A Challenge To Fate

私の好きな一風変わった音楽を中心に徒然に綴ったページです。地下文化好きな方は見てやって下さいm(_ _)m  

【これは凄い!】New York is Now~注目の前衛サックス奏者Chris Pitsiokos(クリス・ピッツィオコス)

2014年09月13日 00時56分44秒 | 素晴らしき変態音楽


寄稿している音楽情報サイト「JAZZTOKYO」の新任副編集長多田雅範からダウンビート誌人気投票ギタリスト部門でビル・フリゼール、パット・メセニーに次いで第3位にランクインしたメアリー・ハルヴァーソンという女性ギタリストのことを聞いた。メガネ女子との言葉に興味を持ち彼女がヴォーカルを務めるトリオ「PEOPLE」を聴き、NO NEW YORKやソニック・ユースやレッド・クレイオラを彷彿させる変態性に惚れ込んでしまった。このバンドについてはJAZZTOKYO次号(9月末更新)に書いたのでお読みただきたい。ここではトリオになる以前、ドラマーのケヴィン・シェアとのデュオの頃の動画を掲載しておく。

●People - Likelihood of Bang



メアリーの歌とギターもいいが、ケヴィンの変態的なドラミングに注目。彼の活動をググると、数多くのプロジェクトやユニットで活動する売れっ子ドラマーであることが判る。その中で一人のサックス奏者に心奪われた。

●Kevin Shea, Chris Pitsiokos, Max Johnson @ JACK 2-24-14



90年代のジョン・ゾーンを彷彿させるハイピッチなフリークトーンを存分に聴かせるアルトサックス奏者Chris Pitsiokos。発音はクリス・ピッツィオコスか?1990年生まれブルックリン在住。メルツバウ、クセナキス、ヘルムート・ラッヘンマン、オーネット・コールマンに影響を受け、ニューヨークの現代音楽/ノイズ/即興ジャズ・シーンでアルトサックス奏者として活動する。ソロ演奏を聴けば、そのユニークさが判る筈。

●Chris Pitsiokos solo - at SpectrumNYC - March 11 2014



●Chris Pitsiokos Trio - at Spectrum, NYC - July 8 2014



セッション動画も多く、その殆どが2013,4年のニューヨークの個性的なライヴハウスでの演奏である。

●Chris Pitsiokos & Elliott Sharp - at Spectrum, NYC - June 23 2013



●Weasel Walter & Chris Pitsiokos - at JACK, Brooklyn - February 23 2014



●Chris Pitsiokos / Brian Chase / Ron Anderson - at Freddy's Back Room, Brooklyn - Aug 26 2014



録音物は『Weasel Walter/Chris Pitsiokos ‎– Unplanned Obsolescence』(2012)、『Chris Pitsiokos/Weasel Walter/Ron Anderson - Maximalism』(2013)の2作があるようだが、名前の正確な発音を含め、この24歳のサックス闘士の詳細は不明。今後の調査にご期待いただきたい。
Chris Pitsiokos公式サイト

ニューヨーク
前衛ジャズの
棲むところ

現在のニューヨークの即興ジャズシーンから目が離せないことは間違いない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ヴァイオリン・ロック特集... | トップ | 【豪州ロック浪漫派】ザ・チ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL