gardening2

なるべくワイドでご覧ください。

道路に面して[E:tulip]

2013-12-31 08:57:14 | 日記・エッセイ・コラム

131223begベゴニア・センパーフローレンスです。戸外で咲いてます。簡易フレーム内にもあるか確認しておかなくてはです。無かったら、この株を救出しなくてはです。

段々と過酷な環境にも慣れてきたかな、その遺伝子が出来たら有難いことですが。


131228tu 細い蕾の白椿の株元に自生のピンク椿です。先日載せたピンク椿よりは濃いめの色です。この程度なら、白を傍に置かなくてもピンクと分かります。普通サイズの花です。


131229mon12月中旬から表に飾っています。正月用に飾りかえたのは12/28です。

500mlのプラスチックボトルを半分に切って、色紙を張り付けています。松、竹(クマザサ)、梅(蕾の紅梅)、千両、日本水仙、イソギクです。リースはアケビのツルです。ここまでは全部自宅のです。

どんぐり様に戴いた福来(ふくれ)ミカンも重宝に使わせてもらいました。気が向く期間だけ、活け替えていきましょうか。


8:55の室温は9度です。曇りと晴れマーク、最高12度予報、有難いです。鉢物の水やりが出来ます。12月29日と30日でおせちを作り終えました。

お友達の皆様、大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします。

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

ロウバイほか[E:tulip]

2013-12-30 09:26:42 | 日記・エッセイ・コラム

131226rouシンロウバイの親株です。庭に植えてるので、毎年強剪定です。数年前、ひどい枯れこみがあったけれど、生き残ってくれて有難うです。

種から育てた子株のうち、親株の数倍になってた2本を含む数本が枯れました。今、健在なのは、切り花に出来る子株が2本、まだ咲かない鉢植えが2本、そしてこの親株です。

数個咲いていたソシンロウバイを買って、50年になります。毎年楽しませてくれる、ほんとに良い子です。寒いのは嫌なのに、ロウバイが咲くのは待つのです。


131223bar 131228kumo


左上は咲き切ったバラですが、この状態で何日もなのですよ。暖かい時期はすぐに花弁が散ってしまいますのに。色だけでも楽しんでます。

右上は雑草園から北の空をパチリです。冬にも似合わない入道雲?でしょう。異常発達して強い低気圧になると被害ですね。12/28午後の空です。今朝もほぼ青空で、今陽射しが見えてます。


9:25の室温7度です。最高洗濯物を干しました。晴と曇りマーク、最高9度予報です。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

シクラメンほか[E:tulip]

2013-12-29 08:12:59 | 日記・エッセイ・コラム

131226sik1131226sik2


ガーデンシクラメンです。ほかの花と一緒に、先日、このポットも買ってきました。小さな花が可愛いです。元気にしています。


131223sugi131226omo


左上は、手前が台杉と奥のコニファーが一部写っています。です。3本植えこんだ台杉ですが、1本の1枝だけが生き残っています。コニファー、枯れこんできたのもですが、下のスミレやアヤメにも日が当たってほしいから、枝払いして下は幹だけです。

右上はオモトの実です。1個や2個のもあって、やっと3個のを見つけました。もう少し沢山着いた年もあります。もう少し赤くなるかな、無いよりはマシの実です。


131228moti小さな三つ重ねの鏡餅の上は"ふくれみかん”です。

"ふくれみかん”は、どんぐり様からの贈り物、沢山送ってくださいました。有難く使わせてもらってます。すばらしい香り、そして味も濃いです。ほかに、カラスウリの実も下さいました。

父母が逝ってからは小さな鏡餅です。三つ重ねは荒神さん(台所の神様)に備えます。鏡餅は、仏壇に1対、2つの座敷に1かさねずつ、大黒さんに小さな俵型のを1かさねです。


8:10の室温は7度です。前日の気温が影響します。曇りと晴れマーク、最高7度予報です。

雪も氷もまだ見てませんが、氷点下だったかもしれません。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

健気なクレマチスほか[E:tulip]

2013-12-28 09:17:30 | 日記・エッセイ・コラム

131226kur1131226kur2


131226kur3支柱のペンキ塗り替え前に強剪定したクレマチスです。先日載せた時、下画像の花は、まだ蕾でした。

気温が低いから長い間咲いてます。最初に咲いた左上は、そろそろ終わりのようです。いつの時期でも咲き始めから少しずつ花が大きくなります。

葉が霜枯れてますのに、健気でしょう。


131222ze ゼラニュームです。南側廊下でご機嫌です。日が入ると、暖かになります。大好きな肌色を含んだピンクです。


131223en 父の時から、ずっと自家採取の種で更新しています。白芽のエンドウです。スーパーではウスイエンドウの名前で並んでますが、たぶん黒芽エンドウではと想像です。豆の皮が柔らかで甘いグリンピースです。

被せたネットを一部上げてパチリです。藁が無いので、剪定したツルなどを乗せて、少しでも温かにと。芽が出るまでは鳥に目立たないようにと。

数年前の3月、ヒヨドリの大群に無残に食べられ悔しかったです。同じくネットをした小池の和金たちも元気にしています。アオサギが敬遠してくれると期待しています。今のところ姿を見てません。


9:15の室温は8度です。最高6度予報、曇りと雪だるまマークですが、今は薄日が射してます。

5時に目が覚めたので、早めに起きて1臼(3升)だけ餅搗きしました。小さな鏡餅と、えくぼ餅も作って、残りはサイトウ(搗いた餅を取り出す浅い大きな木桶)にそのままにです。まあ、適当に切って、切り餅にすればと‐‐‐。段々とズルして、手抜きです。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ホオズキ提灯?ほか[E:tulip]

2013-12-27 08:50:41 | 日記・エッセイ・コラム

131223hou雑草園に残ってました。中の赤い玉は縮んでません。柏葉アジサイの赤い葉の手前に置いてパチリです。小さな灯り、一人喜んでます。ホオズキ提灯とでもしましょうか。


131223tu1 131223tu2


まだ、ちらほら咲ですが変わり椿と呼んでる椿です。植えこんで50年も経ってるのに、サイズを大きくしてもらえません。強剪定に耐えて毎年可愛い花を沢山咲かせます。左上の花が殆どですが、この斑入り状態にも変化があって楽しいです。右上の無地の花は1-2割です。ぽとりと落ちるので椿と思ってますが、葉は山茶花に近い雰囲気です。植物学上、椿と山茶花には区別はないとのことです。


131223syuシュウメイギクの種が弾けました。タンポポほど立派な綿毛でなくても、綿毛が風に揺れていました。

地下茎で増える方が確実です。沢山の種なのに、離れた場所で小さな苗をまだ見つけていません。


8:50の室温は10度です。最高8度予報です。曇りと雪だるま、暗くなって雪?、個人的には雪を見なくても良いのにです。

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

パボニアほか[E:tulip]

2013-12-26 08:40:57 | 日記・エッセイ・コラム

131222pabp131222gyo


左上はパボニア・インテルメディア(Pavonia intermedia hort) です。南側の廊下に入れてから、沢山の蕾を付けて、まだ半分残っています。花弁に見えるガクの色が賑やかです。日が入れば、南側廊下は暖かです。

右上はギョリュウバイです。結構蕾が着いてぽろぽろ咲きだしてますので、暮れの墓参りの花に加えようと一部切りました。


131222tu1 131222tu2


左上は細い蕾の白椿の子供、右上は太い蕾の白椿の子供、共に自生です。僅かに咲き方も色も違うのです。


131223tu3131223tu4


左上は50年前に庭を作ってもらった時に植え込まれた椿、多分ヤブツバキです。ヤブツバキにしては色が濃く上等です。年内に咲くことは少ないですが、ちらほら咲いてきました。

右上画像、上の赤が左上の椿です。下のピンク2種は細い蕾の白椿の株元に自生してます。クリックしてくださいね。共に淡いピンクで、左は無地、右は微かに斑が入っています。


8:40の室温は9.5度です。曇っています。午後は雨で最高10度予報です。

昨日12/25、ロウバイを沢山切りました。暖かで助かりました。今日12/26は下り坂予報でしたし。

ソシンロウバイの親株の太い枝を2本切って、1本は仏間に、もう1本はお寺に届けました。子株2本から、ロウバイを7杯分切りました。4軒は取に来られました。例年ほど良い千両ではないけれど、千両と斑入りセキショウも入れて、クマザサととアカメヤナギは欲しい人だけにやりました。

墓参りの花、仏壇の花も用意できました。<松・クマザサ・紅梅・千両・ギョリュウバイ・斑入りセキショウ・イソギク>で1対と仏壇は片方1個、もう1対には<槇>も入れました。今年の年末も、足らず足らずながらも、何とかなりそうです。

今朝、仏間に入ったら、馥郁とロウバイの香り、とても良い心地です。それでも、やっぱり寒いです~。

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

モレアほか[E:tulip]

2013-12-25 08:45:21 | 日記・エッセイ・コラム

131220morモレア・ポリスタキアです。このモレア、寒くなって、花弁の紫が濃いめになってます。

もっと花の大きな冬アヤメもブログで拝見しています。も欲しい品種です。

冬アヤメ:http://blog.zaq.ne.jp/hanahana827/article/696/

植物終いを考えることも時々ですが、もうしばらくはと思っています。

家の片づけは、当然捨てることでしかないのですが。元気な気持ちの時に再度考えます。


131222kan 131222kara1


131222kara2 左上はカネノナルキ・花月です。南側廊下に入れてます。花が咲き始めてきました。ほかの蕾も膨らんだのがちらほらです。

右上はカランコエ・ラクシフローラ (胡蝶の舞)KALANCHOE LAXIFLORAです。蕾が分化してピンクがかって綺麗です。花が咲くのは3月末ですが、この状態でも結構楽しめます。

下はずっと咲き続けているカランコエです。カランコエ・ベニベンケイの改良種が、一般にカランコエで流通しているとネットです。この黄色は今年の初秋に買った記憶です。

3種類とも、すっかり日本の冬に溶け込んだベンケイソウ科の仲間たちです。


131222kin 60リットルの鉢植えながら、多少は大きくなった株です。それなりに実っています。既に何個も食べましたよ。大きめの実で甘くて美味しいです。

小さな種があっても1-2個です。種を捨てるだけですから、果物のうちでも可食部分が多いです。


8:45の室温は9度です。晴と曇りマーク、久々の最高10度予報です。

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

バタークッキーほか[E:tulip]

2013-12-24 08:46:24 | 日記・エッセイ・コラム

231224kakeほぼ全員がケーキを食べるクリスマスでしょ。市販のケーキにしようかなとも思ったのですが、昨晩に作りました。

材料は、有塩バター200g
      卵      3個
      砂糖は適量
     ベーキングパウダー少々
     薄力粉は纏まる分量です。

纏まってから、クルミ、カシューナッツ、干しブドウを加えて、焼き色を見ながら電子オーブンレンジのオーブン機能で焼きました。先日買い換えて、オーブン機能は初めて使いました。

ナッツがたっぷり入ったのを食べたかったのです。少し味見して美味しいです。


131222sa2131222sa1


山茶花たちです。左上は一番先に咲いた株で、残りの蕾はほんの僅かになってます。

右上は例年最後に咲く株です。やっと蕾に色が見えてきました。左上の花に比べたら、大きめの花で多少頑丈?です。


131222gen エリゲロン・カルビンスキアヌス(源平小菊)です。寒くなったのに、わずかに咲いてます。花は春のような勢いはありませんが、株は元気にしてます。

白で咲くのが多いですが、ピンクで咲き始めるのもあります。それで源平の名が入ったのでしょう。地味で小さな花ですが、場所を見つけて自生もしてます。


131223tu5紅侘助を竹篭に活けました。合わせたのは子持ちトクサと日本水仙です。矯めないでそのまま、ただの投げ入れです。

いつもは仏間と玄関にしか生け花をしていません。こんな粗末な花でも空間が締まるから不思議です。

このトクサは節から、細い茎?が賑やかに出る品種です。子持ちトクサ←(クリック)、面白い姿でしょ。地下茎で増えますが、クリックしてくださると土筆のような胞子体もご覧いただけます。


8:45の室温は10度です。曇っています。ところにより雨か雪、最高7度予報です。

コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

紅侘助ほか[E:tulip]

2013-12-23 08:55:42 | 日記・エッセイ・コラム

131220suアジサイ・墨田の花火の残骸です。毎年、8~10月にぱらぱら数個咲いてたのに、今年はこの1個だけです。

葉も、いずれ枯れ落ちて、裸の茎になります。その前にパチリです。


131220wa1131220wa2


紅侘助です。ワビスケは小さい花が咲く椿の総称です。同じ木でももっと寒くなると花が小さめになるのですよ。退化気味の白っぽいシベが好きです。沢山咲いて有難う、再度のアップです。


131220rav ラベンダーセージSalvia 'Indigo Spires'です。残り花です。この冷え込みで咲いてるのが不思議なほどです。旬よりも濃い色で咲いてます。寒さにも厚さにも強いです。香りの良いハーブです。


8:55の室温は9.5度です。晴と曇りマーク、最高9度予報です。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ロウバイほか[E:tulip]

2013-12-22 10:14:01 | 日記・エッセイ・コラム

131220roソシンロウバイです。まだ咲いてるのは僅かです。うつむきに咲くので指で上向きにして撮りました。半開きの花でも良い香りです。


131220tu細い蕾の白椿の親株の傍に自生の椿です。僅かな斑入りで、可愛く咲いてます。この株は、早めに咲いて、咲き終わったのかと思ってました。残っていて、ありがとうです。


131220hab 昨年の葉ボタンです。ハボタン・F1 晴姿です。踊り葉ボタンに失敗ですが、長めに伸びた先に小さな葉ボタンが出来てました。

株元には極小の新芽がびっしりです。


10:10の室温は10度です。曇っています。曇りと晴れマーク最高7度予報、寒い日です。

12/22早朝2:30にビータ♂が逝きました。18歳6か月でした。辛い時期を一緒に過ごしてくれて有難う。一昨日は餌を食べてました。昨日はほとんど食べなくて腰砕けでした。暗くなり始めるころからぐずって可哀想でした。これで父母が居たころの犬4匹はみんなあちらへです。チエ♀はなんとなく分かってようです。

昨年も一昨年の年末~正月にも、まさかが起きるかもしれないと思いながらでした。今まで頑張って生きてくれました。やっと楽になったね。ほんとに有難う。ビーちゃん。

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

サンブリテニアほか[E:tulip]

2013-12-21 09:19:59 | 日記・エッセイ・コラム

131215tu3131215tu4


ピンク地に濃い斑椿です。株は大きく育って沢山咲いてます。もう少し花が咲く枝が丈夫だと言うことないのですが、重みで枝垂れます。


131215sanサンブリテニア・スカーレットです。買った鉢そのままで、井戸蓋の上に置いてます。戸外ですが、多少は温みがあるようで、枯れこんできてません。小さな赤い花が綺麗です。勝手口のドアの外で、毎日何回も見る場所です。ほっこりしますよ。


131215yurユリオプスデージーです。今は葉の銀色が写っています。

黄色い花は目立ちます。寒い時期に咲いて今年は暑い時期にも咲いていて、あららでした。ほんの少し休憩しただけで、咲きだしています。 夏近くまで咲き続けてね~。


9:15の室温は9.5度です。冬至は12/22、明日なのですね。カボチャはあります。柚湯にする柚はありません。柚果汁で柚ネードでもしましょう。

曇りと雨マーク、最高8度予報です。昨日は忙しくて疲れました。肩こりも強くなってます。でも動かなくては。年末ですものね。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤツデの花[E:tulip]

2013-12-20 08:28:33 | 日記・エッセイ・コラム

131215tya131215yat


左上はお茶の花です。寒さが強くなったのに、2度目の賑やかな時期を迎えています。まだ蕾も残っています。小さくて地味ですが、沢山咲いてるから目立っています。

右上は斑入り葉のヤツデですが、太い枝分かれした先端部分が、本来の緑葉に変わって花を咲かせました。そのままにしていては、斑入り葉の元株の勢いを削ぎますので、この画像を12/15に撮った後に切って、仏間に活けています。大きいですから、存在感があります。雄蕊の大半が落ちたようですので今がチャンスです。


131215may マユミの実です。かなり食べられてますが、まだ少し残っています。この種、何処かで生えるでしょう。街中では確率は非常に悪いでしょうけれど。

11/18、支払いに行くのに奈良公園を横切りました。帰り道、興福寺五重塔、周辺の高い松の天辺、工事中の講堂の大きな囲い屋根の上にも、100羽以上に見えたカラスの大群です。そこから我が家まで直線で2kmないですから、このカラスの一部が来てるかもしれません。

マユミの種に来るのは鳩かヒヨドリか?。興福寺境内にさしかかって雀4羽とハクセキレイ2羽を見ました。そして、カラスの鳴き声でした。五重塔を西へ、興福寺南円堂の橘(タチバナ)が今年は豊作で綺麗な黄色の実がたわわでした。前に撮った131215tu6131215tu5


白に近いピンクの自生椿3本のうち、最初に移植して大きくなった株です。淡いピンクで撮るのに苦労するほどです。小さめの花で可愛いです。今年は沢山の蕾です。そして、今、沢山咲いてます。


8:25の室温は10度です。雪マークがありました。山間は既に雪だそうです。曇りと雪だるまのマーク、最高6度予報です。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

バラの蕾ほか[E:tulip]

2013-12-19 09:43:17 | 日記・エッセイ・コラム

131215ben 131215kik


左上は オオベンケイソウです。この場所だけに咲き残りがあります。

右上は小菊・細い管状です。満開を過ぎてもそれなりに見られます。


131215barバラの蕾です。 カトリーヌドゥヌーブ・四季咲き性大輪の名札が付いてましたが、ついぞ、大輪にふさわしい花は咲きません。色は肌色を含んだピンクで好きです。寒さで蕾もガクも赤みが強いです。


131215mok 131215kumo


左上は白木蓮の蕾です。数度の強風で葉が飛ばされました。小さな蕾が外套を纏っています。

右上はジョロウグモです。まさか今も生きてるとはとびっくりしました。 12/15に撮りました。


9:40の室温は10.5度です。今、曇っています。レーダーナウキャストでは弱い雨雲が近づいてます。曇りと雨マークで、最高11度予報、夕方から降水確率は高いです。

コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

ユキノシタ科ですよ[E:tulip]

2013-12-18 09:43:43 | 日記・エッセイ・コラム

131215dai131215aji


左上はダイモンジソウ・白糸の滝です。遅れて咲いたのが残っています。先に咲いたのは茶色になって、少し整理してパチリです。

右上は山アジサイの紅葉です。もう少し多くあった葉が下から落ち始めています。裸木になって冬越しです。

どちらもユキノシタ科なのですよ。ダイモンジソウはユキノシタ属、山アジサイはアジサイ属ですが。


131215saz131215hnan


左上はごく普通の山茶花です。満開状態も綺麗だったので撮りました。今賑やかに咲いてます。

右上はヒイラギナンテンです。葉の棘が痛いので傍へ行くときは注意です。我が家のは日本のヒイラギナンテンです。西洋ヒイラギナンテンは今、花の時期ですね。先日からブログで拝見してます。日本のと比べたら、格段に花房が大きくて華やかです。まだ実物を知りません。

http://www.geocities.jp/ir5o_kjmt/kigi/hirgnase.htm


131215tu1131215tu2


上のヒイラギナンテンの傍に自生した白椿です。普通サイズの椿ですが、茶の花のイメージを感じるのは賑やかなシベと、平べったい咲き方にもあります。この傍の親椿は細い蕾の白椿なのですが、太い蕾を片親にした雰囲気を感じます。


9:40の室温は10.5度です。弱い雨が明日朝までだそうです。奈良の山間部は雪かもしれません。最高7度予報です。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

白実万両はまだ[E:tulip]

2013-12-17 07:00:15 | 日記・エッセイ・コラム

131215man131215ran


左上は白実万両です。まだ熟してません。これでも一番熟すのに近い距離です。

右上はヤブランの実です。我が家ではこの程度の実でも珍しいです。地下茎を伸ばして増えるので、邪魔な場所は一生懸命引いてます。斑入り葉のヤブランの実は、今年はゼロです。


131215tu7131215tu8


131215tu9 下が太い蕾の親椿です。その近くに上行の自生椿が咲いてます。左上は親に比べたら花も葉も小さめです。

右上の赤は今、盛大に咲いてます。1年前はちらほらでした。花弁に蜜が付いてます。この蜜を目当てに鳥が来ています。小さな足跡が付いてる花もあります。1本で斑入りと無地が咲くことはあっても、白の株に赤が咲くことは今まで見てません。

蕾の時期でも、半分食べてしまうヒヨドリの被害もありました。傷んだ花も多いですが、全体としては賑やかに咲いてます。


131215tu10 こちらも自生椿です。親は細い蕾の白椿、親の姿を赤くしたらこの花、そんな印象です。筒咲のような時期が長めですが、開きます。

僅かなフリルも好きです。


7:00の室温は9.5度です。我が家の上空は全天が厚い曇です。曇りマークで最高10度予報です。例年平均より寒い日が続いてますね。

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加