gardening2

なるべくワイドでご覧ください。

ヤブカンゾウほか[E:tulip]

2014-06-30 11:51:42 | 日記・エッセイ・コラム

140625osオステオスペルマム・オリビアです。ちょっと風変わりな赤でしょう。今春買って綺麗に咲きました。花後に消えてしまうのかなと心配でしたが、2番咲が咲いています。

多少の画像ストックをしていますが、雨が続くと撮れる場所が~です。ストックはこれ1枚になってました。e


140630yab1 140630yab2


ヤブカンゾウが咲いていました。今朝撮りました。もしかしたら、既に咲いてたかもしれません。先日はもう少し先と思っていましたが。1日花が惜しいです。


140630gi1

140630gi2


一番綺麗な斑入りのギボウシですが、日が当たり過ぎて、しかも花の時期には傷みます。今年3品種目の花です。2品種控えています。花茎が伸びるので写すのが難しいです。


140630go ゴボウの花が先日から咲いています。細い株1本を残してこの株も切ってしまいました。花が咲いて画像になればです。

ヒッツキ虫なのですよ。今から要注意、枯れて髪の毛や服に着いたら痛いです。親指の第1指を少し大きくしたほどの花です。

雨で倒れてましたが、この株は2mほどに伸びてました。


140630miz ミズヒキの花が咲き始めてるでしょう。数年前に買った斑入り葉のミズヒキです。自生したのですが、花穂は見当たりません。花が咲いてから枯れるはず、花芽が出来るのを待とうと思います。別の鉢にも少し小さめの株が自生です。

多年草らしいです。今検索しました。でも、生えてるの2本は種が飛んだと思っています。


11:50の室温は26度です。雨が降っても鉢花は水を欲しがってました。曇ったり晴れたりです。最高30度予報です。

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

小さな世界も[E:tulip]

2014-06-29 08:48:21 | 日記・エッセイ・コラム

140627ajガクアジサイの真花です。蕾の色に引かれます。この繊細な模様はさて?、ミニミニ姫の手鞠かな。 勝手な想像をして喜んでいます。残り10カ月で70歳になる予定なのに、我ながら、あはははは。


140627ariイタリアンパセリにも小さな世界がありました。ここに居るのは小さめの蟻です。クリックしてみてください。黒っぽいのが蟻です。イタリアンパセリの花も小さくて写し辛い対象なのですよ、私には。

小さな蟻、中の蟻、大きな蟻、赤っぽいか、黒いか、その程度の見分けしかできてませんが。

とにかく一心不乱に働いてるらしいのは分かります。ここでは、アブラムシを養ってるようにはなかったので。


140627ze2 140627ze3


140627ze1 アイビーゼラニューム・セビリア・バイカラーです。

左上、小さな花の塊なのに、本来の色に、赤が多い花と一緒に咲いていたので写していたら、ナミアゲハが飛び込んできました。蜜を吸う間ホバリング?、後ろ羽はほとんど動かさないらしくて写ってました。ナミアゲハも夏型の大きなサイズばかりになっています。抜け殻も見つけました。

下は挿し芽株に最初の花です。可愛いでしょう。


140625sto 名残のストケシアです。たった2個咲いただけでした。60リットルの鉢植え、もう1株、小さめの株があります。来年咲いてくれたらと願っています。今年の花の種も、運が良ければ自生してくれたらです。何年生きたら多年草と呼ぶのでしょうね。


8:45の室温は24.5度です。曇っています。夜中にかなり強めの雨音でした。昼前から晴れるようで最高30度予報です。

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

そっくりさん![E:tulip]

2014-06-28 08:45:16 | 日記・エッセイ・コラム

140625ros 140626ros


ロシアンセージです。香り抜群のハーブです。株は細くて貧相、花はは5ミリです。小さな青い花が咲いてきました。気を付けてないと見過ごすほどの小ささです。1度枯らして2度目の株です。近くの園芸店で買いましたが、滅多に並ばないです。欲しいと思う理由は、香りと銀葉だからと思っています。


140627nita葉の違い、お分かりになりますか~。画面では数個の蕾が付いたの茎だけがシロタエギクです。

昔、1度だけ我が家でも花が咲いた記憶のシロタエギクです。去年、苗を買ったはずなのに、何処に置いたかな?と。昨朝、蕾を見つけたのです。

南側濡れ縁に鉢植えです。かなり近くに置いていて、セントーレアの挿し芽株の隣だったのですよ。そんな場所へ、うっかり者の私です。好きな銀葉繫がりで載せます。

シロタエギクの鉢をセントーレアと並べて、蕾を横に引き寄せてパチリです。シロタエギクの蕾の下の葉と、その後ろのセントーレアの葉とそっくりでしょう。蕾を見つけるまで、私も見分けが出来ませんでした。

シロタエギクは複数の蕾ですし、セントーレアは茎先に1個の蕾です。シロタエギクが咲いたのは10年以上前のようで、画像が見当たりません。シロタエギクの参考サイトです。


http://www.hana300.com/sirota1.html


140625min先日も載せたペニーロイヤルミントです。まだ咲いてない茎の方が多いです。花の色は綺麗でしょ。良い香りです。

<風邪の引き始めに飲むと効果的>とネットです。まずはハーブティーにしてみましょう。まだ試してなかったはずです。


140627gi1 140627gi2


40626gib2番目に咲いたギボウシです。この株の新葉を、今年も食べました。

左上、長く伸びた茎が大雨で斜めに倒れていました。撮るのには好都合です。

右上は、この株にしては短い茎で咲いています。葉の姿がぼんやりながら写って良かったです。6/27に撮りました。

下は、そろそろ咲くかなと待っていた6/26に撮っています。我が家では8月末から咲くギボウシ←(クリック)も1種類あります。どちらも咲くのは年1回です。葉だけで咲く時期を見分けるのは至難と思います。

140625kog1 140625kog2


コガネムシの仲間たちです。小さいのが、セマダラコガネ8-13.5mm(コガネムシ科スジコガネ亜科)で、残りはアオハナムグリ15-19mm(コガネムシ科ハナムグリ亜科)と思います。3匹とも、湿地性カラーの花をかじってた、冤罪ではないと思います。せっかくの綺麗な白い花弁が台無しです~。

昨朝、雑草園でセマダラコガネサイズの虫を捕まえて、持ち帰ろうとしたのに逃げられてしまいました。足を持ちかえようとした隙にです。一昨日はマメコガネらしいのを撮り逃がして、悔しいです。オオシオカラトンボの雌雄が飛んでいますが、捕らせてくれません。

8:45の室温は24度です。動くと暑いです。曇っていて蒸しています。曇りと雨マーク、最高度予報です。

コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

好きな色とサイズ![E:tulip]

2014-06-27 08:34:04 | 日記・エッセイ・コラム

140626aj1 140626aj2


玉アジサイです。生け花の残りを挿し芽したのは、小さなサイズだったからです。握りこぶしあるなしのアジサイです。巨大アジサイも庭には良いですが、切り花には向きません。

この小さなサイズばかりを期待したのに、現実は倍以上の花が多いのですよ。

2輪が並んで咲いてました。ほぼ同じ色と形です。色も濁りを感じません。思わず笑顔になりましたよ。


140626mo2 140626mo1


140626mo3 140626mo4


藤色のモナルダ(タイマツバナ)が咲いてきました。右下はかなり咲き進んだ赤です。花弁だけでなく、すぐ下のガクの色の違いも面白いでしょ。別の場所では今咲き始めただけの赤もあります。

藤色は南側の濡れ縁に置いています。地植えもしていたのですが、そこは消えたようです。鉢で保護しないと、私が踏んでしまったりもですから。


140625aji柏葉アジサイの花後です。装飾花が裏向きになってきました。赤い色がちらほら出て、白い花穂の時とは別の雰囲気です。

剪定が追いつきません。アジサイ類の剪定、そろそろですから。先日、目に余るほど繁ったビックリグミは大剪定したのですが。


8:30の室温は24.5度です。小雨が降っていて梅雨空です。曇りマークで最高27度予報なのですが。昨日午後、雷雨にこそならなかったですが、30分ほど集中豪雨でした。雨が降りそうだけれどと思いながら出かけて、土砂降りにあってきました。帰ってすぐにシャワー、今の時期だから寒くは無いです。日ごろの行いが悪いから。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

クラリーセージです[E:tulip]

2014-06-26 11:01:56 | 日記・エッセイ・コラム

140619sar もちろん買って植えておいたのですが、春先から伸びてきた葉と茎、名前を忘れて、何だろうと思っていました。穂状の花が咲きそうな気配、あなたは誰?。花が咲くまで待つことにしました。丸い蕾が展開し始めたので、6/19に撮りました。

あちこち検索して見つけました。クラリーセージです。別名オニサルビアですって。この方が覚えやすそうですが、クラリーセージも、この際、覚えましょう。<酒・ジャム・ゼリ-の賦香料、精油は香水の原料>とネットです。昔は眼の薬だったようです。セージはシソ科のうち、有用植物に付く名前と思っています。


140625kra1_2 140625kra2


左上は全姿が分かるように斜め上から、右上は花の様子もとアップで撮りました。大型のサルビアの仲間です。草丈はメドーセージよりも低く1mあまりですが、ボリュームたっぷりです。軽い凹凸の葉が大きいのですよ。


140625ram 花が咲く前に下手で枯らすラムスイヤーです。じっと見たら似てないのに、苗のうちはクラリーセージに似た印象を持っていました。

ネットではラムズイヤーの開花は6-7月になってますが、花穂は見当たりません。何度目かの正直、我が家で花が見たいです。情けないことに、買ったのが3度以上は確かです~。

もっと小さな葉のメキシカンライオンズイヤーはまだ咲きませんが、とても元気です。今年も朱色の小さな花が咲く予定です。


140625dyu 140625sen


左上は、デュランタ宝塚と思います。枯れたと思い込んでいたのが、生きていました。嬉しいです。奈良の戸外での冬越しは無理、南側廊下に取り込んでいました。まさかこの場所へ持ち出したとはです。ちゃんと花が咲いたら、もっと嬉しいです。

昨日、雨樋の修繕に来てくださいました。奈良では「とゆ」というのですよ。その前に、鉢の移動をして、この鉢を見つけました。狭くてかくれんぼしていたらです。何しろ、あちらもこちらも足の踏み場もない我が家です。

右上は、セントーレア・ギムノカルバ(ピンクダスティーミラー)です。2番咲、3番咲が咲いて喜んでいます。銀葉も好きなんです。

ついついアザミの仲間と思って見ていますが、ヤグルマギクに近いそうです。ヤグルマギク似のセントーレア・アメジスト・インスノーを見つけました。

http://et-takahasi57.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-287b.html

ガクを主に見たらヤグルマギクですし、花を主に見たらアサミの仲間に見えてしまいます。もちろん今はバイオで、科や属が見直されてますが。

それから馴染みのヤグルマソウではなくてヤグルマギクになってから久しいですね。ちなみに本家のヤグルマソウは下のサイトです。

http://www.ootk.net/cgi/shikihtml/shiki_553.htm


11:00の室温は25度です。いつもより遅くまで寝ていたのと水やりで投稿が遅れました。曇っています。所により雷雨も、最高30度予報、蒸Iています。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

撮り頃を待てなくて[E:tulip]

2014-06-25 08:20:39 | 日記・エッセイ・コラム

140621sto 140625osn


左上はストケシアです。朝や夕方は閉じ気味で、日が射すと水平に咲きます。

右上はオオセンナリです。昨日正午前に撮りました。その時間帯なら開いてたのです。撮り頃をちゃんと知ってないと、撮り逃がしてばかりです。今は大丈夫でも、いずれ忘れそうです。


140625gib1 140625gib2


我が家で一番大きな葉のギボウシです。今年は元気回復しつつあります。子供のころからの馴染みです。花は白にしか見えないけれど、ごく淡い藤色です。今年最初のギボウシの花です。次のギボウシも蕾の展開を始めています。食用にもしてる株です。ギボウシは種類を問わずに食用可、ウルイと呼ばれるのはオオバギボウシだそうです。


140621tre宿根トレニアです。細々と生き続けています。種まき1年草のトレニアより花は小さいですが、ほぼ同じ姿をしています。

多年草と名札にあった黄色のトレニア・バイロニー←(クリック)は消えてしまいました。非耐寒性を気遣う前に消えた記憶です。暑さにも弱かったのかな、蒸らしたのかな?、下手でしょう。

そうそう、1鉢に5本以上の苗、どうやらトレニアらしいのです。種が自生したのでしょう。楽しみです。


8:20の室温は24.5度、爽やかです。晴れています。晴で30度報、所により夕方雷雨予報です。

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

アルストロメリアほか[E:tulip]

2014-06-24 10:04:08 | 日記・エッセイ・コラム

140619ars1 140619ars2


140619ars3 140619ars4


アルストロメリア4種です。右下の赤い花の株、残っていました。一番最初の住人で、戴き物です。左下が一番沢山あって、生け花にも使っています。上の列は数年前、3色3株買って、残った2株です。140621ori オリズルランです。この株には長い茎が3本、ほかの株にも出ています。茎の先端に小さな白い花です。子苗も時々出来ています。夏が来たなと思う花の1つです。


140621simシモツケです。2番咲でも大きな塊で咲いてます。いつもは一部を写すだけなのですが。1塊に挑戦です。

花の拡大もですが、葉と花と両方写ったのも撮りたかったのです。


10:00の室温は24度、晴れています。気象庁の欲しいページは、また白紙です。最高29度予報、OCNトップページからです。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

クチナシの花ほか[E:tulip]

2014-06-23 09:10:20 | 日記・エッセイ・コラム

140619kti140621kti


大きなサイズのクチナシです。左上、クチナシの蕾を見つけたのは6/19花です。黒い埃のような虫(アザミウマ)が、もぐりこんでいました。6/20に咲きましたが、撮る気になりません。横にあった次の蕾を2本保護して6/21に咲いたので、右上を撮りました。

等しく生きる権利があるとしても、殺虫剤だとアザミウマが花弁にくっついてしまう厄介者です。老眼では気にならなくとも、老眼鏡で見たり、パソコンい取り込んだら、クチナシやヒメクチナシのアザミウマ、見苦しいです。台所に置いて香を楽しんでいます。


140619kra 140619kmr


左上は畑地性のカラーです。元の場所の消えたのかもしれません。この場所で細々と生き続けています。

右上のコモンマロウ・モルチアナは、今年はあちこちに顔を出しています。一時期1株しかない時があって、消えてはと心配した時もありました。大きくなる場所さえもらえたら大株になります。狭いところはそれなりにです。細い株も可愛いです。


140621lem2 140621lem1


レモンバームの花です。葉の付け根に茎を囲むように花が咲きますが、一度に周囲全部が咲いていた記憶はありません。1-3個程度です。花を楽しむ植物ではないとしても?です。若葉の時は、ハーブティーも爽やかです。じっと見ないと見過ごしてしまう小さな花です。


140620tok 140617tou


左上は黄色のトケイソウ、パッシフロラ・シトリナ(Passiflora citrina)です。3輪目なのですよ。2度撮り逃がしました。見つけた時は咲き終わっていたり、明日咲きそうと思って撮り忘れたり、広くもない場所なのにです。

右上は、トウワタ(アスクレピアス・クラサヴィカAsclepias curassavica)です。今までヤナギトウワタと思っていた花です。和名:ヤナギトウワタの花は橙色だそうです。参考サイトです。

http://www.yasashi.info/a_00011.htm

西インド諸島原産で、朱と黄、橙、の2種が栽培されてるとか。小さい花ながら賑やかな色です。初冬まで咲き続けます。

9:10の室温は23.5度です。光がまぶしいです。最高29度予報です。

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

テッポウユリほか[E:tulip]

2014-06-22 10:33:44 | 日記・エッセイ・コラム

140619yu1 140619yu2


テッポウユリです。今年は例年にないほど蕾が多いです。黄色が綺麗でしょ。咲き始めだけで咲き進んだら白と変わらないほど淡くなります。


140620ui こちらは純白のテッポウユリです。やっぱり本家さんですね。

切り花用百合でも代表選手です。年中店に並びますし。

夜半から強めの雨音でした。今朝、この場所のユリ3本を切って仏間に活けました。上の方を短くです。あわよくば球根もと思う私です。


140620sso 紫蘇ジュースです。赤紫蘇が殆どですが、青紫蘇も少し混じっています。鉢に寄生していました。早く除いてやらないと、本来の花が~でしたので。それでも捨てきれずにですよ。

作ったのは6/20、1.4リットル出来ました。砂糖は大盤振る舞いの1kg、酢を使っての発色です。甘すぎですが、甘いもの大好き、薄めた状態がコップです。疲れた時には美味しいです。

残った紫蘇の葉も、若いし甘いので食べてますよ。我が家で出来たものは何でも、最後まで食べきってます。作ってから4-5杯飲みました。今朝もです。酢を足して薄めています。

そうそう、滅多に見ない新聞の投書欄、、「黙々と失敗粉モンをお父様と20歳の娘が食べられてるとか。(粉モンは成功例が少なそう。)未来の旦那様もお父様のような人が良いな!」と載っていました。お母様は食べ物を大切にされる方、お母様は参加されてないような?。


140620baj スイートバジルです。大きくなってきましたよ。苗からですが。冷凍庫にバジルソースがたっぷり?あるはずです。使わなくては、この株からも作りたいですし。


1400615keb 1400616rab


左上は赤のコエビソウです。可愛いからまた撮ってしまいました。

右上はセージ・ラベンダーセージSalvia 'Indigo Spires'です。メドーセージと同じ青系で。ネットには半耐寒性となってますが、奈良の冬戸外でも平気です。良い香りもします。花だけで十分ですが、他の利用は見つけられませんでした。


10:30の室温は24.5度です。まだ降りそうな気配です。最高23予報です。気象庁のページ、今も白紙です。OCNトップの気温情報です。

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

オオセンナリが咲きました[E:tulip]

2014-06-21 09:30:13 | 日記・エッセイ・コラム

140620ho 140620ho1


140620ho2 オオセンナリ([青花ほおずき)・ナス科オオセンナリ属です。先日から花が咲いていても、ちゃんと開いたのを撮れません。朝はまだ開かず、暗くなったらしぼんでいます。左上は6/20朝に、右上と下は15:30に撮りました。 もっと開いた状態を撮りたかったのですが。一応、色と姿は分かりますので載せます。

紫がかったのは若い実です。変わった実の形です。

全開したオオセンナリ←(クリック)とオオセンナリの実←(クリック)です。有毒だそうです。普通のホオズキの白い花よりは大きいです。ホウズキの方が頑丈で草丈もあります。去年は別の場所に弱々しいのが咲いたのです。今年は別の場所に丈夫な株です。玄関にドライ種袋を飾っています。それを移動した時の種が、この辺りに落ちたかもしれません。青花ほおずきの青、良い色でしょう。

140620tom大きめのミニトマトです。たった1本のトマトの苗です。最初の実が色着きました。60リットルの鉢に植えています。

ナス科は食用も多いですが、有毒なのも数多いですね。一昨日もイヌホオズキを引きました。あまり行かない場所にあって、花はまだでしたが。ワルナスビも生えたことがありました。

ままごとですし、大玉や中玉トマトはとても無理です。今年は黄色のミニトマトの苗、出会わなかったのかな??。黄色も好きな味です。


140616asu 140619kin


左上はアスチルベです。先日より濃い色の花が別の鉢で咲いています。植え替えないとと思いながら追いついてません。

右上は八重咲オオキンケイギク、本来は栽培禁止ですが、狭い我が家では細々と場所を見つけています。


140619sto 140620min


左上はストケシアです。やっと1本だけ花を付けました。瀕死状態で何年も過ごしています。3色セットを通販で買ったのは10年以上前かな?。

右上はペニーロイヤルミントの花です。我が家のミント類では一番早く咲きます。細かい花でも色が綺麗なので咲いてるのが分かります。通路横にありますし。


140619sij 140619ga


左上はヤマトシジミです。何度かは来ています。今年初めての証拠写真です。飛んでる時に綺麗な青い表羽の色がちらちら見えてる個体も居ますのに、開いてくれません。

右上はウメエダシャク(蛾)です。幼虫と成虫を含めて200匹以上退治したのではと思います。かなり飛ぶ数は減ってきていますが、まだ発生時期が終わってないのかな?。捕るのは他の蝶や蛾よりも楽です。飛び方が比較的ゆっくりです。高い場所や茂みに逃げられると手出しできません。早朝、体温が上がるのを待ってるところを撮りました。この状態でも何匹もでした。


9:30の室温は25.5度で曇っています。夜は雨、最高29度予報です。

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

アジサイほか[E:tulip]

2014-06-20 12:25:49 | 日記・エッセイ・コラム

140616aji 140617aji2


ガクアジサイです。一番水上りが良くて、近くにあるので、この株は半分以下になっています。沢山切りました。左上の色も咲くのですよ。右上は買った時の印象が残っています。濃い青絵具色でした。この場所は挿し芽株ですが、狭いから強剪定をです。それが今の時期、多少早めでもです。花が終わったらすぐに剪定するのが鉄則ですね。遅くなると花芽を飛ばすそうです。もっと大株にされるなら、そのままで、どうぞ。


140617aji斑入り葉のガクアジサイです。芽出しの時も重宝なのに、今年は使っていません。載せてないのを思い出して撮りました。

もう、芯花も咲いています。芯花が開いて生け花にするとぽろぽろ落ちますが、このガクアジサイも比較的水上りが良いです。


1400615kre 自生のクレマチス、今年も沢山咲きました。6/15に撮って、載せるのが遅れました。クレマチス3姉妹です。


140616mu3 姿から蜂です。不鮮明ですが、花粉に来ていますから、コハナバチの一種と思います。花は湿地性カラーで、黄色い部分は花穂です。

何本ものカラーが咲いて種を作り始めていましたが、汚いのと次の花のために6/17に切り取りました。この画像は、その前、6/16に撮っています。

害虫天国、カラーの花粉は勿論、カナブンの仲間が花弁をレースにしてました。ほんとにもう~です。


午前中は家の用事があって、ブログアップが遅れました。快晴ではありませんが晴れてます。動いたら暑いはずです。最高30度予報です。

12:25の室温は25度です。

コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

今朝は赤が良い![E:tulip]

2014-06-19 09:56:20 | 日記・エッセイ・コラム

1400615pty140617zer


疲れた自分自身を励ますために、赤い色、赤い花は有効だと思います。今朝は久しぶりの雲一つない青空です。

左上は八重のペチュニアです。今咲いてるのは1輪だけですが、生き続けています。

右上は、140617huu2 140617huu


次は、優しい色と形の風鈴草を愛でましょう。大好きな色と形です。最初の花が終わって、2番咲でも十分綺麗です。 Campanula mediumの名前も覚えましたよ。


140617pab140616sar


左上はパボニア・インテルメディア(Pavonia intermedia hort)です。南側廊下で冬越ししましたが、ずっと花が咲き続けています。上へ上へと延びて、挿し芽更新になるのかな?。華やかさは?ですが、かなり強烈な色です。見慣れると、こんなものかになるのですね、花でも。

右上はおなじみのサルビアです。サルビア・スプレンデンスです。株が残ったのかと思います。軒下フレームに入れていました。赤い色の連想の最初の色はこれかと思っています。


140619top


上はインターネットエクスプローラーのお気に入りバー表示です。疲れの原因が、HP・和代の庭の作り変えです。なかなか進みません。ブログのフォトアルバムに追われて、新しい画像と置き換えるのをさぼってましたから。


左上は9:55の室温は22.5度です。晴と曇りマーク、最高29度予報です。

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

タイマツバナほか[E:tulip]

2014-06-18 06:29:01 | 日記・エッセイ・コラム

1400616mon赤いモナルダです。3つも名前を持っています。タイマツバナとベルガモットです。ハーブで良い香り、そしてお茶にもです。

花近くの葉の赤も可愛いのですよ。赤が早く咲いて、藤色は半月遅れます。


140515gurグラジオラス・ハーレー・秋植え原種系です。先日の印象は中心の赤い色が目立たなかった気がしたのに、この花は可愛いです。2本目の花です。3本目も見つけました。何しろ込み具合は~です。


1400615iyo140616wat


左上は山アジサイ・伊予の花火です。土のPHもあるのでしょうが、咲き進むと装飾花が赤くなってきます。芯花の青との対比で、綺麗だな~と見ています。

右上はワトソニア・ボルボニカです。長い花茎です。上半分、下半分と2段で咲くので、供花にするときなどに便利りです。茎の先端まで咲いてきました。


1400615dyu デュランタ・レペンス・バリエガータ(レモン・リップス)のようです。緑が入る方が本来のようですが、薄色一色も綺麗です。玄関前の軒下に置いて、直射日光は当たっていません。

花は期待薄とは思いますが、見たいです。昔買った、黄緑のライムの貧相な花←(クリック)を思い出します。

140616hae 140616mu4


ハエの仲間も様々です。

左上のカップルは大き目の蠅、ノイエバエのようです。案外目にされないでしょ。温州ミカンの葉陰に居ました。参考サイトです。

http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/KYO/seibutsu/doubutsu/07hae/iebaeka/noiebae/01.html

右上は極少のハエ、目測5mm以下です。光らなければ見逃します。奈良では、コバエと呼んでるショウジョウバエ、それよりもまだ小さい感じです。

アシシナガバエの一種です。確かに、体に比して足が長いです。ヒマワリの葉先に止まっています。クリックしてくださいね。参考サイトです。

http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/KYO/seibutsu/doubutsu/07hae/ashinagabaeka/index.html


6:25の室温は23度です。曇っています。雨が降りそうです。最高も23度、降水確率60%予報です。また気象庁のHPの欲しい情報ページは白です。

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

ハギ・江戸絞りほか[E:tulip]

2014-06-17 10:46:05 | 日記・エッセイ・コラム

1400615hag1 1400615hag2


1400615hag3 小さな萩で、品種名はハギ・江戸絞りです。今年で3年目か4年目です。秋に咲いてるのを買ったのです。昨年も今の時期に少し咲いていました。2期咲のようです。2色咲なのが特徴で、目を凝らしたら、可愛いです。1花の大きさは6×6mmです。


1400615amaアマリリスです。3輪目が咲いて賑やかです。3輪目は画像の奥です。 いつの球根かな?、3個も咲いて優秀です。ほかのアマリリスも葉がありますが、咲きそうな気配はありません。花の大きさは20cmです。


140616rur 1400615tok


左上はルリヤナギ(ナス科ナス属)です。ひっそりと咲いています。乳白色の細めの葉を柳に見立てたようです。 1花の大きさは2cm径です。

右上は我が家に有るうちで一番強いトケイソウです。毎日複数で咲いて、分厚いグリーンカーテンを作っています。


140616mu1140616mu2


アカスジカメムシ9-12㎜です。セリ科を食害する害虫です。イタリアンパセリに居ました。フェンネルも注意が必要です。 クサギカメムシほどではありませんが臭いカメムシです。臭いついでに、胸を押して静かにさせて、腹側も撮りました。配色もですが、腹部下左右の張り出しも、結構おしゃれな虫です。


14616hat証拠写真です。後ろ足に花粉を着けたクマバチです。

クマバチの羽音に何度も驚かされます。何か黄色い物が着いてると注視したら、花粉です。じっとしないので、たった1枚しか写せませんでした。花粉に見えるように撮りたかったのに。

ミツバチだけが花粉をくっつけると思っていました。クマバチもなのですね。ちなみに数匹飛んでるのに、この個体だけに花粉がありました。

今、5-6匹もクマバチが居て、狭い雑草園では多すぎです。今までの記憶では1-3匹でした。


10:45の室温は24.5度です。曇っています。曇りで最高28度予報です。

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

ホタルブクロとミニ天道虫[E:tulip]

2014-06-16 10:23:10 | 日記・エッセイ・コラム

1400615ho1 1400615ho2


ホタルブクロの白も咲いてました。細くて痩せてますが嬉しいです。もちろん自生です。母の里にはこの白のホタルブクロが山際の土手などに生えていて、子供のころから好きな花でした。


1400615ho31400615ho4


赤い方のホタルブクロは先日から咲いています。今のところ赤が2本あるようです。両方とも近所の方からのもらい物です。咲かない年もあったのに、今年は有難いビックリです。


1400615touシシトウが実っています。2本買って1本枯れてしまいました。たった3個の初採りでも嬉しいです。ここにもホオズキカメムシを見つけて、がっかりです。あちらもこちらも見て回らなければいけないところだらけです。

幼虫の時期にせっせと退治したのに、ウメエダシャク、道でもあちこちで飛んでます。スーパーへ行く道中で見ました。朝夕に飛ぶこと多いので、大いに捕虫網の活躍です。1匹でも減ればと、それだけです。世間様は関心なさそうですが。


1400615ten5 1400615ten4


アカホシテントウ6-7mmです。スモモの葉に居ました。昨日は老眼鏡を掛けていたので、赤い部分もしっかり確認できました。益虫です。目測で5mm強に見えたのですが。

先日の天道虫は3-4mmの記憶で、黒一色に見えました。参考サイトです。

http://syunnkasyuutousyasinnkann.web.fc2.com/tenntou2.html


1400615ten1 1400615ten2


1400615ten3 ヒメカメノコテントウ3-4.6mmです。ちょこまか動きましたが、モデルになってくれました。目測は4mmです。小さくて可愛いヒメカメノコテントウ、何度か出会っています。この子も益虫です。

小さなアリも来ています。花はフキアゲと呼んでいるキク科の花です。参考サイトです。

http://www.insects.jp/kon-tentouhimekame.htm

ナナホシテントウで8mmだそうです。


10:20の室温は24度です。部屋の中は爽やかです。戸外は動くと暑いです。気象庁の予報ページは空っぽ、晴で最高29度予報、OCNのトップページからです。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加