アセンション アシスト ASーAS

地球とは、本当はどういう所でしょうか、情報を集め、知っていくページです。

宇宙船って...なに?

2017年06月30日 | 宇宙事象

宇宙船、それも異星からのものが、実は、頻繁に地球に来ている、ということがもし事実であるとするならば、いま、会社勤めや、家庭や子供の世話で日々忙しい人たちも、決して無関心では、居られないと思います。

何のために来ているのか、侵略のためか?、友好親善か、どうやって来たんだ、...とか、ですね。いろいろ考えるのではないでしょうか。

もし、夕方のテレビのニュースとかで、『今日の午後、首相官邸に、円盤型の飛行物体が着陸し、XX星の使者と称する数名の方々が、首相に信書を手渡しました』とか、大真面目で言い出したら、どんなふうに、今まで無関心だった人たちは、反応するでしょうか。

けれども、実は、形式こそ違え、それが実際に起こっている本当のところで、そのことがニュースにもならず報道もされないのは、必死で隠している政府側と、それこそハザール人に支配されているメディアによる、無視と隠蔽が積極的意図的に行われている、ということなんです。

いまのメディアの現状ですと、どのような捏造ニュースも出来てしまう状況で、しかも、ニュースを見る一般の人々も、その嘘メディアの、いわゆる報道を、ある意味、純情無垢な(?)信頼で、受け入れてしまっている現状があります。

私自身に関して言いますと、若い頃は、全く、そういう宇宙人的な物事は、信じもせず、関心もありませんでしたが、長い期間に亘る、少しづつの働きかけを受けて、ようやく、それが実在するとの気付きと信念に至ったところです。

宇宙船と言いましても、地球の、今の闇の勢力が造ったものから、地下に住んでいると言われる高次元の地球人のもの、外宇宙から来ているもの、など様々なものがあると言われているのは、ご存知の方も居られることでしょう。

天気のいい日に、空の雲の形が、一部、幾何学図形型に切り抜かれたように見えることがあります。これは自然現象ではあり得ませんから、そこに宇宙船があるということになるでしょう。もちろん非物理的な高次元の存在です。あるいは、球形などの幾何学的な形状の雲が見られることもあります。

そうして空を見ておりますと、雲に紛れて、空一杯に、そうした非物理的な宇宙船が存在することに、気が付かれると思います。

渡辺大起さんという方の『宇宙船が天空に満ちる日』という著書がありますが、渡辺大起さんは毎日夜になると、空を眺めて、宇宙船が姿を現わすのを待たれたそうなんですが、

宇宙船が天空に満ちる日、...それは、今です!!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦争とアセンション | トップ | 音楽とアセンション »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。