寓風奇聞

平成世間話 自然災害 ミサイル 

北朝鮮は大気圏再突入技術を取得していなくともEMP電磁パルス攻撃は可能では。標的は日本だ。

2017-07-11 20:08:40 | 北朝鮮問題
なぜ、日本のマスコミは韓国の「北朝鮮はまだミサイル大気圏再突入の技術を取得していない」と問題を矮小化するニュースをそのまま伝えるのだろうか。韓国と北朝鮮は同族同胞である。韓国は北朝鮮にシンパシーを抱いても、日本に対する親近感を抱くことがないであろう。

現実を直視しないで、目前の危機から国民の目を逸らし、まだ大丈夫などと崇を括っていては、第二次世界大戦時の大本営発表と何らかわるところがない。
大気圏再突入技術がなくとも、現在のミサイル技術に高高度核爆発を起こす技術さえ取得すれば、広い範囲で電子機器は電磁波により、機能を停止するのではないのか。
攻撃の標的は、島国である日本だ。周囲の国には影響しないのだから。

米国の核の傘はもはやあてにできない。
南北朝鮮と中国にとって日本は憎き仇であり、利害は一致している。

米国は同盟国を守るとはいっているものの、戦後しゃぶりつくした人口オーナス・超高齢社会の日本にもはや未練はないだろう。

攻撃されるのは日本だ。
そうすれば米国は東アジアから後退する。
このことこそが、北朝鮮とその背後にいる国々の最終目的なのは明らかすぎる。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プーチン―トランプ会談が大幅... | トップ | 北朝鮮の脅威から米国が逃れ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

北朝鮮問題」カテゴリの最新記事