hine's 兄さんの「なんでやねん!」

おっさんが夜な夜な集まり「Rock」しています。

火星12号

2017-05-17 | 特定アジア3ヶ国

北朝鮮が14日に発射事件を実施した「火星(ファソン)12」とかいう、
従来の「ムスダン」よりも射程が長く下降速度も速くなった地対地中長距離弾道ミサイル。
「大陸間弾道ミサイル(ICBM)」の一歩手前に迫る勢いらしいですが、
たぶん、今回の発射実験で、改善・改造のポイントを確認できたとすれば、
この「火星12」を改良することで、米太平洋軍司令部があるハワイまで射程範囲に入る。

朝鮮中央テレビによれば、「火星12」は高度2111.5kmまで上昇し、
787km先の目標に正確に着弾したと報道されてますが、まんざらデタラメではなさそうです。

それにしても、北朝鮮のミサイル開発の進捗はそこそこ早い。
餓死者をだしながら、脇目も振らず突き進んだ結果かも知れんが、
自国民を犠牲にしてまで、開発を進めるメンタリティーがマジキチ。

で、その、北朝鮮のミサイル開発は、1979年にエジプトから旧ソ連製の「スカッド」を
供与されたコトが、きっかけであったらしい。
これをコピーし、国産ミサイル「火星5」「火星6」を製造。
さらに、スカッドの射程を伸ばし、大型ミサイル「ノドン」を開発。
現在では、弾頭部分に核を搭載できるまでになっています。
それと、この、「ノドン」のエンジンを束ねて、「銀河3」とかいう
大気圏外まで積載物を運べるロケットを開発。

それにしても、なんで「火星」とかいうネーミングなんや?
センスなさ過ぎにもホドがあると感じるのはボクだけではないハズ。

中距離弾道ミサイル「ムスダン」の射程距離は4,000km以内と推定されてますが、
今回の「火星12」は、飛距離が短いにもかかわらず、飛行時間が30分と長い時間を計測。
従来型「ムスダン」の射程よりさらに遠い5,000kmまで飛ばせると予想されています。
2016年9月には弾道ミサイルを3発、2017年3月には4発連射、同時に複数のミサイルが発射されると、
日本は迎撃するコトが困難になる。

で、今までは、アメリカ領内にミサイルが着弾する可能性は極めて低かったので、
アメリカは日韓の「核の傘」として機能し、北朝鮮に圧力をかけれる状態にありました。
ところが、北朝鮮が、核ミサイルをグアムやハワイに撃ち込めるとなれば、アメリカは日韓を守るために、
領土を核攻撃されるというリスクを負うことになる。
これを考えれば、アメリカは北朝鮮問題の解決を急ぐ可能性もありうる。
日本は国防への備えを加速させ、関係国との協力を進めなければならなくなった。

プーチン露大統領は、北朝鮮のミサイル発射実験について「脅威ではない」と答えているが、
北朝鮮問題解決のためロシアを日米側に引き込むことは不可欠であると思う。
韓国政府関係者は、北朝鮮のミサイルについて「まだ実践運用には不向き」と答えていますが、
北朝鮮のこれまでのミサイル開発の早さを見ても、アメリカに届くICBMを完成させるのは間近ではないの?

にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へにほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 保守へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テロ支援国家が確定される見... | トップ | 全体主義に傾く韓国 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL