hine's 兄さんの「なんでやねん!」

おっさんが夜な夜な集まり「Rock」しています。

レッドラインを超えた

2017-09-04 | 特定アジア3ヶ国

3日の正午過ぎに、北朝鮮の核実験場がある北東部の豊渓里(プンゲリ)で、
北朝鮮が6回目の核実験を実施したと報道されていました。

核実験による揺れの規模はM6.1で、今まで行われた核実験の規模としては最大とのコト。

北朝鮮の国営メディアは、
「大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載する水爆実験を実施し、完全に成功した」と発表。

トランプ政権では北朝鮮を攻撃する場合のレッドラインを「次の核実験」としていました。
もし、アメリカが何らかの軍事行動に出れば、
日本からは「国内の米軍基地が狙われるかもしれないので攻撃はするな」と、
アメリカへの反戦論が起こる可能性は高い、と同時に国内の左翼から政府は批判される。

日本独自で完全防衛ができるならともかく、今の段階では到底、間に合うワケがない。、
米軍への共同防衛をお願いしない限りこの国は守れないコトはハッキリと明確になってます。
このまま北朝鮮の核・ミサイル開発を許せば、日本をはじめ、自由主義諸国は、
全体主義国家に脅され続けるコトになる。

で、しかたのないコトではあるけれど、アメリカが軍事行動をとれば、
北朝鮮にいる約2500万人の国民や日本の拉致被害者の多くが死傷し、
韓国や日本にも被害が出る可能性はあると思う。
ただ、間違っても、融和策でお茶を濁し、キム・ジョンウンを暴走させないように
しなければならない。

そして、キム・ジョンウンは国家の指導者として、アメリカ・日本を相手にするのだから
それなりに、自国民を救うため、腹をも切る覚悟が必要であると思う。
国民を盾にするとか、卑怯なことはやめ、本来なら「無血開城」を受け容れるべき。

「いざとなれば軍事行動も」
という毅然とした態度がアメリカ・日本になければ、
結果として「無血開城」を促すコトにはならないですが、もう、それはそこまで来ています。

軍事行動も辞さない態度で日米の連携を強め、北朝鮮へシグナルを送り、
「無血開城」を受け容れさせるコトも可能かもしれませんが、さて、どうなるのか。



にほんブログ村 音楽ブログ 大人のバンド活動へにほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 保守へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加