gardening2

 我が家の花木と昆虫たちです。

 「コメントをもっと見る▼」の時は
  ▼を押して下さい。

ツルクビナンキンに雌花が[E:tulip]

2009-08-31 12:01:18 | 日記・エッセイ・コラム

090830nankin1 090831nankin1


090830nankin2 090831nankin2


ツルクビナンキンです。先日、雌花が咲いていましたのに交配し忘れて、実が落ちてしまいました。雄花はそれなりに咲くのですが、雌花がなかなか咲きません。昨夕、雌花を1個ずつ別の株で見つけました。そして、右列、今朝咲きましたので撮った後に交配しました。雨や露が入らないように下向きに咲くのですよ。右上はツルを多少持ち上げて撮りました。決まった場所をやれない悲しさ、片方はカリンに、片方は南天に這っています。

これで、どうにか種継ぎが出来そうかな?。早い時には8月10日までに収穫した年、もう大昔になりますが。最初に蒔いたのはカボチャでも芽がでなくて、どこまで下手なのでしょう。我ながら情けないです。


090829retas090829hakurei


左上は、痩せたレタス(サニーレタス)の花です。何とか写った?のピンボケですが。

右上は、クレマチス:白麗:インテグリフォリア系です。まだ蕾があります。細々と咲いています。ダンス、少しはマシになったかな?。


090829tamasudare 090831kawara


左上はタマスダレです。先日から複数で咲いています。咲き始めはオシベも淡い色です。

右上はずっと自生更新のカワラナデシコです。白いめの花が咲いてきました。

台風が関東以北を襲う予報です。コースに当たられる皆様、どうぞご注意くださいね。

コメント (30)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒマワリのように[E:tulip]

2009-08-30 11:46:34 | 日記・エッセイ・コラム

090826himawari 090829himawari1


090829himawari2 今日は投票日ですね。過去最高の期日前投票があったと昨夜のテレビです。ヒマワリの花に恥じないような国会議員ばかりが選ばれますように。選ばれたら胡坐をかかずに、頑張って仕事してもらわなくては。

ヒマワリの芯の茶色が好きです。その周りは濃いめでしょう。一色に見えるのもありますが、濃淡が見えるとこれが良いと思います。


090826hyaku2 090826hyaku3


090826hyaku1 自生のヒャクニチソウたちです。淡いピンクと、同心円の黄色が咲きましたよ。右上の濃ピンクも好き、この系統が一番強いです。


090829yabumyoga 090829asupara


左上はツユクサの仲間のヤブミョウガです。早く咲いたのは、こんな種になっています。小さな種ですが、結構艶があって面白い実です。先端に花が咲いています。取り込んでしか気が付きません。

右上はグリーンアスパラです。今も花盛りです。雌雄があるのですが、これはどちらかな?。開いていない若い葉も好きです。なぜか、金魚藻を思うのです。

昼過ぎに投票に行きます。朝から奈良漬けを食べて、酔ってしまいました。

コメント (28)
この記事をはてなブックマークに追加

冬瓜・イチジク他[E:tulip]

2009-08-29 10:29:23 | 日記・エッセイ・コラム

090829tougan 090829itijiku


昨日、バイクで所用を済ませた帰り、スーパーに寄りました。左上の冬瓜、5.6kgもあったのです。もちろん大きいのを承知で買いました。初冬までそのまま置いても腐りませんが、さて、いつから食べ始めましょう。

右上は今朝採った白いイチジクです。今回のは小さめですが20個も採れました。完熟を3個食べました。甘くて最高です。皮はもちろん、口に当たりません。数日前からまた熟してきて数個は食べていました。


090828gibosi1_2 090828gibosi2


5種類のうち、このギボウシだけが今咲きます。色が濃い目で好きです。この花が咲くと晩夏になったと思います。


090828rukou1 090828rukou2


ハゴロモルコウソウです。ルコウソウは細い葉で、マルバルコウソウ(野性化)はもっと広い葉、これは両者の交雑だそうです。ツルが茂っていましたがなかなか咲きだしませんでした。赤い小さな花が可愛いですよ。そのうち、ぶわ~と咲くはずです。


090829asagao1 090829asagao2


090828asagao 上の朝顔、ツルが伸びないで咲くので、可愛いです。ブログ友達を真似て、中心も撮ってみました。

左は曜白(ようじろ)アサガオ、上の色と同じのもブログで拝見しました。この淡いピンクも好きです。ほぼ毎日開いています。

コメント (29)
この記事をはてなブックマークに追加

サトイモの花ですよ~[E:tulip]

2009-08-28 08:58:15 | 日記・エッセイ・コラム

090827satoimo1 090827satoimo2


サトイモの花です。ブログをしてから2度目の出会いです。10年ほど前に田んぼでも花を見つけましたが、その時が最初の出会いでした。ちなみに前のブログ記事はこちら(←クリック)です。2005.8.26の記事です。前は蕾から気が付いていたのに、今は咲いてからですが、気が付いて良かったです。今年は地植えです。暑いから咲くと思っていたので、今年咲いたのには、びっくりです。

右上は更に拡大です。花粉が吹いているでしょう。指を添えているので。大きさを想像してくださいね。

090827satoimo3 090827satoimo4


黄色い部分、先端まで結構長いのです。6.2×23cmあります。角度を変えて撮っています。黄色い部分はサトイモ科に特有の仏炎苞(ブツエンホウ)です。コンニャク、ミズバショウ、アンスリューム、カラーもサトイモ科です。

畝を作って作物を植える、その場所が無くて、空いた所へ種イモを埋めています。それでも、適当に小芋が出来てくれて、名前を知らないサトイモ品種、美味しいのです。雑草園のあらがそのままですが、この際、写っても仕方ないです。


090827satoimo5 090827satoimo6


左上は、上から下へ、後ろ姿です。黄色が綺麗でしょう。水やりをしていて、あら、あんなところに黄色がと気が付いたのです。 後ろ向きの花の右横のは蕾です。今朝はもう少し大きくなっていました。前も1株に2つ咲いたのです。昨夕撮りましたが、今朝はもう仏炎苞の艶が消えています。

090826sumida1 090826sumida2


ガクアジサイ・墨田の花火です。花後に剪定していますが、残しておいた枝に花が咲いています。左上は咲き始め、右上は旬が過ぎてから咲きだして、今満開以上になっています。

今朝9時の室温は28度を僅かに切っていますが、少し動くと暑いです。

コメント (47)
この記事をはてなブックマークに追加

私もゴーヤージュース[E:tulip]

2009-08-27 09:56:30 | 日記・エッセイ・コラム

090827goya 酢橘様(←クリック)が<ゴーヤジュウス>を載せられていました。
貰ったゴーヤーと豆腐があったので、私も真似しました。牛乳は常備しています。
ゴーヤー1本を切ってミキサーに入れ、豆腐半丁、回ると思われる程度の牛乳を加えて、甘みに砂糖を適量、塩少々です。最初の1口は青臭いですが、ぐいぐい飲めます。
これで大カップに3杯強出来ました。上の写真は、冷蔵庫に入れておいたのを今朝撮ってから飲みました。冷やしても、やっぱり最初の一口は青臭い。味はお勧め、美味しいです。

余談ですが、数年前から、ゴーヤーの中身は出していません。炒めた時、種が焼けたのも美味しいです。究極のエコです。ゴーヤーは両先端を少し落とすだけです。苦味に慣れたのと、苦みの少ない品種が出回ったからでしょう。


090826syumei1090826mukuge1 090826mukuge2


我が家の自生ムクゲで、この花が一番先に生えてきました。もちろん一番大株になっていて、今年も沢山咲いてくれました。ここに、ラミーカミキリ(←クリック)が居て、今年も1匹退治しました。左上は5弁ですが、何が邪魔したのか、後ろに1枚移動して4弁のようになると、この雰囲気です。

一重の花弁では、アブラナ科は4弁、そのほかのは5弁が多いですね。

コメント (34)
この記事をはてなブックマークに追加

毒は薬と言うけれど[E:tulip]

2009-08-26 10:05:26 | 日記・エッセイ・コラム

090825yamagobo アメリカ(ヨウシュ)ヤマゴボウです。有毒です。この軸の赤いのが綺麗、不気味、どちらに当たるでしょう。

どんな生き物でも存在価値がある、多様性が保てないと、人も生存が危うくなると見聞きします。この草の名前、アメリカか、ヨウシュかどちらにしようかなと検索してたまたま見つけたのが次のサイトです。

<アメリカヤマゴボウの抗ウィルス性タンパク質を発現する微生物 >と題しています。英語のサイトにも、エイズがどうとか、特許がどうとか、全部は理解不能です。現に人の役に立ったのです。潰して色付け遊び以外、素人の使用は厳禁です。http://blog.goo.ne.jp/riibs/e/64b97677941ce7da8260ebbdc3896233


090822zera 090825mukuge


左上はゼラニューム、右上はムクゲです。白でもこれだけ質感に差があります。クリックで多少大きくなります。


090824budoreaブッドレア・ブルーダイヤモンドです。短い花穂で、残り花です。晩秋に取り込む前に植え替えた方がよさそうです。今年の花付きはあまり良くなかったです。

今朝10時の室温は27度になりました。涼しくて嬉しいです。このまま秋突入ではないそうですが。

個人レベルでのパソコントラブル、設定ミス、私にはたびたびあることです。このたびの地震速報のミス、数回の飛行機の発進?停止、銀行のATM停止とか、システムトラブルが原因でしょう。専門家といえども完璧は無理、困りますね。

コメント (39)
この記事をはてなブックマークに追加

初秋の青い空[E:tulip]

2009-08-25 11:00:57 | 日記・エッセイ・コラム

090824sora 090822kara


左上、昨日午後に撮りました。雲ひとつない青い空です。小さなイチモンジセセリ(蝶です:訂正=)を入れて撮りました。今朝10時半を回っていますが室温は26度、扇風機なしでも快適です。

右上は、水性カラーの種です。食べられませんが、何か美味しそうな形に見えます。


090822hyaku1 090822hyaku2


自生のヒャクニチソウです。どちらも綺麗な色でしょう。

雨が欲しいです。晴れが続くと思ってしまいます。ビータ♂とナナ♀が、パソコンの横で眠っています。私の方が何かの時の頼りにしたいのに、ビータ♂などは、肌身を許して爆睡の時があります。たまに寝言?らしいのも、イビキも聞こえるときがあります。

何と平和なこと!、安穏っていうのでしょうか。昨夜は寒いくらいでした。

コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

テントウムシほか[E:tulip]

2009-08-24 11:25:51 | 日記・エッセイ・コラム

090823nanaosi ナナホシテントウのようです。ナミテントウは複数いましたがナナホシにはなかなか出会えません。何でもパチリ、パソコンに取り込んでからナナホシテントウと分かりました。

肉食性のテントウムシは大好き(益虫)、葉を食べる種類のテントウムシ(害虫)は嫌いです。勝手なものです。

確認サイトはこちらです。http://members.jcom.home.ne.jp/fukumitu_mura/syu_k/koucyu5_.html


090823bberi1 090823bberi2


旬外れのブラックベリーです。熟した実を何回も採っているときに、残り花が咲いていました。今頃からの花、実はダメかなと思っていたのに、実っています。実は半分以下ですが、同じ味、美味しかったです。

今朝の室温は26度、涼しいです。秋の走りです。11:20の室温で28度です。体が楽になりました。昨日も多少涼しかったので、エイヤッとで、スモモの木を剪定しました。スモモ太陽に2つの熟した実が残っていました。美味しかったです~。切った木の始末はこれからですが、バタンキューになっても、誰も助けてくれないので、またの日にします。


090823rabendasaji ラベンダーセージです。ブルーサルビアと間違えやすいですが、こちらは香りがあります。この花が好きです。

怠け者の私でも涼しくなると、待っている仕事が沢山です。目先の差し迫ったのからと思っています。

犬3匹の風呂入れは終わりました。

コメント (29)
この記事をはてなブックマークに追加

かきの木茸[E:tulip]

2009-08-23 10:03:32 | 日記・エッセイ・コラム

090821kinoko <かきの木茸>を買いました。初めてのキノコです。今スーパーに、マツタケもあって、新顔ノキノコが次々です。小さなキノコですが、エノキタケよりも歯ごたえがあって美味しいです。香りを例えられませんが、好もしい香りです。

私の第一印象もあながち間違ってなかったです。次のサイトに、エノキタケの原種とあります。
http://www.kuromon-yasui.jp/ITMP/80.html

時間バーゲンで、2パック100円でしたよ。


090621houki1 090621houki2


ホウキグサの花です。肉眼ではオレンジ色がちらちら、私のデジカメでは、やっとこの大きさです。今葉が茂って綺麗です。秋が深まって鮮やか赤紫蘇色に染まるのも綺麗です。


090816arustoromeria 遅れ花のアルストロメリアが、時々咲いています。春は一斉に開きますが、ぼちぼちもまた良いです。

21日午後水やりをしながら、木に掛けていたら、今までなら10匹以上飛び立った蝉が、せいぜい1~3匹です。22日にはセミの鳴き声を聞きませんでした。水やりしたときに飛び立つときの声を聞いただけです。めっきり少なくなりました。

わたし的日常様に教えていただいて、↑ページの先頭へを入れました。ブログ人の場合、HTML画面にして、記事の最後に付け加えるだけ、次のプログラムコピーでOKです。

位置指定をしても受け付けませんので、赤色指定にしています。下の<赤い↑ページの先頭へ>を押してみてください。

<div><p><a href="#top"><span style="color: #ff3300;">↑ページの先頭へ</span></a></p></div>

コメント (32)
この記事をはてなブックマークに追加

秋の虫・カネタタキかな[E:tulip]

2009-08-22 09:23:48 | 日記・エッセイ・コラム

090814asitaba 090621asitaba


アシタバの花です。塔立ちしてきて、左上が8/14、右上が8/21に撮っています。昨年も花が咲いて、次に気が付いたら種まで綺麗に虫に食われた後でした。セリの仲間ですから、虫には美味しいのでしょう。今度は少しだけ種が欲しいです。ほかに株が残っていませんので。この株、自生なのです。この横に生えてくれたらラッキーなのですが。


090819hyaku 090821hyaku


ヒャクニチソウです。同じ花ですが、左上が8/19、右上が8/21に撮っています。この色綺麗でしょう。


090621kanokoga 090621kantan


左上がカノコガ30-37㎜(ヒトリガ科カノコガ亜科)です。羽が鹿の子模様だからとか。何度か出会っていますが、デジカメを持っていない時は退治する方が先ですので。(笑い)

参考サイトはこちらです。
http://www.jpmoth.org/Arctiidae/Syntominae/Amata_fortunei_fortunei.html

右上は調べたらカネタタキ♀(バッタ目カネタタキ科)のようです。昼でも秋の虫が時々、夜になるとコオロギのほか、ネタタキかなと思う短くて高い鳴き声、雄も住んでいるようです。

カネタタキの体の2倍以上もある触覚です。クリックしてくだされば、多少大きくなります。鳴く虫の触角は長いとネットで見ました。これも例外ではありません。

参考サイトはこちらです。
http://mushinavi.com/navi-insect/data-koorogi_kanetataki.htm

雄をまだ目にしていません。カネタタキの鳴き声のサイトを見つけました。
http://www.bekkoame.ne.jp/~sibutaka/nature/html/insects/kanetataki_s_j.html

コメント (27)
この記事をはてなブックマークに追加

ムクゲとヒマワリ[E:tulip]

2009-08-21 10:47:00 | 日記・エッセイ・コラム

090821mukuge3 090821mukuge2


090821mukuge1 鳥の贈り物のムクゲ、4種類あります。小さなのも自生していますが大きく出来る場所が無いのです。通路横で左上のムクゲが目に入りました。たった1個ですがヒラヒラがあります。初めてです。それで、ヒラヒラのある右上を撮りました。何となく雰囲気が違うなと思ってパソコンに取り込んだら、花弁が1枚多いです。一重は5弁です。たったそれだけの違いなのに、印象が違うでしょう。

そして下、やっと綺麗な白ムクゲに出会いましたので、パチリです。


090821himawari家の西側でも、この淡い黄色のヒマワリが咲きました。丈夫な株ですので、こちらも来年の種が期待できそうです。

黄橙のヒマワリ色、もちろん好きですが、この黄色も捨てがたいです。

昨日、所用で出ましたが、選挙カー、喧しいです。

コメント (29)
この記事をはてなブックマークに追加

カンナとニラ[E:tulip]

2009-08-20 08:32:01 | 日記・エッセイ・コラム

090814kanna 090819kanna


ミニ丈(50㎝)のカンナです。左上が8/14、右上が8/18に撮りました。何回も繰り返し蕾が出来て花が咲くようですよ。カンナって良い子です。少しだけ草丈が伸びた気がします。


090818nira 090818ibowy


左上はニラの花です。ニラは少ししかないのですが、花が咲いてきました。右上はオキザリス・ボーウィです。今年最初の花です。仲間のムラサキカタバミは退治しています。増えなければ可愛い花ですが、余りに昔から居て、全部の退治は無理です。

先週の金曜日に、最後に残っていた右上の親知らずを抜きました。今までで一番楽な抜歯でした。そのあたりを頬の上から押さえたら、ごく軽い痛み、抜歯あとも多少違和感がありますが、痛みどめを1度も飲むこともなく、もうこれで、治ってくれそうです。今日の午後で6日です。鼻風邪が2日続いて、予約を断ろうかなと思っていましたのに、その3日目抜歯当日には鼻水が止まったのですよ。気持ち緊張したからかな?。

コメント (34)
この記事をはてなブックマークに追加

美味しいイチジク[E:tulip]

2009-08-19 09:20:57 | 日記・エッセイ・コラム

090818itijiku1 090818itijiku2


昨日、そろそろかなと水やりしながら見上げたら、赤いほうのイチジクが熟しています。3年か4年前に通販で買いました。株は張っていませんが、脚立を使って採りました。今年で収穫2年目です。まばらにしか実のってません。虫の食べ残し(乾燥状態)と、この4個です。右上の深い色に熟したのと食べ残しを食べました。完熟で甘くて美味しかったです。4個は不思議にも虫の被害はありません。残りは仏壇に供えました。先に味見してから。そして今朝、さらに2個食べて、1個だけ冷蔵庫に入れました。

前からある白っぽいイチジクは、沢山の虫の被害でしたので、完熟を待てずに採っていました。秋に熟す小さな実が残っていますが、今は休んでいます。出来るなら虫の被害に遭いませんように、なのですよ。


090816tokei2090816tokei1


トケイソウです。昨日午後、左上のインセンスの横を通ると、とてもよい香りです。鼻の高さで咲いていたのです。あら~と思いました。それで、何輪も咲いているインセンスの匂いを、それぞれ嗅ぎました。まさか、トケイソウに香りがあるなんて思いもしなかったのです。香水のように好ましい香りです。びっくりしました。それで、赤いレディーマーガレットに花を近づけたのですが匂いません。それから右上セルレアに鼻を近づけました。こちらも良い香りなのですよ。トケイソウが香るって、ご存知でしたか~。


090818fennel090817mukuge


左上はフェンネル(ハーブ)です。鉢植えにしたので株が大きくならずに花の時期です。うんと昔にブロンズフェンネルを作ったことがあります。何年か生きていましたよ。甘い香りで葉や種など料理に使えます。今検索したら、系統によるらしいですが1年草扱いだとありました。これも多分1年草なのかな?。

右上は白のムクゲです。気が付いた日には沢山咲いた後、つまり夕方、しぼみかけでした。8/17、写真を撮った日は良いのが少なくて、8/18も同じくです。4種あるうち、最後のムクゲです。

今日も暑い1日です。室温は28度ですが、墓参り、今から?夕方?どうしましょう。

コメント (33)
この記事をはてなブックマークに追加

巴模様の蛾[E:tulip]

2009-08-18 09:56:10 | 日記・エッセイ・コラム

090817ga2 090817ga1


今日も蛾で恐縮です。昨朝、小さめのアゲハの大きさで黒っぽいのが目の前を横切ったのです。止まった場所を確かめてパチリ、数枚の写真で逃げてしまいました。ハグルマトモエ28-33㎜のようです。巴部分が濡れたような色です。ネムノキが食草とか、花は咲きませんがあります。 参考サイトはこちらです。http://www.jpmoth.org/Noctuidae/Catocalinae/Spirama_helicina.html

サイトの画像だけでは区別が出来ませんが、似たのにオスグロトモエ52-75㎜がいます。食草はアカシア、これは我が家にありませんし、近隣でも見ません。それに、ここまでは大きくなかった気がします。参考サイトはこちらです。http://www.jpmoth.org/Noctuidae/Catocalinae/Spirama_retorta.html

(追記)参考サイトを見比べて、逃がした蛾のサイズを思い出して、さてどちらか分かりません。オスグロトモエかなと思ったり、どちらの参考サイトにも酷似したのがありますので。


090817hototogis1090817hototogis2


ホトトギス・青龍が咲きだしました。もっと賑やかなホトトギスは9月に入ってから咲きます。今年も可愛く咲いています。この花の芯、トケイソウに似ているでしょう。こちらは小さくて、径2×長さ2㎝です。


090816yomenaヨメナです。もっと紫の濃いのもブログで拝見しますが、我が家のは白に近いです。小さいころからあって、新葉を食べたことがあります。沢山茂った時もありますが、少しだけ残しています。

コメント (31)
この記事をはてなブックマークに追加

綺麗な綿の花ほか[E:tulip]

2009-08-17 08:47:04 | 日記・エッセイ・コラム

090816wata1 090816wata2


昨日昼12時前かな、綺麗な時期のワタの花です。 淡い黄色が綺麗でしょう。これでまだ4個目、次のは何時咲くのか、これで終わりか、分かりません。


090816ga1 090816ga2


ウスキクロテンヒメシャク(20-26㎜)シャクガ科ヒメシャク亜科と思われます。こちらも2cmと小さな蛾です。参考サイトはこちらです。ハゴロモルコウソウの葉にいました。食草はカタバミほか多種にわたるようです。http://www.jpmoth.org/Geometridae/Sterrhinae/Scopula_ignobilis.html


090814kuranberi 090814kufea


左上はクランベリーです。小さな実が色づき始めています。生食はさほど美味しくないですし、ソースにするほどもないのです。4株か5株めで、やっと生きています。古い洗面器に水を張って鉢を浸けています。湿地に生えているそうです。これで2年は経っているはずです。

右上はクフェアです。和名は、メキシコハヤナギ、メキシコハヤナギとも出て来て、どちらが正しいか分かりません。こちらも何回もも買っては、枯らしました。以前のは白株とピンク株でしたが、今度は違った配色です。買った時に咲いていた花が落ちて、我が家で咲きだした花ですがポツポツです。1㎝の小さな花ですが、多数咲くとそれなりに可愛いです。さて、いつ沢山咲いてくれるでしょう。

コメント (34)
この記事をはてなブックマークに追加