おでかけmemory

お花大好き、ドライブ大好き、食べることも大好き。
晴れもいいけど 雨もいい。
さぁ きょうも おでかけしましょ。

ロート製薬 旬穀旬菜

2017-10-05 | ごちそうさま

グランフロント大阪 ナレッジキャピタル

Smart Camp うめきた 旬穀旬菜

ロート製薬の薬膳フレンチレストランです。

       HPより転載・・・ロート製薬が2004 年からスタートした、社員向けの福利厚生施設「スマートキャンプ」。
                その「おすそわけ」として、一般の皆様に向けてオープンした3つの施設をご紹介。
                フレンチの巨匠・三國清三シェフのプロデユースによる薬膳フレンチレストラン「旬穀旬菜」。
                旬の野菜を食べることが健康維持への近道だという考えのもと、店舗併設のシティーファームにて
                季節の野菜を栽培し、収穫した野菜やハーブなどをメニューに使用しています。
                また、頭からつま先までのトータルケアをコンセプトとした、リラクセーションサロン
               「ホリスティックラボ」では、現代人に必要な5 つの健康機能「排出する、緩める、鍛える、
                高める、巡らせる」に照らした、ウェルネスメニューを提供しています。
                これら3つの施設をベースに、ロート製薬が未来の健康づくりをお手伝い致します。だそうです。

ランチバイキング + ドリンク + デザート

とりあえず9品目の前菜とパンが配膳されます。

  
本当のひと口((笑)。初めて見るこの小ささに珈琲フレッシュほどの器です。

あまりに少なすぎて、お口でゆっくり味わう間もなく喉から下に滑り落ちました。

メインが来るまでの間、サラダバーから好きなだけチョイス 

  

  

しっかり顎を鍛える食材が並んでいます。

お野菜、これでもか!というくらい山盛りです。

メインは3種からセレクト

一番人気数量限定の石垣島産南ぬ豚のハンバーグ(+200円)

  

兵庫県産三田ポークのプレゼ

  

富山県産カマスのグリエ

  

そろそろ満腹。では、別腹、デザートブッフェから          入口

  

健康的、そうね、メイン以外でオイリーなものは無く、(ここは大歓迎

デザートも、これまた本当にひと口サイズなので、健康志向のバイキングです。

味を調えて、つまり「おいしく調理した旬菜」が少なくて、「えっ・・・

煮炊きした旬菜がバイキング形式で並んでいると思っていたので残念でした。

サラダの旬菜も・・・期待外れ

ドリンクは、美味しくない・・・それもそのはず、

特にホット用のティーバックは、お店で詰めたようで、

量がかなり少なく、しっかり味が出てこない、薄くて不味い

見渡せば、店内90%以上が女性でした。 

我が一行は、それぞれがそれぞれの何かを「足りない」(量ではなく)と感じました。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加