哲ノート

gentle heart!! ヤサシイココロ・オトナノココロ

ウルトラマンかっぽれ -末廣亭 六月下席-

2017-06-30 23:48:51 | 落語・浪曲・演劇
6月下席千秋楽を末廣亭で…。

「信者のみなさ~ん。集合。」

末廣亭の六月下席はまさしく“オールスターキャスト”(こんなの正月顔見世興行以来です)

お目当てはもちろん、人気者や色物の演者がそろいにそろって…、しかも大トリは…ああ、代演ですか!!(実はスケジュールを読み間違えました。信者のみなさん残念!!)

こんな時は昼席・夜席通しでいきたいところですが、今回は昼席まで。(月末の真っ昼間に寄席見物ができるだけで…ね…ね。昼席だけでも“中身は濃い”ですよ)



開演1時間前に行くと雨の降る中早くも行列が…(ひぇぇぇぇ)早めに行列に並んで、椅子席2列目(やはり最前列は厳しい)しかも7番の席。

末廣亭2列目7番の席は落語の演者から見るとちょうど目と目が合う席です。(向かって右に顔をむけた時に)これまた違った緊張感を楽しみに昼席に臨みました。

開演早々亭内は桟敷席はもちろん2階席までいっぱいに…こうなると観客も演者も熱気でノリノリに…開口一番に続いてジャグラーのストレート松浦さんが大サービス

その次は二ツ目昇進の女流林家あんこさんの「道具屋」

八代目正蔵ゆずりの「格子のオチ」で決めた後、いきなり着替えて「うわぁぁぁウルトラマンでかっぽれ」を踊っちゃいます。

二ツ目さんで「すんげぇぇぇ」粋な計らい!!しゃべりもしっかりしていて、顔の表情も豊かで、これはこれは有望ですよ…。

以降人気者が続きます。一之輔師匠「眼鏡泥」志ん輔師匠「替わり目」さん喬師匠「長短」伯楽師匠「宮戸川」…

途中に出演する色物もジャグリング・粋曲・アサダ2世さんの奇術(きょうはちゃんとやりました)にゃん子金魚さんはあいかわらず(バナナの差し入れあり…)

漫才はロケット団(時事ネタを間髪取り込む回転の速さはキレてますね)大神楽の小雪さんまで落語以上にこちらもそろいにそろって一時も気が抜けない演出を見せてくれます。

中入り後はまず柳家さん助師匠の「胴斬り」。(初聴の演目)

これはこれは…ですよ。ナンセンスでもありホラーでもありSFチックだけど上方古典落語だそうでおもしろかったですね。(ぜひ上方の落語家さんで聴いてみたいです)

そんな古典だけど新作っぽいネタで始まって続いての正蔵師匠は「読書の時間」小ゑん師匠は「吉田課長」

昼席トリの喬太郎師匠はオチがしっとりと決まった「ハンバーグができるまで」まで新作落語の秀作が続きました。



演者も観客も中身もノリに乗った六月下席昼席。4時間半があっという間に盛りだくさんに過ぎてゆきました。

あんこさんの「ウルトラマンかっぽれ」と“ナンセンスホラー”「胴斬り」がアタマから離れない一日となりました。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 傘をさして | トップ | 希望軒ブラック »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL