心の模様

心の中の一つ一つを整理して、いつか素敵な部屋にしてみたい。

不道徳

2016-09-15 | 昔々
大人になってからのこと



ある日母が

鬼の形相で

拳を握りしめながら

声を震わせた



あの女

死ねばいいのに



女の影を感じた母が

父の携帯を見て確信したようで



私は知らないけど

家にも遊びに来たことのある

父の部下の女だったらしい



その時の私は

驚きはしたものの

母のような感情にはならなかった



父も普通の人だったんだって

ぼんやり思っただけ



その数年後にその女は

癌で本当に死んでしまったのだけど



癌だとわかった時ぐらいだろうか

父からその女に宛てたメールが

私の携帯に間違って送信されてきた



名前が似ていたから

アドレス帳の上下だったのだろう



そのメールは

思いやりに溢れ愛情に溢れ

そして男を感じさせるものだった



私やその時の母には

決して見せないであろう

別人のような父の顔



私は父に冗談のように

何?って返信しようか

母にこんなの来たって

告げ口しようか

しばらく悩んだ



けれど結局どちらもしなかった



父は気付いたかもしれないけど

私はメールなど

受け取っていない顔を通した



母は自分が怨み殺した

訳じゃないよねって

怖がっていたけど



私は何とも思わなかった
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 少しでいい | トップ | パートナー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「不道徳」から、 賢明な大人 (雨あがりのペイブメント)
2016-10-01 10:15:35
 外の顔と内の顔と、全く別の顔を持つ父の姿に、「不倫」「嫌らしい」と片付けないで、淡々と語るところに共感を覚えました。
 むしろ、鬼のような形相をした母親が何だかいじらしく、大人げなく感じられました。

 最後の一行をとても素晴らしく感じました。
「私は何とも思わなかった」と、さらりと言ってのけるところが、文章の締めくくりとしては、粋でかっこいいと思います。この一行がこのブログの内容をカチッと引き締めていますね。脱帽です。
雨あがりのペイブメントさんへ (心の模様)
2016-10-01 22:20:19
わぁ。こんな風に感想を言って頂けた方は初めてです。
ありがとうございます。
褒められると木に登ったまま降りてこないタイプです。(笑)
しばらく木の上の景色を楽しんでいます。(笑)
ありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

昔々」カテゴリの最新記事