hine's 兄さんの「なんでやねん!」

おっさんが夜な夜な集まり「Rock」しています。

テロ支援国家が確定される見込みの韓国

2017-05-16 | 特定アジア3ヶ国

今日はこんなニュースを見かけた。
いつものように韓国ネタで申しワケないが、
まぁ、読んでください。

国土防衛揺るがす安保観 大統領府に北信奉者
産経ニュース

就任宣誓式で「条件が整えば平壌にも行く」と明言した文在寅・韓国大統領の“親北度”に
日米は懸念を深めている。

盧武鉉政権時代の言動などから北朝鮮の言いなりになる「従北」との厳しい批判を受けてきた文氏である。
韓国が融和姿勢に転じれば追い詰められてきた北朝鮮が一気に息を吹き返す。
文氏はどんな思想の持ち主なのか。

日米首脳との電話会談を無難にこなした文大統領、確かに「北朝鮮の核廃棄」を強調しているが、
耳を澄ますと彼の方法論は「経済支援で北朝鮮の変化を促す」という、“抱擁”一辺倒の対北政策なのだ。

文氏は選挙中に「朝鮮半島非核平和構想」を発表した。
「国防力の圧倒的な優位を基に平和な朝鮮半島を作り出す」と訴え、
文化、スポーツなどの南北交流で緊張緩和を図るとした。
中身は盧時代の「朝鮮半島平和発展構想」とほとんど同じだ。

文氏の持論は「韓国役割論」だ。北東アジアの秩序は韓国が主導し、「南北関係をテコに中国や米国を説得」するという。
聞き覚えがある。
そう、盧氏が主張した「自主防衛」「バランサー論」で、盧時代の強大国との等距離外交をアレンジしたといえる。

南北統一については、中長期的な経済統合を経た段階的な統一のビジョンを掲げる。
これは金大中、金正日両氏による「南北共同宣言」2項、韓国が北朝鮮の主張を受け入れたと大問題になった
「緩やかな連邦制を目指す」を踏襲している。

文氏は「金大中・盧武鉉両氏の発展的継承者」を自任する。
北の核脅威の水準は当時とは全く異なるが、永続的に北と対峙してきた韓国にとって、
日米の差し迫った緊張感などは「人ごと」なのである。

「当選すればすぐに開城工業団地、金剛山観光事業を再開する」としてきた文氏は、
再開が国連制裁違反との指摘を受けて、あわてて「核実験をしなければ…」と留保を付けた。

だが、交流が再開されれば北朝鮮に必ず資金が流れる。
金大中・盧武鉉時代に韓国は総額69億ドル(約7800億円)相当の支援を行ったが、
うち政府レベルの資金は約30億ドル、残りは民間資金や物品だった。人道名目の南北交流は制裁の大アナになる。
中国に制裁圧力をかけている米トランプ政権では、早くも「文政権が制裁破りをすれば、
韓国にセカンダリー・ボイコット(第三者制裁)が必要だ」との議論も出ている。


(以下略)

http://www.sankei.com/world/news/170514/wor1705140016-n2.html


北に支援というコトは、それでテロ支援国家が確定されても
何もいえなくなるのは承知なのか。

以前、支援して核の資金になったコトは紛れもない事実として受け止められているが、
どう説明するのか?

ところで、話しは変わるが、噂なのか、マジなのか、確認する術もないが、
こんな話しもある。

カザフスタン大統領ナザルバエフ氏は、日本国自民党麻生政権時代に、
「韓国人たち全員をカザフスタン国内の灌漑設備建設労働者たちとして受け入れる」と宣言していた。

帰化未帰化在カナダ韓国人たちからロシア朝鮮族NPO経由で韓国式工作資金を受け取り反プーチン工作、
反ドイツ工作、反日本工作をやりまくっている現ロシア首相メドヴェージェフ氏でさえも、
ロシア大統領在任時、「韓国人たち全員が韓国からカザフスタンへ移住した後、
(スターリンが極東ロシアへ大量移住させた)ウクライナ系ロシア人たちのうち450万人を
韓国領域へ移住(入植)させると宣言していた。


まぁ、韓国人たちが日本国の隣にいることよりも、ウクライナ系ロシア人たちが日本の隣にいることの方が、
日本国民にとっても米国民にとっても、遥かに安全なのは確かか、でも、まぁこれは流石にムリっぽいわな。

で、TIMEもすごい記事を掲載しています。
トランプは韓国を意図的に破産させる政策をとってアメリカの安全保障で、
もっとも危険な国、韓国をIMFの管理下に置くだろうと。
そんなコトまで、書かれてしまっている韓国、いつも我々の斜め上を飛ぶ韓国ですが、
いったい、どうなるのか・・・・・



にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へにほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 保守へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「第三の道」? | トップ | 火星12号 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL