アセンション アシスト ASーAS

地球とは、本当はどういう所でしょうか、情報を集め、知っていくページです。

牛とお話し...する?

2017年05月20日 | 動物とアセンション

私の子供の頃と言いますと、50年ほど前ですが、まだ農業は今ほど機械化されておらず、農地の耕うんは、多くの家が牛の力を借りていました。家の中に牛を飼っている農家も多かったように思います。それほど遠い昔のことではありません。ですから、子供の頃、友だちの家へ行くと、入り口の脇に牛が居て、日常的に牛に接触する機会も、ないわけではありませんでした。

いま居る所でも、以前は、お散歩コースに畜舎があって、数頭の牛が飼われており、時々立ち寄っておりました。

ある日、そこへ寄ってみると、まだ足元がおぼつかないような仔牛が一頭、入れられておりました。私が入って行くと近づいて来たので、相手が小さい牛なのをいいことに、顔や頭、首などを手でゴシゴシ撫でまわしてやったんです。それがよほど嬉しかったのか分かりませんが、次に行った時には、鼻を私の腰に押しつけて親しみを示してくれるようになりました。私がその辺で摘んで来た草を差し出すと、手から食べたり、次に行った時には、上を向いて、ピョコンピョコンと小さく跳ねて、嬉しさを表してくれたりもしました。

しばらく行かなくて、次に行った時には、中ぐらいの牛が何頭かいて、その仔牛は居なくなったのかと思いましたが、私の姿を見て駆け寄って来たのが居て、どうもそれが成長した件の仔牛のようでした。覚えていてくれたようですが、牛の成長の早さには驚きました。でも相変わらずの親しみを込めた仕草で、差し出す草を舌で上手に選んで食べるのでした。

またしばらく間が空いて、次に行った時には、大きな牛が何頭か居て、本当にあの仔牛は居なくなったと思いましたが、いちばん入り口の所に居た牛が、やはり親しげに顔を寄せて来て、それがすっかり成長したあの仔牛だと分かりました。私の胸に首を凭れかけるように差し出すんです。私は思わず両腕で牛の大きな頭を抱えることになりましたが、そんな格好で、いつまでもじっとしていました。

牛との信頼感というと変かも知れませんが、お互いのそんなものが通っているように、感じられたように思います。それと、牛の素朴でおおらかな優しさですね。

その畜舎では、いつの間にか、牛を飼うのをやめ、その牛も居なくなりましたが、私の心と胸の中には、まだあの牛の、親しみを込めた温もりが残っています。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モンタギューキーンさんって... | トップ | エアキャット(?)の、おススメ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。