独り居の充実ライフを求めて!

ご訪問を頂きまして有り難うございます

♪ お姑さまご出演 ♪

2011年04月30日 07時29分31秒 | 我が家・親族

 
                

           カント・プリマヴェーラ女声合唱団   指揮 田中由美子先生

         素敵な四重奏の歌声            カント・プリマヴェーラ混声合唱団

     お姑様 「城ヶ島の雨」 を熱唱             「愛の喜びは」 を熱唱
3時間余に及ぶコンサートは、プロとしてご活躍のピアニスト、オペラ歌手をゲストにお迎えして、
現役の音大生、OLをしながら練習に励んでいらっしゃる方、定年を迎えてから趣味として美声を
発揮されていらっしゃる素敵な男性、家庭の主婦として地域のコーラス発足以来半世紀におよび
歌い続け、毎年 友情出演  をされるお姑さまたちの美しい歌声に、耳を傾け楽しいひとときを
過ごさせていただきました。
お姑さまは喜寿を迎えながらも、ソプラノの歌声は健在でした。 
ご多忙の折にもかかわらずお出でいただきました私の友人の皆様にも  のお心遣いを頂き
恐縮に存じました。 
K様から早速  をいただきました。
 「本日はコンサートにお招きいただき有難うございました。
  お嬢さんのお姑様のソプラノをお聴きしてお世辞抜きで、さすが本物と感心しました。
  ピアノ伴奏を全く気にすることなく聴き惚れました。
  さすが賛助歌手だけありました。
  自分の娘と見間違える髪型のSさまに久し振りにお目にかかり楽しいひと時を過ごす
  事が出来て幸いでした。
  有難うございました。」
と過分なお言葉を頂き恐縮に存じますが、お姑さんがどんなにかお喜びになられます事と
早速お届けしたく存じます。Kさま有難うございました。
レッスンだけでもかなりの時間を要して居りますことに  は何時もお手製です。
この度は、久し振りに黒のドレスでしたが、デザインも素敵にとてもお似合いでした。
又、淡いブルーのビーズの大きめのネックレスと指輪が照明に映え、もしかして娘の作品?
と思っておりましたら、皆様から 素敵!と言われましたと娘に告げて下さいました。
日常の健康管理に努めながら、レッスンに努力をされるお姿に娘共々大きな  を
贈っておりますところです。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

慰霊友好親善事業20周年記念 「洋上慰霊」 に参加して (3-3)

2011年04月29日 07時57分19秒 | 洋上慰霊

3月11日 (金) 「東日本大地震発生」 については 「サマール島北方洋上慰霊祭」 が終了後に艦内放送により知る事となりました。
夕刻頃より船も大分揺れはじめ、廊下を歩くことがとても困難だったことが思い出されます。
海上では、    全て不可。
被災地の皆様には連絡方法などに特別の配慮があったようですが 
私たちは  から聞こえるアナウンサーの声に耳を傾け、事の重大さに誰もが被災地とされる皆様にただただお祈り申し上げておりました。

 
                         次々にボードにはられた記事の一部より
3月12日 (土)    9回目 マリアナ沖方面洋上慰霊祭
3月13日 (日)  10回目 マリアナ沖方面洋上慰霊祭
3月14日 (月)  11回目 小笠原諸島近海洋上慰霊

                                 小笠原諸島と思いますが 
3月15日 (火)  12回目 伊豆諸島近海洋上慰霊祭
             13回目 合同慰霊祭を行いました。
以上大切な慰霊祭の日程を綴らせていただきました。
12日間の毎日のスケジュールは
06:00~       健康チェック  各県世話人 (千葉県は私) が行う  に始まり、
06:30~06:50  ラジオ体操 (第1及び第2) 気持ちの良い潮風の中で身体をほぐして一日のスタート開始
   慰霊祭終了後は毎日楽しい 「歌の広場」  に参加して ~ あの歌、この歌、思い出の歌を唄いました。」
                     
        歌のお姉さんと楽しい 「歌の広場」             最後の歌は 「螢の光」を合唱
運動不足解消のために毎日 「ストレッチ体操」  昼間は「サンデッキ」で行い、お休み前は 「ラウンジ」 で
インストラクターのお姉さんによる楽しいご指導を
頂きました。

             15日最終日夜の 「ストレッチ体操」                   会場案内板
最終日3月15日は夕刻より 「懇親会」 及び 「解団式」 を行いました。

      12日間涙を共にしました千葉県慰霊団                    解 団 式
            

被災地の皆様方には私たちには想像も出来ない程のご心配でお疲れもありました事と思いますが、参加された皆様全員が亡き父へ最高の供養が出来ました
事に感謝の心に笑顔でグラスを傾けることが出来ました。

今年は戦後66年を迎え、戦後も遠くなりました。
しかし、事実は事実として悲惨な過ちを繰り返すことが無き事を祈り、御世話になりました皆様に心から御礼を申し上げ、大切な記録とさせていただきます。
お訪ねいただきました皆様に心から御礼を申し上げます。
多くのご英霊の皆様も喜んでおりますことと存じます。
有難うございました。

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

慰霊友好親善事業20周年記念 「洋上慰霊」 に参加して (3-2)

2011年04月28日 07時47分18秒 | 洋上慰霊

12日間の慰霊の旅の最初は、枕崎沖、大和沈没地点を経由して冷たい雨の降る中行われました。
慰霊祭の進行は故郷から持参したお供物などが供えられた祭壇にむかい、拝礼 「君が代」を 斉唱しました。
日本遺族会代表、関係遺族代表が父への 「追悼の辞」 を読み上げ、関係遺族全員が献花を行い、最後は、参列者全員で 「海ゆかば」 他2曲を捧げました。
慰霊祭終了後は関係遺族及び参列者全員がデッキに移動して船の汽笛とともに白菊、父達の好物を海へ手向けて戦没者の冥福をお祈り致しました。
3月 6日 (日)      1回目 東シナ海洋上慰霊祭  
3月 7日 (月) 後   2回目 沖縄北方洋上慰霊祭 ~ 沖縄 ・ 那覇入港 ~ 上陸後 
                         各県の慰霊碑参拝 (気温 が非常に) ~ 深夜出港
3月 8日 (火)        3回目 沖縄南方洋上慰霊祭
3月 9日 (水)       4回目 バシー海峡洋上慰霊祭
                   5回目 ルソン沖洋上慰霊祭
3月10日 (木)           6回目 マニラ湾付近洋上慰霊祭 ~ フィリピン ・ マニラ入港 
           ~ 上陸後、マニラ周辺で小学校、病院などを訪問して友好親善を行いました。

                                           マニラ港に入港して                     
 
                           小学校を訪問して文房具 ・ Tシャツ ・ 帽子などを 

   校長先生(緑の洋服)を囲んで千葉県慰霊団           マニラ港にて乗船を前に

                            上陸中に訪問できなかった病院関係者他の皆様をお招きして 

       暮れゆくマニラ港に心を遺して出航            美しいはずのマニラ湾の夕日です
 3月11日 (金)    7回目 ルソン島南方 (シブヤン海) 洋上慰霊祭 (午前)
                 8回目 サマール島北方洋上慰霊祭         (午後)
 11日 (金) 午後、日本時間2時からは私を含む20名の遺児の慰霊祭を執り行って頂きました。
 個人情報関係から、参加者の住所、電話番号は参加者名簿に記載されず、父及び船の名前は慰霊祭の朝に公表されました。
 父が乗艦しておりました 「鳥海」 は960名全員が戦死とされておりますので、何方かにお会いできます事と名簿に目を移しますと、ただお一人長崎県から
 参加の男性の船名欄に 「鳥海」 と
記入されておりました。
 すぐにお会いしてみたい  と思いながらも世話人としての仕事が先行しております所へ笑顔の紳士が訪ねて下さいました。
 「私は 「鳥海」 艦長の息子 T と申します」 と名刺を頂きました。
 瞬間、父に出会えたかのように感激、喜び、幸せ ・・・ 胸がいっぱいでどのようにご挨拶を申し上げましたか記憶にありません程に溢れる涙を止めることが
 できませんでした。

