A Challenge To Fate

私の好きな一風変わった音楽を中心に徒然に綴ったページです。地下文化好きな方は見てやって下さいm(_ _)m  

【真夏の女子フェス3DAYS】ネクロ魔/偶ドロ/おやホロ/絵恋ちゃん/ヤナミュー/ドッツ/リュードル/花子/でんぱ組

2017年08月09日 00時47分21秒 | ガールズ・アーティストの華麗な世界


Fuji Rock Festival, Rock In Japan, Tokyo Idol Festival=TIF, Summer Sonicなど夏フェスは様々あれど、与えられたフェスじゃ満足できない。「お前はお前のフェスを祭れ」と叱咤激励されてエンジョイした8月初旬のオレのフェスを読者諸氏にお裾分けしたい。テーマは<地下アイドルと流す汗>である。

■8月5日(土)あつぎ鮎まつり@厚木中央公園


第71回 あつぎ鮎まつり 2017
8月5日(土)
14:00〜17:50 タワーレコード横浜ビブレ店プレゼンツ アイドルetc.ライブ 

夏の定番お祭りと花火大会。しかし目当ては炎天下で地下アイドルを堪能すること。神奈川県厚木市の憩いの公園に乱立した屋台(何故か鮎は見当たらず豚テキや焼き肉丼ばかり)の真ん中の広場の炎天下のパイプ椅子に老若男女親子連れやお年寄りが座る目の前のステージでアイドルライヴは始まった。

●NECRONOMIDOL


アイドルライブスタートのMCの合図で登場した暗黒系アイドルユニットネクロ魔。イタリアやフランスで野外ステージは経験済みだが、日本の夏祭は勝手が違う。ギンギラ太陽光を浴びながら異教的な踊りに舞う黒衣や白塗りは決してシュールではなく、これも日本の女子の夏の象徴であった。

20170805 NECRONOMIDOL 鮎まつり 厚木中央公園特設ステージ



●絵恋ちゃん


こんにちは〜地下アイドルです、という自己紹介がすべてを氷解させたボッチアイドル絵恋ちゃんは、子供やお年寄りにもアピールできるメルヘン歌謡で攻めたが、鮎買って来いとヲタクに渡した500円とアフィリアコインは無事回収できたのだろうか。

絵恋ちゃん 厚木 鮎まつり 2017.8.5 かいものをたのむ 22分なつのおもひで



●偶想Drop


今一番熱いアイドル偶想Dropを野外で観れるのはこれが最後。そうじゃなくても最早登場のSEを聴いただけで下手最前へ飛出すパブロフの犬並の条件反射。ステージ両脇で沸くヲタの暴走ぶりは一般死民の目にはどう映っただろうか。オレのキラキラした眼差しは、いつもの通り都子さんに釘付けだった。

偶想Drop ノーカット版 in厚木鮎まつり2017/0805


●おやすみホログラム


ネクロ魔特典会(メンバーとヲタクと鮎の7ショット)を終えたところでおやすみホログラムがスタート。おやホロを初めて観たのは中野サンプラザ前の野外ステージだったから、二人のパワーの炸裂ぶりに嬉しくなる。客を乗せるパワーは現場で観なけりゃ分かるまい。

おやすみホログラム 【ニューロマンサー friday planet 】厚木鮎まつり


アイドルライブの後に登場したJ-POPダンスユニットの歌とダンスにノリノリのリア充死民の熱気に当てられ、帰宅の道を急ぐオレの背中に照りつける花火に別れを告げた。


■8月6日(日)The 王道 EP@池袋 KINGSX TOKYO


The 王道 EP
池袋 KINGSX TOKYO
開場17:30 開演18:00
前売2500+1D

RYUKYU IDOL/ヤなことそっとミュート/・・・・・・・・・

2日目は埼玉県への入り口・池袋の暗いクラブで、覆面シューゲ女子主催の3マンライヴ。

●RYUKYU IDOL


沖縄出身アイドルユニット、リュードル。歌と踊りはキラキラ系アイドルに近いのに、ヲタクのノリは限りなく地下に通じる不可思議な存在ではある。東京でも認知度が高く、ロコドルの復帰や洗礼を受けて来ないようにと釘刺されています。

●・・・・・・・・・


複数の知り合いの魔ヲタが口を揃えて推薦する「ドッツ東京」のライヴを初体験。楽曲はあざといほどカッコいいが、目隠ししたメンバーのルックスは推す気を削ぐほど狂喜的。瑳里ちゃんと直談判が必要。

●ヤなことそっとミュート



ニューEP『STAMP EP』の音を何度もSpotifyで聴いて予習して準備万端、イントロ前から最前列に陣を張る。オルタナ感ではなくこれが正統派ロックの形、リズムが取れなくても関係なく騒いで雪崩が起こり、涼しい筈だが汗が止まらない。



世界一可愛いロックンローラーとして推すヤナミューなでしことの一分間の動画撮影を含む濃厚な接触に、心から満たされて帰宅する池袋駅のホームで見たスマホのニュースに心がこなごなになるような衝撃を受けた。しかし崩れ落ちること無く無事帰宅できたのは、数々の推しメンへの熱い思いが支えになったに違いない。
最上もが「でんぱ組.incを脱退しました。」


■8月7日(月)新大久保Earthdom


「ネクロ魔真夏怪談祭〜SPECIAL〜」
新大久保 EARTHDOM
開場 18:30
¥2000+1D

〜スペシャルゲスト〜十四代目トイレの花子さん
・ネクロ魔メンバーと浴衣オフ会/怪談プチトーク/ライブ有

最終日ちっと趣向を変えて浴衣姿の推しメンとゆったりまったり過ごそうと異国タウンの地下倶楽部へ出かけたが、よりによって台風5号の来襲の当日。激しい豪雨の中濡れ鼠になって独特のフレイバーのある地下ライヴハウスに到着した。浴衣姿のネクロ魔メンバー(表題写真参照のこと)のオフ会のあと、トイレの花子さんを交えたトーク形式の怪談話。月城ひまりの何気ない語り口の恐怖体験に背筋が凍った。

●十四代目トイレの花子さん



殺害塩化ビニール所属アイドル・十四代目トイレの花子さんの乱行ライヴ。ショーコーショーコー歌って最後はフロアを汚してヲタクが掃除する流れは前回通り。いつでも何処でもこれをやっているのか、と気が遠くなる思いがした。

●NECRONOMIDOL


浴衣からステージ衣装に着替えてのネクロ魔ライヴは併し、ヘアスタイルが浴衣仕様で、うなじの色気に蕩かす神イベントに。9月のワンマンライヴに向けてダッシュを始めた暗黒系アイドルについて行く決意を新たにした。

真夏には
アイドルライヴ
欠かせない

●でんぱ組.inc



秋葉系ヲタクアイドルユニットでんぱ組.incはローリング・ストーンズ。ブライアン・ジョーンズ脱退後ストーンズの大躍進を考えれば、5人組になったでんぱ組の活躍に期待しか感じない。ライヴ活動の再開が楽しみでならない。そしてソロに転向した最上もがには、シド・バレットのように独自の世界を突き進むことを期待したい。

でんぱ組.inc「君も絶対に降参しないで進まなくちゃ!」LIVE映像【日本武道館】



▼和たそ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【女子は動画でロックする】... | トップ | 【8月18日(金)開催】異端DJ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ガールズ・アーティストの華麗な世界」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL