日々礼讃日々是好日!

相模と武蔵の国境、まほろ市近隣在住者が綴る「生々流転」の日々

2017年夏至 ”my sky hole 88 .4”

2017年06月30日 | 美術
 そのステンレス製の球体彫刻は、まほろ公園の中の小径入口にあって、レンガタイル床の展望広場の中心に佇んでいた。あふれる木々の緑に囲まれた所に立ってみると、初夏の深い森を上から覗き込むような、そんな錯覚にとらわれる。
 
 金属球体の表面は、周囲の空と森を映した地球儀のよう。この球体のある展望広場から下っていくと、薄ベージュ色レンガの躯体と薄青緑色屋根の版画美術館へと至る斜面の小径。その球体の中心を貫いて、前方斜め上方向、天空に向かって穿たれた空洞がある。球体彫刻の名前は、”my sky hole 88.4”、数字は時の流れを記憶しているとすると、来年がこの森にきてから三十周年になるのだろう。

 深夜になって森の暗闇と静寂のなかで、その金属球体は穿たれた空洞の先に北極星を捉える。球体の表面に映した森の影と星座に触れてみる。金属球体は微かな振動を帯びていて、それは天空を超えて遥か上野の森と交信を行っている。上野の森にあるレンガの美術館の中庭には球体彫刻の分身が鎮座していて、多摩丘陵のさき、ここの森の中の球体彫刻からの振動に共鳴しているのだから。

 森のざわめきの中にかすかな湧水の流れが聴こえる。夜行性のふくろうが獲物を求めて、展望台のさきの大木の伸びた枝の影にたたずんでいる。遠くで私鉄電車の終電が通り抜けていく音がする。

 夏至の日、一年で一番夜の時間の短いその当日、森の展望台広場の球体彫刻は、天体観測の安息日を迎える、翌日からの夜の時間の長さの回復を祈って。

(2017.06.25書出し、06.30 初校)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文学館・美術館と版画工房めぐり | トップ | 小暑七夕、静岡への旅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美術」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。