ティーガーデン

大好きな紅茶を飲みながら、日々の生活で
咲いた花々(さまざまな素敵)をご紹介していきます。

Milky Gold-Mingjian

2017年01月30日 12時14分46秒 | Tea・coffee・Juice

久しぶりに、台湾茶を飲みました

ルピシアの、名間金萱 冬摘み

名間(ミンジェン)は、台湾最大のお茶産地。

親しみやすいお茶が多いようです。

標高は、約300~500mの、緩やかな丘陵地帯で、栽培されているようです。

1970年代に茶畑が拡大され、金萱種等の品種が栽培されるようになり、

上質でリーズナブルなお茶が、多くの人に楽しまれているようです。

金萱は、品種名です。ミルキーな香りが特徴と言われます。

冬摘みのお茶は、台湾茶の旬の時期の1つ。

風味バランスが良いと聞きます。

生産量は、少な目のようです。

一煎目

淡い水色、香りもほのかで柔らかい。

かすかに甘味。そして爽やか。

二煎目→1煎目より少し短めに蒸らしました。

香りも風味も1煎目より好み。

上品な甘味と優しさ。

金柑の甘露煮を作ってあるのですが、

それを合わせたら、抜群に合いました~

大好きな木柵鉄観音の方が、もっと合いそうな気もしますが、

又違った感じで、美味しくいただけます。

三煎目→二煎目より長く蒸らしました。

二煎目の良さがよりいっそう感じられる香りと風味。

サッパリした余韻もありました。

基本優しめのキャラクターのお茶で、

開封したてでも、ものすごい香気があったわけではなく、とても優しい感じで、

抽出後も、優しい香気なので、二煎目、三煎目と、

徐々に楽しめるようになってきました。

でも、それでもふんわり上品で控えめなかんじなんですけどね~。

四煎目→三煎目より長めに蒸らしました。

変化がハッキリとはわかりにくいタイプのお茶ですが、

かすかに煎の回数によって、違いがあります。

とにかく柔らかいです。

さっぱり感ひき続ありました。

五煎目→四煎目より長めに蒸らしました。

五煎まで楽しめそうな感じでした~。

茶葉は開ききって、茶壺の中いっぱいになっていました。

 

期待していたより、

香り、風味が弱い印象でしたが、

優しく甘みがかすかにあって、飲みやすかったです。

 

店頭で、乾燥茶葉の香りを嗅いだ時、

『ちょっと弱いな・・・。』と思ったのですが、

よく専門店で香りをかぐと、

店頭に長時間置いている為、

香りが飛んでしまっている茶葉があるのですが、

それかな~と思って、

あまり気にせず、

金萱、冬摘み、そして、コメントに書いてあった「ミルキーな甘い余韻」

そして価格で判断して、購入しました。

 

思っていたよりキャラクターが優しいお茶だったので、

しっかりした風味のお茶請けを合わせると良いかもしれませんね~

金柑の甘露煮は、優しいけど、しっかり風味付けしてあるので、良かったかなと思います。

 

台湾は、年間通して、過ごしやすい気候で、

1年中お茶を作る事ができるようです

沖縄より南に位置し、亜熱帯~熱帯に属すようです

 

冬茶を楽しみつつ、

そうこうしている間に、春茶のシーズンが到来するでしょう。

世界に多くのお茶の国がありますが、

台湾も、オリジナリティーあふれるお茶の国ですね~

 

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鯛焼き | トップ | 名間金萱 冬摘み et ミ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Tea・coffee・Juice」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。