独り居の充実ライフを求めて!

ご訪問を頂きまして有り難うございます

奈良だよりのご紹介 -29-

2017年06月10日 15時20分36秒 | 奈良だより

 奈良の前田様より「濡れ地蔵」について説明とお写真を頂きましたのでご覧いただきたくご紹介させて頂きます。

「前田様のお言葉より」
近畿地方も梅雨に入り、ここ2・3日は雨が降ったり止んだりしています。
8日(金)は少し雨模様でしたが、室生ダム迄出かけ、「濡れ地蔵」を見てきました。
今はダムの対岸になっていますが、山裾の岩盤に彫られた摩崖仏の地蔵様があります。
説明板によれば、像の端に建長六年甲寅八月十五日の刻印があり、鎌倉時代の造立と見られています。
古くは背後の山から水を引いて地蔵菩薩に注いでいたと言うことから、「濡れ地蔵」と呼ばれていたようです。
昭和49年に室生ダムが完成し、このお地蔵さんは水没して拝めなくなりました。
毎年ダムの水位が低下する夏期のこの時期だけ、姿を現して拝めるようになります。
8日(金)は、現地に着いた頃には雨も上がり、拝むことも写真を撮ることもできました

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千葉市動物公園 「どうぶつの... | トップ | 平成29年度 第64回 千... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
~濡れ地蔵~ (hana)
2017-06-11 08:30:51
oko様
奈良だより拝見しました。
「濡れ地蔵」・・・(毎年ダムの水位が低下する
夏期のこの時期だけ、姿を現して拝めるように
なります)このお地蔵様の存在も知りません
でした、何時も有難うございます。
私は遅れます (matsubara)
2017-06-11 08:51:33
私も記事のタネをいただいておりますのに
昨日、知人にランチのことを載せると
宣伝してしまいましたので、一日遅れです。
hanaさま (oko)
2017-06-11 22:34:26
いつも奈良だよりをご覧いただきましてありがとうございます。
私も初めて知ることばかりですのでいろいろと学ばせて頂いております。
今後もよろしくお願い申し上げます。
matsubaraさま (oko)
2017-06-11 22:36:51
matsubaraさまのおかげで知識を深めることができますことに感謝申し上げております。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL