観・感・癇

野鳥観察や旅行、映画などの趣味と日常生活や世の中の状況について、
感じる事を書いています。

コシャクシギ

2017年04月25日 | 野鳥

コシャクシギ(小杓鷸) 体長30cm
主にシベリア地方で繁殖し、冬にはニュウギニアやオーストラリアで越冬する。
日本には数少ない旅鳥として春と秋に海岸近くの草地や農耕地に飛来。
見た目は嘴が下に曲がっているだけで地味だが、結構レアな野鳥。
ダイシャクシギやチュウシャクシギと違い、干潟で見られることはまれである。




この日、はっきりと姿を確認したのは2回だけ。


そして、すぐに飛んでいった。
小癪な奴め。





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近のレンコン畑 | トップ | トビ、只今食事中 »
最近の画像もっと見る

野鳥」カテゴリの最新記事