美容と健康に悩む人たちと共に歩む

大豆もやし



みなさん、こんにちは。



いつも何気なく食べている「もやし」には、
大きく分けて3種類あることをご存知ですか?


一般的な「緑豆もやし」、
細い形状の「ブラックマッペ」、
そして豆がついている「大豆もやし」に分かれ、
それぞれ暗所で発芽されたものです。


本日は、韓国料理のナムルでよく使われている
「大豆もやし」についてご説明します。



大豆もやしは、
総カロリー量 100gあたり37kcal
1袋(約192g) 71kcal
と、緑豆もやし(1袋30kcal)よりカロリーは高いですが、
ダイエットの強い味方といえます。


その理由として、
大豆もやしには、
イソフラボン
レシチン
サポニン
ビタミンB1、C、E、K、
葉酸
食物繊維
などが含まれており、
カリウムは、緑豆もやしに比べ約2.8倍多く含有しているため、
利尿作用に優れており、むくみ改善効果が期待できます。
さらにレシチンにはコレステロール低下作用、
サポニンには脂肪の吸収を抑えてくれる作用もあります。



女性のダイエットにも有効で、PMS(月経前症候群)にみられる
食欲増強、イライラ感などに対して、
大豆もやしに含まれるγーアミノ酸(GABA)が精神を安定させ、
リラックスさせる効果もあるようです。
また女性ホルモンを整える意味で、イソフラボンも効果的であると言えます。



調理の仕方は様々ですが、
ビタミンCを失わないためにも過熱しすぎないことが大切です。


このようにダイエットに有効的である大豆もやしを、
食事の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。
特に女性の場合は生理前、生理中に摂取することをおすすめします。



ただし、大豆もやしばかりを食べる単品ダイエットはくれぐれもしないよう、お気を付けください。



では。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


アスパラガス

みなさん、こんにちは。



皆さんアスパラガスは好きですか?
一番美味しい旬の時期がやってきました。



アスパラガスにはホワイトとグリーンがありますが、
栄養たっぷりなのはグリーンでしょう。


アスパラガスは100gで22kcalと低カロリーで、
その成分中には、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸、
β-カロチン、ビタミンB、C、E、さらにメチルメチオニン、
穂先部分には特に多くのルチン(ビタミンP)が含まれています。



< 効能 >
・ビタミンB…疲労回復、脂肪燃焼効果
・ビタミンE…血流改善効果
・ビタミンC…美白効果
・ルチン…利尿効果、むくみ改善、血管を丈夫に
・アスパラギン酸…睡眠効果、新陳代謝促進、滋養強壮
・メチルメチオニン…タバコの解毒効果
・食物繊維…便秘解消


また、カロチン、ビタミンE、ビタミンCを同時に摂取することが出来る為、
抗酸化作用が高く、アンチエイジング、癌の抑制、美容にも効果があります。
ダイエット中の方も野菜の一つとして摂取してみてはいかがですか?
ただし、いつも私がブログで申し上げている通り、
アスパラガスばかりを摂る単品ダイエットはしないようにしましょう。



では。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


タイミングダイエット

みなさん、こんにちは。


私が以前“タイミングダイエット”としてブログでも紹介しておりますが
またの名を“女性ホルモンダイエット”といい、
生理前後の女性ホルモン“プロゲステロン(黄体ホルモン)”と
“エストロゲン”のホルモンバランスを利用する事で、
比較的簡単に痩せられる時期と、頑張っても痩せにくい時期を知り、
自分の身体のリズムに合わせて
食事法や運動法を上手く取り入れるダイエット法です。



生理期間中を(1~7日)とすると、
生理終了後から排卵日(8~14日)が一番
“エストロゲン”という女性ホルモンが分泌される時期なので、
この時に運動をする事で脂肪燃焼が望めます。

また、食事としては少し筋肉にタンパク質を補給する事で、
基礎代謝をUPさせて脂肪を燃焼させ、体重減少させましょう。



女性のダイエットにとってはこれが一番良い方法だと考えており、
実際に当院に通院されている患者様もこの方法を実践され、
ダイエットに成功されています。



自分の体を知る事で効率良くダイエットに臨みましょう。




では。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


インターバル速歩の効果

みなさん、こんにちは。


先日もお話ししましたインターバル速歩

ただ歩くだけではなく、早歩きとゆっくり歩きを交互に数分間ずつ行う運動です。
本日はその実際の効果についてお話ししたいと思います。


この間、23歳174cm、75.1kgの男性の患者様に、
「運動は何を取り入れたら良いのか」と質問をされたので、
私はすかさず「インターバル速歩が良い」と話したところ、
彼は即実践し、1週間でマイナス1.3kgという驚きの効果が出ました。


本人もインターバル速歩の効果に非常に驚いており、
ウォーキングをするなら普通に歩くよりも
インターバル速歩がより効果がある事を身をもって実感した事で、
今後もこの方法を取り入れていきたいと張り切っておりました。


前回、高年者の健康増進目的で開発された歩行法だとお話ししましたが、
このように若い方でもしっかり効果が出ますのでおすすめです。


皆様も是非取り入れてみてはいかがでしょうか。


では。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


ダイエット飲料

みなさん、こんにちは。


人工甘味料入りのダイエット飲料を飲む習慣のある人は、
飲まない人より脳卒中や認知症に約3倍なりやすい
というニュースを目にしました。

「ダイエット飲料飲む人、脳卒中・認知症リスク3倍」



人工甘味料が原因で脳卒中や認知症を
発症するかどうか定かではないようですが、
主観としては、
人工甘味料入りのダイエット飲料を飲む人は、
「痩せたいけど甘みのある飲み物が飲みたい」
という人や、
「糖質ゼロ」「カロリーゼロ」という表示に安心して
多量に飲む人が多いと考えます。
ダイエット飲料だから
太らないと安心して飲むのも控えた方が良さそうです。

ダイエット中の方は、人工甘味料入りのドリンクではなく、
炭酸水や水をおすすめします。

特に炭酸水には、
・腸の動き促進による便秘解消効果
・血管拡張による新陳代謝効果
・疲労の原因である乳酸除去

など様々な効果が期待できますので、
人工甘味料入りドリンクを良く飲まれる方は
飲み物を変えてみてはいかがでしょうか。


では。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


ブドウ糖

みなさん、こんにちは。

だんだん気温も高くなり、
夏に向けて糖質制限ダイエットを実践していらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

糖質制限ダイエットは短期的に体重を落とすことは可能だとしても、
長期的に見た場合、持続が難しくやめた途端に
〝糖質飢餓状態″である体内は糖質を吸収するため、リバウンドしやすくなります。


また、デメリットとして「筋力低下」が挙げられます。
脳は酸素や全エネルギーの25%をも使用しており、
摂取したブドウ糖の25%を様々な機能のために利用しています。


ブドウ糖を摂取すると、
血中の総必須アミノ酸が低下=血糖上昇を抑えて、インスリンが分泌され、
筋肉におけるタンパク合成を促進させます。
つまり、減少したアミノ酸は血中から筋肉に移動しているということです。


しかし、糖質制限ダイエットをし、
ブドウ糖(炭水化物)の存在が十分でないと筋肉にまでアミノ酸が送れなくなり、
筋肉のタンパク合成不足となり、筋肉量が減少してしまします。


たとえ糖質制限ダイエットで痩せても、
体脂肪の減少はもちろんのこと除脂肪量(筋力量)の低下を招くため、
健康的な痩せ方とはいえません。


リスクのあるダイエット法でなく、
1日3食バランスの良い食事と適度な運動が理想のダイエと言えるでしょう。


では。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


インターバル速歩

みなさん、こんにちは。


ダイエットをする上で運動療法は大切です。


患者様に「どんな運動をしたら良いか」と質問されることが多いのですが、
過体重の方には、腰や膝に負担がかかってしまうため、
「ランニングをしましょう」とはあまり言えないのが現状です。

プールでの歩行や泳いだりするのも一つの手ですが、
なかなか通えない、継続できないという方も多いようです。


そこで、当院では手軽にできる運動療法として“ウォーキング”をおすすめしていますが、
ただ歩くだけでは1万歩歩いてもわずか300kcalほどしか消費できません。
そこでおすすめなのが「インターバル速歩」です。


インターバル速歩とは、
中高年者の健康増進目的で開発された歩行法で、
早歩きとゆっくり歩きを交互に数分間ずつ行う運動です。

<方法>
速歩と歩行を繰り返し行い、速歩の分数を合わせて1日15分以上行う
<効果>
消費カロリーアップ
最大酸素摂取量アップ
太ももの筋力増強
良い意味での血圧低下など

継続して週4日以上行うことが良いとされていますが、
くれぐれも無理しないよう気を付けてくださいね。


では。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


Obesity Paradox

みなさん、こんにちは。


本日は、「Obesity Paradox」というキーワードについてご紹介いたします。

「Obesity Paradox」とは、
肥満パラドックスと呼ばれており、
BMIが25以上~40未満の肥満や過体重の人の方が、
BMIが18.5以上~25未満の正常体重の方より、
病気の回復力や死亡率を含めた予後が良いとされています。

一般的に考えると、
肥満や過体重の人の方が肥満に伴う糖尿病、高血圧、動脈硬化、癌、認知症などのリスクがあるため、
身体に悪いとされています。
そのため、未だに解明されていない肥満の矛盾という意味で、
「Obesity Paradox」と呼ばれています。

脂肪組織がアディポカインの健康増進作用や、
インスリン抵抗性がストレス抵抗性を高め、
寿命延長効果を発揮していると考えられています。

少し太っている人の方が
より長生きするという事実がまさに「Obesity Paradox」といえるでしょう。

では。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


高齢者のダイエット

みなさん、こんにちは。

さて、65歳以上でダイエットしたいと当院に御来院される方が散見されます。
ダイエットしたい理由は様々ですが、以前ブログで紹介した〝サルコペニア”〝フレイル”のことを
考えなければいけないと脳裏を走ります。

つまり、肥満に伴う合併症をなくすためダイエットすべきなのか?
ダイエットによってサルコペニア/フレイルが発症しないのか?ということです。


いろいろな見解はありますが、
日本人の特に後期高齢者の肥満管理は
BMI25~29.9では、積極的な減量ははじめられない。
BMI30以上の場合、減量によるメリットがデメリットより上回ると考えられるケースで、
2~6kg(5~10%)/年の減量にとどめることを目標に、摂取エネルギー量を緩徐に減らし、食事療法と運動療法を併用することが望ましいということです。


高齢者は、基礎代謝量も減少していますし、
食事は若い人と比較すれば摂取量は少なくこれ以上食事を減らしてはいけないと考えています。


また過度の運動は、関節疾患に悪影響を及ぼす可能性もあり、
高齢者のダイエットは、難しく慎重な判断が必要になることを痛感しております。


では。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


セミナーを終えて

みなさん、こんにちは。


3/20(月)新宿伊勢丹にて、
「美しいBODYへの無理ない食事法と栄養バランスの基礎講座~予防医学としての正しいダイエット」
というセミナーを行いました。


セミナー概要は、
・年を重ねると体が変化する理由
・太る人、太らない人の違い
・流行りの「食べないダイエット」はNG?!
などで、
年齢を重ねると痩せにくくなる理由や流行のダイエットに潜むリスク、
ダイエット中の理想の食生活などを中心にお話しいたしました。


また講義後は質疑応答の時間もあり、
積極的にご質問される方も多く、
大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。
ご参加いただいた方々には大変感謝しております。


一人でも多くの方に正しいダイエット法を知っていただきたいため、
今後もこのようなセミナーを定期的に開催したいと思っております。
また次回以降のセミナーが決まりましたら、
こちらにてご報告させていただきます。


では。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


« 前ページ