アセンション アシスト ASーAS

地球とは、本当はどういう所でしょうか、情報を集め、知っていくページです。

日本神話地球編1

2017年02月09日 | 歴史関連

先立っての日本神話?でご紹介した宇宙の発生以来、数百億年が経過した時の、他の情報源に基づく、太陽から地球が分離した経緯については、すでにご紹介しました。

以下は、国常立之尊と言われる神霊の方が伝える、また別の情報からの、その後の初期の地球の成り立ちの様子です。地球が龍神の方々によって冷却されたということでしたが、その後の地球が、泥海から、固められて行く様子が述べられています。一部表記が変えてあります。

(ここから転載)

この地球の世界の始まりは、世界一体に泥海でありた。 光も温みも何ものもなかりた。丁度、譬(たと)へて曰へば、朧月夜の二三層倍も暗い冷たい世界で、山も河も草木も何一種なかりた。

其の泥の世界に、身の丈は五百丈(1500m)ばかり、身の太さは三百丈(900m)程も在る、蛇体の荒神が住居して居られたのが、御精神の良い大神様の前身で、是れが(後に)五六七(みろく)の大神様と御成り遊ばしたのである。

誠に長閑かやかな御神姿(おすがた)で、鱗は一枚もなし、角も一本もなし、体の色は青水晶のやうな立派な神様で、天地の元の祖神(をやがみ)と成られたのである。斯の世を創造して、天地を開く事に非常に苦心遊ばしましたのが、此の大神様が第一番で、ミロクの大神ともツキの大神とも申し上げる御神様である。

世界を造るに就いて、非常に独神(ひとり)で御心配を遊ばして御座る所へ、同じく似たやうな御神姿の大蛇神が現れたが、此の神には十六本の、頭に角が生えて、其の角の先から大変な光が現れて居る神様に、五六七の大神様が世界創造の御相談をお掛けになつたのである。

さて、其の時の六六六(みろく)の大神様の御言葉には、何時までこうして泥の世界の暗い所に住居を致して居ても、何一つの楽しみもなし、何の功能もなし、沢山の眷属(けんぞく)も有る事なり。何とか致して立派な天地を造り上げ、よろづの眷属の、楽しく暮らすやうに致したいのが、我の大望であるが、其方様は我の片腕となりて天地を立別け、美はしき地上の世界を造る御心は有りませぬかと御尋ね遊ばした。

日の大神の前身なる、頭に十六本の光る角を生やした大蛇神様が御答へには、我身は女体の事なり、且つ又こんな業の深い見苦しき姿でありますから、貴神様のような御精神の良い、立派な神様の片腕に成ると云ふ事は、恐れ入りて御言葉に従ふ事が出来ませぬと、大変にへりくだつて御辞退遊ばした。

六六六の大神様が強いて御頼みに成り、我の片腕に成るのは其方様より外にない、我が見込んで居るから、との仰せに、日の大神様も、左様なれば御本望の遂ぐるまで、我身の力一杯活動いたして見ます、去る代りに、天地が立派に出来上がりましたら、我を末代貴神様(あなたさま)の女房役と致して下され、私は女房役となりて万古末代世界を照らします、との御約束が、地の高天原の竜宮館で結ばれたので在りた。

其所へ、艮(うしとら)の金神(こんじん)の前身、国常立尊(くにとこたちのみこと)の荒神(あらがみ)が現はれて、世界を造り遊ばす御手伝をさして下されと、御願い申上げたので在りた。そこで、六六六の大神様が早速に御承知くださって仰せ遊ばすには、其方は見掛けによらぬ誠忠無比の神であるから、世界の一切をまかすから、落度のなきやうに致すが良かろうと仰せられ、其上に、国常立之尊に思兼(おもひやり)の神と申す御名を下され、八百万の神様を天(あま)の山河澄(やすの)川原(かわはら)に集めて、一人の眷属も残さず相談の中間へ入れて大集会を遊ばしたので、地の在る限りに住居いたして居れる蛇体の神々様が、集まり合ふて御協議の上、六六六様の仰せの通りに、国常立之命を総体の局に選み下さりたのである。

そこで八百万の神々の意見を聞き取りて、其の由を五六七(みろく)の大神様へ申上げたら、日の大神、伊邪那岐之尊(いざなぎのみこと)様と月の大神五六七様との御弐体の大神様が、更に集会あそばして、国常立之尊を地の造り主と致すぞよ、との御命令が下りたので、此の方が地の主宰となりて、ただよへる地面(くに)を修理固成(つくりかため)いたしたのである。

(つづく)


この記事は、以下のURLの記事の内容の一部を抜粋、編集したものです。

http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=is22

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 光のメッセージ..追記 | トップ | 日本神話地球編2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。