楽学天真のRead & Think

読書はこころの泉。
目がかすれるほどに読みたくなる。
私の乱読記録として、このサイトを再開する。

サイコパス

2017-05-06 05:11:25 | 人間
サイコパス (文春新書)
中野 信子
文藝春秋

サイコパス 今売れている中野信子  

 全ての人間には表と裏があり、その葛藤の中にある。  
 性善説、性悪説 古くからの葛藤がある。  
 近い関係は性善説で、遠い関係は性悪説でがうまくいく、と読める。  
 それを間違うと、人間関係も、社会関係も、国際関係も大火傷。  
 それらを破滅させる無感情冷血人間(サイコパス)が必ず一定存在する。
 
 決めているのは、脳内のやりとり。  理性は前頭葉、感性は小脳原始脳という議論が昔あったな〜、と思い出す。  
 
 カントの感性、悟性、理性も脳の技、ということか。 
 
 サイコパスにも生存理由があったとの挑戦的(?)仮説
 面白いが独裁者合理論、村八分合理論へ繋がる危うさあり(?) 
昔、酒の席で、「私らの頭は湧き出る泉、学生らはそれを受け止め流す河川レセプター、一般人は海」
と平然と言ってのける教授がいて背筋が寒くなった。それまでの尊敬が一気に吹っ飛んだことがあったのを思い出した。
横溝猟奇推理小説にみるサイコパスと社会、などと考え出す者もが出てきそうだ。     
 
 脳の能力は、先天性と後天性の両者が決めるが、先天性が意外と重要と本書。先天の上にちょっと後から味付け。  
 でもこれ気をつけないとDNA優生論になるので不正確な理解は危険と著者自身も警告。
 自らのIQの高さを記しながら述べる自己顕示的著述様式は、Conflict of Interest でいかにもだが、それは本人の意思?  
 それとも出版編集者の意思?  
 
 脳科学って何を考えているのかの片鱗を見た気がした。
 理解を目的とする基礎科学のうちはいいが、「役に立つ」ことをoutcomeとして期待する応用科学としての目的は何?
 善悪判断も人工頭脳にやらせてしまうのが展望?  
 
 最終ボタンは人間に持たせなくて良い。全てを読み込んだ「人工頭脳」
 まるで「2010宇宙の旅」のモノリスだ。
 
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3つの激動の時と人 | トップ | 春の泡沫読書ー騎士団長殺し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

人間」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。