おでかけmemory

お花大好き、ドライブ大好き、食べることも大好き。
晴れもいいけど 雨もいい。
さぁ きょうも おでかけしましょ。

浜松まつり

2017-05-09 | 祭り・行事

浜松まつり(毎年 5月3~5日)初子祝いのお祭り。

HPには、初子の誕生を祝うもの。子どもたちの健やかな成長を願って、地域みんなで祝いあうもの。と記載されています。

その内容は「174か町が参加しての勇壮な「凧揚げ合戦」や81か町が夜の街を華麗に彩る「御殿屋台の引き回し」。

薄暮になり、駅前のメインストリートは交通規制がはじまりました。

交差点は、たくさんの人だかり、うしろから手を挙げて一瞬にシャッターを切りました。

少し移動して、混雑を避けます。      駆け足?小走り?不思議な行進です。

  

 

日も落ちて、御殿屋台が次々に繰り出して来ました。

  

  

柔らかな黄色を帯びた暖かな提灯の明かりが、御殿屋台を包み込みきらびやかさを際立たせています。

「ん?」白く明る~い屋台がやってきました。提灯が多分LEDなのかな?

明るいけど・・・・・個人的にはちょっと・・・・・

数年後には、どれもこれもがLEDに変わるのでしょうね。

さつき、暑い夏でもなく、体に優しい季節のお祭り。

子の誕生を地域とともに盛大に祝う、発展する現代の中では

忘れられつつある伝統を引き継いで、次に繋げている優しい街

「みんなで見守るから、安心して大きくな~れ」と言う声が、

お祭りのあちこちから聞こえて来る気がしました。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

2017 お正月

2017-01-05 | 祭り・行事

 明けまして、おめでとうございます。

今年の皇服茶は、京都 宇治 上林春松本店

    

 播彦 干支煎餅

創業160余年 おせんべいの老舗です。

  

 今年も穏やかに開けました。
今年こそ、日本中のいずこも、災いなく、笑顔が満ちる一年になりますように 

本年も、よろしくお願いします。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

阿波おどり ブルーインパルス

2016-08-25 | 祭り・行事

 ブルーインパルス IN 徳島 阿波おどり 

橋の上、川の両側には、溢れんばかりの人だかりです

 さくら

 ハート

眉山

前日の予行は、眉山から見ましたよ。

 間もなくデビューされる6番機の方です。

後ろでかがんでおられるのが1番機 隊長の稲留さんです。

いいお天気で、よかった。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

徳島 阿波十郎兵衛屋敷

2016-08-23 | 祭り・行事

徳島 阿波十郎兵衛屋敷

地元の方たちによる人形浄瑠璃です。

  

  

  

  

指先の動きまで繊細です。

一体のお人形を数名で操るあうんの呼吸が人形にいのちを吹き込み、

まるでひとりで動いているかのように見えます。  

演技終了後には、お人形と写真が撮れます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016 阿波おどり 2

2016-08-21 | 祭り・行事

徳島  阿波おどり (8/12)

大通りはホコ天になって、さまざまな「連」が次々に見事な阿波おどりを披露しています。

企業連の中に、岩ちゃんがいた。

  

街角での演舞、とっても楽しくてじっと見ていたいですが、

そろそろ、南内町有料席 2部へ移動します。

  

                     島崎和歌子さんがCMされている企業連登場 

   

いよいよフィナーレ、総踊りです。出演された「連」が一つとなって、「阿波おどり」を披露してくれます。

  

今回も楽しかった・・・けど、

有名連とコラボしているとはいえ、今回は企業連が多くて・・・

残念でした。

迫力ある「見事な阿波おどり」を見たいが為に「有料席」を選択しました。

企業連と有名連の踊りには、素人が見ても温度差があり、

「次は企業連・・・」のアナウンスに「また、企業連・・・」と 

きっと、企業連の方に「笑顔」が少ないから、そんなふうに感じたのでしょうね。

企業連のみなさん、有料席で踊られるときこそ、飛びっきりの笑顔ください。

ホテルの部屋からの

阿波おどり期間中は、数か月から1年前にホテル予約が埋まってしまいます。

そして、この期間は、キャンセル待ちはできません。

あきらめていたころ、3日前に偶然HPでキャンセルを発見して、行くことができました。

2泊でしたが、ホテルは1泊づつ移動しました。

有料席は、当日券を午前中に買いに行ったので、最前列をGETできるなど 

今回も、いくつかのラッキーに加勢されて、楽しむことができました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016 阿波おどり 1

2016-08-18 | 祭り・行事

徳島 阿波おどり (毎年 8月12~15日の4日間開催されます。)

8年振りに行ってきました。 (前回記事は、こちらで

選抜 阿波おどり大会 前夜祭 (アスティ徳島)

阿波おどり振興協会と徳島県阿波踊り協会

両団体所属の有名連が合同で演舞を行う迫力満点のショーです。

連の垣根を越え、ステージいっぱいに、いえステージ狭しと躍る踊り手さんたちの迫力、熱気、心意気、

客席までど~~んと、迫ってきます。( 

こちらの、赤い扇の阿波扇連さん、

前回訪問時、たくさんの情報を提供していただきました「阿波の狸さん」が所属されています。(多分現在も)

8年前には、締め太鼓を担当されていましたので、今回、お囃子の席を目を凝らしてみましたが、

お囃子も多数の方が参加されていらっしゃり、2階席からでは、とてもとても見つけ出すことは叶いませんでした。

演舞終了後に、ロビーに出て来られた各連の方たちの中も探してみましたが、見つけることはできませんでした。

前回「また、来てください」「また、来ます」と、メールでやりとりしてから、8年経ちました。

お世話になりっぱなしで、直接に御礼を伝えることもできずにいましたので

今回「お目に書かれれば、いいなぁ・・・」と、念じていましたが

限られた時間、混雑する演舞場、何より突然に決まった旅過程でお目にかかるなんて、無理も当然です。

この前夜祭チケットも、どうにかとれて、2階の後部席でした。

また本番の南内町有料席(2部)でも、阿波扇さんの出演と重なることはなく、

華麗に舞う扇の舞いを間近で見ることも叶わず、残念でした。

圧巻です。

フィナーレでは、会場一面、踊り子さんの乱舞です。

2階席までも ダァーーーーと駆け込んで来られ、

見事で勢いのある踊りを堪能させていただきました。

さぁ、あしたは本番、楽しみです。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

京の七夕

2016-08-13 | 祭り・行事

京の七夕

堀川会場 薄暮

  

日が落ちてきました。

橋の下、かすかに、お香が漂いました。

  

二条から一条に向かって、細い川沿いを、たくさんの人が涼みながら進んでいきます。

笹があったり、

  

ライトアップをくぐったり、

西陣織が涼しげに浮かべられていたり、「次は何かな」と楽しく進んでいきました。

  

続いて、二条城

白い壁がブルーに、

笹が(ヤシのようにも・・・ふふふ)照らし出されて幻想的です。

  

  

お土産のえびせん

暗闇の厳かな庭園の静寂は、お昼とは空気が一変していました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

奈良 東大寺 修二会

2016-03-07 | 祭り・行事

奈良 東大寺 修二会(しゅにえ お水取り)

詳しい解説は、東大寺のHP(こちらで

抜粋・・・天平勝宝4年(752)から一度も途絶えることなく続き、今年で1265回を数えます。

PM7時から約20分間、10本の大松明が次々と階段を上り、

舞台の向かって左角で高くかざした後から右へ、一気に火の粉をまき散らし駆け抜けます。

そして右角まで駆け抜けた後、大松明は再び高く掲げられます。

この炎、下から見ていると二月堂の屋根をも焦がすのでは?、と思うほど大きく、勢いも強いです。

 

この二月堂は、寛文7年(1667年)、お水取りの最中に失火で焼失し、

その2年後に再建され現在に至るそうです。

 

 隣に陣取るお婆さんご一行の雑談が騒がしいので、ボリュームを下げてご覧ください。

「お静かに」と声掛けされても、何ら変わりませんでした。  

13年前に来た時には、火の粉を被る場所で見ることができたのですが、

とても寒い年で、その日は雪がちらつく中、長~い待ち時間を過ごしました。

が、この日は、暖冬の中でも、日中の気温は21.5度という3月初めとは思えない暖かさ

日が落ちた後も、ほぼ無風でした。

おかげで到着して開始までの約1時間も、寒さを感じることなく過ごせました。

開始1時間前、見上げる二月堂。 空は、まだ若干明るいです。

大松明を背負った童子が左の斜めの回廊を登って、二月堂の舞台へ進みます。

大松明を肩に乗せ、手首で回転させながら駆け、火の粉を散らしていきます。

 

二月堂の中では、東大寺の僧侶が人々にかわって罪を懺悔し、

国家の安泰と万民の豊楽を祈られているそうです。

屋根まで焦がす勢いの大松明 

   終了後、二月堂へ登って、お参りをします。大松明が駆け抜けた舞台から下を見下ろしました。 

 左の行列は、これからお参りをする人の列、中央のまばらな部分が舞台の直下になります。

    

        翌日用?の大松明かしら・・・  電灯よりも長~い 

 

関西地方では、お水取りが終われば「そろそろ、春やねぇ」と交わします。

でも、今年は、既に春がきているような陽気のこの頃です。

 

お水取りのまえに、腹こしらえ

いつもの 釜めし 志津香

リニューアルされていました。でも、座席は減っていました。

奈良七種        奈良七種 牡蠣入り

  

うなぎ

通常1~2時間待ちはザラ、この日は中途半端な時間だったので、すんなり入店できました。

セットメニューは食べきれないので、本日も単品(お味噌汁、香物付き)を、いただきました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大阪 天神祭

2015-07-29 | 祭り・行事

大阪 天神祭

大阪を代表するお祭り天神祭りの大阪天満宮境内

だんじり囃子が威勢よく鳴り響く中、暑さに加えて、地面からの照り返し、

集う人たちの熱気、過酷な条件が揃いました。

だんじり囃子 と 催太鼓

可愛いお稚児さんが集まってきました。

  

本殿へ参拝する、催太鼓衆

この後、sapphire、軽度の熱中症を感じて、早々に日陰へ移動

給水をしっかり摂っていても、体を冷やしても

猛暑のプラス 人、人、人では、適いません。

くれぐれも、炎天下では(屋内でも室温に)ご注意ください。


ウランによると、最前列に居ても、催太鼓の関係者が、

立ったまま見学者の視界を塞ぐように、これでもかと幾重にも

催太鼓を取り巻いているので、催太鼓は、ほとんど見えなかった。そうです。

おまけに、関係者(年配)が手を上げ、視界をさえぎる撮影・・・

これもアリ 

さすがに、これはですよね。

がんばっている願人(真紅の投げ頭巾をかぶった若衆が、かわいそう。

  

  

境内より、街中を移動する行列で見るのが、いいようですね。前回の陸渡御(おかとぎょ)は こちらで

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

岐阜 美濃まつり 1

2015-04-15 | 祭り・行事

岐阜 美濃まつり (毎年 4月 第2週 土日に開催)

の季節、美しさを競うように、和紙の里 美濃市で開催されるお祭りです。

花みこし (土のみ開催)

美濃市HPより・・・江戸時代の雨乞い行事に「町騒ぎ」があり、これに各町内からいろいろな物を造って、

     若衆連がかついだのが始まりで、明治33年の祭礼に「花みこし」が現れました。

   昭和の初めに青年団が申し合わせ、美濃紙の産地らしく紙の花を付けた

         「しない」約300本をみこしの屋根に取りつけ、現在の「花みこし」の姿が確立されました。


数日間続くは、朝まで続き、開催時間が繰り下げられました。

いざ始まってみると、ぐんぐん青空が広がり、最高の日和になりました。

今年は大小31基が、美しさを披露してくれます。(小さいお神輿は子供用です)

約300本の「しない」に10~12万枚の花が巻きつけられているそうです。

青空に映えて ほんとに、美しいです。

うだつ と 花みこ

この方のヘアーも、「花みこし」ですね。

  

酒樽を持った世話人が、次から次へと、担ぎ手の口へ樽を押し付けます。

  

到着後すぐ、駐車場の(多分)観光職員さんは、祭りについて丁寧に説明して教えて下さいました。

その後、町を歩けば、法被を着た休憩中の若衆が、「 撮りましょうか?」と声をかけて下さったり、

その側の若衆は、熱々の揚げたてのハムカツの袋を差し出し「どうぞ、どうぞ」と、

私たちの遠慮を跳ね返す勢いで、振る舞って下さったり、その後も

またけば、年配の若衆?が菰樽のお酒を、勧めてくださるなど、驚くばかりの親切三昧。

(たまたま、いいタイミングに遭遇しただけです。皆に振る舞われるわけではありません。

くれぐれも、期待されませぬように)

他にも、花みこしが通った後を、落ちた花びらを拾いながら進む裏方さんなど

花みこしの美しさにも勝る、地域の心根の美しさに 

寒い季節に和紙を染め、各家々が分担して、こよりを付けたり、和紙を花形に折ったり・・・
待ちわびた春の日が、て、よかった~。

 

案内所で、この花びら用に染めた和紙が、売ってありました。

紙(し)あわせ」と、呼ぶそうです。一年間、いいことがありますように、買って帰りました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

姫路城 ブルーインパルス

2015-03-26 | 祭り・行事

25日、姫路城上空で 航空自衛隊 ブルーインパルス

による約10分間のテスト飛行が、行われました。

本番は、翌3月26日に開催される「平成の大修理」、

姫路城の修復完成を祝う記念式典で行われる祝賀飛行です。

姫路城上空にブルーが舞うのは、「昭和の大修理」後の1966(昭和41)年以来49年ぶりだそうです。

sapphireにとっては、昨年の山形で開催された六魂祭で見て以来です。

は浮かんでいましたが、まずまずの日和、

今回は、ビルも無く、空いっぱい見渡せるので、とても楽しみです。

この日ブルーは、直前に岐阜を離陸して、20分で姫路まで飛んできます。

刻々と岐阜の情報を、ネット経由で知ることができるので、便利ですね~。

予定時刻の、11:30  開催を告げる一機が登場して、

サンライズ  デルタ360°ターン  スワンローパス  桜   

 ビッグハート  デルタ  リーダース・ベネフィット  と、続きます。

 

 テスト飛行は、5種目の予定だったのですが、気がつくと7種目披露してくれました。

 

5機が傘型隊形で進入して上空で5方向に散開する「サンライズ

6機が三角形の隊形で進入して上空で1周旋回する「デルタ360°ターン

スワンローパス

5機で描いた大きな 桜 と、2機が進入してハートを描く 「ビッグハート」は、

とてもとても大きくて、うまく撮れませんでした。 

デルタ

編隊長を先頭に2~6番機が後ろでラインアブレストを組んだ隊形「リーダース・ベネフィット

 あっという間の10分間、テスト飛行とはいえ、姫路駅から姫路城までの道は

人、車で大混雑。 渋滞、混雑ばかりです。    本番26日は、大丈夫かしら?

 

終了後、 お城へ向かっていたら、数人の人が集まっていました。

おぉ、腕にブルーのワッペンがついた制服を着た人がサインをされています。

  

sapphireたちは、用紙がなかったので、一緒にを撮っていただきました。

少しお話を聞かせていただいたら、まだデビューされていないけど

2番機を操縦されるYOSHIDAさんといわれる方で、今年、北海道でデビューされるようです。 

今日は、説明アナウンスで、会場を盛り上げていらっしゃいました。

お声も素敵でしたよ。You Tube で、お聞きください

デビュー飛行、見に行きたいですね。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

京都 知恩院

2014-12-28 | 祭り・行事

京都 知恩院

毎年、4日後の大みそかの除夜に備えて、

高さ3.3メートル、口径2.8メートル、重さ約70トンの鐘の試し撞きが行われます。

除夜の鐘といえば、 この風景が毎年のようにニュースで流れますね。

もちろん今年も、流れていました。   16秒の

 

この方は、おとなしい撞き方をされていました。

鐘は、僧侶が順に代り、撞いていきます。

親綱を引く僧侶子綱を引く16人の僧侶が、

えーいひとつ」「そーれ」の掛け声のもとに鐘が撞かれます。

   

試し撞き前の様子

  

報道陣も多数です。           いよいよ始まり~、僧侶が大鐘を囲んで経をあげています。

  

  

この知恩院の大鐘は、京都方広寺、奈良東大寺とともに、日本三大梵鐘に、数えられています。

こちらの大鐘は、年3回、成人式(1月)、法然上人の御忌大会(4月)と大晦日に撞かれるそうです。 

今年も、健やかに一年を過ごせたことに、感謝します。 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

松阪牛まつり

2014-11-24 | 祭り・行事

松阪牛まつり

  

品評会が始まりました。

  

  

松阪牛は、肉牛のなかでも小さく、600~700kgだそうです。

審査基準は、但馬牛の子牛を、松阪近郊で30か月(900日)育てた牛で、

毛並み良く、肉量が多くとれるような体型であること。だと説明されていました。

つまり、俵牛と呼ばれるように、頭から尻までくびれなく丸~るく、足が短いものが良いそうです。

表彰式

3席に入賞したが、せりに向かいます。

 ドナドナが頭の中に流れ、なぜか気分が 

 3席に入賞した                    5席に入賞した

  

 途中で会場を後にしたので、1席に入賞したのせりを見る事ができませんでしたが、

去年より50万UPの 2,350万円で 津 朝日屋に落札されたようです。

それ以外のは、200~300万くらいで落札されていました。

せり会場    解りづらいですが、電光掲示板には、2150000(215万)と表示されています。    

  

七輪炭火焼肉のブース  (せりを見る前に行きました。

  

煙まみれ、でも、時折吹く風に、パックやたれを入れた使い捨てのお皿が

飛びそうで、周りの方たちは「おちおち、ゆっくり味わって、食べられないね」と苦笑していました。

                     

やはり、一番人気は2000食用意された、無料の松阪牛のすき焼きコーナー。

開場後、人の流れは、こちらへ向かいます。 

あの「和田金」の割り箸が手渡されました。  すき焼きは、この事前に配られた「箸袋」と交換だったんです。

  

  

 無料なので、期待していなかったのですが、大きなお肉が入っていました。

言うまでもなくお味は、もちろん、柔らかく、さすが「松阪牛」とっても美味しかったです。

  

30分ほどで、予定数2000食が、終了したようです。
 すき焼きの前に頂いた、本。 それが、冊子ではなく、りっぱな「本」ばかりで、太っ腹にです。

  

                 松阪の特産、名産の色々なブースを見ながら、会場内を 進んでいきます。                

  

子どもさんには、特産の木でできたコースターがいただけるようですよ。  そして、松阪茶のブース

  細かい深入り茶葉です。      お土産に、深蒸し茶葉のサンプルまで いただきました。

  

丁寧に美味しい深蒸し茶の入れ方を教えていただきました。

お湯を70℃まで冷まし、急須に入れた後は、さほど時間を置かずに少しづつ入れ始めます。 

 さ湯のように、まったく色が付いていません。       続いて(2回目)注ぐと、色が出てきました。

    

  3回目に注いだ美味しいお茶。 2~3せん目まで、頂くためには、毎回一滴残らず出し切り、(ここまでは知っていました)

                  その後は、茶葉が開ききらないように、急須を横からポンと掌でたたき、急須内の茶葉を

                片側に寄せ、その上に、急須の蓋をずらして蒸れないようにすることだそうです。

  

  一せん目は、甘味があり、2せん目は、渋みがあり どちらも美味しいお茶でした。

sapphireの好みは、2せん目です。  今日のお土産は、松坂茶に決定です。

 

会場を後にした後も、餅まきや、夜には5600発の花火大会まで催されました。

例年3万人前後の入場者数だそうですが、今年は、5万を超えたと表彰式で言っていました。

しかし、広々とした会場なので、肩がぶつかることも無く、ゆっくりみることができましたよ。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

岸和田だんじり祭 2014

2014-09-14 | 祭り・行事

岸和田だんじり祭 2014

カンカン場の有料座席から、見学しました。   

だんじりの前では、子供たちを先頭に、だんじりから伸びた2本の綱をにぎり、掛け声を待っています。

後方の交差点の先にいるだんじりは、まだ見えないけれど、声がかかると弾が飛び出すように走り出します。

これが「やりまわし」、一気に勢いをつけて90度の方向転換です。    

交差点の信号機の高さにある電線に引っかからないよう、

そこを過ぎるまでは「大工方」(屋根で飛び跳ねる方)も、動きを止めています。

大工方は、お囃子や掛け声に合わせ、地区ごとに、趣向を凝らした舞を見せてくれます。

片足跳びや、後ろ向き、見事な所作に、「おぉ~」と歓声と  が大きく上がります。

 だんじりの前後の人の数に、ご注目

多数の人が手を添えて動かすだんじりに、地区の強い絆を感じました。

そして、岸和田には、少子化は無いように思いました。

  

座席は前から2列目、ベストポジションです。 

  

  

   移動中に出くわしただんじり、角にくると「やりまわし」が見られます。

  

休憩中のたんじり、未来の大工方が、練習しています。

   

アーケイド街にも、だんじりは入ってきます。

 ここはNHK「カーネーション」に登場した「オハラ洋装店」

みな2階を見上げを撮っているので、sapphireも

ほっしゃん。ですね。(改名されたのでほっしゃん。ではないけれど・・・)

                            この女性の方は、誰でしょう

  

 岸和田城                  宮入りする岸城神社へお参りしました。 

 

      ひとつない快晴気温はぐんぐん

     泉州名物くるみ餅が入った氷くるみ      宇治抹茶ミルクくるみ餅かき氷 

  

かき氷には蜜はかかっていませんが、底のくるみ餅を絡めて食べると、とっても美味しいです。

泉州名物の「くるみ餅」のくるみは、果実のクルミではなくて、大豆の餡にくるんだお餅です。

こちらはいちご氷            珍しい和三盆のかき氷

  

上には和三盆がかかり、中には、和三盆の干菓子が入っていました。 

とてもあっさりして、美味しい~。体温が緩やかに、活力が蘇りました。 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

京都 送り火

2014-08-16 | 祭り・行事

京都 送り火

この日の午後、京都市内では、一時間に100ミリという大雨が降り、

記録的短時間大雨情報」が発令されました。

鴨川も濁流で大荒れ、河原も危険な状態です。(場所によっては、河原も冠水していました)

いつもなら、河原を北に向かって、歩を進めるのですが、今夜は道路を進みました。

時折、光る稲光と、雨、不安定な空模様のままです。

その上、点火時間間際に上流で増水が確認され、より警戒態勢になりました。

河原に下りた人も道路へ登るように、警察官が、一人ひとりに声を掛けています。

  

橋の上から見る人とのショット                  街灯、ヘッドライトとのショット。

  

ちょっぴりですが「妙」も ここから見えました。

送り火も無事終了。   お盆休みも、あと一日になりました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加