ティーガーデン

大好きな紅茶を飲みながら、日々の生活で
咲いた花々(さまざまな素敵)をご紹介していきます。

Bath Salt  =Tea Tree=

2017年04月18日 14時13分03秒 | House

今日は、暖かくて、日中お天気良いですね~。

シーソルト

ドライハーブ(ラベンダー&ウスベニアオイ)

精油(ティートリー)

・・・を使って、バスソルトを作りました。

 

シーソルトは、オーストラリア産のものを使いました。

さすが暖かくなって来たので、

死海のシーソルトは使う機会はなさそう~。

家に在庫なしです。

 

ドライハーブだけでも、ラベンダーがとても良い香りを放つので、

それだけでも良さそうですが、

ティートリーの精油を規定量上限の半分以下の滴数使いました。

 

ここで、1つ気をつけておきたい事は、ティートリーは、人によっては、皮膚刺激があるかもしれないので、

お肌の弱い方は、使う際には、そのあたりを考えて安全に使用するように心がけたいものです。

私は、肌は、わりと敏感な方なので、それで、規定の上限の分量の半分以下の量を使用する事にしました。

皮膚刺激と言うのは、皮膚表面から精油が浸透した際(←この場合、原液ではなく、決められた方法で希釈した精油の事を指します。)に、それが刺激になって、

炎症、紅斑、かゆみ等の反応を起こす事です。

手浴法で試してみたいので、本日は、手浴法2回分の量だけ作りました。

 

ティートリーは、専門書によっては「ティーツリー」と表記されているものもありますが、

私は、聞き慣れたティートリーで。

オーストラリアが主な産地なのですが、

オーストラリアの先住民族であるアボリジニは、この植物をどのようにしてだかわかりませんが、

お茶として飲まれていた植物であったそうです。

やはり乾燥して、ドライハーブ的な感じで、煎じて飲まれていたのでしょうかね~。

アボリジニの人達の間で、お茶として飲まれていた植物の一種と言う事で、ティートリーと呼ばれるようになったと言う説があるそうです。

 

抗菌、抗ウイルス、鎮静のような働きかけがあるので、

傷やニキビ、又は清潔に保ちたい時には良さそう~。

同じフトモモ科のユーカリ等が、相性良さそうです。

ティートリーは、どこかユーカリと似た、フレッシュでシャープな香りです。

しかし、ユーカリと比べるとよくわかるのですが、

ユーカリより香りが重い感じです。

香りが重いと言う表現をしましたが、

ユーカリは、トップノートで、

ティートリーは、ミドルノートと言う事で、

ユーカリの方が、揮発性が高いです・・・、そう言う事なのです。

 

リフレッシュ、清潔に保ちたい時に使いたいような香りなので、

お部屋の臭いを気持ちの良い香りに入れ替えたい時に、

換気をして、ディフューザーで、

ティートリーに、ユーカリやペパーミント、レモンの精油等このうちの1種か2種を、

ブレンドして、香りを放ってみるのも良さそう~。

そうして再び喚起して、空気を入れ替えて、スカッとするのも良いかもです~。

 

季節季節で、そして、どう言った楽しみ方をしたいかを考えて、

セレクトして行くと良いかな~

 

 

『美容』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BURDIGALA et ... | トップ | Sala ブレッドハウス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

House」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。