hine's 兄さんの「なんでやねん!」

おっさんが夜な夜な集まり「Rock」しています。

ヒラリーちゃん危うし!

2016-10-29 | 時事ネタ

「オクトーバー・サプライズ」という言葉があります。
大統領選挙の年の10月には何かが起きる、という意味なのですが、
トランプさんの件で、わー、わーやってると思ったら、
最後の最後にだ~い、ドンデン返し。

10月28日金曜日の午後に発表されたニュースは、まさにサプライズ。
FBIが再び、ヒラリーちゃんが使っていたプライベート電子メールサーバーの調査を始めると発表。

まだ、メールに機密情報が含まれているかどうかは、明確にされていませんが、
一旦取り止めになった調査を再開する、というのは、FBIが「何か」を見つけたからにちがいない。

いずれにせよ、まだ投票先を決めかねている有権者に対しては、
ヒラリーちゃんが「信頼性」に欠けるという印象を持たせるには充分すぎる出来事です。

FBI、クリントン氏メール問題の調査再開 選挙戦に打撃
YAHOO ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00000000-jij_afp-int

【AFP=時事】米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏が国務長官時代に
私用電子メールサーバーを使っていた問題で、連邦捜査局(FBI)は28日、「関連すると思われる」

新たなメールが見つかったことを受け、調査を再開したことを明らかにした。
選挙戦をリードする同氏への大きな打撃となる。

FBIのジェームズ・コミー(James Comey)長官は上下両院の各委員会委員長に宛てた書簡で、
一連の新たなメールに機密情報が含まれていたかを判断する「適切な調査」をFBIが行うと説明。
さらに、これらのメールが「調査に対して持つ重要性を評価」する意向を示した。

FBIは以前にもクリントン氏の私用メール問題を調査していたが、
今年7月、違法行為の証拠はないとして、調査の終了を発表していた。
コミー長官は新たなメールについて、前回の調査とは「無関係の事案と関連して」
見つかったと説明している。

米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)によると、新たなメールの存在は、
クリントン氏の側近であるフーマ・アベディン(Huma Abedin)氏
その夫のアンソニー・ウィーナー(Anthony Weiner)元下院議員が所有していた
電子機器が押収されたことにより明らかになった。

民主党所属のウィーナー氏は、インターネット上で女性とみだらな写真を交換していた事実が発覚したことにより
下院議員を辞職。現在、15歳の少女と性的なメッセージを交わした疑いで、FBIの捜査対象となっている。

大統領選をクリントン氏と争う共和党候補のドナルド・トランプ(Donald Trump)氏は今回の発表にすぐさま反応。
ニューハンプシャー(New Hampshire)州マンチェスター(Manchester)で開いた集会での演説で、
国務長官在任中に私用メールサーバーを使用したクリントン氏には大統領の資格はないと批判した。
一方、クリントン陣営の選対部長を務めているジョン・ポデスタ(John Podesta)氏は、
コミー長官の書簡に激しく反発し、調査に関する詳細な情報の公表を要求した。





と、いった具合なので、かなりヤバいと思われます。
さて、次の一手はあるのか、ヒラリーちゃん。

乞うご期待。



にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へにほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 保守へにほんブログ村




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 警告を受けたドゥテルテ大統領 | トップ | はぁ?中国がフィリピンへ人... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

時事ネタ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL