寓風奇聞

風の便り

現在、三沢飛行場(米空軍・空自基地・民間共用)は整備工事のため、7月4日まで滑走路閉鎖中です。

2017-05-17 21:17:11 | 北朝鮮問題
昨年も5月~7月の一時期閉鎖しており、今年の閉鎖期間も昨年中には決まっていたことです。

何年間かかけて三沢飛行場(民間・航空自衛隊・米空軍の三者による共用)の滑走路の整備を進めているということは、とりも直さず、それだけこの飛行場、つまり三沢基地の重要性を物語っています。中東への空爆機も米空軍三沢基地から発進したということでうから。

現在JAL発着便は全面運休です。米軍戦闘機等はアラスカや韓国に、グローバルホークは横田の米空軍基地に移駐したことが報道されています。

北朝鮮のミサイル発射実験が、三沢基地の方角に向け行われていることが多いのですが、三沢基地を空にする(?)ということは、どういうことを意味するのでしょうか。誘い水なのか、それとも危険回避なのか。
実際のところはわれわれ一般市民の知るところではありません。
下田イオンモールで買い物中の米国人らしき人たちをカウントした方が、米軍関係者・家族の動向分析には役立つかもしれません。

きっと日本在住の北朝鮮工作員は暗躍中でしょう。

いずれにせよ、日本が現在、非常に緊迫した状況に置かれていることは間違いないと思われます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェイク情報満載だった2016... | トップ | 北朝鮮『米国本土と在日米軍... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。