アセンション アシスト ASーAS

地球とは、本当はどういう所でしょうか、情報を集め、知っていくページです。

リアル・プレデター2、モンタギューキーン・メッセージ、2017年5月1日

2017年05月12日 | 情報

これは以下のサイトの情報を翻訳したものです。

http://www.montaguekeen.com/2010-2013/page1627.html

 長いと文字の大きさが変わってしまうようですので、2回に分けて掲載します。

前半からの続きの、後半部分です。




(前半からの続き)

 あなた達の、海外からの友人(ベロニカと私は、彼らのことをこう呼び慣わしている)は用心深い。彼らは、第三次世界大戦を起こす試みを、全て阻止している。あなた達には、地球の外の友人達が居るのだ。あの世に居る者たちと同じくらい、地球と人類を護る為に、彼ら自身を捧げているのだ。彼等と共に活動して、あなたの今回の人生の目的は、人類を守り存続させる事だと信じなさい。

あなた達は、自分の子供たちが、地球で幸せな経験をすることを望むだろう。あなた達が耐え抜かなくてはならなかった悪夢ではなくてだ。あなた達が寄生生物を探すには及ばない。奴らはあなた達の目の前にいるからだ。一日24時間、あなた達に依存しているだろう。奴らにさよならを言う時だ。あなた達は自分自身に、二度と再び口車に乗せられて、奴らにこの世界に足掛かりを造る許可を与えるようなことがないように、保証しなくてはならない。あなたは、子供たちが安全で恐れのない暮らしをし、平和と全ての人類に対する尊重が当たり前である世界に居ることを望むだろう。

こうした寄生生物は、奴らが、あなた達があなた達の仲間に対して使うように望む武器を製造する。そのことを考えてもらいたい...奴らはあなた達に、他の人類を殺し破壊させる為に、あなた達に支払いをするのだ。地球上の、他のどの種が、そんなことを望むだろう?戦争は人類を全滅させる為のものだ。たとえそれが、どのように綺麗ごとに装われようとだ。 もし戦争を起こせなかったら、奴らは、飢饉、洪水、あるいは病気の大流行によってそれを確実にする。こうしたものは、寄生生物が要求する死と苦しみのエネルギーを創り出す。

人類は目覚めつつあり、地球は奴らの支配から自由になろうとしている。あなた達は、今、勇気と、これを見透す意志を見せるべきだ。奴らは、もう、奴らの古い支配の仕方を使うことが出来ないので、新しい着想を求めている。奴らは自分達が曝露されていることに気が付いた。奴らにはこの状況に対処するやり方がない。人類が目覚めるということが、予想外だったからだ。その結果として、奴らは食品や大気、水を汚染した。そして、テレビや新聞記事などの完全なガラクタで、あなた達の心をいっぱいにした。

奴らは、あなた達の人生のあらゆる側面を支配した。いま、あなた達は、奴らに対して説明を要求する立場にあり、あなた達はそうしようとしている。これは、あなた達が本来そうあるべきであった人生を生きる、大きなよい機会だろう。寄生生物たちはあなた達を脅すだろう。いわゆる奴らの虚勢を張って、奴らは、あなた達の手助けがなければ、あなた達を害することは出来ないと言うだろう。あなた達は優勢なのだから、それを使って、あなた達自身を奴隷の束縛から解放しなさい。

素晴らしいエネルギーが、あなた達の世界中の至るところを惜しみなく流れるとき、植物は育ち、あなた達は、再び健康的なよい食物を楽しみ、有害なフッ素の含まれない水を飲み、汚染されない空気を呼吸するだろう。こうした卑劣な行ないによって生み出された全ての病気は、過去のものとなるだろう。それらは寄生生物と共に去るだろう。そして戻ることはない。

いま、大きな目覚めが起きている。その勢いを持続させてもらいたい。前進すべき道は、あなた達の前に開かれている。そして、あなた達が為すべきことの全ては、過去にさよならを言うことだ。あなた達は、あなた達の夢である未来を創造するのだ。

寄生生物に脅されるほど愚かであってはならない。奴らはテレビや報道機関を使うだろう。だが、あなた達は真実を知っている。だからそれに対して一度開かれた目を閉じることは出来ないだろう。 あなた達が自分で時間をかけて調べた、しっかりした根拠に基くあなたの判断を基礎にして、それを他の人々と分かち合いなさい。

あなた達はゴールに向って非常に大きな措置を講じた。自由があなた達を待っている。あなたには、エネルギーの上昇が感じられるだろう。それを止めることは出来ないのだ。

あなたの祈りが緊急に求められている。アメリカの刑務所にいる若い男性を救い出す為だ。彼は起こってもいない犯罪で不当に告発された。あなた達の思いと祈りが彼を解放する為の助けになるだろう。どうか彼を助けてもらいたい。

ねえきみ(ベロニカさん)、どうか少しは休んで欲しい。きみの肩の上で休んでいる者が大勢いるよ。

いつも君を愛している、モンティ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 光の開放へ、モンタギューキ... | トップ | モンタギューキーンさんって... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。