hine's 兄さんの「なんでやねん!」

おっさんが夜な夜な集まり「Rock」しています。

中国尖閣侵犯と沖縄プロパガンダ

2016-10-12 | 「雑記」

沖縄の人達がどう考えているのかは、わからないけれど、
翁長知事を選んだ時点で行く方向は決まったのかも知れない。
それが、民意かどうか別にして、結果的には現状が、県外左翼を増殖させている気もする。

左翼思想の活動家は「戦争は絶対悪」という概念を大前提にし、平和というものを規定しています。
この「絶対悪」という概念は、世界各国が同様の価値観を共有している時にこそ、
平和維持の効力を発揮するかもしれませんが、
アメリカ、ロシア、中国等大国とよべる国々が同様の価値観を共有しているかどうかは疑わしい。

むしろ大国は「戦争は必要悪」と考えていると判断した方が妥当だと思います。
で、そんな現実があって、日本の左翼思想家達が連呼する平和という概念に、正当性はあるのか?

現実を直視しない平和というモノは、戦争を呼び込むキッカケになってしまう。
とは夢にも思わないのかも知れないが、その平和運動や、反基地運動が暴力的になり、
逮捕者も出している。
「戦争は絶対悪」と云うのであれば、暴力も否定してほしい、
まさか、自分たちの暴力は許されるモノだと思っているのか?

中国崩壊 2016 中国尖閣侵犯の実態。恐怖の沖縄プロパガンダ。反日工作、真の敵は国内にあり!防衛白書に明記せよ!!








にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へにほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 保守へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本と台湾ー2 | トップ | キム・ドンシク - 任務遂行に失敗 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL