やまねこノート         

*        ゆっくり油彩をしています。                         *

2017年 6月

2017-06-18 00:31:32 | 油彩の記録


     油彩 F10号 「ゼラニウム」


     
     すっかり、ご無沙汰しました。  
     10か月間、留守してしまいました。


     日々の身の回りのことに追われ、自分の絵がどうにもつまらなく思え(いつものことですが)、またサボり癖が出ました。


     時々は描いていたので、
     
     まず、ボツになったのから。
      


                           

                  
     F6号。 何度か描いて消してからもう一度描き始めています。





                           





                           

     今見ると、ここまで描いたら、描きすぎ。




                        
                      



     ボツにして横で描いてみたりして、 結局これもボツ。









     F10号。

                      

     きっと、建物を小さく描きたかったのだ・・・・   






                       

     けれども、何故か大きくなっている。
     





                      

     ダメ じゃん。 






                      

     消してもう一度描き出したのですが、

     この先にゆけない。









                         

     F8号。 寄せ植えの葉っぱを描きたくて
     でも。むつかしすぎ。





                     

     上をあきらめて、そのまま横使いにして描いています。











                          

     F6号。
     自宅のすぐ近くの小さな神社の杜の空が描きたくて。    






                          

     説明的になってはいけない。  









                




     こんな、10か月でした。



     昨年秋くらいから、年の離れた連れ合いの体調が思わしくなく、
     何かできないかと、低速ジューサーで一日何度もレモンジュースを作ったりあれこれして、
     ようやく落ち着いてきたと思った3月、
     花粉症が一気にひどくなり突然高熱が出て、ふらつき転倒、腰椎の圧迫骨折を起こしました。

     介護申請をして4月から訪問看護とリハビリを毎週二日ずつお願いして、
     一時は動けなかったのがほぼ普通に歩けるまでに戻りました。

     まだまだ元気を取り戻すまでには時間がかかりそうですが、先が見えない感じの時もあったので、少しほっとしている
     そんなところです。

     週に4日、看護師さんや療法士さんたちにお願いするということは、大変ではあるけれど、
       (今の私の体調は、50歳を過ぎてからの中では一番良いのですが、体重はかなり減って、40キロそこそこ、体重だけ二十歳の頃に戻ってしまいました。)

     若い仕事の女性たちと接すると、     
     彼女たちの中にある未来というか可能性というか、生命力と柔軟さが感じられて、
     少し風向きが変わるような気がして、
     心地よいです。


     
     

                            




     F10号。
     ようやく続きを少し始める。
     壊すつもりで描かないと。

     壊してからが、描き出し。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 9月末 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。