 勿論、慰霊祭に同席させていただき、千葉県を代表して父への 「追悼のことば」 を奉読させていただきましたことに、父への最後の大切な供養が出来ました
 幸せに感謝を申し上げました。


         T様と父の好物を斎場に供えて         「追悼のことば」 を奉読中に大地震発生を後に知る
 拙い 「追悼のことば」 ですが記録に納めたく存じます。
 謹んで追悼のことばを申し上げます。
 (前略)
 今ここに日本遺族会様を初め、関係各位多くの皆様のご尽力を頂き、長年の念願が叶い、「洋上慰霊」 に参加をさせていただきましたこと、千葉県14名の皆様と
 共に心から感謝を
申し上げます。
 初めに海底に眠る多くのご英霊の皆様に哀悼の誠を捧げ、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
 お父さん私の声が聞こえますか。お側に参りました。
 お父さんは 「親孝行をしたい」 と海軍に志願したそうですね。
 しかし、戸籍には 「昭和19年10月27日午前10時45分比島方面に於いて戦死」と記されております。
 「鳥海」 乗艦960名の皆様と運命を共にされたお父さんはどんなにか無念だった事でしょう。
 お父さん今朝、感激の出会いを頂きました。
 「鳥海」 T艦長様のご子息様にお言葉を頂き、今ここに同席させていただいております。
 娘が喜んでおりますと艦長様にご挨拶をしてくださいね。
 (中略)
 お父さんの記憶は全くありませんが、遺された写真、私の名前の文字が遺る沢山の軍事郵便に励まされ、勇気づけられて参りました。
 (中略)
 過去には何事も無かったかのように沢山の趣味を楽しみ、幸せなおばあちゃんになることが出来ました。
 この幸せは、ここ遠く異郷の地に眠りますご英霊の皆様のご加護のおかげと感謝を申し上げ、追悼の歌を捧げたく存じます。
   
          海底に今なほ眠るみ霊らにわが生の限り祈り捧げむ

 
 ただ今は、厳粛なる慰霊祭に参列をさせて頂き、心ゆくまで父を偲ぶことが出来ました。

 改めて関係各位の皆様に心から御礼を申し上げまして 「追悼のことば」 と致します。
 「鳥海」 T艦長様をはじめご英霊の皆様、どうぞ安らかにお眠り下さい。 合掌
 ご参列を頂きました皆様有難うございました。
 最後に何時までも恋しいお父さんさようなら。
   2011年3月11日                       サマール島北方洋上慰霊祭にて

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

慰霊友好親善事業20周年記念 「洋上慰霊」 に参加して (3-1)

2011年04月27日 07時31分45秒 | 洋上慰霊

               日  程 平成23年3月5日 ~ 16日 (11泊12日)
               参加者 44都道府県から 363名 (内千葉県参加者14名)
戦没者遺児が亡き父の戦没地を慰霊訪問したいとの切なる思いから、平成3年に実施して後、平成23年は20周年を迎えました。
これを記念して初めて 「洋上慰霊」 が実施され、千葉県代表として参加の機会を頂きました。
3月5日神戸港に集合して 「ふじ丸」 に乗船、「結団式」 を行い、正午に出航しました。
各地域で延べ13回の慰霊祭を行い、途中上陸したフィリピンでは友好親善の一環として小学校や病院を訪問して学用品や車イスを寄贈いたしました。
11日 「東日本大地震発生」 時は 「サマール島北方洋上慰霊祭」 が行われております時と終了後に艦内放送で知ることとなりました。
艦内放送が頻繁にされるも、海上ではテレビ、電話すべてが不可、被災地の皆様は、不安を隠しきれずに掲示物を真剣に見入っておりました。
15日には最後の 「伊豆諸島近海洋上慰霊祭」 を行い、夕刻からは解団式及び懇親会を行い16日午前8時無事神戸港に帰港しました。
しかし、宮城県を初め、同乗された遺児の自宅が、家族が、被災されました事の情報に、新たな悲しみの慰霊の旅になりました。
下船時に慰めの言葉も在りませんほどに被災された皆様に心が痛みます。
未曾有の大災害の事態に、この度の貴重な経験を綴ります事に少し時間を頂いて居りましたが、日本遺族会を初め、多くの関係各位の皆様のご尽力に
感謝を申し上げ私の大切な記録とさせて
いただきます。


     「洋上慰霊」 7474.7kmに及ぶ運行航路             お世話になりました 「ふじ丸」
 
         船内ホールにて結団式を行う                  船上の洋上慰霊祭斎場   

            参列者による 国歌斉唱            バシー海峡にて洋上慰霊祭の遺児の皆様

                 慰霊祭終了後、汽笛と共に白菊と父の好物を捧げる遺児の皆様 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

楽しい 「ヨガ教室」

2011年04月25日 07時25分26秒 | 我が家・親族

          
              詳しくは  http://raftel-chiba.com/ 

趣味のお稽古を楽しむにもやはり 「体力」 が必要です。
私だけかも知れませんが、年齢を重ねて参りますと集中力が無くなり、最近は書道の練習にも
休憩ばかりが多く、なかなか作品が出来上がらなくなって参りました。
体力低下の昨今に ダンスのレッスンを続けるためにも体力維持と柔軟性を保ちたく、以前
から行ってみたかった ヨガ!
幸にも自宅から徒歩10分のところに 「ヨガ教室 ラフテル」 がオープン!
早速体験入学  
素敵な香りに迎えていただき、静かな音楽に優しい灯りのともるレッスン場に先ず魅せられました。
最高齢者の入会と思いますが講師の先生方の丁寧なご指導に即入会させていただきました。
運動不足解消に効果的な、高齢者にも出来るお稽古 ? と週2回のレッスンを楽しんでおります。
講師の先生談 「しなやかなボディをゲットできる (これは無理です  ) だけなく、健康や食に対する
意識も高まるので、身体の内外から美を追究することができます。
独特の呼吸法によるリラックス効果もあるので、日々の疲れが癒せます」 とお話し下さいました。
「継続は力なり」 無理なく楽しみたいと思います。 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

金澤の山ちゃんだより ~ 50 ~ 

2011年04月24日 07時13分29秒 | 金澤の山ちゃんだより

                       駆 け 巡 り 櫻 見 物


        金澤 (観音堂町 櫻と塔)              金澤 (銭屋記念館 白色櫻


      金澤 (卯辰山 櫻四百年の森)            金澤 (卯辰山 枝垂れ櫻)

新聞に兼六園の櫻 ”満開” 休日が見頃と載った。
やっぱり  の日は凄い人出と車の大渋滞。
名所の櫻を観なくとも、名物櫻がないだろうかと探しに出かけると一人舞台に咲く櫻もあった。
ところが  が降りそうな  空、人出が少ない。
写真写りには今一歩だが、今を盛りに一年に一度咲き競う櫻に心に魅かれるものがあった。
                                              金澤市内にて
以上は金澤の山ちゃんさまより頂きましたので早速ご紹介させていただきます。
山ちゃんさまのご友人Nagai様よりコメントを頂きました。
金沢の桜便りですね。
関東と比べ、一寸咲くのが遅かった様ですが、桜は日本人の心を和ませます。
今年はゆっくり花を愛でる気分ではありませんでしたが、来年は地震の復興も進む
でしょうし、花を楽しみたいものです。
先程東京・築地から帰ってきましたが、西千葉近くの東大構内の八重桜が満開でした。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

4月のカラオケ教室 ♪

2011年04月23日 07時48分11秒 | カラオケ

月2回 第2 ・ 第4 (金曜日) の午後のひととき 若柳 汎之真先生 のご指導を頂き、
新曲に挑戦 する楽しい 「健康 教室」 は準備運動、発声練習、時には寸劇ありで、
まさに健康的な楽しいレッスンに楽しく和やかなひとときを過ごしております。
レッスン開始は先ず復習から、今までのレッスン曲から18番の歌、 復習したい歌などを選曲
して1人ずつ歌う機会を頂きますが、一緒に口ずさむことが出来ますので大切な復習の時間に
存じます。
長期の旅行などに 「健康  教室」 も欠席しておりましたが、元気を頂くために4月から
レッスン開始 
4月も素敵な新曲を選んでいただきましたので忘れないように綴っておきたく思います。
4月8日 第2(金) のレッスン曲 
真木柚布子さんの 「あかね空」
(平成23年2月23日発売)
        
まぶた閉じれば ふるさとが
                   おもいで連れて 見えてくる
                   春は桜の 花ふぶき
                   夏は七夕 蝉しぐれ
                   帰ろうか 帰ろうか
                   呼んでいるよな あかね空
                   帰ろうか 帰ろうか
                   今夜は夢で ふるさとへ
「あかね空」は故郷の自然を思い出し、望郷の念に揺れる心情をシットリと唄っている。
「しあわせ一輪」は苦労のなかで明日を夢見る女心を唄う、人生の応援歌。
真木柚布子の力みを感じさせない歌唱が、かえって説得力を増している。
両曲とも、たきえいじ作詞・叶弦大作曲でこれぞ演歌の味わい。
(以上HPのご紹介より

4月22日 第4(金) のレッスン曲 (平成23年4月20日発売)
コロンビア・ガールズ・コレクションの 「夢色ラプソディ」

                  アカシア揺れてる 散歩道
                  恋の鐘打つ 時計台
                  夢を見させてくれますか
                  みつめるあなたは 札幌の人
以上は1番の歌詞ですが、各県の特徴を歌にして8番まで楽しむ事が出来ます。
コロンビアの若手演歌歌手 南かなこ ・ 三代目コロムビア・ローズ
松川未樹 ・ 出光仁美の4名によるテンポの良い素敵な歌です。
東北地方太平洋沖地震の影響により発売日が 4月6日より4月20日 に延期と
なりましたことが記されておりました。
  詳しくは http://columbia.jp/cgc/ をご覧下さい。

コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

日本遺族通信 4月の九段短歌

2011年04月22日 07時08分13秒 | 日本遺族通信

       
           平成23年4月 靖国神社社頭に掲示された遺書
           静岡県出身 陸軍中尉 森脇 誠次郎 様 (23歳)
            昭和20年4月12日 沖縄島方面にて戦死 合掌
この度はお若いお方がご両親に宛てた最後の 「生還もとより期せず」 をご紹介させて
いただき、心からのご冥福をお祈り申し上げたく存じます。
(前略) 生れしより憧れ候、大空に行くの光栄、之に過ぐるもの無く、浜松の空に育まれし
幸福無上のものに御座候。
(中略) 生還もとより期せず。
仮令(たとい)、身は南海の涯に散るとも、七度生れて寇敵(こうてき)を討たん決意に燃え
居り候。
幼児より御世話に相成り候人々に、よろしく御伝被下度、願上候。
兄の如く思ふ先輩と共に、此の栄ある攻撃に臨むを、此の上無き喜と存じ居り候。
勇みて出撃仕り候。                                      謹言
                                               誠次郎
ご覚悟の遺書に時代、國の為とは言えあまりにも悲しすぎます。
今、日本では未曾有の被害に見舞われ多くの尊い命が奪われました。
私は戦争遺児として言葉に言い尽くせない多くの経験から100名余の震災遺児の皆さん
に心が痛みます。
何とか逞しく生きて欲しいと願うばかりです。
今号にも戦争遺児、遺族から鎮魂の歌が寄せられております。
お目を通して頂けましたら幸に存じます。
国難に殉せし父の待つ黄泉路銃後守りて母旅立ちぬ          宇和島市 遺児女性
案ずるな家を頼むの文字見ては浮き出てほしい父の姿よ          甲州市 遺児女性
師走十九日幾年ぶりの雪晴れや慈悲のごと夫の六十七回忌       横手市  妻
海戦に沈みし父らの海染めてソロモン海に沈む太陽         富士吉田市 遺児男性
打ちつけて吹雪く朝にシベリアで果てたる父への思ひは募る       大阪市 遺児女性
母逝きぬ鴨居に見据える父の遺影軍服のまま六十余年          出雲市 遺児女性
お社頭の掲示の言の葉胸をつく国に捧げし生命たふとし          江南市 遺児女性
還らざる夫をなほ待つ六十六年ある筈もなき奇跡恃みて          諫早市 妻
砲声の身にしみつきて生き残る威銃を聞くふる里の秋           篠山市 遺児男性
北風にはためく国旗の清清しスーパーに掲ぐる「建国記念日」     名古屋市 遺族
戦死せし兄の公報に亡き父母を吾も戦場未だ思ひし            京都市 遺族
まなうらに顕ちくる父は我に生きる力を加護を与へくれます         千葉市 私

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

金澤の山ちゃんだより ~ 49 ~ 

2011年04月20日 07時42分55秒 | 金澤の山ちゃんだより

                           春   の   海
                           ==加 佐 岬==
                        (越前加賀海岸国定公園)

                加賀 (加佐岬 泉濱)               加賀 (加佐岬 泉濱に春の波)

             加賀 (加佐岬 泉濱の断崖)                         加賀 (加佐岬 泉濱の波)

越前海岸から加賀路に続く断崖の加佐岬近くには源義経に随行し、ひ弱な身体では
足手纏いになると断崖から身投げした尼御前の北陸自動車道の”尼御前SA”がある

長閑な陽を浴びた春の波は昔の出来事など洗い流したような見る人を和ませてくれる
光景でした
                                                        越前加賀海岸国定公園加佐岬泉濱にて
以上は金澤の山ちゃんさまよりいただきました。
春の陽を浴びて海がキラキラ輝いているように見えます。 
素敵なご案内を有難うございます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

友人の庭のお花のご紹介

2011年04月19日 07時10分24秒 | 友人の庭のお花のご紹介

4月2回めの  を頂きましたのでごらん頂けましたら嬉しゅうございます。
 黒文字・・・枝を折ると清清しい香りがするこの木は、爪楊枝の材料で知られます。
        雌雄異株で、この美しい花は雄木で実を付けません。雌木の実は秋に
        闇を照らす灯油の原料となつたそうです。
 尉翁鳥・・・毎年3月から4月にかけ庭に来る渡り鳥の 尉翁鳥 (じょうびたき) です。
        この写真は雄鳥で頭は灰色、顔からのどは黒色、胸以下は赤褐色です。
        翼に白班があるのが特徴です。
        雌鳥は全体が茶色で翼に白班があります。餌は主に草、木の実を好みます。

           うぐいすかぐら                   黒 文 字

            二 輪 草                    雪割りいちげ

            破 れ 傘                  尉翁鳥 (じょうびたき)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

家族団らんのひととき

2011年04月17日 21時30分37秒 | 我が家・親族

         
                 お好み本舗 みやこ屋
       詳しくは http://www.miyakoya-okonomi.com/index.html

おかげさまで孫の未歩のお熱もさがりました事と、未歩パパが1年間理事長として努められた
お役の 「お疲れ様会」 を住まいから近くの 「お好み焼き屋」 で楽しいひとときを過ごしました。
種類も多く 「深川もんじゃ」 「明太もんじゃチーズ」 等に加えて、季節の 「あさりのホイル焼き」
「菜の花と蒸し鶏の梅マヨ」 「新たまねぎのホイル焼き」 等も未歩は喜んで食べてくれました。
 は元気が一番です。
未歩の回復がお料理をよりいっそう美味しく頂きました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

嬉しい春の山菜!

2011年04月16日 19時58分15秒 | 日々の出来事


            セ   リ                       イ タ ド リ
ご家族で山菜採りを楽しまれたご近所のお方から嬉しい春の山菜 「セリ」 と 「イタドリ」 を
頂きました。
「セリ」 は八百屋さんでも見かけますので解りましたが、「イタドリ」 は解りませんでした。
「イタドリ」とは?「食べ方」 は?等を早速HPで学びました。
「イタドリ」 とは?
高知県は、県土の84%を急峻な山々が占め林野率は全国1位という豊かな山の国です。
春の高知の山々は山菜採りの人たちでにぎわいます。
山菜はアク抜きなどの一手間が必要ですが、五味を刺激する味覚はひと手間かけても
味わいたい豊かな味覚です。
タデ科の多年草で春先に紅紫色の芽を出します。
若い茎の部分は甘酸っぱく幼苗は虎模様の斑点があります。
痛みが取れるから 「痛取り」、茎が杖になり茎に虎の斑点があるから 「虎杖」 等とよばれて
います。
「食べ方」 は?
県外では以前は食されなかったそうですが、近頃はこのおいしさが伝わりいたどり採りが
盛んになったようです。
さわやかな酸味とこりこりとした葉こたえがあり、酢もの ・ 和え物 ・ 炒めものに向きます。
茎は皮を取ってさっと湯にくぐらせ、一晩水にさらして酸味を抜いてから調理します。
塩漬けや冷凍保存しておくと年中食べることができます。
煮物 ・ 油炒め ・ 酢漬け ・ 酢の物 ・ 散らし寿司の具など。
            
                野に生えるイタドリ 
この度 「セリ」 はさっぱりとお浸しとゴマ和えに、「イタドリ」 は 「酢の物」 と 「炒めもの」 
にしてご厚意を美味しく頂きたく存じます。
Nさま誠に有り難うございました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

未歩ちゃん (3歳7ヶ月) 会社へ出勤?

2011年04月15日 12時44分14秒 | 未歩ちゃん

         
             「わたしはげんきがありませ~ん」
平成23年4月13日 (水) 未歩ママからの  
「題」 未歩はまだ熱がさがりません。
    月曜日から発熱、まだ7℃ちょっとありますので、今日も会社へ連れてきました。
    余震が頻繁にあるので、自転車用に購入したヘルメットをかぶせています。
    元気が有りませんが、大好きな  に触れるようになりました。
    マウスの持ち方が様に成ってきました。
    明日からは保育園に行かれると思っています。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

金澤の山ちゃんだより ~ 48 ~ 

2011年04月13日 20時29分43秒 | 金澤の山ちゃんだより

                      白 山 春 景 色


   加賀 (白山春景色 大聖寺から観る)       加賀 (白山春景色 柴山潟から望む)

   加賀 (白山春景色 柴山潟 鴨の群れ)         加賀 (白山春景色 農作業)

”越中で立山 加賀では白山 駿河の富士山 三国一だよ~”と、越中おわらで唄われて、
霊山として名高い。
春の高気圧に覆われ、よく晴れた日には白雪を被ったままの「白山」が良く見える。
片山津温泉柴山潟湖畔に春の陽を浴びる鴨の群れ、なんとも長閑な景色である。
近くの田んぼでは農作業の音も聞こえ、春への息吹を感じる光景である。
                                            石川県加賀市にて
以上は金澤の山ちゃん様から千葉からは遠く、白山春景色をご紹介いただきましたので
ご覧いただけましたら嬉しゅうございます。

コメント (11)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

平成23年度千葉県護国神社春季大祭

2011年04月10日 16時31分16秒 | 遺族会(各追悼式・戦争証言などを含む)

          春季大祭 2011年 4 月10日 (日)  10時開式


           護国神社境内                     本殿を臨む

                千葉県内から約1000名の参列者の皆様

       式典に臨む遺族の皆様                   拝殿の桜
 に恵まれました 4月10日 (日) 10時開式に遠くは千葉県南端の 南房総市 を初め、
都心に近い 流山市 から 大型   や 自家用   で千葉県内から1000名程の遺族
関係者が参列されました。
この度は森田知事のお姿が無く残念に存じましたが、熊谷千葉市長が昨年に続いてご参列
を頂き、とても有難く存じました。
戦後も遠くなり戦後生まれの国民が多くなっております現在ですが、私達は悲惨な戦争を語り
継ぐべく大切な行事に鎮魂の誠を捧げております。 合掌

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加