こうちゃん通信

鹿児島の不動産・日々の出来事やつぶやきをつれつ゛れに~

2017年06月20日 08時22分13秒 | 不動産

「ん」で終わる薬の名前

「アリナミン」「パンシロン」「バファリン」「パブロン」「キャベジン」と、

日本の薬の名前は「ん」で終わるものが多い。

これはカタカナの名前に限らない。「正露丸」「太田胃酸」「救心」「龍角散」と、

漢字の名前の薬でも同様だ。

この「ん」で終わるネーミングは、偶然の産物ではなく、どうやら製薬会社が意図

したもののようである

じつは、かつて外国から日本に輸入された薬には「ペニシリン」や「アスピリン」

「ストレプトマイシン」など「ん」で終わる名前の薬が多く、その外来の薬にあやか

ったというわけ。

「ん」は「運」に通じるという製薬会社の願いもあったようだが、そのせいか、

日本は世界有数のクスリ大国になったらしい。

 

今日の花  ちがや

 

花言葉  子どもの守護神


☆  今 日 の 一 言  ☆

明日普通に目が覚める保証なんて

一体何処の誰にもありはしないのだ。

今日が最後かも知れない、

と思ったら毎日が充実してくる。

今日負けたら

負けっ放しで終わるかも知れない。

それでは悔しいから少し頑張る。

そう、ほんの少しで良いのだ。

頑張るのはほんの少しで良い。

一番大事な事は、

惜しむな、諦めるな、だ。
                  美しい朝、さだまさし

 

鹿児島の賃貸・売買情報ならほほえみネット不動産

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笑顔 | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL