観・感・癇

野鳥観察や旅行、映画などの趣味と日常生活や世の中の状況について、
感じる事を書いています。

心なき身にもあはれは

2016年10月14日 | 野鳥

セイタカシギ雌成鳥冬羽

「心なき身にもあはれは知られけり鴫立つ沢の秋の夕暮れ」
これは、新古今和歌集の西行法師の歌
この日、朝日が雲の影に入ったり出たりで、被写体が色が全く違って見えた。また、カメラのISOの設定に手こずったが、その趣を楽しめた。
そして、思い出したのがこの歌。
ところで、沢とは浅く水がたまり、草が生えている湿地と解すると、蓮田でもいいが、「沢登り」とかに使う沢だと山あいの小さな渓谷の意味
だから違ってくる。
また、そのような沢にいるシギも少ない。ヤマシギにお目にかかりたいが。


セイタカシギ雄成鳥夏羽
(上の雌の羽と脚の色の違いがよく分かる。)


両者一緒に並んで
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ある日のれんこん畑(闘争?) | トップ | 蒲生田岬のハチクマ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む