能楽師は30代から50代にかけて芸に個性が出てくる、と思っている。
個性を匂いに置き換えると、芳しい香りもあれば、鼻をつまみたくなるような独特の匂いもある。

10代や20代にももちろん匂いはあるが、まだ芸が出来上がっているとは言えないから、匂いとは呼べないだろう。
60代以降は、すごく良い匂いがするようになるのかと思っていたが、不思議と匂いは消えていくようにも思えてきた。
もちろん個性が無くなる、と言う意味ではない。

最高位とは限りなく無味無臭に近いものかも。

匂いを出し過ぎてきた自分を今、ほんの少し反省している。

加齢臭から華麗臭へ、と意識して舞台を勤めたい、と思うようになったが、これもなんだかジジ臭いかな。

*** 粟谷明生の能楽教室のご案内 ***

(東京校・池田山能舞台)
新曲『船弁慶』第1期生募集中
10月25日 11月1日 8日 15日 すべて火曜日19時~




(広島校・レックスホールまたは木松旅館能舞台)
能楽一日体験教室
11月18日(金)15時~ 
      19時~満員 締め切り
11月22日(火)15時~
       19時~ 
11月23日(祝・水) 10時半~
          15時~ 
          19時~




お問い合わせ先
粟谷明生事務所 akio@awaya-noh.com





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 28年10月14日... 11月12月そし... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。