独り居の充実ライフを求めて!

ご訪問を頂きまして有り難うございます

戦後70周年記念 「洋上慰霊報告書」 を頂きました

2017年05月13日 22時43分48秒 | 洋上慰霊

   過去ブログの紹介 終戦70周年記念洋上慰霊参加者の決定通知を頂きました 

               戦没者遺児による慰霊友好親善事業 終戦70周年記念洋上慰霊に参加して (5-1)

                日      程  平成28年3月1日(火) ~ 10日(木)
                参 加 資 格  海域戦没者の遺児 
                参  加   者  44都道府県から 289名 (内千葉県参加者9名)

戦没者遺児は100万人とも言われております。
戦後70年を経ても諸事情から亡き父上が散華されました地に慰霊巡拝に参加出来ない多くの遺児がお出でになります中、健康が一番条件にそして家族の理解に恵まれ、貴重な事業に再び参加をすることができました。
父を知らない私ではありますが「鳥海」が沈没したと思われます海底に好物の品々を捧げ「お父さ~ん」と呼びかけることができました事に、生涯最後の思い出と今でも目頭が熱くなります。
上記に参加の折に提出いたしました参加者全員の「追悼文」を中心に編集頂きました「洋上慰霊報告書」を頂きましたので記念に収めたく思います。


  A4版 296頁の編集にずっしり重い報告書に感謝            宇田川団長様大変お世話になりました

        297頁にわたる編集内容の目次            管船長様に頂きました素敵なサインは宝物です(過去ログに保存)

                           慰霊祭の折に父に届けました私の「追悼文」です

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小4の女孫 平成29年4月... | トップ | 友人の素敵な「母の日」のブ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (matsubara)
2017-05-14 10:14:08
洋上慰霊の最終日の翌日、まだ洋上に
おられる時に東日本大震災が発生したことは
何か運命的なものを感じました。
帰国して驚かれたでしょうね。

お父上様の霊が怖い時間を避けてくださった
ような気がします。
matsubaraさま (oko)
2017-05-14 17:12:30
いつもご丁寧にありがとうございます。
1回目の洋上慰霊の折の東日本大震災は忘れられません。
帰国後のテレビに毎日驚いておりました。
帰国後も船が揺れておりますかのように余震も続き不安でした。

今後は年齢的に参加は無理と考えます時に、この度の報告書に当時が思い出されます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL