独り居の充実ライフを求めて!

ご訪問を頂きまして有り難うございます

歌集 「ドウモアリガトウ」 を頂きました

2009年01月30日 16時16分04秒 | 短歌

        
     歌集 『ドウモアリガトウ』              巻頭のお言葉      

歌会でご一緒させていただいております K様から 
  歌集 『ドウモアリガトウ』 五十日祭に捧ぐ (写真 左) を頂きました。
ご主人様を献身的に支えながら、平成 20年 11月 にご逝去までの5年半の間に詠まれました
95首が収められておりました。
歌集は、ご長男の 「お嫁さんの手作り」 と愛しそうにおっしゃる K様のお顔は、お寂しさよりも
家族愛に守られたお幸せに 「安らぎ」 ・ 「安堵」 さえも感じさせていただきました。
しかし 「病気の経緯」 も付されておりまして、涙無くしては拝読することが出来ませんでした。
心からのご冥福をお祈り申し上げます。 合掌

巻頭 (写真 右) に寄せられた素敵なお言葉とお歌をご紹介させていただきます。 

     一万八千六百二十四日        
         (四十五年六ヶ月と九日) 添い呉れたことに        
      『ドウモアリガトウ』                     T 子
           平成二十一年一月十一日
                                          納骨の日に。

        
雨音がしきりに耳につく昼下がり夫の生検良性とは言えず 
終がそこにあると思 (も) わねどふと過ぎる肺に影もつ夫の寝息に 
片肺となる日を惜しむ夫と観る新宿御苑 (ぎょえん) の桜眼裏満す
息子 (こ) は医師の眼となりて我に乞うもしもと成りしとき胸解剖 (ひら) きたしと
唇を読めば 「ドウモアリガトウ」 夫三十余日麻酔管はずす
三歩進み二歩戻る癒え徐々にで良しと吾に諭し紙襁褓買う
車椅子で退院 (かえり) し夫は玄関にしばし黙せり 明日は梅雨入り
三代のおでこ寄せ合うカルタ取り勝ち負け覚えし男孫は懸命
手術受けん夫に残されし生命 (せい) の日数 (ひ) を狭く小暗き別室に聞く        
いつか来る夫離りゆく日のあるを 虫鳴く声の身にしみ通る  

末尾に綴られたお歌は
「しあわせはいつも自分のこころがきめる」 相田みつをの言葉身にしむ

以上は、95首のほんの一部ですが、どのお歌にも壮絶な闘病生活のご様子を詠みながらも
強く素敵なご夫婦愛の深いお歌に感動をおぼえました。
Kさま、心して拝読させていただきました。
ご主人様の後整理のためにしばらく歌会をお休みとの事ですが、又のお目もじの日を楽しみ
にお待ち申し上げております。 
まだまだ寒さ厳しき折にどうぞご無理のございませんように K様を初め、素敵な歌集をお作り
いただきましたお嫁様、ご家族皆様のご健勝を心からお祈り申し上げまして御礼のことばに
かえさせていただきます。
有り難うございました。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉の寒ぼたんのご紹介 

2009年01月29日 14時50分09秒 | 恩師・同窓会関係

鎌倉八幡宮の源氏池を囲む、美しいぼたん庭園に咲く色鮮やかな ぼたん の  を友人の
Tさまから頂きましたのでご紹介させていただきます。 
     
 
 
              白もきれいです。ピンク、紫と様々な色があります。
  
            鮮やかに寒い冬の季節に、とっても綺麗に咲いています。
(鎌倉をご紹介のHPより) 
「鶴岡八幡宮にて寒ぼたんが見ごろです。
1月も中旬となり、初詣客の賑わいもようやく落ち着いてきた鶴岡八幡宮のぼたん庭園で、寒ぼたんが見ごろを迎えております。
普通のぼたんは春に花を咲かせますが、同庭園では、冬季に美しいぼたんの花を咲かすことができないものかと研究の重ね、寒ぼたんを開花させることに成功したそうです。
寒さを耐え忍ぶため、寒さよけのワラを被った寒ぼたんが見られます。
寒ぼたんは、2月下旬まで楽しめるそうです。ぜひお出かけください。」とありましたのでご紹介させていただきます。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

入選作品集を頂きました。

2009年01月28日 21時37分01秒 | 短歌

                 
                      入選作品集

今年度のNHK全国短歌大会は 1月24日 (土) に開催されました。
友人のご厚意にて、NHKの会場にご一緒させていただく予定でしたが、残念にも風邪のため
欠席とさせていただきました。
本日、友人 T 様から 写真にご案内の 「作品集」 を頂きました。 
ご挨拶の巻頭に
「今年度は、題を 「空」 として作品を募集したところ、自由題での作品も合わせて昨年より
857首多い、過去最高の25,773首が寄せられました。
           (中   略)
家族との絆や、社会との係わりを真摯に歌った作品の中に、たくさんの秀作が見られました。」
     
とございました。
早速、作品集を拝読させていただいております中に、歌会でご一緒の先輩のお名前を発見 
おかげさまで先輩にお祝いを申し上げることが出来ました。  
      
先輩の入選作品より
  猛暑の日友より届く絵手紙の朝顔の藍すがすがとして 篠塚 美代様 

T 様のお心遣いに病み上がりの私は言葉になりません程に有難く感謝申し上げております。
有り難うございました。 
                
     

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

日本遺族通信  2009年1月の九段短歌

2009年01月26日 20時02分55秒 | 日本遺族通信
            
             平成21年1月靖国神社社頭に掲示された遺書
          「悠久の大義に生きたり」 陸軍准尉 中山 義雄様 (34歳)
           昭和21年1月10日ソ連ハラグン収容所にて公務死

         徒らに嘆くを止めよ。
         吾笑ひて悠久の大義に生きたり。
         児孫の養育及び教育は妻たる然して母たる
         御身の責務たり。吾が生前の言葉の如く、
         立派なる御国の吾子の教育をせられたし。
         男の子なれば、士官学校に入校せしむべく、
         教育せられたし。女の子なれば結婚期に細かく心遣ひ
         て幸福なる家庭の主婦とすべし。
         残せし資産は有効に使ひて、教育を怠ること勿れ。
         父母の孝養は吾に代りて誠意之をなすべし。
         資産の中、伍阡圓は父母様に御渡し申上ぐべし。
                (中    略)
         吾子は吾と心得、亦お国の御宝と心得て
         時には秋霜烈日、時に慈愛以て臨まれたし。
                                    謹言
            昭和十九年八月二十三日
                              中 山 義 雄

    以上、遺書を転記させていただき、心からのご冥福をお祈り申し上げます。
    
    二週間にわたるひどい風邪からようやく抜け出せたかのように、昨日からはお薬にも頼らず、
    何とか元気になりたいと思っておりましたおりに日本遺族通信が届きました。
    この度の「遺書」の文章は父が母に届けた多くの軍事郵便の内容に似ておりますかのように
    父を偲びながら繰り返し拝読させていただき、全文を載せさせていただきました。。
    昭和21年1月 公務死。とありましが、既に終戦 (敗戦) を知りながら尚も過酷な労働を
    強いられ、遠く寒い地で散華されたご無念はいかばかりかとそのお心に思いを致しております。
    今の若い人に「夢を持て」は禁句とか。 
    確か、過ごしにくい世の中ではあります。
    当時は戦争一色にして「戦う」と言う悲しい目的があったかも知れませんが、遺書に見るご本人
    の「生きる姿勢」・「家族愛」等々は何時の世にも人間として生きる原点ではないでしょうか。
    
    昨日は、まだ文を綴ることも「九段短歌」をご紹介する余裕もなく、「遺書」のみのご案内でした
    のに90名近くの皆様にこの「遺書」をご覧頂きましたこと、心から感謝を申し上げております。
    又、病み上がりの私にとりましてこの度の「九段短歌」掲載は励みとさせていただきました。
    全国から寄せられました鎮魂の歌をご紹介させていただきます。
    ご一読いただきたく宜しくお願い申し上げます。

  靖国の夫に逢ふ日を嬉嬉として息子(こ)に手を引かれ九段坂登る  角田市  女性     
  菊の花仏前に生け拝みしにばらと椿は庭で眺めし            米子市  女性
  巡拝のヒルに登りて父呼べどこだまも還らぬ漆黒の闇          福岡市  男性
  祭壇の母穏やかにほほゑめる戦中戦後の波生き抜きて        青森県  女性  
  兄や姉に散華の弟を語り継ぐ誓ひ新たに命日の日に          青森市  男性  
  英霊となりし御魂の戦友よ変りたる世に吾生きて居るなり        篠山市  男性
  伊勢湾を巡るクルーズに父偲ぶ吾息災に齢を重ねをり        名古屋市  女性
  玉音も知らずに眠る靖国の神と祀られ六十余年             京都市  男性
  みんなみの戦地の地より黒潮は房総に来たり父恋しかり        千葉市  女性
  声交す父ここにあり手を合す英霊殿を立ち去り難く            尾道市  男性
  清々と白菊咲きし朝の庭想ひ出はいつも夫につながる          常滑市  女性
  遺書集の 「愛しきものへ」 に繰り返す 「お母さん」 二十四回書きし  千葉市  私

  私の歌は昨年の八月靖国神社社頭に掲示された 「愛しきものへ」 の 「遺書」 (年齢記載なし)  
  を拝読いたし、お母様への愛情の深さに涙しながら詠みました。 (2008年8/22 UP)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

平成21年1月のカラオケ教室 

2009年01月24日 19時53分27秒 | カラオケ
カラオケファンの皆様御無沙汰を致しました。
風邪がなかなか回復しませんで落ち込んでおります。
先日 「カラオケ教室の更新が無く心配・・・」 とコメントを頂きましたので調べましたら昨年の8月
以降更新がないことに私自身も驚いております。
先生には毎月素晴らしい新曲のご指導を頂いておりますことを申し添えさせて頂きます。
1月の前半 (1月9日) は 1月11日 「若柳流 汎栄会新年会」 に歌うための 川中美幸さん
お母様を讃えられた 「おんなの一生~汗の花~」 及び新曲 「木曽川しぐれ」 をレッスン。

新曲は 水田 竜子さんの  「風の宿」 (2009年1月1日発売)
      
      真野の夕焼け 涙を染めて
      あなた恋しい 日本海
       女ひとりの旅だから           
       まして理由ある 旅だから          
      沖のカモメよ もう泣かないで
      逢いたさ たちきる 風の宿

以上は一番の歌詞です。
前曲の 「紅花の宿」 もとても素敵な歌でしたので、機会があるたびに歌わせていただきました。
HPにこの歌に寄せるご本人のメッセージが載っておりましたので転記させていただき応援させて
いただきたく存じます。
(水田 竜子さんのメッセージより)
 新曲「風の宿」は新潟県佐渡を舞台にしています。
 佐渡を旅する1人の女性。
 切ない悲しい旅の中、佐渡のいろいろな場所を訪れて最後には明日への希望を胸に佐渡を後に
 する。
 そんな物語になっています。
 今回は、歌詞の物語をどうみなさんに伝えるか?
 水田竜子のストーリーをどう表現するか?が私のテーマになっています。
 毎回、一つずつではありますがステップアップできて行けるよう頑張っています。
 応援よろしくお願いいたします。
 とありましたが、とても親しみやすい歌と存じます。

1月後半のお教室は1月23日(第4金)2週間も寝たり起きたりの生活に外出する勇気もなく
出かける直前まで迷いましたが、秋元順子さんの 「愛のままで・・・」 を特別レッスンの日と
聞いておりましたので完全武装で出かけました。
お稽古はいつも新曲に挑戦しますが、特別に 「愛のままで・・・」 をご指導いただきました。
紅白出場後、ファンが急増しておりますことを先生からお伺いしましたが、ちなみに発売日は
丁度一年前の1月23日でした。
オリコンウィークリーで1位を獲得。
更にシングル最年長首位記録 (61歳7ヶ月) も樹立しました。
とっても素敵な歌ですので丁寧に覚えたいと思います。

特別レッスン曲 秋元 順子さんの 「愛のままで・・・」 (2008年1月23日発売)           
         
           小鳥たちは 何を騒ぐの
           甘い果実が 欲しいのですか
             他人かと比較べる幸せなんて いらない 
             あなたの視線が 愛しくあれば・・・
             ※あぁ この世に生まれ 巡り逢う奇蹟
               すべての偶然が あなたへとつづく
               そう 生きてる限り ときめきをなげかけて
               愛が愛のままで 終わるように・・・

後半の新曲は 松前 ひろ子さんの 「ゆきわり草」 (2009年1月21日発売)
    
     ひとりでは
     生きては行けない 世の中だから
     幸福半分 涙を半分         
     分けあいながら
     育てて行きます あなたと夢を         
     ふたりの絆を 結ぶ花         
     ・・・・・雪割り草は こころ花

(松前 ひろ子さんのメッセージより)
 今回の新曲では、寒い季節に小さな花を咲かせる"ユキワリソウ"と、女性のささやかな幸せを
 照らし合わせたような、夫婦演歌です。
 この曲を聴いて、歌って、大好きな人と一緒にいる幸せを感じて頂きたいと思います。
 松前ひろ子は2010年に30周年を迎えます。
 今後とも皆様の温かい応援、宜しくお願い致します。
 とありましたので転記させていただきました。
 前にレッスンしました 「いたわり坂」・「望郷千里」に続いてご主人様が作曲された素敵な歌です。

先生のおかげで 「愛のままで・・・」 を口ずさむ程に回復して参りました。
2月13日のレッスン日の復習歌に 「愛のままで・・・」 を歌えたら幸せ!     
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

寒中お見舞い申し上げます

2009年01月18日 15時49分06秒 | 友人のご紹介
 
      千葉市のシンボル花ちゃん               千葉大学の林に咲くあやめ

暦の上では20日は大寒とされております。
寒さも本格的な昨今ですが、お訪ねいただいております皆様にはお変わりもなくお過ごしの御事と
ご案じ申し上げております。
私は不覚にも風邪に見舞われ  の前にも長く座ることが出来ないほどに落ち込んでおります。
御世話になっております皆様にもコメント失礼致しております事、悪しからずお許し下さいませ。
ご案内のお写真は ブログの友人 写真愛好家のフクちゃん様 http://blog.livedoor.jp/non1188/
からお借り致しました。
気持ちが落ち込んでおりますときに千葉市花の美術館に飾られております 可愛い 「花ちゃん」 
素晴らしい 「あやめ」 のお花に勇気づけられましたので、皆様にもご紹介させていただきます。
他にも毎日更新されていらっしゃいますのでお立ち寄り頂ければ幸いに存じます。
向寒の折に皆様のご健勝をお祈り申し上げております。     
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

未歩ちゃんの初詣 

2009年01月17日 16時39分31秒 | 未歩ちゃん
      平成21年 (2009年) 千葉神社へ初詣に参りましたときの思い出です。
  
 

 
      ママと一緒にお参りをしました
 
                                      歩き疲れましたあ~ 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

友人の庭のお花のご紹介 

2009年01月14日 18時57分06秒 | 友人の庭のお花のご紹介
寒い季節に美しく咲き誇る椿のお花、たわわに実を付けた千両・万両を  頂きましたのでご覧
頂きたく存じますが、ご紹介のためのお言葉を謝って他のメールと一緒に削除してしまい、きちんと
ご案内が出来ません。
この度は、美しいお花のみをご覧頂きたくご紹介させていただきます。    
 
           椿 (昭和詫助)                    椿 (胡蝶詫助)
 
           椿 (白八朔)                      椿 (白玉)
 
             千 両                         万 両

      友人のHPもご覧頂きたくご紹介させていただきます。
         http://www6.plala.or.jp/inage3/index.html
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

若柳流汎栄会新年会にお招きいただいて 

2009年01月11日 21時57分50秒 | カラオケ
              
                       家元様のご挨拶
             日 時 平成21年 1 月11日 (日) 12時より            
             場 所 ホテルポートプラザちば
家元様は傘寿をお迎えになられましたお方とは思えない程に、とても若々しくお元気なお姿で
「今年も皆様どうぞ品位をもって踊りに精進して参りましょう。そして、明年
平成22年 5 月23日 (日) 「若柳流汎栄会創立満50周年記念舞踊会」 
開催に向けて尚一層のご尽力を頂きたい。」 と述べられました。
私たちは若柳流お師匠さんの汎之真先生に  をご指導いただいております関係で特別参加
の機会を頂いております。
この度、汎之真先生が尊敬しておられる 歌手 川中美幸さん のお母様をご招待されました。
お母様は家元様と終始和やかにご歓談され、美幸さんのお歌が披露されます時は舞台に上がって
共に歌い一時を楽しまれていらっしゃいました。
家元様同様に傘寿をお迎えになられました今も、東京渋谷で 「お好み焼き 川中」 を経営
され、ますますお元気にご活躍されていらっしゃいます。
私達はお二方のご活躍に大きな  を贈らせていただき、美味しい   に舌鼓を打ち
ながら、楽しいひとときを過ごしました。
  
   
 (写真左)家元様ご夫妻に花束贈呈後ご挨拶される 歌手 川中美幸さんのお母様、お隣は汎之真先生   
 (写真右)家元様と川中美幸さんのお母様
     
   
         抽選会の豪華賞品          汎之真先生・家元様・お母様 教室の皆様

 の部では、美幸さんのお母様を讃えたいとお母様が主人公の 「女の一生 ~ 汗の花」 と
新曲 「木曽川しぐれ」 を披露、他にも 「二輪草」 を披露されたグループもおられ、ステージに
飛び交う沢山のテープ、クラッカーの音・・・にお母様はとても幸せそうにマイクを握っておられました。
   
      お母様が皆様と熱唱する 「二輪草」   お母様が皆様と熱唱する 「女の一生 ~ 汗の花」
   
    お母様が皆様と熱唱する 「木曽川しぐれ」           汎栄会スペシャル バンド    
会の終わりは所狭しと飾られました景品の大抽選会を楽しみました。
私達のグループも殆どの皆さんが素敵な豪華賞品を手中に収め笑顔で会を閉じることが出来ました。 
二次会の  大会には汎之真先生のご厚意で又も素敵な景品を沢山ご用意いただき、皆さんが
大きな袋に 大きな福 を沢山詰めて幸せな楽しい新年会の一日でした。 
若柳汎之真先生本当に有り難うございました。   
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

「雪舟 と 水墨画展」 を鑑賞    

2009年01月09日 23時11分42秒 | 日々の出来事
                        
                           入場券

日赤奉仕団のボランティアに参りました地域の中央区役所内には千葉市美術館があります。
この度は 岡山県立美術館所蔵の 「雪舟と水墨画」 の展示が企画されておりました
ので、古の水墨画の世界に心を寄せることができました。
平日にもかかわらず多くの皆様が展示場に足を運び、寡黙のひとときを和まれておりました。

「ご案内の表示より」 
中国大陸に起こり、日本でも発展を遂げた水墨画。
モノクロームのなかに、時には色彩を超えた世界が広がります。
岡山は 日本における水墨画の巨匠 雪舟の故郷 であることから、岡山県立美術館では
水墨画の展示を方針の一つとし、水墨画の名品を収集してきました。
中国宋代、日本中世にまで遡る水墨画の大コレクションはとても貴重なものです。
今回は岡山県立美術館の全面的な協力を得て 中国宋代の牧谿、玉澗 から室町時代
の雪舟、江戸時代の宮本武蔵、浦上玉堂、そして明治の富岡鉄斎 に至るまで
の名品66点をご出品いただき、600年以上にわたる水墨画の世界をお楽しみいただきます。
     
以上、私自身が学ぶために記録とさせていただきます。
尚、会場内は撮影禁止ですので、とても感銘を受けました作品をパンフレットより頂きました。

       
   雪舟【 山水図 (倣玉澗)】 重要文化財      宮本武蔵 【布袋竹雀枯木翡翠図】
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

赤十字奉仕団 ボランティアの一日 

2009年01月08日 18時16分43秒 | 奉仕活動
            
            
松の内も明けました 1 月 8 日 (木)  赤十字奉仕団 の一員として献血のお手伝
いに参加を致しました。
今までもいろいろな行事に参加をして参りましたが、ここでのお手伝いは初めてでした。
開始30分前集合にて献血協力者へお土産のお菓子袋100個の準備、お仕事の説明から
担当場所へ。
10時開始早々、次々に訪れてくださる協力者の皆さんに12時頃には100個用意しました
お菓子袋も不足気味になり、嬉しい悲鳴を上げました。
区役所と言う利便性もあり、多くの皆様の温かい積極的な協力に心地よいボランティア活動
のひとときを過ごすことが出来ました。 
朝9時、自宅を出ました時は、寒空に少々消極的な気持ちでしたが  に恵まれ、多くの
患者さんの安心につながる献血と言う大切さを再確認しました一日でもありました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

七草粥を頂きました

2009年01月07日 09時06分31秒 | 日々の出来事
七草粥について (HPより抜粋)

 お正月のご馳走で、疲れた胃を休めるため。というのは、最近の説。
 1月7日は「人日の節句」。
 前漢の時代の中国では邪気を祓う為に、7日の七にちなんだ七草粥を食し、一年の無病息災
 を祈ったそうです。
 日本にその習慣がうつりました。当時は「コメ、アワ、キビ、ヒエ、ミノ、ゴマ、アズキ」の
 7種の穀物の粥を指したようです。
 鎌倉時代になり、現在の「春の七草」を七草粥の材料にしたようです。

         
          せ り        なずな        ごぎょう        はこべら    
                
                 仏の座       すずな        すずしろ      

 芹(せり)        セリ。水生地に自生する。競り勝つの意。
 薺(なずな)      ぺんぺん草。三味線草。撫でて汚れを除くの意。
 御形(ごぎょう)   菊科の植物。黄色い小さな花がまとまって咲く。
                仏の体のこと。
 繁縷(はこべら)   はこべ。撫子(なでしこ)道ばたでよく見かけます。
                草は地を這っている。白い小さな花が咲きます。
                繁栄が蔓延る(はびこる)こと。      
 仏の座(ほとけのざ) たびらこ。菊科。地面近くに広がるように開いた
                草に黄色い花。仏の座のこと。
  菘(すずな)     カブ。黄色い花が咲きます。神を呼ぶ鈴を表す。
 蘿蔔(すずしろ)  大根。白い花が咲きます。潔白を表す。

 今まで七草粥と申しますと、消化的役割ばかりを思っておりましたが 「無病息災」
 の大きな意味を学ぶことができましたので記録に残したく頂きました。  
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

今年も 「か・き・く・け・こ」 と 3つの 「わ」 を大切に

2009年01月04日 22時48分02秒 | 日々の出来事
  木原光知子さんの(本名 木原美智子)の 「 生きる目標 」
                
              か   感性 ・ 関心
              き   気力 ・ 気遣い                            
              く    工夫                                 
              け   健康                
              こ    恋 ・ 心
    
木原さんがご存命の折りに、木原さんの 「人生論」 を  で拝聴する機会を頂きました。
その折におっしゃいました 「 か・き・く・け・こ 」 の意味になるほどと共感を覚え以後、
毎日の 生きる目標」 として大切に使わせていただいております。
持ち前の素敵な笑顔と 「ミミ」 の愛称で親しまれ、健康の代表選手のようなお方が若くして
お亡くなりになられとても残念に存じます。 合掌
この素敵なお言葉を心に刻み、今年も日々を大切に過ごして参りたく思っております。

             3つの 「 話 」・「 和 」・「 輪 」 

この事の出会いは初めて幼稚園のお役を受け、最初の役員会の折に会長さんが黒板に円を
描き、この3文字をお書きになられ、PTA活動の指針なるものをお話されました。
「どの 「わ」 から初めても良いのですが例えば、皆様から多くの意見 「話」 を頂きながら
「和」 を保ち、皆様との固い絆の大きな 「輪」 が出来ます事を願っております。」 と。

このことも、今までのPTA活動、子ども会活動などのお役を受けました時に、大切な言葉として
使わせていただきました。
勿論、家庭生活においても、何事においても大切な事と私の中に長く留めております。
後輩から 「3つの 「わ」 を忘れずに大切に使わせていただいております。」 
と書き添えて頂いた懐かしく嬉しいお年賀状を頂きました。 
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

2009年(平成21年)第 85 回 箱根駅伝を観戦して 

2009年01月03日 20時59分16秒 | オリンピックなどスポーツ関係

           箱根駅伝 いざ 217.9キロ へ スタート  
         
        
                   
新春恒例の東京箱根間往復大学駅伝が1月2日・3日、東京大手町から箱根・芦ノ湖を往復する
10区間で行われ、第85回大会に23チームが出場しました。
選手の皆さんの力走振りに大きな  を贈りながら  に  を向けました。
   
 
     5区 柏原選手 が8人抜きの大活躍で           東洋大学 往路優勝 

1月3日 駅伝復路

 
 東洋大学 1位 の襷 千葉選手から大津選手へ      9区 1位 大津 翔吾選手の力走    
 
        東洋大学 優勝を目前にして            喜びのアンカー 高見 諒選手

            東洋大学選手の皆さん総合優勝おめでとうございます  
    
2位 早稲田大学、3位 日本体育大学の選手の皆さんのご活躍に大きな  を贈らせていただきます。
この大会に全力を注がれ、素晴らしい青春の1ページを刻まれました選手の皆さんの更なる飛躍を念じ、佳きお年でありますようにお祈り申し上げております。
2日間お疲れ様でございました。そして有り難うございました。 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

2009年 新年のご挨拶を申し上げます

2009年01月02日 23時27分33秒 | 日々の出来事
                 

皆様にはご健勝にて佳き新年をお迎えになられました事とお慶び申し上げます。
昨年中は温かいコメントを沢山頂戴致しましてご厚誼の程に心より御礼を申し上げます。
年の初めにあたり皆様のご健勝ご多幸をご祈念申し上げます。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

                   2009年  新 春   
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加