ゆうさんの 旅あるき・食べ歩き・街歩き    

平成26年10月でOCNブログを終了。
gooブログへ引っ越ししました。よろしくお願いします。

世界遺産、高野山を歩く

2017年07月01日 | 旅行記
高野山は四方を山に囲まれた盆地。
先ずは奥の院へ。
タクシーで、帰り「壇上伽藍」で降ろしてもらう。
タクシーはなかなか、つかまらないのでラッキーだった。




千年以上経った杉。ここ左手の門から入ると「水向け地蔵」。


「水向け地蔵」。玉川に背を向けて、観音菩薩,地蔵菩薩が並んでいて、水を向けて先祖の冥福を祈ります。
右側には玉川の水行場がある。
ここから先、一礼して玉川にかかる御廟橋を渡る。脱帽。



「御廟ごびょう」は撮影禁止、
杉の大木に1200年の歴史を感じる。荘厳な雰囲気。
ローソクの火が一番尊いもの。常に灯をともしてある、灯籠堂でお参り。正面は御廟




ご廟橋をわたると、一番近い所に織田信長のお墓がある。(五輪塔)
豊臣秀吉、明智光秀、浅野内匠頭、四十七士、伊達政宗、武田信玄などのお墓もある。
弘法大師様のそばで眠りたいと、お墓がたくさんある。
企業墓、現代人の供養墓もある。何々県人と書いてある。




壇上伽藍




根本大塔。真言宗の道場シンボル。









金剛峯寺。真言宗総本山。枝垂桜が咲いている。
この辺りが交通量が多く、食堂、喫茶店など店が多い所。
宿坊も歩いて行ける




金剛峯寺としだれ桜


金剛峯寺。本尊は大日如来





宿坊 福智院の本尊は「愛染明王」、800年の歴史がある。



入口の仁王像 




入口から見える庭園



温泉がある所はここだけ



ロビー


朝食。梅干し。湯豆腐。がんもどき。のり、とろろ芋・高野どうふ



石庭



本堂から見える庭園。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神社の藤 | トップ | やきもの・辰砂 »