hine's 兄さんの「なんでやねん!」

おっさんが夜な夜な集まり「Rock」しています。

【慰安婦】ソウルの会場騒然~韓国の若者の勇気ある発言

2016-10-16 | 特定アジア3ヶ国

この動画で、韓国という国がよくわかると思う。


【慰安婦】ソウルの会場騒然~韓国の若者の勇気ある発言



政権が変わるたびに、基の話しも変わる。
アレなんでしたか? ウソ? それとも虚勢?
などなど、ツッコミどころは満載。


例えば、呉善花さん、1983年来日し、現在、拓殖大学の教授をしています。

まぁ、この方、戦前に日本在住経験のあった母親からの影響もあり、
片言の日本語を披露しては済州島民に喜ばれていたと幼少期を振り返っています。

学校教育によって一時は反日主義に傾倒していたそうですが、訪日後にさまざまな葛藤を経て
知日派になった、というのがおおかたの、呉善花さんへの認識だそうです。

韓国併合を全否定しないことや日本の自虐史観の改善を求めていることから、
韓国では親日派、「韓国を卑下する書籍を出版してきた」[という否定的評価を受けているようで、
韓国における漢字復活論支持者でもあり、自著でもたびたびハングル専用教育の弊害について言及。

現在は日本に帰化、つい最近、韓国で入国拒否されてました。

ま、金慶珠さんとはずいぶん違います・・・

その、呉さんが・・・・
日本人に「いかがお過ごしですか」と聞くと、「おかげさまで忙しくて」と答えますよね。
これが不思議でならなかったわけです。
忙しいのがどうしてありがたいことなのか、わからなかった。
中国でもそうですが、儒教文化では汗を流すのは惨めな行為なんですね。
それは、先祖から徳を受けていないことに暮らせるのが理想なんですよ。
程度の差はあっても、そこは中国人も韓国人もきわめて似ています。
「あの人は働かなくても食べていけるね」と言われるのが徳のある人なのです。

それと韓国人が不思議に思うのは玄関で靴を揃え向きを変える日本人の行動を理解できなくて
「根性が捻じ曲がってる」だから日本人の歴史認識もねじ曲がっている(笑い)
と変な理屈で日本人を馬鹿にしています。


と話したそうです。
この呉善花さんの話を聞いて日本人と韓国人が理解し合える事など2000%ムリ。
と感じた日本人は多いと思います。

日本では「「働かざる者食うべからず」といいます。

コレ、聖書に出てくるのですが、本来は「働こうとしない者は、食べることもしてはならない」です。
「働きたくないもの」つまり「怠惰なもの」とは、当人の責任によらず、
「働きたくても働けないため、人の世話になっている」といった、止むを得ない生活をしている人のことではなく、
正当で有用な仕事に携わって働く意志をもたず、拒んでいる者のことを云うのですが、日本人と韓国人、
なんか、真逆な人種であるのかも知れません。






にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へにほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 保守へにほんブログ村





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 円安・円高がどうのこうの、と... | トップ | ヘイワ団体のヘイワを目指す姿 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL