朝歩きの花暦

毎朝日の出前後に決まったコース約五パターン標高2m~40mが混じるコースも舗装道60%ぐらい畦道、空き地、倉安川土手等歩く。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ユリズイセン

 | 帰化or逸出or野化

16℃朝歩き倉安川沿いの山麓モウソウチク林の林縁に低木エノキ、イヌビワ、クサギ、等の林床から零れ出る様に咲き出て居るユリズイセン(Alstroemeria)を観察しました、予ねて見たことの無い葉の群落を発見して開花を楽しみにして居ました六月初旬には沢山の蕾が見られ昨今は賑々しく花盛り、傍モモ果実、トウカエデ翼果ツユクサオシロイバナ、ママコノシリヌグイ、カモジグサ、エノコログサ、等の花や花穂見られる。
原産地:ブラジル北部 根から澱粉を採るそうです。 園芸品種アルストロメリア(ユリスイセン・ユメユリソウ)とは異なるもの。 色変わりの「アルストロメリア」をクリックするとリンクしています、「戻る」で元の画面に、
『その他生命体』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒヨドリジョウゴ | トップ | コシロノセンダングサ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL