升井紘の“気まぐれ放談”

ほんとに気まぐれに書くブログです

謝罪

2018年01月13日 00時01分28秒 | 日記

広島ブログ

実は、昨日のブログ、UPした途端にどこかへ飛んで行ってしまいまして「行方不明」になりました。そしてその「カケラ」がフェイスブックに貼りついてしまって、不細工そのものでした。急きょ今村剛クンに振ってしまい失礼しました。

 日韓の慰安婦問題紛糾ですが・・・・

安倍晋三首相は12日、慰安婦問題に関する平成27年12月の日韓合意をめぐり、韓国の文在寅大統領が被害者への謝罪(「日本が心から謝罪し、被害者(元慰安婦)らが許すことができたら完全な解決だと思う」と述べた。)などを要求していることについて「韓国側が一方的にさらなる措置を求めることは、全く受け入れることはできない」と明言した。首相官邸で記者団に語った。韓国が合意をめぐる新方針を発表後、首相が公式に受け入れ拒否を表明したのは初めて。

文在寅大統領は大統領選挙で「日韓合意は不当に結ばれたものでそれを取り消す」と公約し当選したわけですから、それを主張するのは分かります。しかし、安倍総理の言う通り政権が変わったからと言って国と国との合意が簡単に覆されるものではないというのは本筋だと思います。

さすがに文在寅大統領も合意自体を反故にするとは言えないのでしょう。「日本が心から謝罪」という要求をしています。謝罪は当時の河野洋平官房長官がしたわけですが、安倍総理にその念押しを求めているのだと思います。

安倍総理も改めて謝罪は拒否しているようですが

それはそれとして、これまでに安倍総理自身が慰安婦問題で一度でも謝罪したことはあるのでしょうか?

もし、謝罪しているのなら改めてしなくても良いと思います。

でも一度も謝罪していないなら、安倍シンパには気に入らないかも知れませんが、謝罪表明してもおかしくはないような気がします。「謝罪」は本当に悪かったと思ってするべきものですが、それが出来ないのなら側近でお気に入りの菅官房長官が肩代わり謝罪すれば展望が開けるのではないでしょうか。かたくなに拒むだけでなく「落としどころ」を考えるのも外交だと思います。

 広島ブログ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仲良しとポーカーフェイス? | トップ | 与野党の委員会質問と答弁 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事