美容と健康に悩む人たちと共に歩む

身震い

みなさん、こんにちは。


12月に入り朝晩は寒さが増しましたが、お元気でしょうか。

さて、朝家を出る時に寒くて身震いが起こることがありますよね。
なぜこのような震えが起きるかご存知ですか?


寒くなると、人は身を縮めたり服を重ね着したりします。
しかし、それでも寒さが防げない時は筋肉に震えが起き、
思わずブルッと身震いがしたり、あごがガクガク震えたり、手足が震えたりしますが、
これは筋肉に収縮を起こさせて防御反応として熱を生み出そうとするためです。


次に、甲状腺からホルモンが分泌され、
体中の代謝を高め細胞活動を活発にし、基礎代謝量を上げようとします。


また副腎からアドレナリンも分泌され、寒さに役立つホルモンとして働きます。
さらに、筋肉からアイリスインや褐色細胞からFGF21と呼ばれるホルモンも分泌されます。
これらホルモンは褐色細胞を刺激し、
体脂肪を燃焼させる作用のある褐色細胞をつくりだします。


つまり、冬は基礎代謝が上がりやすくなるということです。


調査によると、
寒さで体が震えだすのは15℃くらいからで、
わずか10~15分で、
中程度のエクササイズ1時間分に相当する量のアイリスインが筋肉から分泌されるようです。


これをダイエットに利用するならば、
寒いからといって家の中で過ごすのではなく、
屋外で身震いを予防するためにランニングや運動をすることによって、
基礎代謝量をさらに上げることが出来るということです。


しかし寒い中で汗をかいたままにしないことや、風邪やインフルエンザには十分気を付けてくださいね。



では。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


湯豆腐

みなさん、こんにちは。
寒い日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?


さて、本日はダイエット中の方におすすめの
「湯豆腐」
についてお話しします。


豆腐は脂質が少なく高たんぱくで、
カロリーも一丁でわずか242kcalと低いです。
また、大豆イソフラボンも含まれているため、
女性ホルモンバランスの調整に好都合です。

さらに、大豆に含まれる良質なたんぱく質は
肝臓でアルコールを分解する役割を持っているため、
忘年会などお酒を飲む機会にもおすすめです。


冬の寒い時期に湯豆腐を食べることによって満足感もあり、
さらに代謝促進効果もあるため、
冬のダイエット食には良いと考えます。



では。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


豆乳甘酒

みなさん、こんにちは。
早いもので11月も下旬ですね。
今週木曜日は気温が一気に下がるそうですので、
体調を崩されませんようお気を付けください。


さて、
「飲む点滴」と言われている甘酒に豆乳を加えた「豆乳甘酒」という飲み物が巷で流行っているようです。



以前、ブログで甘酒ダイエットについてお話ししましたが、
その改良型が甘酒豆乳です。

甘酒と豆乳の割合は色々あるそうですが、
ダイエットを考えると、
1:1
の割合で甘酒と豆乳を割るのが良さそうです。
また、作る際はアルコールの入っていない米麹から作られている甘酒がおすすめです。


飲むタイミングと量については諸説ありますが、
私としては置き換え食として豆乳甘酒を摂取するのではなく、
間食の置き換えとして
午後3時頃に200mlを飲むことをおすすめします。


やはり、1日3食バランス良く食べ、
間食の置き換えとして腹持ちの良い豆乳甘酒を飲むことによって、
夕食の食欲抑制に繋がるのでこのタイミングがベストと考えます。


飲むことによって、
便通改善・冷え性予防、女性ホルモンバランスの調整・疲労回復効果・美肌効果・ダイエット効果など様々な効果が期待できますが、
くれぐれも過量の摂取や置き換え食として豆乳甘酒のみを飲むことはやめましょう。


では。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


冬は太りやすい?

みなさん、こんにちは。


冬=太りやすい
というイメージを持たれている方がたくさんいらっしゃいますが、
果たして本当に冬は太りやすいのでしょうか?


冬が太りやすい理由は様々あり、
1. 血行が悪くなる
2. エネルギー消費量が減る
3. 年末年始に食べ過ぎてしまう
4. 美味しい食べ物が多い
5. 夏の食欲低下のリバウンド
6. 厚着のせいで太っても気が付きにくい
などが挙げられます。


また、冬に太る要因は医学的には様々ありますが、
日照時間減少・照度低下により、
体内で重要な役割を果たしている三大伝達物質のひとつである「セロトニン」の分泌量が低下してしまうことから食欲増進作用や、
気温が低下する冬は、基礎代謝はアップしますがそれだけエネルギーを多く失うため、
身体がエネルギーを補給しようとしてお腹が空くことがあります。


しかし、【冬は基礎代謝がアップする】という点に目を向けると、
寒いですが外に出て運動をしたり、家の中でストレッチをしたり、
湯船にゆっくり浸かってマッサージをするなど、
ダイエットしやすい季節ということも言えます。



みなさんに冬に太るというイメージを少しでも変えていただきたいです。
今年の冬は太らないために工夫をしてみてはいかがでしょうか?


では。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


セミナーを終えて

みなさん、こんにちは。


11月3日(木)日本橋三越本店にて、
「中高年からの健康な体をつくる食事法の基礎について」
というセミナーをさせていただきました。


セミナーの概要は、

1. 年齢を重ねると体が変化する
2. 内臓脂肪・皮下脂肪・肥満度をチェック
3. 太らない人は何が違う?
4. 食べないダイエットはNG!
5. 健康的な「食べ方」とは

などで、
年齢を重ねると痩せにくくなる理由や、
知っておきたい「真のダイエット法」、
流行のダイエットに潜むリスクなどを
話させていただきました。


また、ご参加された方々の質疑応答の時間などもあり、
熱心に講演を聞いてくださっていたということが分かり、
大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。
ご参加いただいた方々には大変感謝しております。


次回は、来年3月に新宿伊勢丹にて予定しております。
セミナーのタイトルや内容は変更があるかもしれませんので、
詳細が決まり次第こちらにてご報告いたします。
ぜひ、ご参加のほど宜しくお願いいたします。


では。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


寝酒はダイエットにプラスか

みなさん、こんにちは。


先日、
“就寝前に赤ワインをハーフボトル(約360ml)飲むとダイエット効果がある”
という記事を目にしました。

その理由として、適度のアルコールは心身の疲れを癒してくれ、
また、赤ワインの原料であるブドウの皮にはヒトの体内時計を調整するホルモン「メラトニン」が含まれているため、
睡眠のリズムを整えてくれるそうです。


しかし、就寝前に赤ワインを飲むことはどうなのでしょうか。
できれば、就寝3時間前までに飲む方がより効果的なのではないでしょうか。


また、赤ワインでなくても「メラトニン」を含むホットミルクなどを就寝前に飲む方が、
より心が落ち着くと思います。


寝酒は量によりますが、多飲しては交感神経が高ぶり睡眠を邪魔しますし、
利尿作用があるため途中覚醒の原因や、翌朝のむくみの原因にもなりかねません。


私は就寝前の赤ワインについては、
むしろ良眠の妨げとなりダイエット効果はあまりないと考えております。



では。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


スーパー和食

みなさん、こんにちは。

最近、都築毅さんの著書“昭和50年の食事で、その腹は引っ込む~なぜ1975年に日本人が家で食べていたものが理想なのか~”
を読ませていただきました。


その本の中に「スーパー和食」という言葉が出てくるのですが、
この食事法が最も健康効果があり、老化を遅らせるそうで、
1975年(昭和50年)に日本人が普段食べていた和食のことをさします。


つまり、「スーパー和食」とは、1960年の粗食との間に「多少欧米化した和食」ということだそうです。


「スーパー和食」のポイントは、

1. 少しずつ色んなものを食べる
2. 和食一辺倒ではない
3. 豆類を多く摂る
4. 1日1~2個の卵を摂る
5. 1日2杯味噌汁を飲む
6. 食後に果物を摂る
7. 海藻類を多く摂る

だそうで、かなり細かく述べています。


ダイエットにもこれを応用して、1日3食カロリーを上手く分割していきたいものですね。
とても勉強になる良い本だと思いますので、みなさん読んでみてはいかがでしょうか。


では。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


抗生物質

みなさん、こんにちは。

抗生物質とは、「微生物が作った化学物質」を指し、
1928年、アレクサンダー・フレミングが青カビから見つけたペニシリンが世界初の抗菌剤といわれています。


それ以来、さまざまな抗生物質が抗菌剤として開発され、
1990年頃になると、天然由来の抗生物質は5000~60000種類あると言われています。


今回、どうして抗生物質についてお話ししているかというと、
今年の9月初旬にFDA(米食品医薬局)が、トリクロサンなど
19種類の成分を含む抗菌せっけんの販売を禁止しました。


これを受け、日本でも9月末に厚生労働省がトリクロサンの成分を含む薬用せっけんを
1年以内に代替成分に切り替えるよう、
国内の製造販売会社に要請しました。


この理由としては、耐性菌の出現があるようです。


私たち医療従事者は、外傷、特に手術後は予防的に処方することが多いこの抗生物質ですが、
長期使用による耐性菌の出現に気を付けるようにしております。
つまり、菌も抗生物質に負けないように新しい株をつくっているようです。
すなわち「いたちごっこ」となるようですね。

私たちにできることは、抗生物質は短期間私益に使用し、
抗菌せっけんは使用せず普通の石鹸を使用して、必要以外は抗生物質を使用すべきでないと考えます。



では。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


中高年男性のダイエット


みなさん、こんにちは。

以前、このブログにて中高年女性のダイエットについてお話ししました。
http://blog.goo.ne.jp/goohc_drhayashi/e/a5c73c956a608b5868774018928dfc1a



その時は、女性ホルモンの変化による中高年女性のダイエットの難しさについて書かせていただきましたが、
今回は中高年男性におけるダイエットについてお話いたします。


まず、男性は“テストステロン”という性ホルモンが存在します。
“テストステロン”とは、精巣で作られる男性ホルモンのひとつで、
筋肉や皮膚を構成するたんぱく質の合成を促進する働きがあります。

しかし、このテストステロンの分泌量は加齢に伴って低下し、
この低下が生活習慣病・メタボ・糖尿病などの発症に関係しているようです。


また、テストステロンの低下は、脂肪代謝のみならず筋力の代謝にも影響を及ぼし、
加齢に伴う筋肉の低下を意味する用語で老年症候群のひとつである“サルコペニア”と併発していくことも考えられます。


ただし、未だにテストステロンの捕求が女性ホルモン療法ほど進んでいないため、
テストステロン製剤を飲んで予防することができません。
これは前立腺刺激作用といった副作用があるためです。


さらなるテストステロン補給により、
筋力維持によるダイエットが中高年男性の間で確立されることを望みます。


では。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


秋の果物

みなさん、こんにちは。


秋となり、食物が美味しい季節になってきました。
みなさんは秋の果物といえば何を思い浮かべますか?


今回は、
秋に旬を迎える果物
「柿」
についてお話しいたします。


まず、柿は他の果物よりカロリーが高いため、
ダイエットをしている方には毛嫌いされがちです。


しかし、柿を1個食べれば1日の必要な量を補えるほど、
ビタミンCが豊富に含まれており、
美肌効果やシミ・そばかす予防効果が期待できます。

また、カリウムを多く含んでおり、
体内の塩分を外に出す働きがあるため、むくみ解消効果や、
ビタミンKを含んでいることから、二日酔いに良く効くと言われています。


ただ、タンニンを含むため多く食べると便秘になってしまいますので、
くれぐれも食べ過ぎには気を付けましょう。


カロリー的には、
梨などの方がカロリーは低めですが、
柿の成分を十分知り、少量摂取するくらいはダイエットの妨げにはならないでしょう。


では。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


« 前ページ