一平のペンとギター

僕らしい小説を書き、僕らしい歌をうたう、ぞ♪、ペンとギターの一平です。ギター弾き語りと小説書きの二刀流。

新年に思う―「今、曲がり角」。

2017-01-04 13:13:20 | Weblog

 

 トランプさんが大統領になった。

僕は、もしかしたら、・・・・・と思っていた。

もしかしたら・・・が、もし、じゃなくなった。

 

 50年余り前、ケネデイ大統領が暗殺された。

僕は、18才だった。えーー!! びっくりした。恐かった。

東西冷戦が勃発したら、ボタン1個で地球は破滅する、キューバ危機を乗り越え、

公民権法案、黒人の差別撤廃を実現した、the presidesnt, Jhon F Kennedy。

 なんで???

 

 あの50年前の驚き、を僕は思い出した。

 今、世界は、時代の、歴史の大きな曲がり角にいる、と僕は感じた。

 

 僕が初めて、テレビを見たのは、たしか、相撲だった。

 近所の家に、映画を見れるラジオみたいな機械が、お茶の間にある、

 と噂を聞いて、見に行った。

  「栃錦と若の花」の相撲を見た。

 

 それまでは、ラジオ、からの音、が唯一の楽しみだった。

 連続放送劇「笛吹童子」を、毎日、胸をときめかせて聴いていた。

 

 あれから、60年あまりたった今。

 電話は、携帯。

 テレビは、リモコン。

 さらに、internet 。パソコンで、情報は、地球上を駆け巡る。

 

  50、60年あまり前、

  僕は、10歳から20才。

  「資本主義と共産主義」の戦い=冷戦=「アメリカとソ連」、が

 ケネデイとフルフチョフの、「キューバ危機」に象徴されたのだった。

 

  冷戦体制が崩れた。東西を分断していたベルリンの壁が、崩壊。

  世界の、人類のありようが、この50年で、まったく変わってしまった。

  そのありように、政治体制と経済構造が、ついてゆけなくなっている。

  新しい世界と人類に合う「服」を作り直さないといけない。

   そんなときが、「今」じゃないかと僕は思う。

 

  僕が生まれた(1945年)年、第2次世界大戦が終結。

  ナチスドイツ・ムッソリーニイタリア・大日本帝国主義の敗戦だった。

  

  その50年前といえば、日清戦争休戦条約締結。

  そのまた50年前、今から150年余り前は、江戸末期、ペリーが浦賀に来航。

  竜馬が暗殺され、開国、明治の代になるころだ。

 

  そのまたまた100年前は、といえば、江戸時代は元禄年間、松尾芭蕉が亡くなったころ。

  僕が生まれた年から、50年を、4つ,遡ると、江戸元禄になる。

  僕は、今年72才。

  70年生きてこれた。だから、

  50年という時間が、想像できる、という恩恵にあずかっている。

  

  今、地球は、世界は、曲がり角に、いる。

   世界第一次大戦・第二次大戦。

   僕らの国は、250年余りのの鎖国、ペリー来航、開国。日清日露戦争。太平洋戦争。

 

   僕が、大学生の頃、ベトナム戦争の写真を見た。

   10才ぐらいの少女が、全裸で、泥んこになって、血を流し、戦火の中を、

   泣き叫びながらよろよろ歩く姿の写真だった。

   大学の文化祭で、見た展写真だった。目を覆いたくなって、衝撃だった。

    そのサークルの先輩学生に誘われて、僕は、恐る恐る、ベトナム反戦デモに参加した。

    早稲田の正門から、出発して、ジグザグ行進。どこをどう行進したか覚えていない。

    日比谷、国会議事堂、・・・・・・だったのか。

        「べ兵連」・作家小田実さんが立ち上げたベトナム反戦運動だった。

 

     そういえば、

     その頃、ボブ・デイランの「風に吹かれて」(Blowing in the wind )を聴いた気がする。

     ジョーンバエズの「We shall overcome 」 とか、・・・・・・・・

 

     200年ほど前の人は、その時、自分の足元で起きたことを、知人に伝えるのにも、

     月単位かけて、やっと伝えたのだろう。ましてや、外国で起きたことなどは、年単位で知れれば

     よいほうだったろう。

 

      が、今、

     瞬時に、地球上のいたるところへ伝えることができる。

     また、知ることができる!のだ。

 

      今に合った、新しい「服」を仕立てなければ、

      地球が世界が、混迷する、時、なんじゃないか。

      トランプさんの就任式は、もうすぐ。

 

      さて、50年後、100年後、150年後、

      世界は、どんなふうに変わっているのだろうか。

      150年前から今日までの変わりよう、から想像するに、

      いつか、きっと、地球は、「ひとつの国」みたくなっていて、「考える力」を持つ宇宙人の星と

      争っているのではないか。銀河系冷戦、というような。。。

       地球上で、今起きていることが、宇宙規模で、展開されているかも・・。

      江戸末期、諸藩が争い、やがて、明治政府を作り、ひとつの国にした、

       ように。

 

       でも、この一年、

       曲り角、に

       きっとなるときではないだろうか。

       僕は、歌いながら、書きながら、

       世界を見つめてゆこう、と思う。

          

         風に吹かれて。

       

 

     、

     

 

     

 

 

  

 

  

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書初め。 | トップ | 今年、一平の初ライブ♪ Come... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL