東北大能楽部夏合宿二日目終わりました。




午前の部は舞の動きが判りやすいようにと、洋服を着て指導いたしました。






午後の部は『経政』のシテの大石銀河君は能面と能装束を付けての稽古となりました。




能装束の重さと能面の視界の狭さに苦労している大石君ですが、本番に向けて長足の進歩をしています。
稽古後にシテ大石君に感想をインタビューしました。


夕食に特別にお寿司が出ました!






文責   粟谷明生
写真撮影 伊奈山明子




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 2017 東北大学... 29年「粟谷明... »