独り居の充実ライフを求めて!

ご訪問を頂きまして有り難うございます

平成28年千葉市遺族会 横浜中華街と横須賀軍港めぐり

2016年12月07日 20時58分47秒 | 遺族会関係の旅

横浜中華街(昼食とお買い物) → 首都高 → 横浜・横須賀道路 → 本町山中道路 → 横須賀軍港めぐり乗船

          YOKOSUKA軍港めぐりとは? 

 日米の艦船を見られる日本唯一のクルーズ https://www.cocoyoko.net/spot/naval-port.html 


    2016年4月就航の新造船 「シーフレンド7」 乗船                    記念の乗船券

 横須賀港は今から約160年前に米国ペリー艦隊が上陸して以来、海軍港として発展してきました。
アメリカ海軍施設(横須賀本港)と海上自衛隊の司令部(長浦港)が置かれた港として広く知られており、トライアングルでは、これらの港を船でめぐるご当地クルーズ「YOKOSUKA軍港めぐり」を毎日運航しています。

YOKOSUKA軍港めぐりは、アメリカ海軍や海上自衛隊の艦船を間近で見ることができる、日本で唯一のクルージングツアーです。 

まず船に乗って始めに見えてくるのが、進行方向右手側に停泊している潜水艦。
右手側の一帯はアメリカ海軍の第七艦隊基地となっていて、緊急時以外では日本の艦艇は停泊する事ができません。
ではなぜ日本の潜水艦がこのように停泊できているのかというと、海上自衛隊の潜水艦司令部がちょうど潜水艦のすぐ後ろ側にあるから。
いずもは艦橋を右端に寄せ、艦首から艦尾までの平らな甲板がヘリの飛行場になる。
計9機のヘリを運用できる「ヘリ空母」として、対潜水艦作戦などで艦隊の中心的な役割を担う。
ヘリを搭載しない状態では、格納庫に陸上自衛隊の3・5トントラック約50台を載せられ、災害支援や国際協力活動にも使える。


                                  海上自衛隊の潜水艦

ふつう艦船にはナンバーが記されていますが、「海の忍者」潜水艦は実体を分り難くさせるため、船体にナンバーを記さないとのことです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年度千葉市遺族会 ... | トップ | 平成28年12月 短歌会及び... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご苦労様 (ミーチャン)
2016-12-09 08:48:35
おはようございます。
ご両親との思い出の地を、穏やかな天気に恵まれ
訪れることが出来感慨深いものがあったと思います。
今の平和がいかに有難いか、平和ボケをしてはと考えます。



ミーチャンさま (oko)
2016-12-09 09:54:57
お訪ね頂きまして有り難うございます。
こんなに多くの艦船が停泊していることは珍しいそうです。
米海軍のイージス艦は大きくてビックリ!
両親の新婚時代から父の軍艦に思いを致し複雑な気持ちの一日でもありました。
横須賀軍港 (y.kon)
2016-12-10 17:41:18
相変わらずご多忙の様子、お元気な証拠です。
拝見した写真によれば、現在も海軍の町なのですね。
実は私が入学した当時は品川に校舎が移りましたが一年先輩までは横須賀で学んでいたそうです。
もっとも品川の校舎に向かう橋にもMPがガードしていましたが、横須賀も同様な場所に居たんだと思います。
そんなことでとても懐かしい町です。
有難うございました。
横須賀軍港めぐり (akira)
2016-12-10 17:58:26
横須賀のブログ拝見しました。
港巡りを懐かしく思い出していました。

ブログ掲載の軍艦の写真よく撮れています。
クリスマスには原子力空母ジョージワシントンが帰港することでしょう。

ご両親が新婚時代を過ごした街とのこと。
私の父(M37年生)は、元水産庁の役人で神奈川県庁に勤務、横須賀に10数年住んでいました。
兄・姉2人は横須賀生まれ、私は横浜生まれです。

3年ほど前、けやき・歴史で横須賀軍港周りに行ったおり、araiさんが学生時代に横須賀に来た思い出話をしていました。
その時思い出の写真を持参されてことを思い出しました。
Unknown (matsubara)
2016-12-10 18:13:14
東京にいたとき、一度も横須賀を訪問
しなかったことを悔やんでいます。

これまでに見たことがない軍艦ばかりです。
y.konさま (oko)
2016-12-10 20:42:06
専門家のお方にお訪ね頂きまして嬉しゅうございます。
多くの大きな艦船が停泊中の初めて見る軍港は圧巻でした。
平和な時代に潜水艦?と伺いますと複雑な気持ちになりました。
艦番号85は (ken)
2016-12-10 20:54:59
oko様 はじめまして
お尋ねの艦番号85は横須賀港を母港とするアメリカ海軍第7艦隊所属のマッキャンベルという艦船でして、弾道ミサイル迎撃システムを搭載した排水量9.200tonのアーレイ・バーグⅡA級のイージス艦です、なお艦番号62はフィッツジェラルドですね。

私の祖母が検見川の出身で、中村富三先生は祖母の甥に当たる方です、以前富三先生を検索いたしましたところoko様のブログがヒットし季節の花だより等を楽しく拝見しております。
今後ともよろしくお願いいたします。

akiraさま (oko)
2016-12-10 20:58:24
いつもお訪ね頂きまして感謝申し上げております。
歴史倶楽部の折りは参加出来ずに残念でしたが、ようやく訪ねる事が出来ました。
父も勤務の折りに利用したであろう横須賀軍港と街に思いを致しました。
それにいたしましても大きな艦船が沢山あるのですね。

今年もお世話になりました。
どうぞ佳いお年をお迎え下さいませ。
matsubaraさま (oko)
2016-12-10 21:22:07
毎日ご多忙の折にお訪ね頂きまして有り難うございます。
初めて訪ねました横須賀軍港にいろいろと複雑な思いが甦って参りました。
永久の平和を祈らずには居られませんでした。
kenさま (oko)
2016-12-10 21:39:35
初めまして。
先ずは、ブログをご覧頂いておりますことに御礼を申し上げます。
この度はご親切にお言葉を頂きまして誠に有り難うございます。
早速、艦船の説明をさせて頂きました。

初めてのお言葉に、中村先生のご親戚とお伺い致しまして、とても親しく拝読させて頂きました。
私は中村富三先生の奥様先生に畑小で受け持って頂き現在まで交流頂いております。
このところご無沙汰で奥様先生に失礼を致しておりますが、早速お電話を致したく存じます。

長い間、素敵な庭のお花をお届け頂きましたお方が、体調を崩され終了に、とても淋しく存じます。

向寒の折にご健勝をお祈り申し上げます。
どうぞ佳きお年をお迎え下さいませ。
有り難うございました。

コメントを投稿

遺族会関係の旅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL