ボケ茄子の花

「なんちゃって小説」です。
よろしく

小説 『ボケ茄子の花 その二十一』

2016年09月19日 22時45分36秒 | 小説『呆け茄子の花』

尚樹は大学を苦渋を飲むような辛い思いをして、なんとか「卒業」したが、

精神疾患は「卒業」出来なかった。

尚樹は大学卒業後、一度入院しその入院の間に「生活保護」の申請をした。

卒業後は、生活保護を受けながらも、尚入退院しその家計は「火の車」だった。

尚樹は「金の掛からない遊び」と称して、卒業した大学にもぐっては、

講義を受講し、図書館にも通っていた。

しかし、尚樹の気持ちは「働いてない後ろめたさ」を全身で感じていた。

とはいえ、働ける精神の状態でも無かった。

その事を主治医に吐露することも一度では無かった。

 

その二十二に続く

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

 

 

 

 

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小説 『ボケ茄子の花 その二十』 | トップ | 小説 『ボケ茄子の花 その二... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

小説『呆け茄子の花』」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL