楽学天真のRead & Think

読書はこころの泉。
目がかすれるほどに読みたくなる。
私の乱読記録として、このサイトを再開する。

mission impossible intelligence 待望論

2017-05-14 19:58:12 | 時評

 

 

中国で一帯一路の大会議の初日に、金正恩がミサイルを打つ。常識では判断できない独裁王朝国家。

狂気のカルトが集団自決を望んでいるかのようだ。

かつて、連合赤軍浅間山荘事件。

終わってみると内部粛清の凄惨な事実が明るみに出た。

歴史において、平等社会の性急な実現を掲げた全ての革命が、凄惨な大量殺戮を繰り返した。

フランス革命、ロシア革命、中国革命--。

それらは貧しきもの、虐げられてきたものの「恨」(ルサンチマ)を原動力にした、殺戮抹消による平等の実現、平滑化であった。

結果は、知恵を持って社会のバランスを計り、秩序形成を計った知識人らを、不平等を作り出した「悪」として大量成敗する愚策を繰り返した。

「自由、平等、平和、人権」の普遍理念はフラットではない。状況に応じて、優先すべき事項が違う。

北朝鮮問題。明白にこの国では「自由、平等、人権」が損なわれている。

ただ、大規模な争いがないという奇妙な、カルトの「平和」という名の秩序が保たれている。

「スワット」待望論、mission impossible intelligence --

「最小の犠牲で多数を救え」との異常な世論が支持を得る戦争状態にある、と認識せねばならなくなっている。厭な時代だ。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界の変わり目 | トップ | 現代における平和と革命(古本) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。