美容と健康に悩む人たちと共に歩む

米と食物繊維

みなさん、こんにちは。

オリンピックも閉幕し、銀座のパレードは大盛況だったようですが
熱中症で倒れた方がいらっしゃったとのこと。

引き続き、暑さによる体調不良には気をつけていきましょう。


さて、今回はお米についてお話ししたいと思います。

日本人の多くは白米を主食としています。

白米は100g(茶碗1杯)170kcalです。

白米の美味しさはそのままに、カロリーが半分のお米があればいいのですが…

そのままの食感を求めるのは難しいですが、
白米より低GIのものとして、玄米・雑穀米・マンナンヒカリ等があります。

それぞれのメリットとデメリットを以下に記載します。
(当院ではマンナンヒカリをおすすめしております)


■白米
 メリット:胃腸への負担が少なく、消化が良い
 デメリット:精米するため、栄養素が削り取られる

■玄米
 メリット:白米と比べ、ビタミンE・B1は4倍以上
 デメリット:食物繊維が豊富なゆえ、白米と比べ消化が悪い

■マンナンヒカリ
 メリット:カロリーカット、食物繊維量が多い
 デメリット:マンナンヒカリのみで炊き上げると味がない


ところで、みなさん食物繊維には水溶性と非水溶性のものがあることはご存知でしょうか。

一般に水溶性食物繊維はコレステロールの低下や脂肪の吸収阻害効果があるのに対し、
非水溶性食物繊維は主に便の量を増やし、便通を促進する作用があります。


■水溶性食物繊維
ジャムなど(ねばり成分)、海藻類(ヌルヌルの成分)、コンニャクなどに含まれる

■非水溶性食物繊維
野菜・豆類・穀類のふすま、米ぬか・果物・エビやカニの殻などに豊富に含まれる


ダイエットにとってお米は鍵となる食品ですが、

炭水化物を全く摂らないダイエットはNGです。

なるべく低カロリーかつ、食物繊維が多いものを選ぶように心がけましょう。



では。




ダイエット専門の渋谷ディーエスクリニック
   高周波治療メソセラピーも!!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


« 行動療法 肥満遺伝子 »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。