アンフィニグループ(YSP千住・YSP墨田・YSP船橋)のブログ

ヤマハバイク専門ディーラー 足立・葛飾/墨田・江東/千葉船橋エリアのYSP(ヤマハスポーツプラザ)のブログです

2009年ありがとうございました。

2009年12月28日 12時00分00秒 | お知らせ

YSP千住をご利用のお客様、2009年大変お世話になりました。

ありがとうございました。

明日29日(火)より1月4日(月)までお休みを頂きます。

2010年も楽しいオートバイライフを過ごせるようお手伝いします。

何でもご相談くださいね。

YSP千住の榊原でした。


この記事をはてなブックマークに追加

☆2009年 今年もありがとうございました☆

2009年12月28日 10時00分00秒 | お知らせ

本日、今年最後の営業日です

今年1年も、あっというまでしたね

今年、当店をご利用してくださった皆様ありがとうございました

来年は1月5日(火)から通常営業致します

今年は本当にありがとうございました

来年も、YSP墨田YSP千住YSP船橋をよろしくお願い致します

YSP墨田の冨澤でした


この記事をはてなブックマークに追加

伊豆スカ

2009年12月26日 20時01分12秒 | 製品情報

伊豆スカイラインで、2輪車通行禁止にする動きがある

ことを、皆さんご存知でしょうか?

この3年間で、伊豆スカのバイク重傷事故が3.6倍に増加しているということです。

学生時代しょっちゅう峠道を走りにいっていた僕から見ると非常に悲しいことではありますが、何よりも僕らバイク乗りがそれだけ峠道で他人から見ると危険な走行をしているのではないでしょうか?一般公道はサーキットではありません。もちろん路面が悪い箇所もあれば、対向車もあります。

しかし、峠道を走行するのはとても気持ちのいいものだと思います。年末・年始にツーリングを計画されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このような規制が掛かってしまうのは非常に悲しいことで、これ以上規制が掛からないようにするために、これを読んでいただけた皆様に今一度安全運転を心がけていただければと思います。よろしくお願いします。

 

安全運転、危険行為には十分気をつけようと思う、YSP墨田の鈴木でした。


この記事をはてなブックマークに追加

チャレンジ3000kmグッズが届きました!!

2009年12月25日 11時10分00秒 | お知らせ

以前http://blog.goo.ne.jp/gooinfinisports/d/20091129にてお伝えしました

チャレンジ3000kmのグッズが入荷しました!!

エントリー時にお渡しするバンダナとステッカーです

Pc240006

Pc240008 

エントリーは簡単

エントリー用紙にご記入頂いて、スタッフがオートバイの走行距離を確認するだけ。

3000km達成でオリジナルキャップをプレゼントです

エントリー費はヤマハ車なら¥1,000、他のメーカーなら¥2,000ですよ。

3000km

エントリーお待ちしております!!

YSP千住の榊原でした。


この記事をはてなブックマークに追加

ローダウン試乗会の感想頂きました?

2009年12月24日 16時44分37秒 | イベント・ツーリングレポート

現在実施中のローダウン試乗会。

昨日試乗して頂いた、Y様より早速レポートを頂きましたのでご紹介させて頂きます。

ちなみにY様の身長は163cmとのことです。

それではどうぞ

バイク試乗『YZFーR1 09'』

ローダウン試乗会を開催中のYSP千住さんで試乗してきました

跨がった感じは、コンパクト
体格もありますが、ハンドルはやや遠めにあります。

でも、体が伸び切るという事もないので操作に問題はありません

足付きは信じられない程の良さに。

ローダウンするとこうも変わるものなのか?
通常バージョンは車体を起こす気にもなりませんでしたが…

クラッチを繋いだ瞬間にスルスルと走り出そうとします。

パワーの伝達が分かりやすいので、気負わずに操作していけます

4000rpm位が丁度いいと感じるので、この回転域をキープしながらシフトチェンジ。車体の安定性、ウィンドプロテクション効果の高さに後押しされて気がつくと既に80キロを軽く……かなりヤバイ

クロスプレーン型クランクシャフトの奏でるエキゾーストノート(排気音)はエンジンを回すのが楽しくなる…


基本、クラッチを軽く当ててからスロットルを開ける発進をしてるので、半クラから繋いで4000rpm付近まで一連の流れで聴くエキゾーストが、もう最高…
音を聴きたい方は公式ホームページでも試聴出来ますので、感動を感じたい方はどうぞ

http://www.yamaha-motor.jp/mc/lineup/sportsbike/yzf-r1/

走行モードはSTD、A、Bの3パターンあります。
通常のSTDモードに比べ、Bモードは全体的にマイルドな味付け。
パワーも扱いやすいし、発進時のクラッチ操作もやり易い仕様に変更されます。

Aモードも試してみたけど、ちょっと後悔すらした…
これはまるで別物…いや、むしろコレが本来の姿なのか?
同じ感覚で発進したにも関わらず、車体が沈み込んだと同時に速度計が信じられない速さで変わっていく…
コレで半クラッチ…?過激ともいうべきレスポンスと加速がライダーを襲う
例えるならば、いつもの1、2オクターブ高い声で『イィィ…ヤッフォーーー!!!!』と叫んでしまう感じです

最初は信号よ、早く変わってくれぇ~(早く停車してモードを戻したくて)…と思ってしまう程の加速も、乗っているとだんだん癖になってきそう…

高速低速に関わらず、コーナーリングは素直の一言
無理なくグイグイ曲がり、カーブでバンク状態も維持させやすい。
高速コーナーも、いつもであればオーバースピードだと思う速度で外に膨れず思い通りにラインに乗せる事が出来る。このコントロール性は脱帽。

高速コーナーを少しバンクさせ、リアの状態を感じながらグングン加速させるのがホントに楽しい。

走る、操る、感じる楽しさが満載。バイクの状態を全身で感じ、また、全身を使って走らせていける。こんなバイク、初めて出会いました。

Y様レポートありがとうございました。

Y様のレポートを読んでYZF-R1に乗りたくなった方。ローダウン試乗会は26日(土)まで開催していますよ
ご予約お待ちしております!!

ご覧の皆様もツーリングやイベント参加など「載せて」ってものがありましたら
yspsenju@infinisports.co.jpまでご連絡下さい

YSP千住の榊原でした。


この記事をはてなブックマークに追加