赤ちゃんです。長い方のを曲げて来て雄花の一緒に撮ろうとしたら、折れてしまいました。長く伸びた先に雌花ですので、残すのは無理かと思っています。新芽の先端ですので、今の時期に雌花なのですね。1月と思ってたのですが。今、雄花を揺すると黄色い花粉です。

昨日はお寺の手伝いでした。節談(ふしだん)説教と言うのは、初めてでした。説教が落語、講談、浪曲のルーツというのは、今まで見聞きのうちでしたが、実際に法話として接するのは初めてでした。朗々としたお声で、1日の生業を終えてお堂に集まられた当時の方の様子、さもありなんと思いました。聴衆が楽しめるように、そして教義を分かりやすく伝えるために発生したと納得しました。
我が家のお寺は正覚寺です。1835年に正覚寺で没された福成寺大仙師が節段説法で有名な方だったと。正覚寺に生まれて、福成寺住職中に節談説教で全国を回られたと。説教術の弟子も多々お育てになったこと。
法話はたまには眠気が来ることもでしたが、昨日は楽しんで聞いていました。

8:50の室温は18.5度です。晴で最高26度予報です。昨日は夏日にはならなかったようですが、軽めの服装でも暑かったです。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

クンシランの花茎ほか♪

2015-04-23 08:37:08 | Weblog

我が家のは、中長の葉のクンシランです。やっと花茎が出てるのを見つけました。置くところが無くて寒い間は玄関内に入れて、たまに日に当てていました。日光不足です。置き忘れで戸外越冬の鉢にも、短い花茎が見えています。

テルナミですが、サンジソウの方が通りがよさそうです。15時ころ花が開きます。サンジソウと呼ばれるもう1つはハゼランです。この株、だんだんと株が小さくなって花も最近は旬になってもわずかしか咲きません。多肉です。

去年以前のアネモネです。赤がとても綺麗で気に入っています。

4/22に撮っています。この咲き方のセットは今年初めてです。上は午前中、水やりした滴です。下は水平に開いていたのを午後に撮りました。同じ花でも雰囲気が変わります。


斑入り葉のヤツデの新芽が元気に出ています。で、実は、わずかに残ったこの部分だけです。受粉できずに落ちた?、熟す前に食べられた?かもです。広くもないの雑草園でも注意して見ていないと記憶に残りません。

イチゴ4パック1箱540円でした。ジャム用と表示されて、イチゴの甘い香りが満ちていました。滅多に作らないジャムを作ってみようと思いました。かなり煮ても水分多めです。買い置きの粉寒天を少しの水でふやけさせて混ぜ込みました。固まる前にかき混ぜればと思っていましたが、酸が固まるのを抑えたようです。柚のしぼり汁を酸味の足しにしたからでしょう。出来上がりはやっと1㎏でした。久しぶりで美味しいです。

8:35の室温は17.5度です。暖かくなりましたね。今朝は快晴です。今日明日は降水確率ゼロ、最高25度予報、なんと夏日!になるかもしれません。

コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

エンドウの花ほか♪

2015-04-22 10:22:39 | Weblog

エンドウの花です。スーパーではウスイエンドウの名前で並んでいます。我が家のは晩生です。美味しいエンドウなので場所もないのに種継しています。

キクラゲです。何度か生えました。ソシンロウバイの枯株に生えています。枯株にはサルノコシカケが何度も生えて、もう土に帰るのを待つだけ、その手助けが菌糸たちです。キクラゲは広葉樹の枯れた部分に生えるようです。家で採れたキクラゲ、何度か食べました。

エビネ達、細々と命を繋いでいます。今年はキエビネが3本、このジエビネが2本の花茎です。

八重の山吹です。上が4/18、下は4/21に撮りました。昔は大株がありました。今は細々とです。水上りがイマイチで切り花にはしていません。

モッコウバラです。白花が名前の由来、モッコウの良い香りです。やっと蕾に色が出て来ました。黄花は例年早めに咲いて来ます。黄色の方が多く作られてますね。

ムベの花です。ムベの実を貰って種を蒔いたら育ちました。雌雄があるらしくて、この花しか見ていません。強剪定で細々とです。アケビに似たムベの実、アケビは熟すと割れますが、ムベの実は割れません。アケビよりも大きな葉で常緑です。

今年最初のクレマチスです。かなり昔からあります。無名で黄色の綺麗な名札でしたが、咲いたら、ほとんど白です。満州黄ではと教えてくださる方もですが。普通サイズです。もっと大きな白い花のマダムヴァンフォーテは4月末かな?。ほかのクレマチスも蕾を持っています。

今朝は雲一つない青空、久しぶりです。昼過ぎから時々曇り、最高23度予報です。10:20の室温は16度です。

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

平戸ツツジです♪

2015-04-21 08:00:39 | Weblog

下の蕾を撮ったのが4/15、咲きだした花は4/19に撮りました。大きな花の咲く平戸ツツジは賑やかで良いですね。道を歩いていてもあちこちで見かける時期になっています。

今年のアジュガは元気です。草丈も長いので、手折って表の生け花の1つにもしました。

4/18に撮ったビワです。小さなビワが上の方に見えて、久しぶりの青空だったのでパチリです。晴れ間がほんの少ししかです。

ナガミヒナゲシが咲いてます。撮った後は抜きました。近くの歩道脇にも僅かな場所に、もっと前から咲いています。

アマドコロです。山菜だそうですが、まだ試食はしていません。芽出しの時と根茎が山菜だそうで、もう大きくなりすぎです。下のサイト、食べ頃の画像は売ってるギョウジャニンニクに似ています。
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/amadokoro.htm

斑入りのアマドコロ、今年は短い茎が1個だけ、情けない状態です。緑葉のは子供のころからあります。
http://www.hana300.com/amadok1.html

アカサシガメ(カメムシ目サシガメ科)です。体長2cm弱です。横腹を写したのは初めてです。フェンスの支柱に居ました。<成虫で越冬、小昆虫を捕らえて体液を吸う>と次のサイトです。一概に益虫とも言えないようです。
http://www.insects.jp/kon-kameakasasi.htm

8:00の室温は18.5度です。今は曇っています。午後からは晴れ、最高19度予報です。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

木瓜の実ほか♪

2015-04-20 09:10:31 | Weblog

我が家のボケは滅多に実を付けません。まだ大きくなるかどうかは分かりませんが、赤ちゃんボケの実を見つけました。見つけたのは2個だけです。殆ど咲き終わっていて、残り花を撮ろうと傍に行って見つけました。カリンと同じ仲間、カリンの半分ほど実を付けます。

何とも貧相で小さな花です。下の名札の通り宿根バーベナと書いていたので買いました。細かい葉が気に入ったからですが。花が咲いた今なら買わなかったかもしれません。バーベナは原種だけでも250種もあるそうです。サンジャクバーベナはずっと自生更新です。タピアン、ハナテマリなど、もう少し大きめの花は買ったことがあります。すぐにダメになりました。ネット検索で葉の姿から、バーベナ・テレナ系かもしれません。上は4/6、下は4/18に撮りました。今朝4/20は数茎に花が咲いています。それでも地味です~~。

名札を撮りました。直立性で、8本ほど茎立ちです。先端に10個ほどの花、径1cmです。葉の切れ込みは、深く細かく、綺麗に見えました。それで苗の時に買ったのですが。

タンポポの綿毛を家で見るのは久しぶりです。4/18に撮って、4/19には綿毛が飛んだ後でした。

我が家のはヒメライラックです。葉も花も小さいですが、蕾が動き出しました。

オオデマリです。昨年、害虫が葉を食い荒らして花が見られませんでした。で、極度に傷んで、今年は花着きが悪いです。花が僅かに黄緑から白になってきたところです。雨が続いて気が付いたら、葉に小さな穴が見つかって、もちろん局所殺虫剤噴霧です。

久留米ツツジ・麒麟です。キリンがどのあたりからなのか、ですが。上の蕾は4/15、下2枚は4/18に撮りました。二重の小さな花で色も好きです。株を覆うほど咲いてほしいのに、まばらです。(苦笑)

今朝も弱い雨です。9:10の室温は20度、最高21度予報です。例年、4月中旬は天気続きの記憶でしたのに、今年は~~です。今日は24時まで70~90%降水確率、内科予約もありますのに。(泣く)

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

早とちり♪

2015-04-19 10:05:20 | Weblog

玉之浦のつもりで買った椿なのですが。赤一色の藪椿より小さめな赤一重椿です。先日蕾が落ちたと載せてしまいましたが、4日前に、下の方に蕾を見つけました。2個着いていたのか見間違ったのか?です。名札の椿は典型的な玉之浦でしょう。が、名札には椿(つばき)の名前だけしかありません。早とちりでしょう、おそらくは。

玉之浦の表示を確かめなくて、なんとも悔しいです。この小さな苗に580円も払ってしまうなんて。赤無地椿なら何本もあります。(泣く)
たとえ名前の表示があっても、写真が添付されていても、名札と違う花色・品種になった例は、私も近所の方も、過去に経験しています。最小限の確認さえしなかった私の責任ではあっても--。

極小椿・カメリア・エリナCamellia Elinaが咲いてきました。カメリア=椿です。極小で、これが椿と思われる方はまずいらっしゃいません。4/15に少し蕾が動き出していたのです。我が家の椿類で最後に咲く花です。株が大きくなってますので、50個以上、100個も咲くかもしれません。小さいので目立ちませんが。中国の野生椿がアメリカで改良されたとか。椿と山茶花に学問上の区別はないと前に見聞きのうちですが、ヒメサザンカの別名をネットで見つけました。葉もミニサイズです。下のベトナム椿の大きな葉と、その交雑種の凛の葉と、椿と名が付いても雰囲気がまるで違います。
トップの花に添えてるのが指です。

極小椿・カメリア・エリナCamellia Elinaの花と葉です。比較の画像を4/19今撮ってきました。咲き進むと、もう少し水平に開くので、径2cmの1円玉よりは大きめです。葉は大きめと小さめを一緒にです。印象は1円玉サイズですね。

ベトナム椿・ハイドゥーンキングの花です。一番小さな蕾は先日取りましたが、来年まで生きるかどうかも分からないから、やっぱり咲かせようと思って、この状態です。半開きで終わったら、最後のも取ってしまいます。

巨大赤椿Betty Sheffield Supremeの最後の花です。やっぱり雄蕊の一部が、手前の花弁に変異しています。数日前に載せてから気付いただけで、これで変異が2個目です。花弁右側の白は日光です。咲き進むともう少し大きくなって落花します。

まだこの株で茶摘みをしたことはありませんが、勢いよくお茶の新芽です。品種はヤブキタと従弟から聞いた気がします。

湿地性のカラーです。トップの花から巨大なのが咲いています。

ナミテントウです。この模様は初めてなのです。写ったので載せます。もう少し写したかったのに飛んでいきました。
(追記)ミミの父様がナミテントウよりダンダラテントウが近いと教えてくださいました。ネット画像検索でナミテントウにも、ダンダラテントウにも、同じ斑紋が見つからなくてお手上げです。

モモチョッキリです。スモモに居ました。桃やスモモなどの害虫です。午前中は3匹、午後には1匹捕まえました。実に穴を開けてダメにします。尺取虫や毛虫のミニサイズも何匹か捕殺しました。

10:05の室温は18度です。弱い雨です。午前中は降水確率50%午後は30%、最高22度予報です。晴れてほしいです~。

コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

アネモネです♪

2015-04-18 07:06:44 | Weblog

賑やかに咲きました。既に花が終わってるのもあります。沢山の球根セットでした。赤の多い配色が賑やかで花も大きめです。

三つ葉は土に種が落ちてるからです。買った種の三つ葉が長年、自生更新です。何度か食べましたが、そろそろアクが強くなってきます。

トキワイカリソウです。花の形のユニークさもですが、花とは別の軸先に種の赤ちゃん?でしょうか。自生したこともないですが、種だったらと楽しみにします。

山椒の雌花です。もう受粉したかもしれません。数年前に足の怪我で脚立に登れなくて、青い実の山椒の時期(5月末~6月初め)に収穫できませんでした。そのせいで、極度に枯れこみました。この場所に自生したから今も生きてくれるのだと思っています。見栄えは、その前の1/3程度、実りはもっと少ないです。冷凍庫にも保存があるので、今年は元気回復して枝葉が出てくることを期待しましょう。

クリサンセマム・ノースポールです。花数が増えて来ましたよ。小さな花も可愛いですね。

ホウチャクソウです。名前の由来は寺院の屋根の四方の飾り、宝鐸(ほうちゃく)と形が似てるところからだそうです。花が開いてきましたよ。芽出しが見えて、急スピードで花です。砂漠の花は雨が降って数日~1週間で花が咲くとは聞いてますが、そんな過酷な環境でもない奈良のような場所でもです。

白い花の先端部が翠です。この色の取り合わせ、スノードロップやスズラン水仙もですね。毒草ですが、柔らかな葉の形も良い、今の時期が好きです。葉が固くなって夏には黒紫色の実を付けます。

18:00までは降水確率0%、4/19と4/20は傘マークもです。7:05の室温は15度、最高22度予報です。晴れて少し暖かくなった昨日午後、少しだけ動きました。チエ♀も洗濯したので予防接種に連れて行こうと思います。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

キエビネが咲きました♪

2015-04-17 06:36:47 | Weblog

キエビネが咲きだしています。ここにもアブラムシです。歯間ブラシでこすり落としましたが、まだ残っています。殺虫剤を掛けると密着してしまうからダメでしょう。ジエビネよりも多少背が高く花も大きいです。地植えで良いので手間は掛かってません。色を見てるだけですが、横向きに咲いたらもっと良いですね。

斑入り葉のセキショウです。盛大に穂を出して咲いています。葉をしごくと、端午の節句のショウブと同じ香りです。お風呂に入れても良いですよ。花菖蒲はアヤメの仲間、ショウブやセキショウはサトイモの仲間です。

次々と咲いています。場所を減らしすぎたようです。もう少し慎重に。絶える心配はまずないですが。
(追記)シャガです。斑入りのも細々と生きています。

白のシラーカンパニュラ―タです。小さなベル状の花が咲いています。ピンクもわずかに残っていますが、まだ蕾です。

先日咲いていたクリスマスホーリーに小さな実を見つけました。12月に赤くなってくれるかな、落ちないで育ってね。

萩の新芽です。冬は茎が枯れています。クレマチスも枯れたような茎から新芽を吹きますし、菊でもそんなのがありますね。

イチハツです。今年最初の花、こちらも多すぎて粗末にしていたら少なくなってきて、もう少し大事にしないとと思います。フェンスの外に顔を出して咲きました。

イチハツの横上にシロヤマブキの株です。この頃は剪定を繰り返しています。その後ろのオオバイモドキ(ウンナンオウバイ)の勢力が凄いのです。うんと強剪定を今年も何度かすることになります。

12時までは降水確率50%、午後からは晴、最高20度予報です。今雨は降っていません。6:35の室温は18度です。部屋の中からですが、外はかなり暗いままです。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

キンリョウヘン(金稜辺)です♪

2015-04-16 07:09:56 | Weblog

シンピジューム・キンリョウヘン(金稜辺)です。小さな花です。40年ほど前に戴いた株、大きくなっています。日本ミツバチを引き寄せる花とネットです。巣箱の前にこの花を置いて、そんな記事がありました。花の軸もとに蜜が出てアブラムシが2度発生したようです。初冬には殺虫剤で駆除しました。写す前にせっせと取り去ったのですが。(苦笑)

11月から咲いていた紅侘助、最後の花です。この椿の葉芽が元気に伸びてますから。1月末から咲いたコチョウワビスケの花、残ってない気がします。

下は別の椿の葉芽ですが、もっと伸びた株もあります。

 

巨大赤椿Betty Sheffield Supreme?です。蕾が1個残ってるだけで、あっという間に次々と咲いて終わります。雄蕊が僅かに変化してるのを見つけたので、パチリです。

松の雄花です。元気なので花粉をもうじき吹く準備です。黄色い花粉なのですよ。

モッコウバラです。例年、黄色の方が2-3日早いです。昨夕写しました。白の方はまだ蕾に色が出ていません。

自生ビオラ、今年最初の花です。30年ほど自生更新です。このビオラだけが細々ながら絶えずに生きています。

久しぶりの青空です。最高22度、夜に雷予報もです。7:20の室温は15度です。

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加